米中貿易摩擦再燃からドル円下落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 米国が中国に対して500億ドル相当の関税引き上げを発表
    したことで、米中貿易戦争のリスクが高まったとしてドル円は
    110円42銭まで売られた。その後は日米中銀の金融スタンス
    の差が意識され、110円60-70銭まで戻して越週。

  • ユーロドルは前日の大幅安から反発。1.16台前半まで買い戻される。

  • 株式市場は主要3市場が揃って下落。米中の貿易戦争を巡る不安
    からダウは84ドル下げ、4日続落。

  • 債券相場は続伸。長期金利は2.92%台まで低下し、3%を目前に
    下落傾向に。

  • 金と原油価格はともに大幅反落。

  • 6月NY連銀製造業景況指数            →  25.00

  • 5月鉱工業生産                  →  -0.1%

  • 5月設備稼働率                    →  77.9

  • 6月ミシガン大学消費者マインド(速報値)    →  99.3

本日の注目イベント

  • 日   5月貿易収支
  • 米   6月NAHB住宅市場指数
  • 米   ウィリアムズ氏NY連銀総裁に就任
  • 米   ウィリアムズ新NY連銀総裁講演
  • 米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演

金曜日の東京時間にドル円は上昇し、一時は110円90銭までドル高が進みました。海外市場での111円台乗せに期待もありましたが、その後トランプ政権が中国からの輸入製品に500億ドル(約5兆5300億円)相当の追加関税を発表し、中国もすぐさま同じ規模の報復関税で応じる方針を表明したことで、世界経済への影響が懸念され、ドル円は110円台半ばまで下押しされました。

世界1、2位の経済大国である米中はそれぞれ、7月6日に発動する新たな関税措置対象商品の詳細なリストを発表しました。トランプ大統領は前日、中国が報復の構えを示せば、さらなる関税措置を講じると表明しており、やや貿易戦争の色合い濃くしています。NY株式市場も、この動きを懸念し主要市場とも揃って下落し、反対に債券は買われ、長期金利が低下しています。

さらに懸念されるのは、この勢いからトランプ大統領が輸入自動車の関税引き上げにも着手してくる可能性があることです。今回中国製品に対して25%の関税適用を指示したように、輸入車にも25%の関税をかけてくることも予想されます。日本から米国への完成車の輸出台数は概ね170万台と、決して少ない数字ではありません。これらに25%に関税がかけられれば、さすがのコストパフォーマンスのいい日本車でも売れ行きが下がるのは目に見えています。自動車産業は、完成車までの部品数が多く、それだけに裾野が広いと言われています。日本からの輸出台数が激減すれば、日本の景気そのものへの影響も避けられないものに
なる可能性があります。

ドル円は111円台乗せには失敗しましたが、まだ現時点では再度トライするチャンスはあろうかと思います。先週のFOMCでは今年2回目となる利上げを決め、さらに今年の利上げ回数の予測も上方修正されました。一方日銀は2%の物価目標達成期限は外していますが、今後も緩和政策を粛々と続け、2%の物価上昇を目指すものと思われます。日米金利差の拡大傾向が今後も続くとすれば、ドル円の下支えとなる可能性があります。しばらくは貿易戦争の行方と日米金利差拡大の綱引きが続くのではないかと
予想しています。
本日のドル円は110円20銭か~111円程度を予想します。

スポンサーサイト

ECB「量的緩和年内終了」を決める 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は昨日の夕方には110円を割り込み、109円90銭
    前後まで下落したが、ECBの政策発表後に大幅なドル高ユーロ安が
    進んだことに反応し上昇。110円70銭までドル高が進み、高値圏で引ける。

  • ECBが量的緩和の年内終了を決めたが、2019年夏まで政策
    金利は据え置かれることでユーロは急落。ユーロドルは1.1563まで
    売られ、ユ-ロ円も127円台後半まで下げる。

  • 株式市場はまちまち。ダウは3日続落する一方、ナスダックは
    65ポイント上昇し、最高値を更新。

  • 債券相場は反発。長期金利は2.93%台まで低下。

  • 金は続伸し、原油価格も4日続伸。

  • 新規失業保険申請件数    →  21.8万件

  • 5月小売売上高       →  +0.8%

  • 5月輸入物価指数      →   +0.6%

本日の注目イベント

  • 日  日銀金融政策決定会合
  • 日  黒田日銀総裁記者会見
  • 欧  ユーロ圏5月消費者物価指数(改定値)
  • 米  6月NY連銀製造業景況指数
  • 米  5月鉱工業生産
  • 米  5月設備稼働率
  • 米  6月ミシガン大学消費者マインド(速報値)

昨日のコメントでもECBの金融政策からユーロの動きに注意が必要と書きましたが、昨日はそのユーロの動きに引っ張られ、ドル円も直近高値である110円70銭までドル高が進み、ユーロドルは先月末以来となる1.15台まで売られました。

ECBは理事会で量的緩和の年内終了を決めました。今年に入って域内の景気が鈍化の兆しを見せ、さらに南欧の政治的リスクが高まってきたことから、量的緩和の終了は難しいのではないかとの見方も一部にはありましたが、年内に終了することを決めました。インフレ懸念が高まってきたことと、景気の鈍化は一時的なことだと判断した模様です。この判断の背景には、インフレファイターの象徴でもあるドイツ連銀の意向もかなり影響したのではないかと思います。

量的緩和の終了は、市場への資金供給を止めるということで、本来はユーロ高材料です。実際発表直後にユーロは買われ、1.1850台までユーロ高が進み、直近の戻り高値を抜いていました。その後、現行の政策金利を2019年夏まで据え置くと表明されたことで、ユーロが1.15台まで一気に売られました。ドル高ユーロ安が急速に進んだことでドル円も110円70銭まで買われたものです。個人的には量的緩和の年内終了も意外でしたが、その後の為替の動きもサプライズでした。

ECBは現在、月に300億ユーロ(約4兆円)の資産購入を行っていますが、これを10月以降は150億ユーロに減額し12月で終了することを決めました。ドラギ総裁は、この決定は全会一致だったことを強調し、債券購入プログラムは今後、ECBの通常の政策手段の一つになると述べています。

2008年のリーマンショックという未曾有の金融事件から、その影響を最小限に抑えるため、FRB、ECB、BOJなど主要中銀は政策金利をほぼ「ゼロ」にし、市場に大量の資金を供給するという「非伝統的な金融政策」を実施しました。その効果もあり、景気回復をいち早く達成したのがFRBであり、ご存知の様に既に「緩やかな金融引き締め政策」に移行しています。昨日のECBの決定は、その背中を追うもので、通常の金融政策へ戻る第一歩と捉えられます。ECBの利上げは来年夏以降となりますが、日銀にいたってはその時期すら見えません。FRBは前日利上げを決めたばかりで、年内の利上げ回数予測を上方修正しました。言い古された言葉ですが、「中銀の金融政策の差」が再び注目される状況がくる可能性があります。

ドル円は110円台後半を付けた後、通商問題懸念から109円台まで落とされましたが、底堅い米景気と、金利上昇からドルが緩やかに上昇するというシナリオは支持されやすいと思われます。トランプリスクとの綱引きという構図が最も想定しやすい流れになるのでしょう。本日のレンジは110円~111円程度というところで、今回は111円をテストできるのか、注目しています。

FOMC今年2回目の利上げを決定 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 市場の予想通りFOMCでは利上げを決め、さらに年内の

    利上げ予測が上昇修正されたことでドル円は110円85銭まで

    上昇。ただその後トランプ政権が中国製品に対する関税を

    15日にも発動との報道で110円27銭まで売られた。

  • ユーロドルはFOMC後に1.1727まで売られたが、その後

    切り返し1.18前後まで反発。

  • 株式市場は下落。金利の先高懸念に加え、米中貿易問題が高まる

    との見方からダウは119ドル下落。

  • 債券は小幅に続落。長期金利は2.96%台半ばで推移。

  • 金は小幅に反発。1300ドルを挟んだもみ合いが続く。原油は

    小幅に上昇。

  • 5月生産者物価指数   →  +0.5%

    本日の注目イベント

  • 豪   豪5月雇用統計

  • 中   中国5月小売売上高

  • 中   中国5月鉱工業生産

  • 独   独5月消費者物価指数(改定値)

  • 欧   ECB政策金利発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 英   英5月小売売上高

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   5月小売売上高

  • 米 5月輸入物価指数

      

    事前予想どおり、FOMCでは今年2回目となる利上げを決めました。

    これで、リーマンショック後に「ゼロ金利」政策を断行して以来6回目の利上

    げとなり、FF金利の誘導目標は1.75%~2.0%になりました。

    ここまではサプライズもなく、想定内でしたが、FOMCメンバーによる金利

    予測分布図(ドットプロット)に変化がありました。

    失業率が低下し、インフレ率が従来の見通しよりも早いペースで上昇して

    いることから、2018年通年の利上げ予測は4回に上方修正されました。

    最新のドットプロットによると、メンバー8人が今年通年の利上げ回数を4回

    以上と予想し、前回の7人から増えていました。

    一方、適切な利上げ回数が3回以下とみるメンバーは前回の8人から7人に減

    っています。(ブルームバーグ)

    声明文では「FF金利は今後しばらく中長期的に有効となる水準を下回る可能

    性が高いと予想している」という文言が削除され、さらに「さらなる漸進的な

    『調整』」という文言が「さらなる漸進的な『引き上げ』」という文言に置き

    換えられています。ドル円は利上げ回数予測の上振れで、一時は110円85

    銭までドル高が進みましたが、パウエル議長が賃金の伸びが鈍いことなどに触

    れたことや、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)が、トランプ政

    権が中国製品に対する関税を15日にも発動する準備をしていると報じたこと

    でドル売りが加速し、それまでの上昇分を吐き出しています。

    米景気は今年から始まった大幅減税の効果もあり、成長が継続すると見られま

    す。そのため、年内あと2回の利上げ予測にも違和感はありませんが、昨日の

    動きのように、ひとたび「トランプリスク」が顕在化すれば相場は一気に崩れ

    てしまいます。今後も米金利の上昇を材料にドルが緩やかに上昇する可能性は

    高いと思われますが、通商問題を軸とする「トランプリスク」には注意が必要

    です。

    本日は注目する舞台がワシントンからフランクフルトに変わります。

    ユーロ圏の成長の勢いが鈍化してきたことはある程度確認できます。

    ECBが、それでも9月以降の資産購入を終了するのかどうかが焦点ですが、

    ドラギ総裁の発言が注目されます。ドル円は天井を付け下げたとはいえ110

    円台を維持しています。

    今夜はユーロドルの動きが注目されますが、同時にドル円が110円台を維持

    出来るかどうかも焦点になります。

    予想レンジは109円70銭~110円70銭程度でしょうか。


  • ドル円110円を維持し堅調 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • 米朝首脳会談をひとまず評価したドル買いで、ドル円は

    110円49銭まで上昇。発表された5月のCPIが年率で2.8%

    だったこともドルを支えた。

  • ユーロドルは小幅に反落。1.1733まで売られる場面が

    あったが、明日のECB理事会を控え活発な動きは見られなかった。

  • 株式市場は続伸したものの、ダウは5日ぶりに小幅安で

    終わる。ハイテク株の多いナスダックは43ポイント上昇。

  • 債券相場は小幅ながら3日続落。長期金利は2.96%台まで

    上昇し、ドル堅調の一因に。

  • 金は反落し1300ドルを割り込む。原油は小幅に続伸。


  • 5月消費者物価指数 →  +0.2%

  • 5月財政収支     →   -1468億ドル

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏4月鉱工業生産

  • 欧   IEA月報

  • 英   英4月消費者物価指数

  • 英   英4月生産者物価指数

  • 米   FOMC 政策金利発表

  • 米   パウエル議長記者会見

  • 米   5月生産者物価指数


    昨日の米朝首脳会談の様子をテレビの前でしっかりと見た人は多かったのでは

    ないかと思いますが、共同声明に署名をする場面では、やはりトランプ氏が役

    者が1枚も2枚も上なのか、終始場面をリードしている様に見えました。

    年齢差や人生経験を考えれば当然なのでしょうが、1対1の会談でどんなこと

    が話されたのか、興味は尽きません。

    共同声明では、朝鮮半島の非核化に取り組むことが記載されていましたが、そ

    のプロセスについては触れていません。これについてトランプ大統領は「完全

    な非核化には時間がかかる。いったんプロセスが始まれば、ほとんど終わる」

    と述べており、事前にあれだけ「完全で、かつ検証可能で不可逆的(CVI

    D)な非核化」にこだわった事を考えると、やや肩透かしをくらった印象です。

    一方金委員長は、北朝鮮の体制保証を取り付けたことで、まずまずの成果だっ

    たと満足している風にも見えました。

    結局今回の歴史的会談は、政治的パフォーマンスの色合いも強く、それでもト

    ランプ大統領が言ったように、ひとまず筋道をつけたことを喜ぶべきなのか、

    あるいは結局米国が望んだ短期的な非核化が棚上げされたことに失望するのか、

    評価が分かれるところです。

    またわれわれにとって関心のある拉致問題では、「拉致を提起した」とトラン

    プ大統領は述べていましたが、それに対する金委員長の言葉すら分かっていま

    せん。この点に関しては失望と言わざるを得ません。

    ドル円は昨日の首脳会談中に、「期待以上の成果だった」というトランプ大統

    領の言葉に反応し、110円49銭までドル高が進みましたが、その後上値は

    抑えられており、NYでも同じように上値を試したものの、110円台半ばは

    抜け切れていません。

    市場は既に「米朝首脳会談」から「FOMCとECB理事会」に目線を移して

    います。今回のFOMCでは今年2回目となる利上げはまず間違いないと思わ

    れます。そうなると、残りもう1回なのか2回なのかが焦点ですが、前回のF

    OMC議事録では「利上げは急がない」との文言もあり、パウエルFRB議長

    の会見でもヒントは得られず、ニュートラルな結果になるかもしれません。

    今朝方のドル円は110円台半ばを若干超えてきたことから、やはり利上げが

    ドル高をサポートしている構図になっていると思われます。

    既に日足の「200日線」をしっかりと抜けてきたことから、111円テスト

    もあるかもしれません。

    ただ、それでも今後円が買い戻される材料は残っています。

    米朝首脳会談で自分をアピールできたトランプ大統領が、先週も触れていた輸

    入自動車関税の引き上げに着手し、中間選挙を一気に有利に持っていきたいと

    考えることに違和感はありません。

    また先週のカナダでのG7では欧州との対立が鮮明でしたが、ドイツのメルケ

    ル首相は「7月1日にも対抗措置を準備できる」と述べており、対中国だけで

    なく、対欧州でも「貿易戦争」という言葉が現実味を帯びてきました。

    「最初にガツーンとやってから落し所を探る」のがトランプ流外交術であるこ

    とから、このまま「貿易戦争」に発展する可能性は低いものの、円が急騰する

    場面も想定されます。

    本日のドル円はFOMCもあることから、109円50銭~111円程度を予

    想します。


  • ドル円米朝首脳会談を前に続伸 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は110円台を回復したものの、勢いはなくもみ合い。
      経済指標もなく、本日の米朝首脳会談を見守る雰囲気が強まる。
      ドル円は110円12銭まで買われたが、110円を挟む水準で一進一退。

    • ユーロドルは小幅に上昇。イタリアの財務相がユーロへの残留を
      コミットしたことで、1.18台前半までユーロ高が進む。

    • 株式市場は小幅に続伸。特段材料がない中、米朝首脳会談には
      楽観的な見方が広がり、ダウは5ドル上昇し、4日続伸。

    • 債券相場はほぼ変わらず。長期金利も2.95%台とやや上昇。

    • 金と原油はともに上昇したが、小幅に留まる。

    本日の注目イベント

    • 英  英5月雇用統計
    • 独  独6月ZEW景気期待指数
    • 米  5月消費者物価指数
    • 米  5月財政収支 
    • 米  米朝首脳会談(シンガポール)

    「(会談は)うまくいくと思う」トランプ大統領がそう自信を深めた米朝首脳会談は現地時間9時から両首脳の挨拶があり、9時15分から1対1の会談が始まります。両首脳に加え、関係閣僚を加えた拡大会議は10時間から始まる予定で、11時半からはワーキングランチが設定されています。また会談は本日1日の予定で、トランプ大統領は7時にはシンガポールを出発することになっています。

    会談に先立ち、ポンペオ国務長官は記者会見で「米国が唯一受け入れる結果とは、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化だ」と述べ、「外交で正しい方向に動かないのなら、制裁は強化される」と語っており、最後の最後まで駆け引きを行っています。もっとも、ポンペオ氏は「明日の会談が成功することに私は非常に楽観的だ」とも述べています。焦点は言うまでもなく非核化への「期間」です。短期間での非核化を望むトランプ大統領の意向を、金委員長が受け入れるかどうかという点です。現時点では会談は建設的で和やかな雰囲気の中で行われると見られます。早朝のドル円も、その辺りを織り込みつつ110円台半ばまでドル高が進んでいます。

    ドル円は昨日の東京時間から株高を伴って上昇し、110円台に乗せました。NYでは110円12銭までドルが買われましたが、勢いはなく110円を挟む展開になっています。日足の「200日線」が上昇を抑えていましたが、今朝のドル急伸でこの水準をクリアしています。ただ注意したいのは、この会談が終了すれば市場の注目は次の材料であるFOMCとECB理事会に移ります。そのため、会談途中でも「材料出尽くし」という認識からドルが売られる可能性もないとは言えません。

    トランプ大統領は、先のG7サミット終了後にも自動車関税の引き上げに触れています。今回の会談を成功裡に終わらせれば、一気呵成に自動車問題も片付けたいと考えるかもしれません。今朝の報道では、メルケル独首相は「米国への対抗措置は7月1日に発動可能だ」と述べているように、G7主脳声明を承認しないと言い張ったトランプ大統領への対決姿勢を、EU全体で強めていくことも予想されます。本日のドル円は109円60銭から110円60銭程度を予想します。

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。