ドラギ発言でユーロドル一段高 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 欧州市場で112円台半ばまで値を戻したドル円だったが、

    ドラギECB総裁の記者会見をきっかけにドル安ユーロ高が

    進み、引っ張られる形でドル安円高も進む。一時は111円48銭まで

    ドル安が進み、ここ3日ほぼ同レベルで下げ止まる。

  • ドラギ総裁は会見で「秋に議論する」と発言したことで市場は、

    秋以降に金融緩和縮小が開始されるとの思惑からドル売りユーロ買い

    のスタンスを強めた。ユーロドルは1.1659まで買われ、2015年8月

    以来のユーロ高水準を記録。

  • 株式市場は反落。トランプ大統領のロシア疑惑を巡る問題から

    ダウは28ドル下落。一方ナスダックは4ポイント上昇し、3日連続で最高値を

    更新。

  • 債券相場は反発。モラー米特別検察官がトランプ大統領のビジネスにも

    捜査網を広げているとの報道を受け、安全資産である債券に資金が逃避した。

  • 金は3ドル上昇し、5日続伸。原油は反落し46ドル台に。


  • 新規失業保険申請件数        →  23.3万件

  • 7月フィラデルフィア連銀景況指数  →  19.5

  • 6月景気先行指標総合指数      →  0.6%


    本日の注目イベント

  • 米  企業決算 → GE

  • 加   カナダ5月消費者物価指数

  • 加   カナダ5月小売売上高
                                     

    短期的な値動きを示す「1時間足」ではドル円が112円台に乗せ、雲抜け

    をしたことで欧州市場では112円42銭までドル高が進みましたが、その

    後のドラギECB総裁の発言でユーロが買われ、急速に「ユーロ高ドル安」

    が進んだことから、ドル円でもドル安が進行しました。

    ドル円は一時111円48銭まで売られ、これで3日間ほぼ同じレベルをそ

    の日の底値にする展開が続いています。

    ドル円は上値が重いものの、111円50銭前後では底堅い動きを見せては

    います。

    市場はどちらかといえば、この底堅い111円50銭前後の突破を試してい

    るように見えます。一旦明確に割り込むと110円台も視野に入ってくるこ

    とになります。

    それにしても、個人的には昨日のドル安ユーロ高はドラギ総裁の発言に反応

    し過ぎだったのではとの印象を持っています。総裁は「しっかりとした景気

    回復がついに訪れた。あとは賃金と物価がこれに追随するのを待つばかりだ」

    とした上で、「粘り強さと忍耐、慎重さが必要だ。まだそこまでに至ってい

    ないからだ」との発言もしています。また、「基調的なインフレ圧力が徐々

    に高まるためには、極めて高い度合いの金融緩和は依然必要だ」とも述べ、

    先行する市場にブレイキをかける配慮も行っています。

    それでも動くのが市場だと言ってしまえばその通りですが、ユーロドルは1.

    1659まで買われ、実に2015年8月以来のユーロ高水準を記録しまし

    た。因みに、目先の高値のメドは同じ8月につけた、1.1713というこ

    とになります。おそらくユーロの持ち高を増やしているヘッジファンドなど

    は、このレベルを狙ってくるのではないかと予想しています。

    ドル円もユーロ高に引っ張られ円高傾向ですが、111円台半ばが重要な

    値位置になっています。

    そもそもここには「日足」の120日線や200日線など、重要な移動平均

    線が多く集まっており、さらにその下には、薄いながらも「雲」が横たわっ

    ています。テクニカル的にも非常に重要な水準だと言えます。

    米長期金利がなかなか上がらず、昨日も、昨年の米大統領選におけるトラン

    プ氏とロシアとのつながりを捜査しているモラー特別検察官が、捜査の対象

    を拡大し、トランプ氏や関係者のビジネスにかかわるさまざまな取引につい

    て調べていることが報道され、これが安全資産の債券に資金が向かった理由

    になっています。(ブルームバーグ)

    トランプ疑惑や、それに伴う長期金利の低下傾向がドルの上値を抑える一方、

    労働市場の拡大が続き、完全雇用に近い失業率がドルの下支えになっている

    状況が続いていますが、この状況をFRBがどのように判断するのかが今後の

    焦点になります。

    9月のFOMCまでに発表される経済データ次第ということになり、残り2ヶ

    月のファンダメンタルズの内容が注目されます。

    本日のドル円は111円20銭~112円20銭程度を予想します。


  • スポンサーサイト

    ドル円上値が重く111円台で推移 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円はトランプ政権の政策の不透明感や、日欧の

    金融会合を控え上値の重い展開が続く。ユーロ円でも

    利益確定の動きも作用し、ドル円は前日の安値をやや下回る

    111円53銭まで下落。その後111円80-90銭近辺まで

    小幅に戻して引ける。

  • ユーロドルはECB会合を控え、利益確定の売りが先行。

    1.1510までユーロ安が進むが、下落も限定的。

  • 株式市場は続伸し、主要3指数ともに最高値を更新。

    企業決算が好調だったことや、住宅関連指標も上振れ

    したことを好感した。ダウは66ドル上昇し、2万1640ドルで引ける。

  • 債券相場は株価の上昇にやや軟調な展開。朝方は一時上昇した

    ものの、前日比マイナスで引ける。長期金利は2.270%台へと

    小幅に上昇。

  • 金は続伸。原油価格は在庫が減少していたことを手掛かりに

    買われ、7営業日続伸。47ドル台を回復。


  • 6月住宅着工件数   → 121.5万件

  • 6月建設許可件数   → 125.4万件

    本日の注目イベント

  • 豪   豪6月雇用統計

  • 日   6月貿易収支

  • 日   日銀金融政策決定会合

  • 日   黒田日銀総裁記者会見

  • 独   独6月生産者物価指数

  • 欧   ECB政策金利発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 欧   ユーロ圏7月消費者信頼感(速報値)

  • 英   英6月小売売上高

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   7月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   6月景気先行指標総合指数

  • 米  企業決算 → VISA、マイクロソフト、ブラックストーン                                  

    ドル円はやや上値の重い展開が強まってきました。

    昨日の東京市場では111円台では底堅く推移したものの、海外市場ではむしろ

    112円台から上値が重く、NY市場ではドル円を動かすドライバーである米長

    期金利が小幅に上昇したにもかかわらず112円を超えられない展開でした。

    一方NY株式市場では企業決算が好調だったことや、住宅着工件数などが市場予

    想を上回ったことを好感し、ダウなど主要3指数は揃って最高値を更新していま

    す。急速な金利上昇はないという市場の見方を表している証左だと考えられます。

    もっともドル円が下押しした理由の一つがユーロの動きの影響との見方もできま

    す。ECBの理事会が今夜開催され、ドラギ総裁の発言が注目されています。

    総裁は先月27日、ポルトガルで行われた年次総会で「デフレ圧力がインフレ圧

    力に変わった」と述べました。

    この発言をきっかけに市場は、金融緩和縮小が近いと読み、ユーロドルを中心に

    買い戻しに舵を切り替え、ユーロ高につながった経緯があります。

    本日の理事会で緩和政策の変更はないとしても、その実施タイミングについての

    ヒントが得られる可能性があります。

    ユーロ円の売りもNY時間の朝方には目立っており、これがドル円を押し下げた

    とも言えそうです。ユーロが主要通貨に対して買われており、その額も積み上が

    っているものと思われます。

    ドラギ総裁の一言で上にも下にも行く可能性があるため、ここはひとまず利益を

    確保しておきたいと思うのはごく自然の流れです。ただ現時点ではドル円の下落

    に対してそれほど心配はしていません。WTI原油価格が44ドル台まで下げた

    後戻り調子であることや、米長期金利も4月のドル円が108円台前半まで下げ

    た時には2.18%台まで低下していました。昨日の住宅関連指標のように、今

    後も経済指標は強弱まちまちであるとの前提に立てば、米長期金利が一方的に下

    げ続ける展開が想定しにくいと思われます。

    良好な経済指標が続けば金利上昇につながり、今回のように低調な経済指標が続

    けば金利が下がる。そのような波の揺り戻しが続いているのが、足元の相場展開

    かと思います。

    本日はECBに加え、日銀も政策決定会合を開きます。政策変更はないとしても、

    現行の緩和策の継続を強調するような発言が黒田総裁の口から出てくるようだと、

    ドル円反転のきっかけになるかもしれません。

    予想レンジは111円30銭~112円30銭程度とします。


  • ドル円金利低下を受け111円台半ばまで下落 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は112円を割り込み、約3週間ぶりとなる111円69銭

    までドル安が進む。オバマケアの代替案の議会通過を危ぶむ

    声が高まり、今後の政策の不透明感が広がった。ドル円はその後

    112円台に戻して引ける。

  • ドル安が進んだことからユーロドルは続伸。1年2カ月ぶりとなる

    1.1583までユーロ高が進む。

  • 株式市場はまちまち。ダウは54ドル下落したものの、ナスダックと

    S&P500は最高値を更新。フェースブックなど、ハイテク株が買いを

    集めた。

  • 債券相場は大幅に続伸。米国の金利政策が続いても、今後も

    低金利が続くとの見方が広がる。長期金利は2.3%台を割り込み、

    2.25%台まで低下。

  • 金と原油はともに買われる。

  • 7月NAHB住宅市場指数 → 64

    本日の注目イベント

  • 米   6月住宅着工件数

  • 米   6月建設許可件数

  • 米   米中経済対話

  • 米  企業決算 → モルガンスタンレー、アメックス、アルコア
                                      

    ドル円は6月30日以来となる111円69銭まで売られてきました。

    米長期金利が急低下し、2.25%まで下がってきたことで円が買われた

    ようです。米金利は一時2.4%に近い水準まで上昇しましたが、ここ最

    近は8営業日のうち7営業日で低下(価格は上昇)しています。

    昨日は2年間の猶予付きで医療保険制度改革法(オバマケア)を廃止する

    上院共和党指導部の新たな案が議会を通過しないのではないかとの懸念が

    広がり、これがトランプ政権が目指す一連の景気刺激策を遅らせるのでは

    ないかとの見方が強まりました。

    ブルームバーグによると、昨日の米債券市場では大型ブロック取引が2件

    成立し、その後に金利低下が加速したと伝えています。この取引を行った

    投資家は、米金融当局者から出てくる発言内容にもかかわらず金利低下は

    長期間続くと予想しているとのことです。テクニカルでも、米長期金利は

    低下傾向が続いたことで200日移動平均線の2.27%を下回り、50

    日移動平均線の2.255%に接近していています。金利低下は上記理由

    に加えて、最近発表されたインフレ指標が市場予想を下回っており、当局

    が予定しているようには利上げが進まないのではないかとという見方も後

    押ししています。

    今後も米長期金利の上げ下げを受け、ドル円の一喜一憂する展開が続き

    ます。

    ドル円は114円49銭を記録してから下落が続いています。大きくは1

    10-115円のレンジの中での動きで、「マイナー・トレンド」の変化

    は観られますが、まだメイン・トレンドの発生は確認出来ていません。

    日足チャートでは111円台半ばから上方に200日線や120日線など、

    主要なサポート線が集まっており、この近辺が重要なサポートであること

    を示唆しています。昨日の動きも111円69銭を付けた後、112円台

    まで反発していることから日足チャートでは「長い下ひげ」を示現してい

    ます。米長期金利が今後も下げ続けると、ドル円ももう一段の下げの可能

    性はありますが、111円台半ば前後からはひとまずドルの手当てをゆっ

    くりと行ってもいいレベルではないかと考えています。

    米経済データは引き続き強弱まちまちで、いいものと悪いものが交互に出

    ているように思えます。労働市場は引き続き良好で、インフレ指標がいま

    いちといったところですが、仮にこのままの状況が続いたとしても、9月、

    あるいは12月の利上げを止めるほどの材料になるとも思えません。

    本日の予想レンジは111円60銭~112円60銭程度をみています。


  • ユーロ円128円台半ばまで反落 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • やや材料不足と、この日はクロス円が取引の中心だったこともあり

    ドル円は小動き。前日112円台後半までドル安が進んだが、この日は

    終始113円台前半から半ばで推移。

  • ユーロドルは反落し1週間ぶりに1.13台まで売られる。特段

    材料はなかったものの、利益確定の売りに押される。ユーロ円も

    128円台半ばまで下落。

  • 株式市場は続伸。イエレン議長の証言で引き続き利上げは

    緩やかなものになるとの見方が支えに。ダウは20ドル上昇し、

    連日の最高値更新。

  • 債券相場は反発。30年債入札がやや不調だったことで、10年債

    も小幅に売られる。長期金利は2.34%台へと上昇。

  • 金は反落。原油価格は続伸し46ドル台を回復。


  • 6月生産者物価指数    →  +0.1%

  • 新規失業保険申請件数  →  24.7万件

  • 6月財政収支        →  -902億ドル

    本日の注目イベント

  • 日   5月鉱工業生産(確定値)

  • 米   6月消費者物価指数

  • 米   6月小売売上高

  • 米   6月鉱工業生産

  • 米   6月設備稼働率

  • 米   7月ミシガン大学消費者マインド(速報値)

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演(メキシコ)

  • 米  企業決算 → JPモルガン、ウェルズ・ファーゴ、シティーグループ
                                   

    前日のNY市場に続き、昨日の東京市場でも113円割れがあり、112円86銭辺り

    まで円が買われましたが、113円割れではドル買いが優勢で、今のところ底堅い水準に

    なっています。もっとも、それでも上値は113円台半ば辺りで抑えられ、次の材料待ちと

    いった雰囲気です。特に昨日のNY市場ではドル円は蚊帳の外で、クロス円の利益確定

    の取引が活発だったようです。

    ユーロ円は一時128円台半ばまで売られ、直近高値から2円以上の下落です。ポンド

    円も148円台がなかなか抜け切れなく、これでトリプルトップを確認する動きになってい

    ます。

    そんな中、豪ドル円が堅調です。昨日は87円台半ばをしっかりと超え、3月に記録し

    た高値を抜いて来ました。これで目先のターゲットは2月16日につけた88円17銭

    近辺ということになります。

    テクニカルで観ても、「日足」「週足」ともに雲抜けを完了させており、単純移動平均

    線も上昇トレンドを完成させようかという形状を見せています。

    経済データでもNBA企業信頼感や、ウエストパック消費者信頼感などが好転しており、

    まだ利上げ観測が高まる段階ではないとしても、根強くあった利下げ観測は後退したと

    みられます。今後もドル円が大きく円高に振れないという前提に立てば、底堅く推移す

    るものと予想しています。

    ECBのドラギ総裁は、8月下旬に米ワイオミング州ジャクソンホールで行われる年次

    シンポジュームに出席するようです。このシンポジュームは、カンザスシティー連銀が

    主催するもので毎年中央銀行総裁や著名エコノミストなどが参加し、講演を行うことで

    有名です。今年もドラギ総裁が参加することで、ECBの量的緩和縮小に関する手掛か

    りがつかめるかもしれないということで注目されそうです。

    シンポジュームは8月24~26日まで開催されます。

    イエレン議長は公聴会で引き続きインフレ率の不確実性について述べています。

    今後数カ月FOMCではこのデータを注視するとも述べていました。

    本日は6月の消費者物価指数(CPI)が発表されます。

    前月比では「0.1%」、前年比では「1.7%」と予想されていますが、原油価格が

    下落傾向の中、どのような数字が出てくるのか、これまでよりも注目度が高いと思われ

    ます。本日はこれ以外にも、ミシガン大学消費者マインドや小売売上高など、重要な指

    標発表があります。レンジは112円80銭~114円程度を予想しますが、経済デー

    タが上振れし114円台をテストしても、そのまま114円台を維持して戻って来るの

    はまだ難しそうなイメージです。


  • FRB議長の証言でドル反落 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円はイエレンFRB議長が議会下院の証言で、インフレ率の不確実性

    を指摘したことで反落。一時は113円を割り込んだが、113円10-20銭

    近辺まで値を戻して引ける。長期金利の大幅低下もドル売りに拍車。

  • ユーロドルも反落。1.14台半ばから1.14台割れまでユーロ安が

    進み、対円でも130円を割り込む。

  • 株式市場は急反発。議会証言から急激な利上げはないとのシグナルに

    反応しダウは123ドル上昇し、2万1532ドルと、最高値を更新。

  • カナダ中銀が政策金利を0.75%引き上げたことでカナダドルは

    急進。政策金利の引き上げは7年ぶり。

  • 債券相場も続伸し、長期金利は急低下。インフレ率が不確実との表現から

    政策金利の引き上げは緩やかになるとの見方に、資金が債券にも向かった。

    長期金利は2.31%台へと低下。

  • 金と原油は3日続伸。

    本日の注目イベント



  • 中   中国 6月貿易統計

  • 独   独6月消費者物価指数(改定値)

  • 米   6月生産者物価指数

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   6月財政収支 

  • 米   イエレン・FRB議長、上院銀行委員会で証言

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米   ブレイナード・FRB理事講演

    注目されたイエレンFRB議長の議会証言で議長は、「経済見通しは常に、相当な

    不確実性が伴う」とし、「例として、インフレがいつ、そしてどの程度、リソース

    活用の引き締まりに反応するかを巡る不確実性が挙げられる」と述べました。

    (ブルームバーグ)

    市場はこの発言から政策金利の引き上げペースは緩やかになり、急激な利上げはな

    いとの判断に傾き、ドル売りで反応しました。

    ドル円は113円台半ばから113円割れまで売られ、ユーロ円も129円近辺ま

    で急落するなど、結局これまでの円売りポジジョンを巻き戻し、利益を確定する機

    会を提供した格好になったようです。議長はさらに「向こう数年間に2%のインフ

    レ率を達成する軌道にないという判断を下すのは時期尚早だ。FOMCは向こう数

    カ月、インフレの動向を注視していく」とも述べ、今後も政策金利引き上げは急が

    ないとも取れる発言も行っています。先週の雇用統計で確認したように、労働市場

    は安定した拡大傾向を続けていますが、賃金上昇率の鈍化や、インフレを示す指標

    がFRBの想定した動きになっていないことに触れたものと思います。

    そうなると、明日発表される6月の消費者物価指数(CPI)がより重要な意味を

    持ち、仮に予想を大きく下振れているようだと、今後の利上げ観測に大きな影響を

    与える可能性があります。今後はさらにCPIや、PCE・コアデフレーターなど

    の『インフレ指標』の注目度がより高まってくるものと思われます。

    ドル円はイエレン議長の証言を受け113円を割り込んだものの、浅い下げでした。

    今回の値動きを踏まえると、基本的には112-115円のレンジである可能性が

    高いと思われます。114円台半ばまで上昇したものの、115円台にしっかり乗

    せるにはやはり米長期金利の一段の上昇というサポートが必要です。

    一方で日銀の金融緩和姿勢は明確で、昨日も債券市場で残存期間3-5年債の買い

    オペを300億円増やしています。米金利の急上昇はないとしても、緩やかな金利

    上昇が見込めるのであれば、日米金利差も緩やかに拡大していき、ドル円の支援材

    料になると考えています。

    ドル円は今朝7時過ぎには113円25銭前後で推移しており、既に「1時間足」

    ではゴールデンクロスを見せています。

    本日の予想レンジは112円80銭~113円80銭程度とします。


  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。