FC2ブログ

ユーロドル2週間ぶりに1.13を割り込む 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • ドル円は円買いが優勢になったものの、円の上昇は限定的

    だった。株価が再び大幅に下げ、長期金利も低下したことから

    ドルが下落。113円21銭までドル安が進んだものの、ユーロドルなど

    ではドルが買われたことで下落幅も限られた。

  • ユーロドルはユーロ圏PMIが4年半ぶりの低水準だったことで

    ユーロ売りが加速。ユーロドルは約2週間ぶりに1.13台を割り込み、

    1.1270まで売られる。

  • 株式市場は大幅下落。欧州や中国など世界景気が鈍化する

    との見方から株価が大きく売られる。ダウは496ドル下げ、2万4100ドル

    台に沈む。S&P500も50ポイント下げ、4月以来の安値を記録。

  • 債券相場は反発。長期金利は再び2.9%を割り込み、2.889%

    台に低下。

  • 金と原油は下落。


  • 11月小売売上高    →   0.2%

  • 11月鉱工業生産    →   0.6%

  • 11月設備稼働率    →   78.5%

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏11月消費者物価指数(改定値)

  • 欧   ユーロ圏10月貿易収支

  • 米   12月NY連銀製造業景況指数

  • 米   12月NAHB住宅市場指数


    米株式市場が再び大幅な下げを見せ、市場のクリスマス気分を吹き飛ばすような

    下落幅を記録しています。この日発表された米11月の小売売上高は+0.2%

    と、市場予想を上回り、さらに先月分も上方修正され、好調な米国の個人消費を

    裏付けるものでしたが、欧州と中国で景気悪化の指標が相次いで発表されたこと

    に株価は反応しました。

    中国の成長が鈍化しているとの懸念がアジア市場で株価の下落を引き起こし、追

    い討ちをかけるかのように、ユーロ圏のPMIが4年半ぶりの低水準だったこと

    が、米国株の下落に拍車をかけました。中国、欧州に比べ、米景気の好調さが際

    立っており、ドルが買われる流れにつながっています。

    ユーロドルは再び1.13のサポートを割り込み、1.1270までドル高ユー

    ロ安が進み、ドル円も一時は売れられたものの、ドル高の流れの中ではドル下落

    も限定的でした。

    ここでも、欧州通貨の動きにドル円が引っ張られる展開となり、ドル円自体に動

    きがないことから、今後も欧州通貨の動きには目配せが必要です。

    ECBは先週、計画通り今月で債券購入プログラムの終了を確認しました。この

    結果、焦点はいつ金利正常化へのスタートができるのかという点に移ってきまし

    た。ドラギ総裁は会見の席で、「少なくとも2019年夏の終わりまで据え置く」

    と表明しましたが、域内景気が思っていた以上に冷え込んでいる可能性が出てき

    たことで、2019年度内の利上げはないのではないかといった見方も出ている

    ようです。

    今週は18-19日に今年最後のFOMCが開催されます。すでに街はクリスマ

    スモードに入っており、このFOMCが今年最後の大きなイベントで、その後市

    場は閑散期に入ると思われますが、今年はそうとも言い切れません。

    上述のように、先週末には株価が大きく売られ、今後の欧州や中国の経済指標も

    注目されます。ユーロやポンドの動きが波乱要因となり、ドル円も例年のように

    「ベタナギ」という訳にはいかないかも知れません。

    特にドル円は、秋口から動きが少なく、異例とも言える「低ボラティリティー」

    が続いています。

    そのため、市場参加者のストレスも「高水準」だと思われ、何かのきっかけで

    予想外の大きな動きを見せるかもしれません。

    可能性は低いでしょうが、突発的な動きに対するいつも通りの慎重なスタンス

    を維持しておきたいものです。

    本日は再びドル円の上値は重い展開が予想されます。

    先週は一時113円71銭までドル高が進んだものの、株価の下落がややリス

    クオフにつながって、ドル円を下押ししましたが、引き続き欧州通貨の動きに

    引っ張られる展開が見込まれます。

    予想レンジは112円80銭~113円70銭程度といったところでしょうか。


  • スポンサーサイト

    ドル円小幅ながら続伸 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は小幅ながら続伸。米中貿易問題の先行きに楽観的な

    見方が出て、さらに英国ではメイ首相の不信任案が否決されたことが

    好材料に。ドル円は113円台半ばを超え、113円71銭まで上昇。

  • ユーロドルはドラギ総裁が会見で、域内の景気に不透明感が残る

    と発言したことを材料に1.1331まで下落。その後は下げ幅を縮小

    したものの買いは続かず。

  • 株式市場はまちまち。ダウは米中交渉の進展を好感し70ドル高と、

    続伸したが、ナスダックは27ポイントの下落。

  • 債券相場はほぼ横ばいながら、長期金利は小幅に上昇。

  • 金は反落。原油価格はサウジが米国の製油所への出荷を減らす

    用意をしているとの報道が買い材料に。前日比1ドル43セント上昇し、

    52ドル台半ばで取引を終える。


  • 新規失業保険申請件数      →   20.6万件

  • 11月輸入物価指数       →  -1.6%

    本日の注目イベント

  • 日   10月鉱工業生産

  • 中   中国 11月小売売上高

  • 中   中国 11月鉱工業生産

  • 独   独12月製造業PMI(速報値)

  • 独   独12月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏12月製造業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏12月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏12月総合PMI(速報値)

  • 米   11月小売売上高

  • 米   11月鉱工業生産

  • 米   11月設備稼働率


    ドラギECB総裁は理事会後の記者会見で、地政学的問題や貿易の保護主義、市場

    の不安定などさまざまな懸念があると指摘。昨日この欄でも触れたように、正常な

    金融政策に戻る道のりは思った以上に遠いことが確認されました。

    ユーロドルは会見を受けユーロ売りが先行し、1.1331前後まで下落しました

    が、会見の内容にサプライズはなかったことで、その後下落分を埋めています。

    ドラギ総裁は、リスクは依然として「おおむね均衡」しているものの、「下方向に

    向かいつつある」との認識を示し、金利は「少なくとも2019年夏の終わりまで」

    据え置くことを表明しました。

    さらに総裁は、入ってくるデータが「予想よりも弱かった」との見方を示し、「成

    長の勢いが今後弱まることを示唆している可能性がある」と述べています。

    (ブルームバーグ)

    これは、ユーロ圏を牽引しているドイツのことを指していると思われ、中国経済と

    の結びつきが強いドイツは、すでに中国景気の鈍化の影響を受けています。

    米中通商交渉では、妥協点をさぐりさまざまな交渉が行われているようですが、

    交渉期限が来年2月末までと決められているため、合意に達するかどうかは不透明

    です。懸念材料は残ります。中国がカナダ人2人を拘束し、両国の関係に緊張が高

    まっています。

    中国当局は「法律に基づいて拘束している」としていますが、カナダでファーウェ

    イの副会長が逮捕されたことへの「報復」との見方が強まってます。

    ファーウェイ副会長は米国の要請を受けてカナダ当局が逮捕したと伝えられており、

    今後は身柄を米国へ引き渡すのかどうかが焦点と思われます。

    米中通商交渉に直接の影響はないとみられますが、トランプ大統領は「必要とあら

    ば政府が介入することも辞さない」と述べています。

    仮に合意に至らない場合には、中国景気がさらに悪化すると見られ、直近第3四半

    期は6.5%だったGDPも、5%まで低下するとの、一部観測もあります。

    ドル円はゆっくりと113円台半ばを抜き、113円71銭まで上昇してきました。

    動きを見るとクリスマスシーズン特有な動きのようにも思えますが、

    「閑散に売りなし」の言葉通り、緩やかな上昇を見せています。

    今週、「テクニカルに身を委ねるのも一考」と書きましたが、現時点ではそのよう

    な動きを示しています。

    ドル円は、114円55銭を頂点とする日足のレジスタンスラインで一旦は上昇を

    抑えられています。年末に向かっていることもあり、113円50銭から114円

    の間には、実需のドル売り注文が相当控えていることは容易に考えられます。

    このドル売り注文をこなして114円台に乗せることが出来るのかどうかが焦点で

    す。

    本日のドル円のレンジは113円10銭~113円80銭程度を予想します。


  • 欧州通貨対ドルで反発 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は小動きながら緩やかに下落。米株式市場の反発にも

    反応せず、113円14銭まで下落。ポンドが対ドルで買われたことに

    よる連れ高の側面が強かった。

  • ユーロドルも同じような展開となり1.1388までユーロの

    買い戻しが進む。

  • 株式市場は反発したものの、相変わらず荒っぽい動きとなり、

    一時450ドルを超えて上昇したダウは157ドル高で取引を終える。

    ナスダックは66ポイントの上昇。

  • 債券相場は3日続落。長期金利は2.91%台まで上昇。

  • 金は3日ぶりに反発。原油価格は50セント安で引ける。


  • 11月消費者物価指数        → 0.0%

    本日の注目イベント

  • トルコ  トルコ中銀、政策金利発表

  • 独   独11月消費者物価指数(改定値)

  • 欧   ECB政策金利発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米 11月輸入物価指数


    ここ数日大きく売られていたポンドが、保守党が実施する不信任投票でメイ首相が

    信任されるとの観測が強まり、対ドルで1.25台前半から1.26台半ばまで1

    00ポイント以上買い戻され、今週に入って下落した半分以上を取り戻した形です。

    ユーロドルも結局、1.13を一度も割り込まずに反発し、昨日は1.1388ま

    でユーロ高が進みました。いずれも、「ショート筋の買い戻し」の域を出ず、ロン

    グを積み上げるというタイミングではなさそうです。

    欧州通貨がドルに対して反発したことで、ドル円もその流れの中でゆっくりと下落

    しており、113円台は維持していますが、113円50銭あたりが壁になる可能

    性も出てきました。特に昨日の東京タイムでは、久しぶりに株価が大きく上昇し、

    日経平均株価は450円を超える上昇を見せたものの、ドル円はほとんど反応せず

    に、むしろじり安の展開でした。昨日に限って言えば、株価の動きは材料にならな

    かったようです。

    NY時間では11月の消費者物価指数(CPI)が発表されました。コアCPIは

    前月比0.2%の上昇で、前年同月比では2.2%の上昇でした。いずれも市場予

    想と一致しており、来週のFOMCの政策決定にはニュートラルと見られます。

    つまり市場予想通り、今年4回目となる0.25%の利上げを決めると見られます。

    パウエルFRB議長は11月28日の講演で、「金利は中立をわずかに下回る」と

    発言し、これをきっかけに利上げ観測が急速に後退し、市場では「利上げ停止」も

    近いのではとの憶測まで出てきました。

    パウエル議長は中立金利を「景気を加速させないし、減速もさせない」と「定義」

    (?)していました。現在政策金利は2.00%~2.25%で、このレンジ内に

    フェデラルファンド(FF)金利を誘導しようというものです。

    一般的に米国の中立金利は、物価へ影響を与えない自然利子率と同義語とすれば

    3.0~3.5%と見られていますが、パウエル議長の発言をヒントにするならば、

    限りなく3.0%に近いものと推測されます。

    FF金利の誘導目標上限を基準とすれば、あと0.75%の引き上げで中立金利に

    達することになります。来週のFOMCで0.25%引き上げれば、2019年に

    2回だけ金利引き上げが実施されて、「終了」ということになります。

    3年債利回りと5年債利回りが逆転して「逆イールド」が示現した背景にも、この

    ような観測が強まったことがあります。米金利の上昇が限定的であれば、日米金利

    差との相関が高いとされるドル円は今後それほど上昇しないということにもなりま

    す。今年も実質的には残り2週間となり、2019年度の相場展望が意識される時

    期になってきました。「2019年には円高が進む」と予想する根拠には、このよ

    うな見通しに基づいているものが多いと思われます。

    このところドル円自体に材料がないため、欧州通貨の動きに連動しやすいドル円で

    すが、今夜はECBの理事会後のドラギ総裁の会見が重要かと思われます。

    今月で資産購入プログラムを終了することは決まっていますが、その後の正常な

    金融政策への道のりがやや不透明になってきました。来年秋口は政策金利引き上げ

    と見込まれていましたが、ユーロ圏ではフランスの大規模なデモをはじめ、混乱が

    続出している状況です。正常化への道は予想以上に遠いのかもしれません。

    本日のドル円は112円70銭~113円60銭程度を予想します。


  • ドル円続伸し113円台半ばへ 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は朝方の株価の上昇や長期金利の上昇に113円47銭

    までドル高が進む。ポンドがさらに売られたことも円売りにつながり

    ドル円は終始113円台で推移。

  • ユーロドルは再び1.13割れを試し、1.1306まで下落。

    戻りは重いものの、1.13が再び壁になる状況が続く。

  • 株式市場は米中貿易問題の進展期待から続伸して始まり、

    ダウは400ドル近い上昇を見せたが続かず。結局53ドル安で引ける。

    ナスダックは11ポイントながら小幅に上昇。

  • 債券は続落。朝方の株価の上昇に利益確定の売りが優勢となる。

    長期金利は2.87%台へと上昇。

  • 金は続落。原油価格はリビアでの生産停止の情報で反発。


  • 11月生産者物価指数    →   0.1%

    本日の注目イベント

  • 豪   豪12月ウエストパック消費者信頼感指数

  • 欧   ユーロ圏10月鉱工業生産

  • 米   11月消費者物価指数

  • 米   11月財政収支 

    ドル円は株価の動きを睨みながらの展開が続いている中、昨日のNY市場では

    朝方から株価が上昇したことで、113円47銭までドル高が進む場面があり

    ました。中国で、米国自動車に対する関税を現行の40%から15%に引き下

    げる案が国務院に提出されており、数日以内に検討されるとの報道が米中貿易

    問題の改善につながるとして、株価を押し上げました。

    ただ、米国製自動車の中国でのシエアは小さく、関税が大幅に引き下げられた

    からといって、米国製自動車販売が大きく伸びるかどうかは不透明で、米国の

    貿易赤字減少にはつながりにくいでしょう。

    NYダウはこれまで大きく売られていた反動もあり、一時380ドルほど上昇

    しましたが、午後にはマイナスに転じました。メキシコ国境に壁を建設するこ

    とに関して、トランプ大統領は民主党のペロシ下院院内総務およびシューマー

    上院院内総務と激しく議論し、「私が政府を閉鎖する。あなた方のせいにする

    つもりはない」と語り、「国境整備のために政府を閉鎖することは誇らしいこ

    とだ」とシューマー議員に告げたようです。(ブルームバーグ)

    政府機関閉鎖の可能性が強まったことが株価への悪材料となり午後の株価下落

    につながったようです。

    ドル円は米長期金利が下げ止まり、2日続伸したとで113円台半ばまで反発

    してきました。短期的に見ると、先週木曜日の112円23銭と、今週月曜日

    に記録した112円24銭が「ダブルボトム」を形成して反発しています。

    112円割れが簡単ではないと同時に、上値では114円乗せも簡単ではあり

    ません。結局112-114円のレンジ内の動きですが、テクニカルでは11

    4円突破の可能性の方が高いことを示唆しています。

    「日足」チャートを見ると、雲の下限ブレイクを何度も試してはいますが、8

    月下旬以来完全に抜けてはいません。また、雲の下方にある「120日移動平

    均線」もドルの下落を支えているように見えます。

    さらに移動平均線の並び具合を見ても、最も長い平均線である「200日線」

    が一番下にあり、短い「52日線」が一番上で推移しており、上昇傾向を示し

    ています。

    同時に「120日線」を含めた3本の移動平均線の方向も、「52日線」は上

    記112円台前半を2度試した影響から、やや上昇にブレイキがかかった形状

    を見せてはいますが、基本的には3本の移動平均線が右肩上がりの形で推移し

    ており、上昇トレンドが崩れていないことを物語っています。

    米中貿易戦争の先行きは依然として厳しく、株価も年初来安値を更新している

    状況の中、ドルのさらなる上昇は想定しにくいものの、ここは素直にテクニカ

    ルに身を委ねるのも一考かもしれません。

    本日のドル円は112円90銭~113円80銭程度を予想します。

    線のひき方にもよりますが、10月4日の114円55銭の高値から

    レジスタンスラインを描くと、今日は113円65銭近辺にあると思われます。

    113円80銭あたりをしっかりと上抜けできれば、114円台が視野に入っ

    てくるかもしれません。ただ材料不足の感は否めませんが、やはり株価と金利

    の動きがメインでしょうか。



  • 英議会混迷でポンドドル1年8カ月ぶりの安値に 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場

  • ドル円は急反発。東京市場で112円24銭前後まで売られた
    ドル円は、NY市場ではポンドやユーロが対ドルで大きく下落した
    ことで、円売りも加速。113円37銭まで円安が進みこの日の高
    値圏で引ける。

  • ユーロドルは1.14台前半から下落。ポンドの下落に歩調を合わせ、
    1.1351までユーロ安が進行。

  • ポンドは大幅下落。メイ首相が議会での採決を延期すると発表した
    ことで、EUからの「合意なき離脱」の可能性が高まりポンド売りが加速。
    ポンドドルは1.2509前後まで売られ、約1年8カ月ぶりの安値に。

  • 株式市場はイギリス議会の混迷を嫌気して朝方から大幅に下落。
    ダウは500ドルを超える下落を見せたが、その後急反発。結局、小幅ながら
    プラス圏で取引を終える。

  • 債券相場は8日ぶりに反落。長期金利は2.85%台まで上昇。

  • 金は3日ぶりに反落。原油価格は再び大幅に下落。世界景気の
    減速が蒸し返された。

    本日の注目イベント

    • 独  独12月ZEW景気期待指数
    • 英  英11月失業率
    • 米  11月生産者物価指数

    ドル円は予想外の反発でした。昨日の東京時間に、日経平均株価が一時500円を超える下げとなった時に、112円24銭前後までドル安が進みましたが、その後は株価がマイナス圏で大きく推移していながらも、ドル円はゆっくりと上昇に向かいました。株価の下げに対する抵抗力がさらに増したよう印象でしたが、海外市場ではさらに買われ、113円37銭まで急反発しています。

    昨日は112円台が維持できるかどうかに注目していましたが、同時にその前段階として、先週木曜日につけた112円23銭を抜けるかどうかにも注目していました。結局、この水準で下げ止まり、NY市場での113円台につながったことになります。結果的には、「1時間足」の「120時間移動平均線」に支えられた形で反発しました。ユーロや、ポンドが対ドルで売られたことも、ドル円での円売りにつながった側面もありますが、昨日はドル高と言うよりも、主要通貨が弱かったと言った方が正しいのかもしれません。

    予想されたことでしたが、イギリスのメイ首相は本日予定されていたEU離脱に関する議会採決の延期を発表しました、採決をしても承認が得られず、議会が混乱することを避けたようですが、EU側は合意案の再交渉は行わないと明言しており、EUのトゥスク大統領はツイッターで「われわれは合意の再交渉を行わない。しかし、批准をいかにうまく進めるかを議論する用意はある」と述べています。(ブルームバーグ)この発表を受けて市場は、「合意なき離脱」の可能性が高まったとして、ポンド売りを加速させ、ポンドは対ドルで1.26台半ばから150ポイントほど売られました。一時は1.2509前後を付け、2017年4月以来となるポンド安を記録しています。政府が議会に報告する期限である来年1月21日までに合意が取りまとめられない可能性も出てきたようです。

    燃料税引き上げに反対して始まったフランスのデモは、隣国ベルギーにも波及したようです。ベルギーの首都ブリュッセルでも1000人規模のデモが8日にあり、約400人が警察に拘束されたようです。マクロン仏大統領は事態収拾のため、労働組合や仏経団連の代表と面会し、協議を行っていると伝えられていますが、これもユーロ売り材料と見られ、昨日はポンドと共に、ユーロも売られました。昨日のNY市場では、朝方から株価が大きく売られ、長期金利は小幅に上昇したものの、ドル円が買われる理由を見つけにくい状況でしたが、やはり、「ドル買い・欧州通貨売り」の波に飲まれて上昇したと見られます。

    本日のドル円はそれほど上値を試すとも思えません。ただ、欧州時間にユーロやポンドがさらに売られるようだと、113円台半ばを試す可能性はあります。予想レンジは112円60銭~113円50銭程度でしょうか。

  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。