fc2ブログ

米長期金利5カ月ぶりに1.64%台に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間の夕方114円台を割りこみ、113円88銭
近辺まで売られたが、その後切り返しNYでは114円40銭まで
上昇。米長期金利の上昇がドル円を押し上げる。
◆ユーロドルではドル安・ユーロ高が進み、1.1658まで
続伸。
◆株式市場は3指数が揃って上昇。ナスダックとS&P500は
5日続伸。インフレ懸念が残る中、ネットフリックスやJ&J
などの好決算が相場全体を押し上げる。
◆債券は続落し、長期金利は一時1.643%まで上昇。
約5カ月ぶりの高水準を付ける。
◆金と原油はともに上昇。

◆9月住宅着工件数    →  155.5万件
◆9月建設許可件数    →  158.9万件

本日の注目イベント

◆日   9月貿易収支
◆独   独9月生産者物価指数
◆欧   ユーロ圏8月経常収支
◆欧   ユーロ圏9月消費者物価指数(改定値)
◆英   英9月消費者物価指数
◆米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
◆米   クオールズ・FRB副議長講演
◆米  企業決算 →  バイオジェン、ベライゾン、IBM、テスラ
◆加   カナダ9月消費者物価指数

昨日のコメントでドル円は、上値は114円50銭を明確に上抜けできるか
どうか、下値は114円を割り込むかどうかに注目し、どちらかと言えば後
者の可能性が高いと予想しました。
東京時間の夕方、ドルはジリジリと値を下げ114円を割り込み、113円
88銭前後まで売られました。ただその後は反発し、NYでは米長期金利の
上昇という「助っ人」もあり、114円40銭まで買われ、結局元の鞘に戻
った形です。主要通貨全般の動きでは、明らかに「ドル安」が進み、ユーロ
ドルでは約3週間ぶりに1.16台半ばまで「ユーロ高・ドル安」が進み、
対豪ドルでは約3カ月ぶりに0.7485近辺まで「ドル安」が進んでいま
す。ドル円だけが上昇した格好となり、ドル円がいかに米金利との相関が強
いかを如実に表した格好です。ドル円では「円安」が進み、他の主要通貨で
は「ドル高」が進行したことから、クロス円は軒並み上昇し、「円の独歩安
」の展開が続いています。

米債券が売られ、長期金利はついに1.64%台まで上昇し、これがドル円
を動かした直接の要因でしたが、その背景にはウォラーFRB理事の発言が
あったようです。
ウォラー理事は19日の講演で、高インフレ率が続くようなら2022年に
も利上げを行うことを支持すると述べました。
ウォラー氏はスタンフォード大学経済政策研究所が主催したオンライン形式
のイベントで、「金融当局の責務のうち、雇用に関してはなお改善の余地が
あるものの、十分な前進を遂げたため、資産購入のテーパリングを2週間後
のFOMCの後に始めるべきだと私は考える」と述べ、2カ月連続で市場予
想を大きく下回った雇用統計の結果がテーパリングを引き延ばす要因にはな
らないとの考えを示しました。
さらに2023年初旬と見られている「利上げ」についても、「2022年
に入ってもインフレ率が2%をかなり上回って、私の上振れリスクが現実化
した場合は、現在の予想よりも早い利上げを支持するだろう」とも述べてい
ます。
また同理事は、「政策の方向性を決める上で、家計調査と金融市場の双方を
ベースとするインフレ期待指標をモニターすることが重要になる」と指摘し
ています。(ブルームバーグ)
FRB執行部の一人がかなり「タカ派寄り」の発言を行ったことが注目され
ます。
11月2~3日のFOMCでは、すでにテーパリング開始が決定されること
は織り込み済みと思われ、市場の関心は「いつ利上げが開始されるのか」と
いう点に移っています。
ウォラー理事の「2022年にも利上げ」といった発言はまだ少数派に属し
ますが、今後足元の高インフレ率が続くようだと、多数派に属してくる可能
性があり、ウォラー理事がその先陣を切ったようです。

テーパリング開始を織り込む形で、米長期金利がジワジワと上昇しています
が、一方でNY株式市場では株価が堅調に推移し、金利上昇に弱いとされる
ナスダック指数は5日続伸しています。企業の好決算が投資家を強気にさせ
ているようです。
先週は大手米銀が軒並み好決算を発表したことで、軟調だった株式市場が大
きく反発しましたが、昨日の主役は「ネットフリックス」だったようです。
韓国の大ヒットドラマ「イカゲーム」の人気が追い風となり、7-9月期の
会員数は438万人の純増となり市場予想を上回っていました。同社株は時
間外取引で3.8%上昇しているようです。

民主党のシューマー上院院内総務は、バイデン大統領の経済課題について議
会民主党が今週中の合意を目指していると述べ、党の進歩派と穏健派がそれ
ぞれ、バイデン氏とハリス副大統領、イエレン財務長官と会談することにな
っています。
合意できれば、増税や気候変動対策、育児と教育、医療向けの連邦支援の拡
大などの他、上院ですでに可決し下院での採決が待たれる5500億ドル(
約62兆9150億円)の公共事業計画も進められるとのことです。
米長期金利の上昇を手掛かりに底堅い動きを見せるドル円ですが、本日は米
株高と円安が続いていることから日本株も上昇する公算が高いとみられます
。リスクオンが進み、再び円が売られ易い状況になりそうな雰囲気もありま
す。

本日のドル円は114円10銭~114円90銭程度を予想します。


スポンサーサイト



米長期金利は1.6%へ上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間に利益確定の売りと見られる売りに押され
114円前後まで下落したが、114円台はキープ。NYでは
米長期金利が上昇したことでドルは底堅く推移。
◆ユーロドルは引き続き1.16を挟みもみ合い。
◆株式市場はまちまち。ダウは3日ぶりに反落したが、
ナスダックは124ポイント上昇し1万5千ポイント台を回復。
◆債券は続落し、長期金利は1.6%台に乗せる。
◆金は続落。原油は小幅ながら3日続伸。

◆9月鉱工業生産           →  -1.3%
◆9月設備稼働率           →  75.2%
◆10月NAHB住宅市場指数     →  80

本日の注目イベント

◆豪   RBA議事録
◆英   ベイリー・BOE総裁講演
◆米   9月住宅着工件数
◆米   9月建設許可件数
◆米   ボウマン・FRB理事とサンフランシスコ連銀総裁、フォーラムに参加
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、イベントに参加
◆米  企業決算 → エリクソン、J&J、フィリップモリス、P&G、ネットフリックス

ドル円は底堅い動きが続いています。
ユーロドルが連日1.16を中心にもみ合い、明確な方向性も確認しづらく、
小動きな動きを見せているのとは対照的になっています。
昨日も東京時間では、久しぶりの水準でもあったことからドル売りが優勢とな
り、114円近辺まで押される場面もありましたが、114円を割り込むこと
なくその後上昇に転じています。
NYでは米長期金利が1.6%台を回復したこともあり、114円36銭まで
ドル買いが進みましたが、前日の高値を更新するには至っていません。
114円台半ばから115円にかけてはレジスタンスもあり、ドル売り注文も
並んでいるとみられることから、やや足踏み状態が続いています。
この水準を抜け切ることが出来るかどうかは、今後の水準を予想する上でも重
要かと思います。

中国の第3四半期GDPは大きく減速していました。
前期比「0.2%」増、前年同期比でも「4.9%」増と、第1四半期の「1
8.3%」はおろか、第2四半期の「7.9%」増からも大きく減少していま
した。
9月に本格化した電力制限や不動産への規制強化が影響しており、さらには資
源高から企業収益の悪化も目立っており、企業は増加したコストを価格に転嫁
できずに収益を圧迫しているものとみられます。
また中国恒大集団の経営危機問題もくすぶっており、不動産開発業界には同様
な企業が他にも多く見られるとの報告もあります。
中国の不動産開発は規模が大きく、GDPの3割程度を占めているとみられま
す。
中国恒大集団が破綻すればその影響も大きく、現時点では中国政府は同社の救
済には消極的のようですが、これらは習近平指導部の評価にもつながり、自身
の政権維持にも大きく関わってきそうです。

ドル円は底堅い動きを見せてはいるものの、これまでのようなスピードを伴っ
た上昇には一旦ブレイキがかかるのでないかと予想しています。
FOMCでのテーパリング開始を巡る決定もほぼ織り込まれ、市場はその先の
利上げの時期を探る展開になっています。
一方で、米債務上限を巡る問題は未解決です。
イエレン財務長官は18日、議会主導部に書簡を送りその中で「最近の債務上
限引き上げは一時的な猶予を与えるものにすぎない」と指摘しています。
連邦債務の法定上限を引き上げる法案は成立し、12月3日までやりくりが可
能にはなったものの、財務省は上限突破を回避するため引き続き非常手段を使
う必要があると警告しています。

中長期的なドル円の上昇傾向は引き続き継続されるとみていますが、11月の
FOMCでの委員のインフレに対する認識の変化や、12月には上述のように
債務上限問題が再びクローズアップされますが、その際の政治的なかけひきの
行方などが材料になるとみられます。
本日は底堅い動きが予想されますが、材料にも乏しく、上値では114円50
銭が明確に抜け切れるかどうか。一方下値では昨日抜け切れなかった114円
が破られるかどうかが注目されます。

本日のドル円は113円80銭~114円60銭程度を予想しています。


ドル円3年ぶりに114円台半ばへ上昇 


ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は続伸し114円台に乗せる。NYでは114円47銭まで
ドルが買われ、2018年10月以来、3年ぶりのドル高を示現。
◆ユーロドルは小動きとなり、1.16を中心にほぼ横ばいで推移。
◆株式市場は3指数が揃って大幅に続伸。ゴールドマンの好決算が
相場をけん引し、ダウは382ドル高。
◆債券相場は反落。長期金利は1.57%台へ上昇。
◆金は4日ぶりに反落。原油は続伸し、82ドル台に。

◆10月NY連銀製造景況業指数         →  19.8
◆9月小売売上高                →  0.7%
◆9月輸入物価指数               →  0.4%
◆10月ミシガン大学消費者マインド(速報値)  →  71.4

本日の注目イベント

◆中   7-9月GDP
◆中   中国9月小売売上高
◆中   中国9月鉱工業生産
◆米   9月鉱工業生産
◆米   9月設備稼働率
◆米   10月NAHB住宅市場指数
◆米 9月財政収支
◆米   カンザスシティー連銀総裁とミネアポリス連銀総裁、フォーラムで講演
◆加   カナダ9月住宅着工件数

ドル円は一段と上昇スピードを速め、先週末のNY市場では114円47銭
までドルが買われています。これで、この欄でも度々触れている2018年
9月から12月にかけて形成した「レジスタンス・ゾーン」にほぼ到達しま
した。この先には114円台後半から115円にかけてはマイナーなレジス
タンスがあり、それを抜けると、いよいよ2016年から2017年にかけ
、ドルが急上昇した118円に挑むことになります。


2016年12月と言えば、あのトランプ氏が市場やマスコミの予想を覆し
、クリントン女史を破って大統領選に勝利した直後です。
大方の予想がクリントンン女史の勝利でしたが、開票が進むにつれてトラン
プ氏が優勢となり、勝利が確定したあの時の相場の乱高下は今も鮮明に覚え
ています。102円~104円前後で推移していたドル円は勝利の瞬間、一
気に100円を割る水準までドル売りが加速し、実際にはドルがどこまで売
られ、いくらを付けたのかは不明でした。各社でその日のドルの安値はまち
まちで、インターバンクでも同様なことが起きていたことが原因で、98円
台半ばまで下げたとの報道もあり、100円台が安値とするところもありま
した。それほど混乱していたということです。
その後ドル円はチャートを見てもお分かりの様に、わずか3カ月余りで18
円以上も上昇して、天井を付けたのが上述の水準です。
トランプ氏の政治的手腕が不明であったことに加え、それまでの氏の言動が
ドル売りのきっかけになったものの、大統領就任演説を無難にこなし、その
後の言動も期待以上だったことから「想定していた以上にやるかも?」とい
った期待値が急激に高まりドル高に振れたものです。それからのトランプ氏
4年間は、皆さんご存知の通りです。

ドル円が114円~115円に達するには少なくとも米長期金利が1.6%
以上に上昇する必要があると考えていましたが、先週末のそれは1.57%
台です。金利水準以上にドル円の上昇が速いということになります。
これは、クロス円でも円売りがかなり活発だという理由を挙げることができ
ると思います。
ユーロ円は132円台後半まで円売りが進み、約4カ月ぶりの高水準となり
、豪ドル円も85円台まで買われ、こちらも6月11日以来の高水準です。
ポンド円に至っては157円台半ばと、実に5年4カ月ぶりの高水準を記録
しています。
主要国ではインフレ懸念が急速に高まり、これが米国と同様に金融正常化に
向うとの連想を喚起させ、一方のわが国では依然として金融緩和からの出口
が見えないことが大きな理由になっているとみられます。

原油にとどまらず多くの資源価格が急騰しており、加えて人手不足による賃
金の上昇も続いています。コロナからの脱却で、経済活動の再開と言う事情
もありますが、英国では物流の停滞が続きガソリンスタンドではガソリンの
供給が追い付かず、ついに軍隊まで動員してガソリンを運搬する事態になっ
ています。問題はこの状態がいつまで続くのかという点です。
予想外に続くようだと、「資源に弱い日本」が標的となり、円安が予想以上
に進行するリスクもやや意識される展開になっています。
またNY株も出直ってきており、リスクオンが進み易い状況にもあります。
資源価格、株式市場の行方にも目を向ける必要がありそうです。

本日のドル円は113円80銭~114円60銭程度を予想します。


NY主要株価指数が揃って大幅高 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は前日の水準からやや値を戻す。米長期金利は低下
したものの、株高からリスクオンの流れが優勢となり、ドル円は
113円71銭まで上昇。
◆ユーロドルではドルが売られ、約10日ぶりに1.16台
まで上昇。
◆株式市場は3指数が揃って大幅高に。良好な経済指標に加え、
大手米銀の好決算が市場のセンチメントを一変。
ダウは534ドル上昇し、ナスダックとS&P500は1.7%の上昇。
◆債券は続伸。長期金利は1.51%台へと低下。
◆金は続伸し、原油も買われ81ドル台で引ける。

◆新規失業保険申請件数      →  29.3万件
◆9月生産者物価指数      →  0.5%

本日の注目イベント

◆欧   ユーロ圏8月貿易収支
◆米   10月NY連銀製造景況業指数
◆米   9月小売売上高
◆米 9月輸入物価指数
◆米   10月ミシガン大学消費者マインド(速報値)
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁、パネル討論会に参加
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁、オンライン会議で講演
◆米   財務省、半期為替報告書の議会への提出期限
◆米  企業決算 →  ゴールドマン

NY株式市場で久しぶりに主要3指数が揃って大幅高となりました。
ダウは500ドルを超える上昇を見せ、ナスダックとS&P500は1.7%
の上昇と急騰でした。
新規失業保険申請件数が30万件を下回り、パンデミック以降の最小を更新し
たことや、バンクオブアメリカやモルガンスタンレーの決算が予想を上回った
ことが市場のセンチメントを大きく好転させました。
債券も買われ金利は低下しましたが、ドル円は113円台の半ばを超え、前々
日の水準近くまで買われ、クロス円は軒並み大幅に上昇しています。
主要国との金融政策の差に加え、原油価格の上昇が円を売る動きに拍車をかけ
ているとみられます。
ほぼ全ての原油を輸入している日本にとって、原油高は支払い代金の増加につ
ながり、ドル需要が増すことになります。新型コロナ変異株からの脱却を実現
させ、コロナ感染拡大による円売りを克服したと思いきや、今度は原油高によ
る円売りが強まっている状況です。

米国では原油高だけではなく他の資源も上昇していることや、サプライチェー
ンの混乱による物価高、さらには人手不足に伴う賃金の上昇などからインフレ
懸念が強まっています。バイデン大統領はサプライチェーン危機対策を解消す
るため、ロサンゼルス港を24時間体制で稼働させるなど、国内の港湾の目詰
まりを解消して年末商戦での商品の不足や遅延を防ぎたいと、物流への取り組
み強化を発表しています。24時間体制で稼働するのはロングビーチ港につい
で2港目だそうです。

インフレを巡る発言では、セントルイス連銀のブラード総裁が「高インフレ状
態は向こう半年で自然に解消する可能性はいくらかあるが、それを金融当局者
として当てにできるほど確かだとは言えない」とし、「テーパリングを11月
に開始し、2022年1-3月末までに完了させることを支持している」と表
明しています。
また、リッチモンド連銀のバーキン総裁も「インフレが現在、より広範囲にな
っているように見える」と述べ、「テーパリングへの継ぎ目のない移行を期待
する」と語っています。(ブルームバーグ)
金融当局者の認識も徐々に市場に沿った形になってきましたが、先行きの見通
しについては市場関係者よりも楽観的であることは確かです。
モルガンスタンレーのゴーマンCEOは、「このバブルに少し穴を開ける必要
がある」と指摘し、「マネーは現在やや自由になり過ぎ、あまりに簡単に利用
できる状態にある」と述べ、さらに、「賃金上昇とサプライチェーンのボトル
ネック、商品価格の急騰がインフレを押し上げている。それら全てが一過性と
いうわけではなく、金融当局は現在の想定よりやや積極的に動かざるを得なく
なるだろう」との見解を示しています。

クロス円が軒並み上昇していますが、豪ドル円の上昇は中でも際立っています
。9月22日に78円84銭の直近安値を付けた後は一本調子で上昇し、今朝
の本レポート執筆時点では84円44銭まで買われています。3週間で5円6
0銭、率にして7.1%の上昇です。
RBAは先週の政策会合で、政策金利を「0.1%」で据え置くことを決め、
ロウ総裁は「実質インフレ率が2-3%の目標レンジに持続的に推移するまで
キャッシュレートを引き上げない」と繰り返し述べており、さらに「この条件
は2024年まで満たされないというのが経済の中心シナリオだ」と述べ、政
策金利引き上げにはネガティブな考えを示しています。
それでも豪ドルは対米ドルでも上昇し、さらにドル円で急激な円安が進んでい
ることから上昇しています。
その背景は先ず、同国の主要輸出品である鉄鉱石など、資源価格の上昇が挙げ
られます。また、最大都市のシドニーではロックダウンが解除され、消費の拡
大が見込め、第2の都市メルボルンでも同様なことが期待できます。
このような背景からクロス円全般の上昇に沿って買われているものとみられま
す。上値のメドは、まさに現水準だとみています。
84円台半ばから85円台半ばは今年5月から6月にかけてもみ合った水準で、
その後77円台後半まで下落を始めた重要なレジスタンス・ゾーンです。
今後ドル円が115円台に乗せるなど、円安が一段と進めば同水準を抜け切る
可能性はありますが、簡単ではないとみています。

本日のドル円は113円40銭~114円20銭程度を予想していますが、N
Y株が大幅に上昇したことから東京でもリスクオンが進む公算が高いと予想し
ます。


ドル円113円台前半まで反落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はNYの朝方には113円80銭まで小幅に続伸した
ものの、その後反落。米長期金利が低下したことを受け、
113円23銭まで売られ、この日の安値圏で取引を終える。
◆ユーロドルは反発し、1.16手前まで買い戻しが進む。
◆株式市場は反発したものの、ダウは小幅に下げ4日続落。
ナスダックとS&P500は反発。
◆債券は続伸し、長期金利は1.53%台へと低下。
◆金は大幅に続伸。原油は5日ぶりに反落。

◆9月消費者物価指数       →  0.4%

本日の注目イベント

◆豪   豪9月雇用統計
◆日   8月鉱工業生産(確定値)
◆中   中国9月消費者物価指数
◆中   中国9月生産者物価指数
◆トルコ  トルコ9月消費者物価獅指数
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   9月生産者物価指数
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、パネル討論会に参加
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
◆米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、オンライン討論会に参加
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁、オンライン討論に参加
◆米  企業決算 → バンクオブアメリカ、モルガンスタンレー、シティーグループ、
            アルコア、TSMC

ドル円は昨日の東京市場では底堅い動きを見せながらも上値の重い展開
でした。しかし、海外市場では再び底堅い動きを見せ、NYでは朝方に
113円80銭を付け、前日の高値を若干上回りました。
ただドルを買う動きはそこまでで、その後は米長期金利が低下したこと
もありジリジリと値を下げ、113円23銭まで売られ取引を終えてい
ます。やや利益確定の売りに押された格好でしたが、これも「想定内の
動き」と言えるでしょう。

先月21-22日に開催されたFOMCの議事録が公開されました。
議事録では、「次回会合でテーパリング開始を決定する場合、そのプロ
セスは11月半ばあるいは、12月半ばに始まる月間購入スケジュール
に沿って開始できると参加者は皆指摘した」としています。
またテーパリングの内容についても、「月ごとの縮小幅として、米国債
が100億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)は50億ドル」と、米
国債を多めに縮小する方針であることも明らかになりました。
注目されたインフレに関する議論については「インフレは近年にないペ
ースで上昇しており、当局の目標である2%を大きく上回っている。コ
ロナ禍からの経済再生に伴う混乱に端を発した供給のボトルネックと生
産混乱で、物価圧力が想定よりも長期化する恐れがあると、一部の参加
者は指摘した」とあるだけで、市場認識とはややかけ離れている印象で
す。

イエレン財務長官も12日夜に放送された「CBSイブニング・ニュー
ス」のインタビューで、「それは一時的と考えているが、そうした圧力
が向こう1、2カ月で消えると示唆しているのではない」と述べたにと
どまり、大半の当局者はインフレに対する慎重な見方を維持しています。
昨日発表された9月の消費者物価指数は前月比「0.4%」の上昇で、
市場予想を上回っていました。年率では「5.4%」の伸びと、200
8年以来の高い上昇率を示しています。金融当局の保守的な認識とは異
なり、足元のインフレに対する警戒感を口にする市場関係者も増えてき
ました。
ゴールドマンのジョン・ウォルド社長は、「一過性ではない」とし、「
一過性と定義される事象と日々目にする事象との間に、これほど乖離が
あるのは見たことがない」と述べ、インフレの長期的影響が新興国市場
に及ぶ恐れがあると話しています。
また、世界最大の運用会社であるブラックロックのラリー・フィンクC
EOも、「間違いなく一過性のものではない」とコメントし、JPモル
ガンのジェイミー・ダイモンCEOも決算発表後、「インフレは恐らく
今後数四半期にわたって低下しないだろう」と述べていました。(ブル
ームバーグ)
FOMC議事録から、来月2-3日に開かれる次回のFOMCでテーパ
リングが決定されることは、ほぼ確実になりましたが、2023年初め
と予想されている利上げも、想定よりも早まる可能性があるかもしれま
せん。

衆議院は本日解散し、事実上の選挙戦が開始されます。
岸田氏が首相に任命され、初の選挙になりますが、31日の開票で議席
を増やせば、出足から支持率の低かった岸田政権が安定的に政策を実行
しやすくなりますが、逆に議席を減らせば、同政権への信頼が大きく低
下することになります。
昨日は野党立憲民主党の枝野代表が同党の政策をぶち上げていましたが
、時限的に消費税率を5%に引き下げ、年収1000万円程度なら所得
税が実質免除されるなど、おいしそうなメニューが盛沢山でした。
実現性が乏しいとの印象は残りましたが、われわれサラリーマンは少な
くともここ20年ほどは社会保険料の負担増が続き、実質減収です。
コロナ対策にかかった費用やこれからもかかる費用を考えると、今後ま
すます実質収入が減少する可能性が高いと思われます。
「成長と分配の好循環」か、あるいは「1億総中流社会」か、われわれ
自身が選択する時が来ました。

本日のドル円は112円90銭~113円70銭程度を予想します。


このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。