ドル円113円台を回復するも上値が重たい 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は東京市場で113円台を回復したものの、上値の重さは

    変わらず、朝方はドル売りが先行し112円74銭まで下落。午後には

    株価が急伸し、長期金利も上昇したことで113円19銭までドル高が進む。

  • ユーロドルは落ち着いた動きを見せ、1.17台で推移。前日の1.18台半ばは

    買われ過ぎだったとの指摘がある一方、下値も限定で1.1759止まり。

  • 株式市場は法人税減税の期待からハイテク株が主導する形で急反発。

    ダウは187ドル上昇し、2万3400ドル台を回復。

  • 株高の影響から債券は下落。長期金利は2.37%台まで上昇。

  • 金は小幅に反発。原油価格は3日続落。

  • 新規失業保険申請件数          → 24.9万件

  • 11月フィラデルフィア連銀景況指数  →  22.7

  • 10月鉱工業生産             →  +0.9%

  • 10月設備稼動率             →  77.0%

  • 11月NAHB住宅市場指数       →  70

    本日の注目イベント

  • 欧 ドラギ・ECB総裁講演

  • 米   10月住宅着工件数

  • 米   10月建設許可件数

  • 加   カナダ10月消費者物価指数

    市場で相場を方向付ける材料を探すのが困難な中、注目されるのは日米の株価の

    動きです。前日、日経平均株価が大きく崩れ、米国でも同じように軟調な展開と

    なり、さらに「負の連鎖」が続く懸念があったものの、昨日の東京時間に日経平

    均株価が大幅に反発し、前日の下げの9割方を埋めたことで、ドル円も113円

    台を回復しました。

    前日比322円高で引けたことで、NY市場でも買戻しの動きが活発となり、N

    Yダウは187ドル高と、今月に入り最大の上げ幅を記録しました。

    ドル円は欧州時間に113円33銭まで買われたものの、NYでは上値を追えず、

    株価の上昇の割にはドルが伸び悩んだ印象です。これまで書いたように、やはり

    「株高=ドル高」の図式は崩れつつあるのかもしれません。

    もっとも、この日は経済指標が芳しくなく、これがドル円の上値を抑えた要因だ

    ったとも見られ、さらに地区連銀総裁の発言も相次ぎましたが、こちらにも反応

    はしていません。

    新規失業保険申請件数は24.9万件で、先週よりも増加しており、予想よりも

    悪化していました。また、フィラデルフィア連銀製造業景況指数も軟調で、鉱工

    業生産が市場予想を上回った程度でした。

    注目の税制改革法案が昨日下院で可決しましたが、ドル円への影響はなかったよ

    うです。ブルームバーグによると、上院ではこれとは別に独自案の議論を続けて

    いるそうです。

    金融当局者の発言では、クリーブランド連銀のメスター総裁は、緩やかな利上げ

    を支持するとし、インフレ率は当局が目指す2%に上昇するとの見方を示しまし

    た。またダラス連銀のカプラン総裁は、「自然利子率へはまだ距離があるが、さ

    ほど遠くない」と述べましたが、いずれにも市場は反応を示していません。

    ドル円は昨日のロンドン市場で113円33銭まで上昇しましたが、「1時間足」

    の雲に抑えられた形になっています。

    もっとも、112円47銭まで売られた後だけに、翌日の戻りとしては113円

    台半ばがせいぜいいいところだろうとの印象はあります。

    本日も日本株の動きが注目されますが、上値では現在113円21銭前後にある

    雲の上限を明確に抜けるかどうかが焦点です。

    ここをしっかりと抜けて、113円台半ばで推移するようなら、ドル円も元の鞘

    に戻ったと考えられます。

    そして、再び113円台のレンジ相場に戻り、次の材料を探すことになります。

    一方、やはり113円台は重いという印象が広がるようだと、112円台半ばま

    での下落もあり得、113円を挟んだ展開になると予想しています。

    日米株価の「負の連鎖」を1日で断ち切り、再び上昇気流に乗ることができるの

    か、本日の日経平均株価も正念場かもしれません。

    予想レンジは112円50銭~113円50銭程度とします。


  • スポンサーサイト

    ドル円急落し112円台半ばへ 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は大幅に下落。日米共に株価の調整が見られた

    ことで、朝方には112円47銭までドル売りが進む。その後

    小売売上高が予想を上回ったことで113円台まで戻すが

    引けにかけては再び112円台後半まで売られる。

  • ユーロドルは続伸。1.1862まで買われ、3週間ぶりの高値を

    つけたが、その後1.17台半ばに押し戻される。

  • 株式市場は続落。日本株が大きく売られたことで、エネルギーや

    素材関連株の売りが膨らむ。ダウは138ドル下落し、2万3200ドル台に。

  • リスク回避の流れが強まり債券相場は上昇。10年債利回りは

    2.32%台へと低下。

  • 金は反落し、原油は続落。


  • 10月消費者物価指数      → +0.1%

  • 11月NY連銀製造業景気指数 → 19.40

  • 10月小売売上高         → +0.2%  

    本日の注目イベント

  • 豪   豪10月雇用統計

  • 欧   ユーロ圏10月消費者物価指数(改定値)

  • 英   英10月小売売上高

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   11月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   10月鉱工業生産

  • 米   10月設備稼動率

  • 米   11月NAHB住宅市場指数

  • 米   ブレイナード・FRB理事講演

  • 米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演

  • 米   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演

  • 米  企業決算 → ウォルマート、ギャップ、ベストバイ

    ドル円は昨日の東京時間に株価が大きく値下がりしたことを受け113円03銭

    まで売られ、10月末以来約2週間ぶりの円高水準をつけました。この欄で何度

    も述べたように、株価とドル円の連動性が崩れ、株価が上昇した際には円安には

    振れなかったものの、株安には素直に連動して「円高」に振れやすいと指摘しま

    したが、昨日の動きは正にその通りでした。連日高騰を続けていた日経平均株価

    は26年ぶりとなる、2万3000円台まで一気に上昇しましたが、昨日は前日

    比351円安と、今回の上昇局面では最大の下落となっています。

    ドル円はそのままの流れを引継ぎ、NY市場では朝方に112円47銭までドル

    安が進みました。113-114円の狭いレンジを一気に下方に抜けた感じです。

    その後113円台まで戻す局面もありましたが、結局112円台後半で戻って来

    ました。ダウは138ドル下げ、調整局面入りの様相を強めており、それに呼応

    するかのように、米長期金利が低下し始めています。昨日は2.32%台まで低

    下し、約1カ月ぶりの低水準を記録したことでドル売りを誘っています

    ただ金融市場を取り巻く環境自体が特に変わったわけではなく、これまで積み上

    げたものの清算に動いた側面が強いと思われます。どこまで調整が続くかは定か

    ではありませんが、「ドル高、株高」の流れが変わったと考えるのは早計だと思

    います。

    ヘッジファンドの「45日ルール」が主因だという説明もありますが、為替も株

    もシステム売買が盛んで、相場が上がればさらに買えという指示が出て、下がれ

    ばもっと売れという支持が出ることで、相場のブレが大きくなるのは事実のよう

    です。

    ドル円は9月8日に北朝鮮の水爆実験と、大型ハリケーンの被害から107円3

    2銭まで売られ、その後11月6日には次期FRB議長の人事や、税制改革への

    期待から114円73銭まで上昇し、この間の上げ幅である7円41銭をフィボ

    ナッチ・リトレースメントを使って下値のメドを確認してみます。38.2%戻

    しが111円90銭にあたりますが、この近辺が当面の下値のメドと予想されま

    す。この下方には、重要な「120日線」や「200日線」も集まっており、こ

    の点からも注目されるレベルです。

    本日はやはり日本株の行方次第でしょう。

    日経下落→NYダウ下落→再び日経下落という『キャッチボール』になるのか。

    あるいは、どちらかでこの連鎖を止められるのかというところが焦点になります。

    また、仮に日経平均株価が続落した際に、昨日のNY市場の安値である112円

    47銭を下回るのかどうかにも注目です。

    予想レンジは112円20銭~113円20銭程度とみます。


  • ユーロドル約3週間ぶりに1.18台を回復 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は欧州時間に113円91銭まで買われたが、NYでは反落。
      長期金利の低下と、ユーロドルでユーロが買われたことに円が連れ高し、
      113円32銭まで円高ドル安が進む。

    • ユーロドルは続伸。ドイツの7-9月期GDPが市場予想を上回った
      ことでユーロを買い戻す動きが活発化。一時は1.1805まで買われ、
      10月26日以来となるユーロ高水準を示現。

    • 株式市場は反落。原油が大幅に下落したことでエネルギー株が
      売られた。ダウは30ドル下げ、他の主要指数も揃って下落。

    • 債券は買われる。株価の下落からややリスク回避の流れが
      強まり債券に資金が向かった、長期金利は2.37%台へと低下。

    • 金は続伸。原油価格は1ドルを超える大幅下落。IEAが2017、18年の
      原油需要見通しを下方修正したことが材料に。

    • 10月生産者物価指数 → +0.4%

    本日の注目イベント

    • 日   7-9月GDP(速報値)
    • 日   9月鉱工業生産(確定値)
    • 欧   ユーロ圏9月貿易収支
    • 英   英10月雇用統計
    • 米   10月消費者物価指数
    • 米  11月NY連銀製造業景気指数
    • 米   10月小売売上高

    ドル円は東京市場が引けた後の欧州市場で買われ、一時113円91銭までドル高が進んだものの、その後反落しています。NY市場では長期金利が低下し、株安が進み、さらに原油価格も大幅な下げを見せたことでドル売りが優勢となり、113円32銭まで下落しました。一方ユーロドルでは、ドル安の流れが強まったことや、ドイツの7-9月期GDPが予想を上回ったことで続伸し、10月26日以来となる1.18台に乗せています。ECBの政策変更発表後に大きく売られていたユーロドルは、これで下落分を埋めたことになります。

    注目された4中銀トップによるパネル・ディスカッションでは、中央銀行が金融政策の意図を伝達する上で透明性を高めることは効果的であり、今後も政策手段の一つであり続けるだろうという点で一致しましたが、マーケットへの影響はありませんでした。(ブルームバーグ)

    ドル円は113円台後半まで上昇したものの、114円には届いていません。今のところ下値の方も限定的であるため、膠着感を強める結果になっています。気になるのは米長期金利の動きです。昨日は長期金利が2.37%台まで下げ下げ幅では1週間振りの大きさでした。直近では2.3%を割り込んではいないため、この水準が下値のメドと見ていますが、ここを下回るようだと、ドル円も113円を割り込む可能性が高いと予想されます。

    ムニューシン米財務長官はオハイオ州で税制改革法案について語り、「下院と上院の税制改革法案は『根本的に』同じ。違いは協議を通じて解決できる」と述べました。また法人税の20%は適切とも語り、20%への引き下げに意欲を見せています。市場は、税制改革法案を巡り上院と下院での意見のすり合わせが可能かどうかに注目しており、これがドルの上値の重さにもつながっています。

    結局昨日も113円台での推移に留まり、膠着感をさらに強めた格好になりましが、相場の方はかなり煮詰まってきた印象です。1.18台まで回復してきたユーロドルがもう一段上昇するようだと、ドル円も112円台を覗きに行くことになるかもしれません。個人的には、ユーロドルのここからの一段高はそう簡単ではないと予想していますが、どうでしょうか。本日は米経済指標の中で、消費者物価指数と小売売上高に注目です。昨日の生産者物価指数は予想を上回り、前年比では5年ぶりの高水準でした。予想を上振れる可能性もあろうかと思います。

    本日のドル円は113円~113円90銭程度を予想します。


    ドル円113円台で一進一退 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は朝方に113円24銭前後まで売られたが、その後
      米長期金利が上昇したことで反発。113円67銭まで買われ、昨日の
      朝の水準に戻す。

    • ユーロドルは小動き。1.16台半ばを中心にもみ合う。

    • 株式市場は小幅に上昇。消費関連銘柄が買われたが、商いは
      盛り上がらず。ダウは17ドル上昇し、S&P500も小幅に上昇。

    • 債券相場は反落。10年債は売られ長期金利は2.4%台を回復。

    • 金と原油は反発。

    本日の注目イベント

    • 中  中国 10月小売売上高
    • 中  中国 10月鉱工業生産
    • 独  独7-9月期GDP(速報値)
    • 独  独10月消費者物価指数(改定値)
    • 伊  イタリア7-9月期GDP(速報値)
    • 欧  ユーロ圏7-9月期GDP(改定値)
    • 欧  ユーロ圏9月鉱工業生産
    • 欧  ドラギECB総裁、イエレンFRB議長、カーニーBOE総裁、黒田日銀総裁が
          ECBの会議でパネルディスカッションに参加
    • 英  英10月物価統計
    • 米  10月生産者物価指数
    • 米  ブラード・セントルイス連銀総裁講演
    • 米  ボスティック・アトランタ連銀総裁講演

    ドル円は昨日、日本株の下落に合わせて売られ、海外市場では113円24銭前後までドル売りが進みましたが、結局そこから反発し、昨日とほぼ同じ水準で戻っています。113円台での取引が続き、膠着感がさらに強まってきましたが、材料不足ということの他米金利など、ドル円に影響を与える他のマーケットも動きが鈍くなっていることが相場を膠着させています。

    昨日も米10年債利回りは上昇してドル円を支えはしたものの、上昇幅はわずか0.5BPでした。市場は明日発表になる米10月の消費者物価指数(CPI)と、小売売上高に注目しており、税制改革の実施時期を巡る上院と下院での議論にも注目しています。
    法人税減税の実施が1年先送りになる見通しが高まってきたことで、好調だった米株式市場にもやや不透明感が漂い、調整局面入りするのではないかとの観測もでています。昨日の東京時間でも観られましたが、株価の下げがきつくなると、ドル円も素直に
    追随し、円が買われる展開が見られます。これがドル円の上値を重くしているとも言えそうです。

    今日注目されるのは、ECBの会議に主要中銀のトップがパネル・ディスカッションに参加するイベントです。ドラギECB総裁を始め、日米英の中銀トップが参加し、いわば「G4」の様相です。ここでどのような発言が出るのかが注目を集めそうです。黒田日銀総裁は昨日既にスイスで講演し、「2%の物価安定の目標の実現にはなお距離がある状況だ」と発言しています。

    113円台半ばを中心に一進一退の動きが続いていますが、ここは油断をせず粘り強く市場を観察するしかありません。タイミング的にはいつ動き出してもおかしくはないことから、気を抜けないことは言うまでもありません。本日のレンジは113円20銭~114円程度を予想しますが、これはあくまでも特段のニュースがないことを前提にしています。上述のように、サプライズでもあればどちらにも抜けることは十分ありえます。


    ドル円113円台で膠着感増す 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は113円台で推移。米長期金利の低下から
      113円22銭まで売られたが、週末ということもあり、勢いも
      なく113円台半ばで越週。

    • ユーロドルは小幅に続伸。1.1678までユーロ高が進み、
      1週間ぶりの高値水準まで上昇。

    • 株式市場は続落。ミシガン大学消費者マインドが予想を
      下回ったことが嫌気された。ダウは39ドル下落し、ナスダックは
      ほぼ変わらず。

    • 債券相場は朝方買われたものの、その後徐々に上げ幅を縮め
      引け値では前日とほぼ変わらず。

    • 金は反落し、原油価格も売られた。

    • 11月ミシガン大学消費者マインド(速報値) → 97.8

    本日の注目イベント

    • 発表予定なし

    ドル円は113円台で膠着しており、114円台では上値が重く、かといって、売られる展開でもありません。113円台は居心地がいいのか、先週1週間の値動きも、週初を除けばほぼ113円台に収まっており、やや手詰まり感が漂っています。

    動きの鈍い最大の要因は、米長期金利の方向性のなさでしょう。先週の長期金利は2.31%~2.34%の範囲で推移し、米金利との相関が強いドル円は、この影響を受けたものと思われます。個人投資家も、ドル円のポジションでは、「ネット・ドルショート」に傾いており、ドルが下げたところではすかさず拾うスタンスであることも、ドル円が113円を割り込まない理由の一つと言えます。

    東京外国為替市場の特徴の一つですが、個人投資家の売買シェアが高く、その個人投資家は、113円台半ばから下値ではドルを拾って、114円台ではそれを手放すというスタンスで臨んでいることが相場を膠着させていると見られます。直近のデータでは、東京市場のドル円スポット取引の約60%は個人投資が占めているそうです。

    トランプ大統領は日本を皮切りに、APECが終了したことで、一連の外交イベントを終えたようです。昨日べトナムのハノイで、またおもしろいツイートを行っています。ブルームバーグによると、北朝鮮の金委員長と友人になる可能性について問われると、「なぜ金正恩は私のことを『老いぼれ』と侮辱するのか?私は彼のことを『太った小男』と一度も言っていないではないか」とした上で、「私は彼の友人になろうと多いに努力する。ひょっとしたら、いつの日かそうなるかもしれない」と述べています。

    本日も重要イベントはなく、経済指標の発表もありません。ドル円も静かな展開が予想されますが、焦点は引き続き、米税制改革案の行方です。法人税減税が1年後から実施されるのかどうかです。

    ドル円の予想レンジは113円20銭~114円程度にしたいと思います。


    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。