FC2ブログ

ホルムズ海峡でタンカー攻撃される 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は中東ホルムズ海峡で2隻のタンカーが攻撃されたことで108円25銭まで円高に振れる場面も。ただその後は大きな
    値動きもなく108円30銭台で推移。

  • ユーロドルは続落。IMFが域内の経済成長に否定的な見方を示したことで、1.1268まで下落。

  • 株式市場はホルムズ海峡で不安な動きがあったにもかかわらず反発。ダウは100ドルを超える上昇を見せ、他の指数も揃って反発。

  • 債券相場は続伸。長期金利は2.09%台に低下。

  • 金は3日続伸。原油価格はホルムズ海峡で日本の船舶を含む2隻のタンカーが攻撃されたことで反発。前日比1.14ドル高の52.28ドルで引ける。

  • 5月輸入物価指数       →  -0.3%

  • 新規失業保険申請件数     →  22.2万件 


本日の注目イベント

  • 日   4月鉱工業生産(確定値)
  • 中   中国5月小売売上高
  • 中   中国5月鉱工業生産
  • 欧   IEA月報
  • 英   カーニー・BOE総裁講演
  • 米   5月小売売上高
  • 米   5月鉱工業生産
  • 米   5月設備稼働率
  • 米   6月ミシガン大学消費者マインド(速報値

昨日の夕方、中東ホルムズ海峡で日本の船舶を含む2隻のタンカーが何者かに攻撃されたとのニュースが入ってきました。安倍首相がイランを訪問したタイミングでもあり、驚きでしたが、ポンペオ米国務長官はワシントンで、「イランに責任がある」との判断を示していますが、現時点ではイランは関与を否定しています。

この報道を受けて、ドル円では円が買われ、WTI原油価格も大きく上昇しましたが、前日の大幅安を埋めるには至っていません。リスクオフから米債券市場では債券が買われ、金利は低下しましたが、リスクに弱い株は大きく値を上げています。この日発表された週間失業保険申請件数が予想に反して増えていたことがFRBによる利下げ観測へとつながり、株価を押し上げたものと見られます。米株式市場は先週から利下げという「好材料」をテコに、大きく上昇を続けています。

米失業保険申請件数は2009年3月の66万件からほぼ一貫して減少してきました。ただ減少傾向をよく見ると、今年に入ってからは5月に一度20万件を割り込むことがありましたが、その週以外では20万件というボーダーラインを割り込むことがなく、減少傾向に歯止めがかかったようにも見えます。先週発表されたADP雇用者数や、労働省が発表した雇用統計では、雇用者数が予想を大きく下回るサプライズだったことは記憶に新しいところです。これらを総合してみると、好調だった米労働市場にもジワリと景気減速の波が押し寄せて来たとも考えられます。もちろん、その背景は米中貿易戦争に代表されるように、関税問題が大きく影響しています。

ここ最近は、米経済指標が予想を下回ると、FRBによる利下げ観測が高まり、株価が上昇する傾向がありますが、そもそも金利を引き下げることは景気が悪いということと表裏一体です。そして、景気が悪いにもかかわらず株価が上がるというロジックは長く続くはずがありません。懸念されるのは、利下げが進んでも株価が下がり続ける状況になることです。そのような状況下では、株安、金利低下、リスクオフから円高が急速に進む可能性があるからです。

このように、米経済にも暗雲が立ち込めている状況の中、米中貿易問題は中国側に投げたボールが返って来ないためやや手詰まり感が漂っています。トランプ大統領は中国へ圧力をかけ続けていますが、昨日はクドロー国家経済会議(NEC)委員長もホワイトハウスで同じように中国へ警告を発しています。委員長は、「トランプ大統領は会談への強い意欲を表明したが、会談はまだ正式に準備されてない」と語り、「会談が実現しない場合には重大な結果に直面する可能性がある。しかし、大統領は会談をする方を好むだろう」と述べています。(ブルームバーグ)

昨日もこの欄で述べましたが、中国は今この問題にどのように対処しようかと作戦を練っている所だと考えます。会談を拒否すれば「ゲームオーバー」は目に見えており、中国側が大きな経済負担を強いられることなり、会談で米国側の要求を飲めば、弱腰と見られ国内での権力の低下につながります。それでも、個人的には来週あたりには「会談する用意がある」とのメッセージが中国側から発せられると予想しています。会談で合意するかどうかは別にしても、少なくとも中国に「会談拒否」という選択肢はないと考えます。本日のドル円は108円~108円70銭程度と予想します。

スポンサーサイト

米中貿易問題・・・ボールは中国に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 欧州市場で108円20銭前後まで売られたドル円はNYに入ると上昇。108円54銭まで反発したが、CPIが低調だったことで上値は限定的となり、108円50銭近辺で引ける。

  • ユーロドルは小幅に反落。1.1274まで売られる場面があり、前日よりやや水準を下げる。

  • 株式市場は続落。利下げ観測の効果もやや低減し、この日はハイテク株や金融株が売られる。ダウは43ドル下げたものの、2万6000ドルの大台は維持。

  • 債券相場は米中貿易問題の先行き懸念から買われる。長期金利は2.12%と、小幅に低下。

  • 金は続伸。原油価格は在庫の増加が重石となり大幅に続落。5カ月ぶりの安値となる、51ドル14セントで取引を終える。

  • 5月消費者物価指数  → 0.1%

  • 5月財政収支  → -2078億ドル

本日の注目イベント

  • 豪 5月雇用統計
  • 独 5月消費者物価指数(速報値)
  • 欧 ユーロ圏4月鉱工業生産
  • 米 5月輸入物価指数
  • 米 新規失業保険申請件数

ドル円は108円台で一進一退の動きが続いています。FOMCとG20という、ビッグイベントを控えており、その内容次第で相場はどちらにも動く可能性があり、結果を見極めるまでは動きにくいということなのでしょう。ただ、その前に立ちはだかっているのが、トランプ大統領の予想不可能な「ツイート」です。

前日、「米中問題で結論を遅らせているのは実は自分だ」、とツイートしたトランプ氏は、昨日ホワイトハウスで記者団に対して、「自分に最終期限はない」と発言した上で、自分の頭部を指し、「私の最終期限はここにある」と述べています。(ブルームバーグ)すでに「ボール」は中国側に投げられており、中国が今後どのような対応を見せるのかを待っている状況です。その上で、大阪で行われるG20で習主席が会談に応じないようなら、3000億ドル(約32兆5千億円)相当の中国製品に対して直ちに25%か、それ以上の関税をかけると警告しています。さらに中国側の譲歩についても、中途半端なものを受け入れる意思はなく、先の交渉で合意した内容の厳しいものを要求しています。中国側も、相手がトランプ氏だけに、最悪の事態もないとは言えないと警戒しているものと思われます。

このように、非常の厳しい米中のかけ引きが続いていますが、ブルームバーグは北京大学の張健准教授の言葉を紹介しています。同教授は、「中国指導者として過去数十年間で最も強大な権限を手にした習主席でさえ、就任後6年間で最も厳しい立場に追い込まれている。トランプ氏の脅しに屈せば、国内で弱腰と見られるリスクがある。会談を拒めば、トランプ氏は貿易対立を2020年の大統領選まで引き延ばす公算が大きいため、中国は経済コストを支払わされる」と述べています。

また中国政府関係者の言葉も紹介し、貿易問題を担当する政府関係者は、「米国との協議は両国首脳の介入がなければこれ以上進展できない地点に到達した」とのことです。

確かに、このままでは時間ばかりがいたずらに過ぎてしまい、米中トップが直接会って、会談するしか解決の糸口は見つからないと思われます。個人的には「最低でも会談は実現する」と予想していますが、それでも合意に達するのは容易ではないでしょう。

ただ一方で中国側としても、合意するしか選択肢はないように思います。

本日も、水準は前日と変わらず動きのない1日になりそうです。ドル円は108円20銭~108円90銭程度を予想します。

ユーロドル1.13台で小動き 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は108円台半ばから後半で推移。一時は108円80銭
まで買われたものの、株価が下落に転じたことで108円台半ばまで
水準を切り下げ、取引を終える。
◆ユーロドルは1.13台で底堅く推移。ECBメンバーの中銀総裁が
量的緩和再開の用意があるとの発言が伝わり、やや水準を下げ1.1320
近辺まで下落。
◆株式市場は揃って反落。ダウは小幅ながら7日ぶりに下落。上昇が続いて
いたことで、利益確定の売りが優勢に。
◆債券相場はほぼ横ばい。長期金利は2.14%台で小幅に低下。
◆金は反発し、原油は変わらず。

◆5月生産者物価指数     →  0.1%


本日の注目イベント


◆豪   豪6月ウエストパック消費者信頼感指数
◆中   中国5月消費者物価指数
◆中   中国5月生産者物価指数
◆欧 ドラギ・ECB総裁講演
◆米   5月消費者物価指数
◆米 5月財政収支

ドル円は海外市場ではやや水準を切り上げ、108円80銭までドル高が進み、
約2週間ぶりの水準を付けましたが、その後はNY株式市場で好調だった株価
がマイナスに転じたことで、108円台半ばまで押し戻され、結局、昨日の水
準に戻っています。来週にはFOMCが開催され、さらにその翌週にはG20
も開かれ、重要イベントを控えていることで、値動きも緩やかなものになって
います。
また、この日も「トランプ節」は健在でしたが過激な内容もなく、市場も余り
関心を示さなくなったのかもしれません。

トランプ大統領は再び米金利に触れ、米金利は高すぎるとツイートし、「ばか
げた量的引き締めに追いうちをかけている!彼らは全くわかっていない!」と
批判し、さらにユーロを引き合いに出し、「ユーロとその他の通貨は米ドルに
対して下落誘導されているため、米国はひどく不利な立場に置かれている」と
も述べていました。
また、最大の懸念材料である米中貿易問題については、「合意を先延ばしして
いるのは、実は私だ。中国とは素晴らしい合意をまとめるか、まったく合意な
しで終わるのかどちらかだ」と述べ、中国が今年交渉済みの条件に立ち戻らな
い限り、最終合意するつもりがないことを表明しています。(ブルームバーグ)

トランプ氏は前日にも、習近平主席がG20での会談に応じない場合には、3
000億ドル(約32兆5000億円)の中国製品に25%か、それ以上の関
税を課すと豪語しています。このような、最悪の事態になる可能性は低いと思
われますが、これまでのトランプ氏の言動やこのところの中国側の強硬発言を
考えると、ないとは思いますが、リスクに備える必要があるかもしれません。
これに対して中国外務省報道官は11日北京で、「米国がG20サミットに合
わせて米中首脳会談を行う期待を幾度も表明していることに、われわれは注目
している。これに関する情報が入れば、いずれ発表する」との見解を示してい
ます。

ユーロドルが徐々に下値を切り上げてきました。
景気後退が鮮明で、多くの投資家がユーロ売りスタンスを維持していますが、
1.10近辺が底堅く、このところのドル安の流れから水準を切り上げてきま
した。注目は「日足」の「200日移動平均線」がある1.1365―70レ
ベルをしっかりと抜けるかどうかです。
ユーロショートが溜まっているだけに、ドル円が再び107円台まで落ちるよ
うだと、ユーロドルもストップロスを巻き込みながらこのレベルを上抜けする
可能性もあり得ると予想しています。「MACD」では、「シグナル」は依然
としてマイナス圏ですが、「マックD」はすでにプラス圏入り
しており、微妙な値位置にいることを物語っていると言えます。また一目均衡
表では、昨年9月以来抵抗帯である雲を3度も上抜けして、上昇に転じたかと
思わせましたが、全て押し戻され下落基調に戻されています。
今回が4回目の挑戦となりますが、ここでも「4度目の正直」になるのかどう
か、微妙なところと言えます。
今後の動きに注目したいと思います。

本日のドル円は108円20銭~108円90銭程度と予想します。


NY株さらに続伸 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はメキシコへの関税見送りを材料に108円67銭
まで上昇。その後NYマンハッタンにヘリが墜落したとの報道に
108円33銭まで下落し、108円台半ばで引ける。
◆ユーロドルは1.13を挟む展開となり小動き。
◆株式市場は主要3指数とも揃って続伸。ダウは78ドル高と
6日続伸し、2万6000ドルの大台を回復。
◆債券相場は反落。長期金利は小幅に上昇し、2.14%台に。
◆金は利益確定の売りに押され大幅安。原油も在庫増加観測から反落。

本日の注目イベント

◆英   英5月失業率
◆米   5月生産者物価指数


米債券相場がやや下落したことで長期金利が小幅に上昇し、さらにメキシコに対
する関税見送りの効果もあり、ドル円は堅調に推移しました。
NYでは108円67銭までドル高が進みましたが、トランプ大統領が再び中国に対
して圧力をかけたことでドルの上値は重い展開です。

トランプ氏は10日ホワイトハウスで、「中国の習近平国家主席がG20での会談に
応じない場合、中国からの輸入品3000億ドル(約32兆5000億円)に対して
直ちに25%の関税を課す可能性がある」と、これまでの主張を繰り返し「25%よ
りはるかに高い」可能性にも言及しました。
また、CNBCとのインタビューでも、「習主席はG20に参加すると理解している。
われわれは会談することになるだろう。それに、主席と私はすばらしい関係にある。
実際のところ、驚くべき、偉大な人物だ。非常に強くて賢い。だが主席は中国のため、
私は米国のために仕えている」とも述べています。
そして最後に、「中国は取引せざるを得なくなるため、それに応じるだろう」と語っ
ています。(ブルームバーグ)今回の発言はやや過激でしたが、一方で習主席に対し
て友好的な言葉も発していることから、現時点では市場への影響もほとんどないよう
でした。

トランプ氏はまた、FRBに対する批判も繰り返しています。
今回は、中央銀行を支配下に置いている中国首脳と比較しながらの批判でした。
「中国の金融当局を率いているのは習近平国家主席だ」と発言し、中国人民銀行は米
金融当局と異なり、政治的に独立していないため、主要な政策決定において習主席や
政府首脳部の承認を要すると述べ、米金融当局に対して、「米国にはその優位性はな
い。当局が利下げをしないからだ。当局は大きな誤りを犯し、私の言うことを聞かな
かった。金利を大幅、かつ
急速に上げすぎた」とし、「米国の金融当局はわれわれにとって、とても有害だ」と
言い放っています。(ブルームバーグ)
トランプ氏のFRB批判は今に始まったわけではありませんが、今回の発言内容には
「有害」(Disruptive)といった言葉が含まれており、批判のボルテージを上げてい
ます。

今月28-29日に大阪で開催される「G20」は、上述のように、米中首脳会談が
行われる予定ですが、まず実施されるのかどうかという点と、その内容に世界の注目
が集まります。仮に会談が持たれない場合には、中国からの全輸入品に対して25%
の関税、あるいはそれ以上の関税がかかることになります。
先週末のメキシコとの例もあり、直前に回避されることも無いとは言えませんが、厳
しい状況であることに変わりはありません。
IMFは先週、米中貿易戦争が激化した場合、「2020年の世界経済は0.5ポイ
ント、中国は1.0ポイント、米国でも0.2ポイント成長が下押しされる」との試
算を発表しています。

このような状況の中でも、ドル円は108円台での推移です。107円台後半が底堅
く、米長期金利の低下にもそれほど円高が進まないのは、急騰している米国株の影響
によるものと機関投資家を中心に「外もの」への投資が高水準であることが要因だと
考えています。ただそれにも限界があろうかと思います。
その前に米中貿易戦争に収束する気配が見られることが望まれます。

本日のドル円は107円80銭~108円60銭程度を予想します。


米5月雇用統計大幅に悪化 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は5月の雇用統計で、予想を大きく下回る雇用者数が発表
されたことで107円88銭まで下落。ただその後はメキシコとの
関税を巡る問題が好転したことで108円台を回復し、108円
20-25銭近辺で越週。
◆ユーロドルでもドル安が進み、1.1348までユーロが買われる。
◆株式市場は利下げ観測と、トランプ大統領がメキシコに対する
関税を見送ると発表したことで大きく上昇。ダウは5日続伸し、
S&P500なども4日続伸。
◆債券相場は続伸し、長期金利は一時2.05%台まで低下。
引けにかけては2.08%台まで反発。
◆金は8日続伸。原油価格も続伸し、54ドル近辺まで上昇。

◆5月失業率          →  3.6%
◆5月非農業部門雇用者数   →  7.5万人
◆5月平均時給 (前月比)   →  0.2%
◆5月平均時給 (前年比)   →  3.1%
◆5月労働参加率        →  62.8%
◆4月消費者信用残高      →  17.497b

本日の注目イベント

◆日   4月貿易収支
◆日 5月景気ウオッチャー調査
◆中   中国5月貿易収支
◆中   中国5月マネーサプライ
◆英   英4月貿易収支
◆英   英4月鉱工業生産
◆英   英4月月次GDP
◆加   カナダ5月住宅着工件数
◆加   カナダ4月建設許可件数

5月の雇用統計はサプライズでした。
非農業部門雇用者数が、予想の17.5万人に対して、7.5万人と、大きく下振れ
していました。民間の雇用統計である「ADP雇用者数」でも大きく予想を下振れし
ていたことから、「ひょっとしたら・・・?」との観測もありましたが、この両者は
必ずしも連動していないことから、楽観視していただけに驚きでした。今回の内容は
5月分が予想を下回っただけではなく、4月分、3月分もともに大きく下方修正
され、むしろこちらの方がより驚きが大きいかもしれません。

ここから読み取れることは、米労働市場は今年の春先からすでに後退局面入りしてい
た可能性が高いということです。
米経済指標に関しては、昨年ほどの好調さは見られず、それでも今年は強弱まちまち
で、相対的には日本や欧州など、他の主要国と比べ優位性を維持していました。これ
が、米中貿易戦争が激化したにも関わらずドルが堅調に推移していた理由の一つでし
た。今後この労働市場が縮小に向かうとすれば、当然金融当局が金融政策の舵を再度
切り直すことは想像に難くありません。
事実、雇用統計が発表された先週金曜日の債券市場では、FRBが年内に2~3回の
利下げに動くといった観測から長期債が買われ、長期金利は一時2.05%台まで低
下する場面もありました。
FRBの使命は「物価の安定」ということに加え、日銀やECBにはないもう一つの
使命である「雇用の最大化」という使命が法律で課せられています。
2015年末にリーマンショック後初めて利上げに踏み切って以来、政策金利に連動
する形で雇用は順調に拡大してきました。
その雇用にも、そろそろ暗雲が立ち込めてきたということですが、今後米中貿易戦争
が激化するようなら、労働市場はさらに縮小ペースを速める可能性もあり、「雇用統
計」が再び市場の注目を大きく集める日が来そうです。

トランプ大統領は7日、メキシコからの輸入品への関税発動を見送ると発表しました。
メキシコが移民を食い止める強硬な措置を取ることで合意したことが、その理由にな
っています。トランプ氏はまた、「メキシコが大量の農産品を購入することで合意し
た」とも述べ、メキシコとの「ディール」が成功したことをアピールしています。
NY株式市場はこの報道を好感し、ダウは263ドル高で取引を終えました。
ダウはこの結果、先週5日間を通じて全て上昇し、この間の上昇幅は1168ドルと、
4.7%の上昇率を記録しています。
上記メキシコとの関税問題が解消したことに加え、FRBが利下げを行うとの見通し
が急速に高まり、足元ではFRBが年内に利下げを行う確率は「97.9%」まで上昇
しています。早ければ今月の会合でその議論を行い、7月の会合での利下げといった
見方が有力です。
さらに年内に2回利下げを行う確率も、34%程度まで高まっています。
「米中貿易問題の不透明さ」と、「雇用の悪化」が利下げ観測を高めたという、やや
皮肉な結果になっています。

ドル円は先週末にも107円台後半を試しましたが、押し戻されています。
これで107円80-90銭の水準を4回ほど試しましたが、全て押し戻されており、
この水準がかなりしっかりしたサポートレベルと見られています。
一目均衡表ではまだ下落基調を維持していますが、「MACD」では、8時間までの
足でゴールデンクロスを示現してます。
まだドルの上値は重いものの、何かのきっけでは109円に向かう可能性もあるかも
しれません。「戻り売り」のスタンスを維持しながらも、「日足」のゴールデンクロ
スには注意したいところです。

本日のドル円は108円~108円70銭程度を予想します。


このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。