ドル円110円台半ばを試す 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は再び110円台半ばを試す展開に。トランプ大統領が

    オバマケア撤廃に伴う代替法案を取り下げたことで、今後の政策実行力

    を不安視する見方が台頭。ドル円は110円63銭まで売られたが、前回同様

    111円台まで押し戻されて取引を終える。

  • ユーロドルは方向感がなく、1.08を挟んでもみ合う。値幅も30ポイント

    程度で、今後のECBの政策を見極めたいとする姿勢が強まった

  • 株式市場はヘルスケア法案を取り下げたことで、下げ幅を縮小。

    ダウは59ドル下げたが、ナスダックは11ポイント上昇。

  • 債券相場はヘルスケア法案が取り下げられたことで小幅に上昇。

    長期金利は2.41%台で越週。

  • 金と原油は小幅に反発。

  •  2月耐久財受注  →  +1.7%

    本日の注目イベント

  • 独   独3月ifo景況感指数

  • 欧   ユーロ圏2月マネーサプライ

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演

    米下院共和党は24日、医療保険制度改革法(オバマケア)を改廃する法案の

    採決を断念しました、可決に必要な票を確保できなかったことで、トランプ政

    権の今後の政策実行力を疑問視する声が高まり、ドル円は再び110円台半ば

    まで売られる展開になりました。

    オバマケアの撤廃と、それに代わるヘルスケア案を決めることがトランプ氏に

    とっても最優先課題だっただけに、最後の段階で取り下げたことが、インフラ

    投資や減税問題も先送りになるのではとの懸念も生じており、これが市場のセ

    ンチメントを悪化させている状況です。就任2カ月にして最優先課題でつまず

    きを見せたことで、トランプ氏に対する期待は急速に低下しており、トランプ

    相場も曲がり角に差し掛かった印象です。

    ただ、先週末のNY株式市場ではヘルスケア法案の採決を断念したことで株価

    の下落に歯止めがかかり、引けに掛けては値を戻しています。一部には「トラ

    ンプ大統領と議会はこれから経済成長策の方に軸足を移すと見られ、その中核

    は税制改革だ」との意見もあるようです。(ブルームバーグ)

    NYダウは直近高値から500ドル以上も下落しており、トランプ効果も徐々

    に色あせてきています。

    振り返ってみれば、減税改革については「驚くべき内容」とぶちあげたのが2

    月9日でした。その後、「まもなく明らかになるだろう」とのツイートは1度

    ありましたが、いまだにその内容は発表されないまま、2カ月になろうとして

    います。ドル円の118円台半ばや、ダウの2万1100ドル台は、結局市場

    の先走りだったのでしょうか。

    ドル円は先週、110円台半ばを3回試しまたが、結局抜け切れなくて押し戻

    されてきました。今朝も同じように、同レベルを試しています。

    下値が110円半ばと上値は111円半ばのレンジが続いていますが、市場の

    センチメントは上で述べたように、トランプ相場への期待の低下から下値を試

    す流れに傾いています。チャートでは「週足」で、雲に入って来ました。

    「200週線」が110円台前半にあるため、仮に110円台半ばが抜けたら、

    このレベルあたりから下値がサポートになろうかと思います。

    昨年11月からのトランプラリーの半値戻しも、109円93銭と導き出され

    ることもあり、110円前後は非常に重要な水準です。

    本日の予想レンジは110円~111円20銭程度にしたいと思います。

    日本株も軟調な展開が予想され、株安、ドル安が同時に進む可能性があるかも

    しれません。


  • スポンサーサイト

    ドル円NYで再び110円台半ばに 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は下院共和党がヘルスケア法案の採決を延期した
      ためドル売りが強まり、110円62銭まで下落。前日のドルの安値を
      下回ったが、111円近くまで戻して引ける。

    • ユーロドルは1.07台後半で小動き。ユーロ円を売る動きも見られ、
      一時119円台半ばまで下落。

    • 株式市場は続落。オバマケアの代替法案の採決が延期された
      ことが嫌気された。ダウは小幅ながら6日続落。

    • 債券相場は反落。ヘルスケア法案が延期されたことで上昇する
      場面もあったが、SFシスコ連銀総裁のコメントに反応し売られた。

    • 金は反落。原油価格は続落し47ドル台に。

    • 2月新築住宅販売件数  →  59.2万件

    • 新規失業保険申請件数  →  25.8万件

    本日の注目イベント

    • 独   独3月製造業PMI(速報値)
    • 独   独3月サービス業PMI(速報値)
    • 欧   ユーロ圏3月総合PMI(速報値)
    • 欧   ユーロ圏3月製造業PMI(速報値)
    • 欧   ユーロ圏3月サービス業PMI(速報値)
    • 米   2月耐久財受注
    • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
    • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
    • 加   カナダ2月消費者物価指数

    注目されたオバマケアの撤廃に伴う代替法案が議会で可決されず延期
    されました。
    採決については楽観視されていただけに、昨日の市場では不透明感が
    増し、ドル円は前日のドルの安値を下回る、110円62銭まで売られています。

    NY株式市場の方も軟調な動きで、ダウは小幅でしたが6日続落し、あの
    トンプラリーがウソだったような状況になっています。
    代替法案は本日にも採決されるという見方もありますが、ライアン下院議長が
    予定していた記者会見を延期したことで、ホワイトハウスと下院首脳部との
    話し合いは難航していると見られます。

    SFシスコ連銀のウィリアムズ総裁はウォールストリートジャーナル紙(WSJ)
    とのインタビューで、最大限の雇用確保と物価安定という2大責務に対する
    金融当局の取り組み次第では、年内に3回か「もしくはそれ以上」の利上げ
    が理にかなうと述べています。(ブルームバーグ)
    先週のFOMCでは今年初めてとなる利上げには踏み切ったものの、
    FOMCメンバー による「ドットチャート」が、前回12月のそれから
    変わっていなかったことで、年内4回の利上げ観測が急速に後退し、
    これがドル円を115円台から110円台に押し下げた一因にもなって
    いました。
    ウィリアムズ総裁の認識には、依然として米景気が拡大しており、
    さらにその流れは継続すると見ている自信の表れだと見ることが
    できます。
    もっとも、昨日の市場は上述のように、ヘルスケア法案の行方に
    注目が集まっており、影響は軽微でした。
    トランプ大統領の最優先課題であったオバマケアの撤廃が、思惑通り
    進展しなくなってきたことで、今後の経済政策にも遅れが出て、米景気への
    好影響にも不透明感が漂ってきました。
    筆者も、トランプ氏の大規模な財政出動が景気を刺激し、長期金利の
    上昇圧力となり、FRBの利上げ回数を押し上げるといったストーリーを
    メインに置いてきました。
    この基本部分が崩れると、今後のドル高シナリオも修正を迫られる
    可能性も出てきます。
    もちろん、現時点ではまだ判断はできませんが、全てはホワイトハウス次第
    であることは確かなようです。

    ドル円は東京タイムでは底堅く、上昇する場面もありますが、海外市場に入ると
    売られる流れが続いています。
    意識される水準は、昨日も述べましたがトランプラリーで上昇した半値戻し
    にあたる、109円93銭前後ということになります。
    もともと軟調な日本株も、本日は日経平均が1万9000円を明確に
    割り込むようだと、東京タイムでも上値が重くなり、NYの下値を試す
    展開も予想されます。
    今朝のドル円は、再び111円台に押し戻されていますが、「一歩前進二歩後退」
    の流れは昨日から継続しています。
    予想レンジは110円50銭~111円50銭程度と見ています。

    ドル円4カ月ぶりに110円台に 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は続落し、約4カ月ぶりとなる110円74銭近辺まで

    下落。トランプ政権の政策に対する不透明感が急速に台頭し、

    米金利の低下に円を買う動きが強まった。

  • ユーロドルはもみ合い。1.0825まで買われたものの、

    勢いはなく、1.07台に押し戻されて取引を終える。

    円高が進んだことから、ユーロ円は3週間ぶりに119円台に。

  • 株式市場はまちまち。ダウは小幅に続落したが、ハイテク銘柄

    の多いナスダックは27ポイント上昇。

  • 債券相場は続伸。財政刺激策への期待が薄れ、債券への

    需要が高まった。長期金利は2.40%台へと低下。

  • 金は続伸し、原油は小幅ながら続落。

  • 1月FHFA住宅価格指数   → 0.0%

  • 2月中古住宅販売件数    → 548万件

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏3月消費者信頼感(速報値)

  • 欧   ECB経済報告

  • 英   英2月小売売上高

  • 米   2月新築住宅販売件数

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   イエレン・FRB議長講演

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演                                   

    トランプ大統領の政策実現に対する見方に黄信号がともり、これまでの期待感

    が後退して来ました。期待感の後退はドル売り円買いを促し、ドル円は昨日の

    NY市場で一時110円74銭近辺まで下落し、約4カ月ぶりの円高水準を記

    録しています。この水準はもちろん今年の円の最高値ですが、昨日の日経平均

    株価も414円下げ、今年最大の下げ幅でした。

    投資家が「リスク回避」に動いたということですが、米景気の拡大基調が変わ

    っていない現状では、このまま「リスク回避」の流れが続くかどうかはまだ判

    断できません。

    ドル円は重要なサポートであった111円50-70銭近辺を割り込み、ゆっ

    くりでしたがドルを売って円を買う動きが続きました。

    円はその他の主要通貨に対しても買われ、ユーロ円は120円を割り込み、豪

    ドル円も1月6日以来となる84円台まで下落しています。ドルの全面安であ

    ると同時に、円の全面高の様相です。

    トランプ政権への期待が後退していますが、背景は医療保険制度改革法(オバ

    マケア)を撤廃し、与党共和党が提案する代替案が議会で承認されないのでは

    ないかとの懸念が広がっていることが挙げられます。もし議会を通らないとい

    うことになると、これまでトランプ氏が公約してきたインフラ投資や法人税減

    税など税制改革も遅れるという見立てで、市場に不透明感が広がっています。

    法人税減税の大幅引き下げは企業利益のかさ上げにつながり、これが株価を大

    幅に押し上げた経緯があります。法人税減税が先送りになれば、株式が売られ、

    株価の下落が円買いを促したというのが足元の動きです。

    ドル円は年初来の安値をつけたわけですが、ここからは慎重に状況を判断する

    必要があります。前述のように、米景気の好調さは現時点では変化はありませ

    ん。前日今年最大の下げ幅を記録したNYダウも、昨年末に比べればまだ90

    0ドル以上も高い水準です。株価に関しては、トランプラリーで先取りしたと

    いうことで、今その修正が進んでいるという状況かと思われます。

    株価の水準は景気の体温計とも言われますが、その株価が依然として高水準を

    維持していることからも、足元の米景気は高水準だと言えそうです。

    ドル円は110円台まで下落しましたが、仮に、さらに下値を試す展開がある

    とすれば意識されるのは109円93銭近辺です。この水準は昨年11月の大

    統領選直後に記録した101円20銭から、トランプラリーのピークだった1

    18円66銭までの「半値戻し」にあたるからです。

    また「110円」という数字も大きな大台であることから意識されます。

    従って、110円前後が非常に重要な「下値のメド」と言えるでしょう。

    トランプ氏が大統領に就任してから2カ月が経過しました。移民問題や、国境

    に壁をつくるだけではなく、そろそろ経済政策でも「実績」を示さなければな

    らない時ではないでしょうか。氏の「有言実行」が試される時です。

    本日はNY時間にイエレン議長の講演があります。

    今後の利上げのタイミングについて言及があるかどうかに注目ですが、

    東京時間にも、籠池理事長の証人喚問が午前中に行われる予定です。

    安倍政権に影響を与えかねない問題だけに、こちらにも注目したいと思います。

    予想レンジは110円70銭~112円程度としたいと思います。


  • ドル円続落し111円台半ばに 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は約4カ月ぶりとなる111円55銭まで下落。
      トランプ政権の政策見通しが不透明なことを背景に、株価が
      急落。長期金利も低下したことでドル売りが強まった。

    • ユーロドルも1.0819近辺まで続伸し、1カ月半ぶりの
      ユーロ高を記録。フランス大統領選で極右のルペン氏の支持率が
      下がったこともユーロ買いにつながった。

    • 株価は大幅に続落。北朝鮮が核ミサイルプログラムを
      加速させるとの報道も嫌気されダウは237ドル安。昨年11月の
      大統領選後で最大の下落。

    • 債券相場は続伸。株価の大幅安から安全資産の債券に
      資金が向かった。長期金利は2.41%台まで低下。

    • ドルが売られたことで金は続伸。原油価格は米在庫増加の
      見通しから4日続落し47ドル台に。

    本日の注目イベント

    • 日   2月貿易収支
    • 日   日銀金融政策決定会合、議事要旨(1月30日、31日分)
    • 米   1月FHFA住宅価格指数
    • 米   2月中古住宅販売件数

    ドル円はNY市場で111円55銭まで売られ、再び重要なサポートレベルまで
    下落して来ました。
    決定的なドル売り材料があったわけでもなく、北朝鮮で核ミサイルの開発が
    加速するとの報道はあったものの、結局はトランプ政権の財政面での刺激策が
    行き詰まる可能性があるとの見方が広がったことが背景です。

    好調だった株価も、昨日はダウが237ドル下げ、その他の主要株価指数も
    大幅に下落しています。
    昨日の下げは昨年11月のトランプラリーでは最大の下げになっています。
    リスク資産の株が売られたことから円が買われ、ドル円はテクニカル上でも
    重要な位置に来ています。

    今年に入って何度も下値を試しましたが、111円50-70銭のレベルでは
    全て跳ね返されていました。昨日のNYでも同じように111円55銭で
    一旦は下げ止まっています。
    ここには「日足」の120日線があり、この120日線を明確に下回れば、
    ヘッジファンドなどが売りで攻めるとも言われています。

    さらにこの近辺には「週足」の雲の上限もあります。
    この上限を割り込んで雲の中に入ると、200日線が110円近辺にあることから
    このレベルが再び次の重要なサポートになる可能性があります。
    さすがに「週足」のこの雲は相当厚いため、この雲を下抜けするのは簡単では
    ないと思われます。

    本コメント執筆時にも111円43銭あたりまでドル安が進み、NY市場での
    ドルの安値を下回って来ています。
    NYダウが237ドル下げたことで、本日の日経平均株価も大幅な下げは
    避けられない状況です。
    1万9000円の大台を割りむとすれば、前日比で450円以上の下げになる
    計算ですが、どうでしょうか。

    下値のめどは111円ということになりそうですが、この欄でも何度も述べている
    ように、ユーロドルも1.08台までドル安が進んでいます。
    さらに上昇して、1.10を目指すようだと、ドル円も110円を目指すことになる
    かもしれませんが、その水準はドルを一旦は拾ってもいい水準だと思います。
    トランプ政権の良い部分だけが強調されて101円台から118円台まで
    買われたドルでしたが、ここにきて、反対に悪い部分に焦点が当たってきた
    印象です。
    ただまだ判断を下す段階ではありません。
    景気刺激策の規模については議会の議論を経る必要があり、ここを見極め
    たいと思うからです。

    本日のレンジは111円~112円程度と予想します。

    ドル円一時112円台半ばを割り込む 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は続落し、112円50銭を割り込む場面も。
      米金利の低下や、G20での保護貿易の高まりを抑える
      具体的な合意に至らなかったことが背景。

    • ユーロドルは小動き。1.07台半ばを中心に
      一進一退。

    • 株式市場は高安まちまち。ダウは8ドル下落したものの、
      ナスダックは小幅に上昇。金融株の下落が目立った。

    • 債券相場は反落。ミネアポリス連銀総裁の、米成長率が
      依然として遅すぎるとの発言が買い材料に。
      長期金利は2.46%台まで低下。

    • 金は続伸し、原油は続落。

    本日の注目イベント

    • 豪  RBA議事録
    • 英  英2月物価統計
    • 英  英2月財政収支
    • 米  ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演
    • 米  クリーブランド連銀総裁講演
    • 加  カナダ1月小売売上高

    ドル円はじりじりと値を下げ、3月1日以来の112円台半ばです。FOMCでは
    予想通り利上げを行ったものの、市場で高まっていた年内4回利上げの見通しが、
    イエレン議長の発言で水を差された格好となり、115円台からゆっくりとロングの
    ポジションの解消が進んできたものと思われます。
    ムニュ―チン財務長官のデビュー戦となった今回の「G20」でも、保護貿易の
    高まりをとめることができず、共同声明でも「保護主義に対抗する」という従来の
    文言がはずされました。

    また、トランンプ大統領とメルケル首相の会談でも、移民問題では両者の溝は
    埋まらず、日米トップ会談のような「蜜月」は見られませんでした。
    トランプ大統領と欧州との「距離」が気になるところです。

    ドル円は再び下値を試す展開になってきました。
    今後再び下値の重要なサポートレベルと見られる111円50-70銭を
    試しに行くのか、あるいはドルが底堅さを見せ、112円台から反発する
    のか、見方が分かれるところです。

    ポイントは米利上げが年内にあと何回見込めるかという点と、トランプ大統領の
    経済政策の内容が重要だと思います。
    FOMC後の記者会見でイエレン議長が「ハト派」的な発言をしたことで
    年内4回という利上げ観測が急速に後退はしたものの、4回の可能性が全く
    なくなったわけではありません。
    事実イエレン議長は「利上げ回数が1回増えるか減るかしても、緩やかと言える」
    と発言し、年4回の利上げの可能性を排除してはいません。
    好調な米景気を基本とするならば、「年2-3回」よりも「年3-4回」の
    可能性を支持したいと思います。

    今週は木曜日にイエレン議長の講演が予定されています。
    やや材料不足の感は否めませんが、ここからドルが買われるにしても
    売られるにしても緩やかなものになろうかと思います。
    引き続きユーロドルの動きにも注意したいと思います。
    ECBがテーパリングを開始すれば、その後利上げに踏み切るのは
    予想されるよりも早いとの見方があるようです。

    本日のドル円は112-113円の程度を予想します。
    チャートでは「1時間足」だけではなく、「日足」も雲を下抜けしており、
    目先は上値が重い展開が想定されます。
    下げても112円台を維持できるかどうかも焦点です。

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。