ドル円111円割れを試すも勢いなし 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 上値の重いドル円は一時111円台を割り込み、110円98銭

    までドル安が進んだが、110円台も底堅く反発。111円43銭までドルが

    買われ、111円30銭近辺で越週。

  • ユーロドルはじり安。1.12を天井に下げたが、3連休を控えて

    取引は閑さん。1.1160まで売られる。

  • 株式市場はまちまち。ポジション調整の域を出ず、ダウは小幅安。

    一方ナスダックとS&P500は小幅高。

  • 債券市場も連休前で小動き。価格はやや下落したことで

    長期金利は小幅に低下し2.224%台に。

  • 金は続伸し11ドル高。原油価格も上昇。

  • 1-3月GDP(改定値)               → +1.2%

  • 4月耐久財受注                   →  -0.7%

  • 5月ミシガン大学消費者マインド(確定値)   →  97.1

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏4月マネーサプライ

  • 欧 ドラギ・ECB総裁講演  

  • 米   祝日(メモリアルデー)株式・債券市場休場

  • 米   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演

                                  
    北朝鮮は昨日に引き続き、今朝も弾道ミサイルを発射しました。

    挑発行為を続ける北朝鮮に対して、日本は「厳重に抗議する」と繰り返す

    だけで、米国もそう簡単に軍事行動に出られないことを見越しての挑発の

    ようです。

    週末にイタリアで行われたG7サミットでも、北朝鮮の核に関して首脳宣

    言には盛り込まれたものの、その効果を疑問視する声もあります。

    トランプ政権の対応がますます注目されます。

    そのトランプ大統領にとって今回のサミットが初参加となりました。

    これまで述べてきた「保護貿易」と「アメリカ・ファースト」をG7の席

    でどのように主張していくのか注目していましたが、さすがに他の6カ国

    が反対したため、首脳宣言では「保護主義と闘う」という文言を使うこと

    で決着したようです。

    G7で最も古参のメルケル独首相が、インタビューで米国を批判していた

    姿が印象的でした。

    北朝鮮は毎週のようにミサイルを発射していますが、市場も慣れてしまい、

    「リスクの円買い」という行動には出ていません。

    週明けのオセアニア市場では111円17銭程度までドルが下げましたが、

    先週末のNY市場のクローズからそれほど変わっていません。

    ここでも米国が何らかの行動を取らない限り、為替への影響は見られませ

    ん。

    先週金曜日までは、短い1時間足で「三角保ち合い」(さんかくもちあい)

    を形成していましたが、110円台後半までドル売りが進んだことで「下

    放れ」した形にはなっています。

    その後111円台半ばまで反発しましたが、依然として雲を下抜けした状

    態であることから、上値は重いと見られます。

    110-113円のレンジ相場がそろそろ動き出してもいいころだとは思

    いますが、そのきっかけが見つからないという状況です。

    今週末には5月の雇用統計も発表されるため、この指標をきっかけに動き

    だすことも考えられます。さらに6月にはFOMCもあり、利上げが確実

    視されていることから、今後の利上げ回数とタイミングを巡って相場が動

    くことも予想されます。

    いずれにしても6月もこのままということはないと思います。

    上述のように、やや上値の重い展開は今のところ変わりません。

    本日はNY市場が休場のため、さらに動きにくいと予想されます。

    予想レンジも110円80銭~111円60銭程度と見ていますが、様子

    見が続きそうです。


  • スポンサーサイト

    原油価格OPEC総会を終え急落 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は111円台で膠着。株価は上昇したものの原油価格が

    下がり、材料も強弱混在。小動きの中、111円台半ばから後半で

    推移し、値幅も30銭に留まる。

  • ユーロドルも前日と同じような値動きで1.12を挟んだもみ合い。

  • 株式市場は揃って6日続伸。小売企業の決算が良好で、相場を

    押し上げた。ダウは70ドル上昇し、過去最高値に接近。

  • 債券相場はほぼ変わらず。7年債入札は好調だったものの、ボラティリティが

    低下し、長期金利の水準もほぼ変わらず。

  • 金は小幅に反発。原油価格は大幅に反落。OPEC総会では減産延長が

    決まったが、材料出尽くしと、目新しさがなかったことで大きく売られる。

    引け値は前日比2.46ドル下げ、一気に48ドル台に。


  • 新規失業保険申請件数  →  23.4万件


    本日の注目イベント

  • 日  4月消費者物価指数

  • 欧   G7サミット(イタリア、タオルミナ)

  • 米   1-3月GDP(改定値)

  • 米   4月耐久財受注

  • 米   5月ミシガン大学消費者マインド(確定値)

  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演(都内)

    ドル円は上も下も攻めにくい展開が続いています。

    今夜の海外市場を残してはいるものの、今週はほぼ111-112円の狭いレンジ

    内で推移しています。一方ユーロドルも、1.12台半ばを超える水準まで買われ

    たものの、その後はやや上値が重くなってきました。しかし、それでも下値は硬く、

    1.20を挟んだ水準で一進一退の展開です。

    昨日の金融市場の話題は、原油と株式市場に尽きます。

    OPEC総会がウイーンで行われ、予想通り減産合意が2018年3月末まで延長

    されましたが、減産量に変化がなかったことと、特段目新しいこともなかったこと

    から大きく売られました。まさに「BUY ON RUMOR SELL ON 

    NEWS」通りの展開になりました。WTI原油価格は前日比2ドル46セント下

    げ、一気に48ドル台まで売られ、10日前の水準まで下げています。

    原油価格の大幅下落は、株式の下落にもつながり易く、株価下落がドル円を押し下

    げることがまま見られます。しかし昨日は米小売企業の決算発表が良好で、これが

    原油安を飲み込んだ形となり、消費関連銘柄を中心に主要3指数とも揃って続伸し

    ています。ナスダックとS&P500は最高値を更新し、ダウも最高値に接近して

    来ました。

    そんな中、為替はやや蚊帳の外といった状態です。昨日のドル円は動きも鈍く、緩

    やかに買われる場面はあったものの、112円にも届いていません。この近辺には

    短期的な動きを示す「1時間足」の雲の上限があり、また、比較的しっかりした抵

    抗線と言われる「200時間線」もあり、ここ数日はこの移動平均線が上値を抑え

    ているものと見られます。同時に、「1時間足」では下値も徐々に切りあがってい

    ることから「三角保ちあい」(さんかくもちあい)を形成しつつあります。

    この「三角保ちあい」は、どちらかに抜けた方向に大きく値を伸ばすと言われてい

    ますが、「1時間足」であることから、抜けた場合でもどの程度

    同じ方向に動くのかは見極めにくい状況です。

    本日も特段の突発的なニュースがない限り大きな動きは想定できません。

    1-3月期のGDP確定値が発表されるため、この結果が注目されますが、

    大きな変動要因にはなりにくいと思われます。

    予想レンジは111円10銭~112円10銭程度と、昨日と変わりません。


  • ドル円FOMC議事録公表後下落 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は堅調に112円台を回復し、112円13銭まで

    買われたものの、FOMC議事録が公表されると値を下げた。

    議事録でインフレの減速懸念が示されたことが理由。

  • ユーロドルは1.12を挟む展開。ドラギECB総裁が講演で

    量的緩和の効果を述べたことに反応し、1.1167まで売られたが

    その後反発して引ける。

  • 株式市場はFOMC議事録公表後に上昇に勢いがつき、

    ダウは5日続伸。S&P500とナスダックも揃って最高値を更新。

  • 債券相場は反発。FOMC議事録で金利見通しが変わらなかったことや、

    景気の鈍化は一過性のものであるとの認識が示されたことで買いが優勢に。

    長期金利は2.25%台まで低下。

  • 金と原油は揃って小幅安。


  • 3月FHFA住宅価格指数  →  +0.6%

  • 4月中古住宅販売件数   →  557万件

    本日の注目イベント

  • 欧   OPEC総会(ウイーン)

  • 英   英1-3月期GDP(改定値)

  • 米   新規失業保険申請件数


    今朝方3時に公表されたFOMC議事録の内容に、為替、株、債券はそれぞれ異なった

    反応を示しました。議事録では、大部分の当局者はもう一段の利上げが「近く適切にな

    る」と判断していることが明らかになり、4兆5000億ドル規模のFRBのバランス

    シートを緩やかに縮小させる計画を支持していることが分かりました。(ブルームバー

    グ)

    議事録では、「大部分の参加者は、経済に関して入手する情報が予想と概ね一致した場

    合は、政策緩和の解除をさらに一歩進めるのが近く適切になろうと判断した」と記され

    ています。また、景気についても最近見られる経済活動の減速が一過性のものだという

    証拠を待つのが「賢明」だと指摘していました。

    ただ「数人」の参加者が、インフレ進展が減速した可能性があるとの懸念を表明したこ

    とも示されており、ドル円はこの部分に反応したものと思われ、直後にドル売りが進み、

    112円台から111円台半ばまで下落しました。また債券市場も、インフレ期待の後

    退から買われ、金利が低下しており、為替とセットで動いた印象です。

    一方株式市場は逆の動きを見せ続伸しています。急速な利上げはなく、今後も緩やかな

    利上げが続くとの見方が株式市場にとっては「追い風」となり、ダウは5日続伸し、先

    週水曜日の大幅安を全て埋め、2万1000ドルの大台を回復しました。S&P500

    とナスダックも揃って最高値を更新し、トランプ政権の経済運営に不安が強まっている

    割には底堅い動きを見せている印象です。

    112円台は回復したものの、依然として上値は重く、昨日はFOMC議事録のやや

    「ハト派的な内容」に押し戻された格好でしたが、基本的には方向感はなく、110

    -113円の狭いレンジでの動きが予想されます。今後どちらに抜けるかについては、

    ここでもまた明確は材料は見つけにくい状況ですが、北朝鮮とロシアゲートといった

    問題を抱えている現状は、ドルの下落方向にリスクが高いと思わざるを得ません。

    ただそれでも昨日のNY株式市場のような動きを見ると、それほど近い将来のリスク

    は高いと見ていないことにもなります。先週に一時15.9まで上昇した「VIX指

    数」が、今朝は再び10近辺まで低下していることがその証左でもあります。

    このところ東京時間はまったるい動きが続いていますが、本日も同様な展開が予想さ

    れます。ただそれでも緊張感を持って臨むことが必要です。

    朝鮮半島はすぐお隣です。

    予想レンジは111円10銭~112円10銭程度と見ます。


  • ドル円反発し111円台後半に 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円はしっかり。経済指標は良くなかったものの長期金利が

    上昇したことや、株価も堅調だったことからリスクをとる流れが

    円売りにつながった。111円86銭までドル高が進み、高値圏で引ける。

  • ユーロドルは反落。ドル高が進んだことで1.10を割り込み、1.09台

    後半中心の動きに。

  • 株式市場は4日続伸。欧州市場での株高を好感し、ダウは43ドル高と、

    先週急落した際の下げ幅をほぼ埋める。

  • 債券相場は続落。財務省短期証券入札が軟調だったことで売りものが

    先行する展開に。長期金利は2.28%台へ上昇。

  • 金は3日ぶりに反落。原油価格は続伸し51ドル台に乗せる。


  • 4月新築住宅販売件数        → 56.9万件

  • 5月リッチモンド連銀製造業指数  → 1

    本日の注目イベント

  • 欧 ドラギ・ECB総裁講演

  • 米   3月FHFA住宅価格指数

  • 米   4月中古住宅販売件数

  • 米   FOMC議事録(5月2、3日分)

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演

  • 米   トランプ大統領、ローマ法王と会談

  • 加   カナダ中銀政策金利発表
                                     

    昨日の東京時間からNYまでの動きを見ると、ドル円は111円台を何度か

    割り込んだものの、直ぐに111円台に戻し底堅い展開でした。

    北朝鮮との間で緊張の高まりが継続されていることと、トランプ大統領自身

    の疑惑が強まっているため、市場関係者の間には円の先高感が根強く残って

    いることで、110円台を試しにいったものと思われます。

    それでも昨日のNY市場では長期金利の上昇からドル円は111円台後半ま

    でドル高が進みました。

    トランプ大統領が就任後初となる予算教書が公表されました。

    歳出を今後10年間で3兆6000億ドル(約400兆円)減らすとしてお

    り、低所得者向け医療保険制度や食料配給券(フードスタンプ)、さらには

    低所得者向け住宅の補助など、貧困層や障害者、農家などへのセーフティー

    ネットを削減し、トランプ氏を大統領へと導いた地方労働者の多くに打撃を

    与える内容になりました、(ブルームバーグ)

    今回も予算教書について、米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長は

    「これは納税者第一の予算だ」と述べていますが、一方でこの予算は議会で

    承認される必要があり、共和党のマコネル上院院内総務は、初期の予算案が

    「必ずしも共和党のもの」ではない優先事項を反映していると発言していま

    す。果たして今後10年間でプライマリーバランスを均衡させることが出来

    るのかという見方が既に出ていますが、トランプ政権の公約である法人税減

    税や大規模なインフラ投資などの具体的な内容はまだ分かっていません。

    GDP3%達成に向けた工程表はまだまだ不透明です。

    ドル円は111円台後半まで上昇してきましたが、これで112円台に乗せ

    るようだと、110-115円、もしくは110-113円のレンジ取引の

    可能性が強まってきます。NY株式市場が一時の「ロシアゲート」ショック

    から立ち直りを見せてきたことで、日本株にもやや安心感が出てきそうです。

    米株高と円安から日経平均株価は上昇すると見られますが、その際にドル円

    が112円台を回復するかどうかが焦点になります。

    「1時間足」では「120時間線」にしっかりと支えられている形になって

    いますが、この上にある「200時間線」を抜けることができるかどうかに

    も注目です。このレベルは112円25銭近辺で、現在の値位置からすると

    それほど遠くはありませんが、市場のセンチメントからすると、「近いよう

    で遠い」気もします。

    本日の予想レンジは111円30銭~112円30銭程度と見ます。

    NY市場ではFOMC議事録が公表されますが、今回の声明文では「1-3

    月期の景気鈍化は一時的な可能性が高い」との判断を下しただけに米景気の

    先行きに予想を上回るような強い自信が明記されているようだと、ドル高に

    振れる可能性もあります。

    反対に政治的リスクにも言及があれば、ドルには弱い材料とみなされること

    になるかもしれません。


  • ユーロドル、メルケル発言を受け1.12台半ばへ 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は小動きに終始。上値は重く、111円40銭で抑えられたが、

    下値も111円割れがあったものの限定的。

  • ユーロドルは続伸し、連日で高値を切り上げる。

    メルケル独首相がユーロは弱すぎると発言したことも

    ユーロ買いにつながり、1.1264までユーロ高が進む。

  • 株式市場は3日続伸。サウジと米企業が投資合意に達した

    ことや、原油価格が1カ月ぶりに高値を記録したことが背景。

    ダウは87ドル上昇し、先週の大幅安の9割程度を埋める。

  • 債券相場はやや軟調となり続落。値動きも小幅なレンジで推移し、

    長期金利はやや上昇し、2.25%台で引ける。

  • 金は続伸。原油価格は9カ月の減産延長観測から続伸。

    本日の注目イベント

  • 独   独5月製造業PMI(速報値)

  • 独   独5月サービス業PMI(速報値)

  • 独   独1-3月期GDP(改定値)

  • 独   独5月ifo景況感指数

  • 欧   ユーロ圏5月総合PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏5月製造業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏5月サービス業PMI(速報値)

  • 英  英4月財政収支

  • 米   4月新築住宅販売件数

  • 米   下院歳入委員会、税制改革で公聴会

  • 米   予算教書発表

  • 米   5月リッチモンド連銀製造業指数

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

    ユーロドルが1.1264まで上昇し、半年ぶりの高値をつけました。

    金融緩和縮小が予想される中、昨日はドイツのメルケル首相が「ユーロは

    弱すぎる。これはECBの政策が理由だ。これによってドイツ製品が相対

    的に安くなっている。従って、ドイツ製品はよく売れている」と述べたこ

    とが上昇に弾みを付けました。

    メルケル首相はユーロ安が同国の貿易収支を黒字にしている一因だと指摘

    しました。また、フランスとの関係については「政権の成功に向けて支援

    しなければならない」とも語っており、さらにフランスに対する貿易黒字

    を減らす方法について「フォルクスワーゲンではなく、ルノーを買うよう

    国民に強制することはできない」とも語っています。(ブルーバーグ)

    この認識はブンデスバンク(ドイツ連銀)と足並みを揃えており、ECB

    のドラギ総裁にもじわじわと政策変更を促す圧力となっています。

    ドル円はやや上値を切り下げています。

    トランプ大統領の「ロシアゲート」問題が不透明な上、北朝鮮との緊張も

    依然として高まったままです。

    加えて、このところのユーロ高による影響もあるもしれません。

    ユーロドルの上昇は、「ドル売り・ユーロ買い」であることから、ドル円

    でも「ドル売り・円買い」につながり易いという状況になります。

    ユーロドルだけ上昇し、ドル円が動かないとすると、ユーロ円が大きく上

    昇することになります。

    このようにドル円の上値は重くなっていますが、現時点では下値のほうも

    限定的です。先週大幅な下落を見せた株価がその後安定していることと、

    堅調な原油価格が相場を支えている形です。

    WTI原油価格は4日続伸し、51ドルに迫る水準まで買われています。

    25日からウイーンで始まるOPEC総会を前に昨日サウジアラビアが、

    減産に参加している全産油国が2018年第1四半期末までの減産延長

    で合意したと発表したことで、供給過剰シナリオの修正に向けて減産が

    何らかの影響を及ぼすとの楽観的な見方が強まったことが相場を押し上

    げました。

    米長期金利が低位安定していることもドル円の上値を抑えていますが、

    この背景も上述のように、トランプリスクと北朝鮮リスクを意識したも

    のです。従って、短期的なドル円の動きはやや下値目線で見て置くほう

    がよさそうな気がします。

    メドとしては、110円台半ばから、先週記録した110円24銭辺り

    が意識されます。

    大きくは110円という大台が維持できるかどうかでしょう。

    本日の予想レンジは110円50銭~111円50銭程度と見ます。


  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。