ユーロ圏景気回復観測からユーロドル1.09台を回復 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は111円台を回復。日米で連日株価が大幅高を演じ、
    米金利も上昇したことで111円19銭まで一気にドル高が進む。
    緊張が高まる北朝鮮でも特に目だった動きもなかったことで、リス
    クオフムードが後退。

  • ユーロドルは1.09台半ばへ続伸。ECBがユーロ圏の景気
    見通しに明るい見解を示す可能性があるとのリポートを受け、ユー
    ロ買いが強まった。ユーロは対円でも121台半ばまで買われ、1
    カ月半ぶりのユーロ高を記録。

  • 株式市場は大幅に続伸。減税期待が広がった上、経済指標も良
    好で、ダウは連日200ドルを超える上昇。ナスダックも41ポイ
    ント上昇し、史上初となる6000ポイントの大台に乗せる。

  • リスクオフムードが後退したことで債券は続落。
    長期金利も一時は2.34%台まで上昇。

  • ドル高が進み金は続落。原油は1週間ぶりに反発。

  • 2月ケース・シラ-住宅価格指数 →  +5.85%

  • 4月リッチモンド連銀製造業指数 →  20

  • 2月FHFA住宅価格指数    →  +0.8%

  • 3月新築住宅販売件数      →  62.1万件

  • 4月消費者信頼感指数      →  120.3

本日の注目イベント

  • 豪  豪第1四半期消費者物価指数
  • 米  企業決算 → P&G、ツイッター、ボーイング
  • 加  カナダ2月小売売上高

「リスクオフムード」が急速に後退しています。昨日25日は北朝鮮人民軍創建85周年に当たる日で、一部には「Xデー」と目されていましたが、大規模な砲撃訓練はあったものの、核実験やミサイル攻撃もなく、市場には安心感が漂っています。そのため日米では株価が連日大幅な上昇を見せ、NYダウは2日間で450ドル程上昇し、再び2万1000ドルに手が届く水準まで上昇して来ました。フランス大統領選と北朝鮮のミサイル攻撃への脅威から買われていた円は、急速にその「任務」を終えたかのように売られ、昨日のNY市場では111円19銭まで円安が進み、先週の108円台前半から3円も下落しています。

安全通貨の円は、昨日の海外市場では全面安の展開となり、ユーロ円では121円台半ばまで円安が進み、対豪ドルでも83円台後半まで円は売られて来ました。円買いポジションの大規模な巻き戻しが起こっていると見られますが、ストップを巻き込んでの円売りドル買いもあったようです。

ただ冷静に考えると、フランス大統領選ではルペン氏が巻き返すことも想定できるうえ、北朝鮮問題も引き続きにらみ合いが続いている状況です。昨日は原子力潜水艦「ミシガン」が韓国の釜山に入港しており、北朝鮮ににらみを利かせています。攻撃型ミサイル「トマホーク」154発を搭載できる原子力潜水艦「ミシガン」が臨戦態勢を敷いている以上、北朝鮮も安易に挑発行為には出にくいと思われ、長期戦になる可能性も出てきました。

このような状況の中、株価の急騰劇や円が大きく売られる動きには簡単に追随するわけにはいきません。市場はやや楽観的になりすぎているようにも思え、利益を取れるものはしっかりと確定しておくべきでしょう。ドル円は111円台前半までの戻しは想定内です。テクニカルを見ると、「月足」では雲の入り口でサポートされた格好となり、「日足」でも、結局200日線が抜け切れずに反発した形になっています。

本日も米国の株高と円安から日本株は上昇すると見られます。日経平均株価も1万9200~300円辺りまで上昇する可能性があります。それに伴ってドル円も買われるかも知れませんが、目先はNYの高値である111円20銭前後と、仮にこの水準を抜けたら4月10日の高値である111円58銭辺りが意識されそうです。北朝鮮関連にも目配りしながら、110円50銭~111円50銭程度を予想します。

スポンサーサイト

NYダウ200ドルを超える上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 昨日の早朝に窓を開け110円台で取引が始まった

    ドル円は、NY市場では依然として上値は重く110円台は

    維持できず。株価や長期金利の上昇にも、109円67銭

    近辺まで売られる。

  • 第一回フランス大統領選の結果を受けてユーロドルは

    堅調に推移。昨日の早朝には1.09台に乗せたが、NYでは

    終始1.08台で底堅く推移。

  • 株式市場は大幅に上昇。フランス大統領選の結果を受け、

    日欧で株価が上昇したことを好感。ダウは216ドル上昇し、

    2万700ドル台を回復。

  • 債券相場は続落。朝方は大きく売られたものの、北朝鮮問題

    など、依然としてリスクが残っているとの認識から下げ幅は徐々に

    縮小。長期金利は2.27%台へと小幅に上昇。

  • ドル高が進んだことから金は大幅安。原油価格は供給過剰との

    観測から続落し、約1カ月ぶりの安値まで売られる。

    本日の注目イベント

  • 英  英3月財政収支

  • 米   2月ケース・シラ-住宅価格指数

  • 米   4月リッチモンド連銀製造業指数

  • 米   2月FHFA住宅価格指数

  • 米   3月新築住宅販売件数

  • 米   4月消費者信頼感指数

  • 米  企業決算 → マクドナルド、キャタピラー、コカ・コーラ、AT&T、ロッキ-ド・マーチン


    注目されたフランスの第一回大統領選では、事前調査どおりマクロン候補と

    ルペン候補が2週間後の決戦投票に進むことが決まり、市場には安心感が

    広がり、ユーロは主要通貨に対して全面高の展開でした。

    一方、円やドルは売られ、ドル円も昨日の早朝には110円台半ばまでドル

    高が進みましたが、依然として地政学的リスクや政治的リスクは払拭されて

    いない足もとの状況では、ドルの上値は抑えられる展開でした。

    24日公表のフランス大統領決戦投票に関する調査では、マクロン候補が6

    1%対39%でルペン候補を破るとの予想が示されています。

    今回の選挙で3位だったフィヨン氏と5位だったアモン氏は、共にマクロン

    支持を表明しています。ただ4位のメランション氏がルペン候補を支持する

    のかどうかは不明のようです。

    このままいけば、5月の決戦投票では「マクロン大統領誕生」の可能性が高

    いと思われますが、ルペン候補の巻き返しも予想される上、昨年6月のイギ

    リスの例もあり、現時点では「まだ五分五分」と考えておいた方が無難かと

    思われます。

    ひとまず目の前の政治的リスクはクリアしたことにはなりますが、上で述べ

    たように、まだ決戦投票が残っています。さらに本日25日は朝鮮人民軍創

    建85年の節目にあたります。北朝鮮からのミサイルの脅威が迫っているの

    も事実のようです。昨日、トランプ大統領は安倍首相だけではなく、中国の

    習近平主席とも電話会談を行ったと伝えられています。

    電話会談では、朝鮮半島の非核化に向けた連携で一致したようですが、今の

    ところ北朝鮮は挑発行為を止める気配はありません。

    米国だけでなく、中国との関係を悪化させることになると、北朝鮮は経済的

    にも孤立することになり、常識的に考えると「勝ち目のない戦」ということ

    になり、北朝鮮からの攻撃開始は考えにくいということになります。

    一方米国にしても攻撃を仕掛けることは得策ではないはずです。

    どちらも出来れば「外交的解決」を望んでいるものと思いますが、そうなる

    とますます中国の役割が重要になってきます。

    本日は北朝鮮情報に耳を傾けながら、日本株の行方を見守る展開になります。

    突発的なニュースが起きない限り、ドル円の下値は限定的かと思われ、逆に

    動きにくい展開にもなりそうです。

    レンジは109円30銭~110円30銭程度を予想します。


  • 仏大統領選を受けユーロ急伸 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は109円を挟んだもみ合い。26日に税制改革を

    発表するとの報道で119円38銭まで上昇したものの、フランス

    大統領選を控え上値も重い展開だった。

  • ユーロドルは1.0738まで買われ、フランス選挙前に

    やや買いが優勢に。

  • 株価は反落。フランス大統領選を前に慎重姿勢が広がり、

    ダウは30ドル下落。

  • 債券相場は小幅に下落。政治リスクを控えて、利益確定の

    売りがやや優勢に。長期金利は2.48%台へ。

  • 金は続伸し、原油は大幅に下落。

  • 3月中古住宅販売件数  → 571万件

    本日の注目イベント

  • 独   独4月ifo景況感指数

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米  企業決算 → アルコア

    フランス大統領選の第一回投票の結果は、ルペン氏とマクロン氏が決戦投票に

    進む見通しになったことが判明し、早朝のオセアニア市場ではユーロが急伸し

    ています。ブルーヌバーグの取引画面では、ユーロドルは1.0937辺りま

    で上昇し、ユーロ円も120円90銭台まで買われています。

    ドル円も一気に110円を回復し、110円64銭まで円安が進んだようです。

    EU残留を訴えるマクロン氏が決戦投票に進出することで、ひとまず最悪の事

    態は避けられたといったところです。

    第一回投票の開票率3分の1超の段階で、ルペン氏の得票率が24.3%で、

    マクロン氏が22.2%と伝えられています。最終的な数字は変わる可能性が

    あるものの、上位二人は確定し、フィヨン氏は既に敗北宣言を行ったようで、

    メランション氏は4位の18.1%ながら、敗北は認めていないとブルームバ

    ーグは報じています。ただ現時点ではルペン氏への支持率がマクロン氏を上回

    っています。決選投票は2週間後の5月7日に行われることになっていますが、

    フィヨン氏やメランション氏を支持した有権者が、今後上位二人のどちらに流

    れるのかまだ予断は許しません。

    先週末にトランプ大統領は「水曜日(26日)に税制改革に関する重大な発表

    をするつもりだ」と述べました。今週29日で大統領就任100日の節目を迎

    えますが、選挙公約であった大規模なインフラ投資と税制改革はいまだに手付

    かずの状態です。そのため、トランプ氏の政策実行力に疑問の声も出ており、

    これがドル円を108円台前半まで押し下げた一因にもなっていました。

    トランプ氏は、「手続きはずっと前から始まっていたが、いよいよ正式に始ま

    る」と述べ、「過去のあらゆる減税をしのぐ規模になる」と述べています。

    今朝の情報では、政府高官の一人の話として、税制改革には国境調整税は含ま

    れない公算が大きいとブルームバーグは報じています。かりにそのような計画

    だとすると、大規模減税の「原資」をどこから捻出するのかにも注目しておか

    なければなりません。

    ドル円は110円台半ばまで上昇しましたが、これはショートカバーによるも

    のと推察されます。上で述べたように、まだフランス大統領選でどちらの候補

    が勝利するのか分かりません。

    また北朝鮮問題でも、明日25日は要注意日に当たる上、この問題が平和裏に、

    簡単に解決に向かうとも思えません。従って、ドル円も目先の上値は110円

    台後半から111円台前半辺りではないかと見ています。

    税制改革やインフラ投資が米景気に好影響を与えるのは、早くとも年後半から

    ということになりそうです。

    一方でフィッシャーFRB副議長は、年内にさらに2回の利上げが適切との

    認識を再度示しています。「政治的、地政学的リスクVS良好な米景気」とい

    った構図はまだまだ続く公算が高いと見られます。

    本日のドル円は109円50銭~110円80銭程度と、ややワイドな展開を

    予想しています。


  • ドル円米財務長官発言で上昇 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ムニューチン財務長官が、税制改革は近く発表できる

    と発言したことで株価と金利が上昇。ドル円はこれを

    手がかりに、109円台を回復し、109円49銭までドル高が

    進む。

  • ユーロドルは続伸。1.07台で推移し、1.0777まで

    買われたが、ドル高が進み1.0711まで売られる場面も。

  • 株式市場は大幅に反発。ムニューチン財務長官の発言を

    受け、多くの銘柄が買い物を集める。ダウは一時200ドルを超える

    上昇を見せたが、引けでは前日比174ドル高。

  • 債券相場は続落。米財務長官発言やフランス大統領選で

    マクロン氏の支持率が上昇したとの報道が手がかり。

    長期金利は2.23%台に上昇。

  • 金は小幅に反発し、原油価格も続落。


  • 新規失業保険申請件数       → 24.4万件

  • 3月景気先行指標総合指数     → 0.4%

  • 4月フィラデルフィア連銀景況指数 → 22.0

    本日の注目イベント

  • 独   独4月製造業PMI(速報値)

  • 独   独4月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏4月総合PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏4月製造業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏4月サービス業PMI(速報値)

  • 英   英3月小売売上高

  • 米   3月中古住宅販売件数

  • 米  企業決算 → GE

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 加   カナダ3月消費者物価指数


    今週前半には108円13銭近辺まで売られ、108円割れもあろうか

    という状況だったドル円は、昨日のNY市場では109円台半ばまで値

    を戻しやや安心感も広がっています。

    地政学的リスクや政治的リスクに加え、トランプ大統領の政策実行力に

    も疑問符が付くようになったことで、ドル売り円買いが活発になったこ

    とが背景でした。

    昨日はトランプ大統領の政策の柱の一つである「税制改革」に実現の見

    通しが出て、これが市場の雰囲気を好転させました。

    ムニューチン米財務長官は昨日ワシントンの会合で、「ヘルスケア問題

    が片付くかどうかにかかわらず、われわれは税制改革をやり遂げるつも

    りだ。かなり早期に大規模な税制改革を打ち出せるだろう」と述べまし

    た。(ブルームバーグ)

    市場はこの発言に飛びついたところがありますが、気をつけなければ

    いけないのが、英文では「by year’s end 」と記されていることで、

    「年末までには」と読めることです。今朝のこのニュースに関する記

    事では、かなり早期に発表されるとの印象ですが、年末までずれ込む

    こともあり得るということは頭に入れて置きたいところです。

    ドル円は109円台半ばまで上昇したことで「1時間足」では200

    時間の移動平均線を越えて来ました。

    この移動平均線が今度は「サポート」になるとすれば、109円15

    -17銭あたりが下値のメドとなり、それほど下げないとう見方もで

    きますが、日曜日にはフランス大統領選を控えているだけに、予断は

    許しません。世論調査では、マクロン候補の支持率が24%に上昇し、

    決戦投票ではルペン候補に勝利するとの予想ですが、一方ではシャン

    ゼリゼ通りで発砲があり、警察官一人が亡くなっているなど、不穏な中

    での大統領選です。何が起きるか分からないと言う意味では、われわ

    れは昨年「2度も経験」しているわけです。無理をせずに、高みの見

    物でもいいと思います。

    「ブラックスワン」を観ることがないとしても、ドル円は110円台

    後半からは上値が重いと見ていますが、どうでしょう。

    本日のレンジは108円80銭~109円80銭程度と予想します。


  • ドル円108円台後半でもみ合い 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • 米長期金利の低下が一服したことで、ドル円は109円台

    まで上昇。ただ前日と同様に、109円台は維持できず108円

    90銭近辺で取引を終える。

  • ユーロドルは1.07台で小動き。フランス大統領選を見極めたい

    とする姿勢がさらに強まり、値幅も30ポイント以下に留まる。

  • 株式市場は大幅に続落。原油価格が急落したことから

    エネルギー株を中心に売られる。ダウは118ドル下落し、2カ月

    ぶりの安値を記録。一方ナスダックは13ポイント上昇。

  • 債券相場は反落。10年債利回りも今年最低水準から

    上昇。ドイツ国債の利回りが上昇したことや、利益確定の

    買いが金利を押し上げた。

  • 金は反落。原油価格は在庫が予想外に増加して

    いたことを手がかりに大きく売られる。前日比2ドル近い

    下落幅を記録し、引け値では50ドル台まで売られる。

    本日の注目イベント

  • 日   4月貿易収支

  • 独   独3月生産者物価指数

  • 欧   ユーロ圏4月消費者信頼感(速報値)

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   3月景気先行指標総合指数

  • 米   4月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   G20(ワシントン)

  • 米   パウエル・FRB理事講演

  • 米  企業決算 → ビザ、ブラックストーン


    108円台前半では底堅い動きを見せるドル円ですが、109円台定着

    にはいたっていません。米長期金利がひとまず下げ止まったことを材料

    に、NY市場では109円18銭まで上昇したものの、前日の東京市場

    でもこの水準で上昇を抑えられたこともあり、108円台後半まで押し

    戻されて取引を終えました。

    昨日は経済指標の発表もなく、ベージュブックの内容に注目が集まりま

    したが、ここでも足元の米景気は強弱入り混じっているとの内容に、特

    段材料にはなっていません。

    ベージュブックでは、全12地区連銀が景気は拡大しているものの、そ

    のペースは「緩慢と緩やかで等しく分かれている」と記述され、「将来

    の支出に回す所得が増えているにもかかわらず、自動車以外の個人消費

    は軟調だった」と述べられていました。(ブルームバーグ)

    108円台前半から109円台前半で、新たなレンジを形成しつつある

    ドル円ですが、依然として上値の重い値動きが予想されます。

    ペンス副大統領と麻生財務大臣との日米経済対話は、貿易不均衡や

    為替問題では懸念されたほど米側からの圧力もなく、具体的な問題につ

    いては今後に持ち越されました。

    それでも引き続き朝鮮半島での緊張と、欧州の政治的リスクが市場を覆

    っており、いずれも、今後の展開次第では為替がどちらにも大きく動く

    可能性を秘めています。来週月曜日の午前中にはフランスの大統領選の

    結果は判明すると見られますが、北朝鮮を巡る問題は、にらみ合いが続

    きそうです。

    ドル円は日足の「200日移動平均線」をザラ場では下抜けしたものの、

    引け値ベースではまだ抜け切れていません。

    このまま上昇し109円台を固める動きになれば、結果的に「200日

    線」にサポートされたことになりますが、現時点ではまだ判断できませ

    ん。本日はそれほど重要な経済指標もなく、朝鮮半島の動きと、フラン

    ス大統領選の支持率の変化に目を向けることになります。

    ユーロが対ドルでも、対円でもやや反転の兆しを見せている一方、豪ド

    ルは軟調な動きになっています。

    オーストラリアの労働市場の不透明さが豪ドル売りを誘っていると見ら

    れます。

    本日のドル円は108円30銭~109円30銭程度と予想します。


  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。