ユーロ円134円台半ばへ 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は112円台の半ばから上値がやや重くなってきたものの、

    112円台は維持。フィラデルフィア連銀製造業景況指数が上振れした

    ことで112円59銭まで上昇したが伸びきれず。

  • ユーロドルはドル高を背景に上値が重くなってきたものの、

    下値も限定的。日銀が緩和政策を継続することで金融政策の差から円が

    売られ、ユーロ円は134円37銭まで上昇。

  • 株式市場は反落。利益確定の売りが優勢となり、ダウは10日ぶりに

    下落し、連騰が止まる。

  • 債券相場は小幅ながら続落。長期金利も1カ月半ぶりに2.27%台まで上昇。

  • 金は大幅に続落し1300ドル台を割り込む。原油も小幅に反落。

  • 新規失業保険申請件数         →  25.9万件

  • 9月フィラデルフィア連銀景況指数   →  23.8

  • 7月FHFA住宅価格指数        →   +0.2%

  • 8月景気先行指標総合指数      →   0.4%

    本日の注目イベント

  • 独   独9月製造業PMI(速報値)

  • 独   独9月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏9月総合PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏9月製造業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏9月サービス業PMI(速報値)

  • 米   ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演

  • 米   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演

  • 加   カナダ7月消費者物価指数

  • 加   カナダ7月小売売上高

    ドル円は112円台で堅調に推移しています。

    昨日は112円72銭前後までドル高が進む場面もありましたが、ここからさらに

    上値を試す勢いはなく、上昇機運も一服といったところです。しかしドルが売られ

    ても112円10銭前後では下げ止まり、底堅い動きを見せています。 

    昨日、日銀は金融政策決定会合で金融緩和の維持を決め、会合後の記者会見

    では黒田総裁が、強力な緩和を進めていくと述べました。今回の会合では金融調

    節方針の維持を8人が賛成しましたが、1人が反対しています。

    新しく審議委員に就任した片岡委員が、現在の緩和は「不十分」として反対票を投

    じました。2019年度ごろに2%の物価上昇率を達成するには、現在の緩和では

    不十分というのがその理由でした。

    考えてみれば、今年、2017年の相場は展開を予想した時、日米欧で最も顕著

    な違いは中銀の金融スタンスの方向性でした。そのため2017年度末にかけて

    は「ドル高円安」をメインシナリオにおいていましたが、北朝鮮やハリケーン、ある

    いは中国リスクに混乱させられ、今月始めには107円台前半までドルが売られた

    ことは記憶に新しいところです。ここに来て、市場は再び中銀の金融政策の違いに

    着目してきたと言えます。

    FRBは10月からバランスシートの縮小開始を決め、ECBは10月にも緩和政策か

    ら舵を切りなおすことも予想されます。またBOEも早明ければ11月にも利上げがあ

    ることを示唆しており、RBAも利上げはそれほど遠い先の話ではないと思います。

    カナダ中銀は既に利上げを実施しており、先進国で日銀だけが、いわば「蚊帳の外」

    で出口は見えていません。

    黒田総裁は昨日の会見で「必要があればさらなる緩和も辞さない」姿勢を見せてい

    ました。このような状況を勘案すれば円が売られるのも理解できます。

    ただ為替は金融政策の違いだけで動くものでもなく、この辺りが個人投資家にとっ

    て難しいところです。

    本日は政策会合も終わり、「ブラックアウト」期間も終了し、地区連銀総裁の講演

    が多く予定されています。

    ドラギECB総裁の講演も予定されていることから、「要人発言」には注意したい

    ところです。上値は112円台後半を超えられるのかどうか。下値では112円台

    を割り込めるかどうかが注目点です。

    そのため、予想レンジは112-113円程度に落ち着きそうです。


  • スポンサーサイト

    ドル円FOMCを受け112円台を回復 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円はFOMC声明文とイエレン議長の会見を受け乱高下。

    政策金利据え置きで111円12銭まで売られたが、その後は一気に

    112円台半ばまで急騰。年内もう一度の利上げが維持されたことで

    ドル買いが加速した。

  • ユーロドルも同じような荒っぽい動きから1.2035まで上昇した後、

    1.18台半ばまで売られる。

  • 株式市場は指数によってはまちまちながら、ダウは41ドル上昇し、

    これで9連騰。引け値で2万2400ドル台に乗せ、最高値を更新中。

  • 債券相場は続落。長期金利も連日上昇し、2.26%台に乗せる。

  • 金は4日ぶりに反発。原油は続伸し50ドル台を回復。


  • 8月中古住宅販売件数 →  535万件

    本日の注目イベント

  • 日   日銀金融政策決定会合

  • 日   黒田日銀総裁記者会見

  • 欧   ECB経済報告

  • 欧   ユーロ圏9月消費者信頼感(速報値)

  • 欧 ドラギ・ECB総裁講演

  • 英  英8月財政収支

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   9月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   7月FHFA住宅価格指数

  • 米   8月景気先行指標総合指数                                    

    注目されたFOMCとその後のイエレン議長の記者会見を受け、ドル円は上下に

    乱高下する荒っぽい動きを見せました。政策金利が据え置かれたことで111円

    台前半まで売られたドル円は、イエレン議長のややタカ派的な発言に112円台

    半ばまで反発し、この間の値幅も1円40銭程に拡大しました。

    年内にもう1回の利上げが維持されたこともドルを押し上げています。

    FOMCは声明で、4兆5000億ドル規模の保有証券の縮小を10月から開始

    する方針を示し、ハリケーンの経済への悪影響は一時的なものになるとの見方を

    示しました。利上げについても年内あと1回、来年3回の利上げ予測を維持して

    います。

    声明は「ハリケーン『ハ-ビー』、『イルマ』、『マリア』は多くの地域に大き

    な打撃を与え、厳しい苦難をもたらした。ハリケーンに関連した混乱や再建は短

    期的には経済活動に影響を与えるが、過去の経験から判断すると、これらハリケ

    ーンが中期的に米経済の軌道を大きく変える可能性は低いことが示唆される」と

    述べています。(ブルームバーグ)

    また会合後の記者会見でイエレン議長は、「健全な労働市場を維持し、インフレ

    を当局の長期的な目標である2%前後で安定させるため、力強い景気の継続が緩

    やかな利上げを正当化すると、われわれは引き続き予想している」と発言してい

    ます。さらに今年のインフレ率が上昇しないことについては「不可解」と表現し

    ました。(ブルームバーグ)

    この発言から、ハリケーンの影響は一時的であり、今年3回目の利上げについて

    も思っていたよりも前向きな姿勢が維持されたことで、市場はドル買いで反応し、

    株式市場も緩やかな金利上昇を受け入れたような反応でした。

    ドル円は112円53銭まで上昇したことで、「日足」の雲抜けを完成し、その

    上にある「200日線」も一時的には越えて、約2カ月ぶりのドル高水準を記録

    しています。今後は7月の高値である114円50銭がターゲットになりますが、

    「日足」の移動平均線を見ると、まだ上昇トレンドは完成されていません。

    この辺りが少し気になるところですが、FRBが楽観的な見方を維持しているイ

    ンフレ率が、どこまで目標の2%に近付いていくのかを見極める展開になると思

    われます。これで、北朝鮮が核実験を行った後に記録した107円32銭が、当面

    の底値である可能性が高いと考えます。

    本日のドル円は111円80銭~113円程度を予想します。


  • ドル円112円に迫る 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • 東京時間に111円88銭まで上昇したドル円は、NY市場では

    一旦下げる場面があったものの、その後は堅調に推移。

    111円82銭まで買われ、111円50-60銭で引ける。

  • ユーロドルは1.12台に乗せたが勢いは続かず。ユーロ円の

    先高感がユーロ買いにつながった。安値は1.1961。

  • 株式市場は続伸。ダウは39ドル上昇し、これで8日続伸し、

    6日連続で最高値を更新する。FOMCを控えて小動きだったものの、

    依然として資金が株式市場に向かった。

  • 債券相場は3日続落。長期金利は小幅に上昇し、2.24%台に

    乗せる。

  • 金は続落し、原油も小幅に反落。


  • 8月住宅着工件数  →  118.0万件

  • 8月建設許可件数  →  130.0万件

    本日の注目イベント

  • 日   8月貿易収支

  • 独   独8月生産者物価指数

  • 英   英8月小売売上高

  • 米   FOMC 政策金利発表

  • 米   イエレン議長記者会見

  • 米   8月中古住宅販売件数

    急速に円安が進み、NY株が連日の最高値を更新するなか、さすがの日本株も

    昨日は急騰しました。

    午後には、一時410円を超える上昇を見せ、同時にドル円はそのタイミング

    で111円88銭を記録しました。

    112円が見えてきた印象ですが、NYではこの水準を抜けずに、一旦は利食

    いに押され、111円20銭前後まで下げる場面もありましたが、株高と金利

    高に支えられ111円台半ばで戻っています。

    NYダウはこれで8営業日連続の上昇を見せた一方で、安全資産の債券は連日

    売られて、長期金利は2.24%台まで上昇してきました。投資家が「リスク

    オン」を加速させていると見られますが、事実「VIX指数」も昨日は「10」

    を下回る場面もありました。依然として北朝鮮問題では緊張が続いているもの

    の、多くの投資家が戦争はないと読んでいることの表れということのようです。

    個人的にはそう簡単にこの問題を楽観視できないと思っています。昨日、国連

    総会の一般演説でトランプ大統領が演説を行い「米国と同盟国を守ることを迫

    られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と述べ、これまでより

    さらに強いトーンで北朝鮮を批判しました。北朝鮮に対して「完全に破壊」と

    いう言葉を使ったのは今回が初めてですが、これを単なる脅しと見るのか、あ

    るいは強い警告とみるのか、いずれ歴史が教えてくれますが、今度北朝鮮が核

    実験などを強行した場合には、米国も行動を起こすことは十分考えられると思

    います。

    ドル円は昨日の東京市場で111円88銭まで上昇しましたが、「雲抜け」を

    完成するには至っていません。現在はその雲を抜け切るかどうかの瀬戸際にい

    ますが、ここをしっかりと抜ければ112円にも手が届くかと思います。

    もし112円台に届けば、久しぶりの水準でもあることから、輸出企業を中心

    に相当なドル売り注文が並ぶことは想像に難くないでしょう。それらのオーダ

    ーをこなして上昇できるかどうかも注目されますが、112円25銭前後には

    「200日線」もあり、極めて重要なレベルと言えます。

    本日はFOMCとイエレン議長の記者会見が予定されています。

    昨日ここで述べたように、ハリケーンなどの影響を考慮して「ハト派的」なコ

    メントや「ドット・チャート」が示されれば、ドルの上値は重いと見られます

    が、その逆もないとは言えません。

    個人的にはドル下落のリスクのほうがやや大きいと予想していますが、どうで

    しょうか。本日のレンジはややワイドに、110円70銭~112円程度と予

    想します。


  • ドル円1カ月ぶりに111円台半ばに 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は続伸し、約1カ月ぶりとなる111円台半ばを付ける。
      株高、金利高に支えられ終始111円台で推移。

    • ユーロドルは1.19台でもみ合い。ドル円が円安方向に振れた
      ことでユーロ円は2015年12月以来となる133円台半ばまで上昇。

    • 株式市場は続伸。ダウは7日続伸し、5営業日連続で最高値を更新。
      S&P500も最高値を更新し、株価に対する楽観的な見方が広がる。

    • 債券相場は続落し、長期金利は1カ月ぶりに2.23%台まで上昇。
      リスクオンが広がり資金が債券や金からか株式にシフト。

    • 金は大幅続落し1310ドル台に。原油は小幅に反発。

    • 米   9月NAHB住宅市場指数  → 64

    本日の注目イベント

    • 豪   RBA議事録
    • 独   独9月ZEW景況感指数
    • 米   8月住宅着工件数
    • 米   8月建設許可件数   

    日本が連休の間もドル円は堅調に推移し、昨日のNY市場では111円66銭までドル高が進みました。北朝鮮が核実験を行ったことで107円32銭までドルが売られ、その後も北朝鮮がミサイルを発射したにも関わらず、ドル円は急速に円安方向に舵を切っています。

    この欄でも為替市場の特徴について、「為替に影響を与える出来事も、それが何度か繰り返されると、徐々に反応しなくなる傾向がある」と書きましたが、足元の動きは正にその通りですが、もっと考えれば、「有事の円買いが当てはまらなくなった」のかもしれません。世界のどこかで軍事衝突などの有事が起これば、安全通貨の円は常に買われてきましたが、今回の朝鮮半島での有事は、直ぐ隣の庭で起きているようなもので、日本にも被害がないとは言えません。事実ミサイルは北海道の上空を何度も通過しています。市場参加者もようやくそのことを認識し、北朝鮮問題が深刻化すれば、円が売られる構図になってきたのかもしれません。
    このままさらにドルが上昇し、112円台に乗せるようだと、そんなことも意識しなければならないのかもしれません。

    本日からFOMCが始まり、明日には政策内容が発表され、イエレン議長の記者会見も予定されています。今回のFOMCでは利上げはなく、バランスシート縮小の工程が明らかになるのではないかというのが、市場の見立てです。今回のFOMCはこのほか、FOMC参加者の金利予測を分布した「ドット・チャート」(ドット・プロット)も公表されます。FOMCメンバーが今回のハリケーンの影響をどのように景気に織り込んでいるのかを知ることができそうです。ややハト派的な予測がでるようだと、ドルが売られることになります。

    足元のドル円は「日足」の雲の上限をテストしているところです。ここをしっかりと抜けるようだと、この7月以降、なかなか届かなかった112円が見えてきます。2.03%台まで低下した米長期金利も昨日は、2.23%台まで上昇し、ドル円との相関度が高い米金利の上昇がドル円を押し上げている面もあります。雲抜けを完成し、その上の「200日移動平均線」を抜くことができれば、一段のドルの上昇が見込めるものと考えていますが、その意味ではここから112円台半ばが、新しいレンジに入るのか、あるいは元のレンジに戻されてしまうのか、「正念場」ということになります。

    連日最高値を更新中のNYダウに影響され、本日の日経平均株価も堅調な動きが見込まれます。円安も輸出関連株にプラスに働くことから、久しぶりに2万円の大台を回復するのではないかと予想していますが、北朝鮮リスクがどの程度上昇を阻むのかといったところです。予想レンジは110円90銭~111円90銭程度と見ます。

    北朝鮮またミサイル発射 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は続伸し、わずかながら111円台に乗せる。

    8月のCPIが予想を超えていたため利上げ観測が高まり

    111円05銭まで買われたがその後、北朝鮮リスクが意識され

    110円台前半まで反落。

  • ユーロドルは反発。1.1923まで上昇したものの、徐々に

    上値が重くなる展開。

  • 株式市場は強弱まちまち。エネルギー株が上昇し、ダウは

    連日で最高値を更新したものの、ナスダックは反落。ダウは初の

    2万2200ドル台乗せに成功。

  • 債券相場は小幅に反発。長期金利は2.18%台と、前日と

    ほぼ変わらず。

  • 金は反発、原油価格は石油需要逼迫との報告から続伸。

    一時は4カ月ぶりに50ドル台に乗せる。


  •  8月消費者物価指数    →  +0.4%

  •  新規失業保険申請件数  →  28.4万件

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏7月貿易収支

  • 米  9月NY連銀製造業景気指数

  • 米   8月小売売上高

  • 米   8月鉱工業生産

  • 米   8月設備稼働率

  • 米   9月ミシガン大学消費者マインド(速報値)                                   

    このコメントの書いている最中に、北朝鮮がミサイルを発射し、ドル円は

    110円台前半から一気に109円56銭前後まで売られました。

    堅調な動きを見せていたドル円は、昨日のNY市場では8月の消費者物価

    指数(CPI)が+0.4%と予想を上回り、前年同月比でも+1.9%

    と、FRBがメドとしている2%に近付いたことから利上げ観測が高まり

    ました。ドル円はその直後に111円05銭まで上昇し、8月16日以来、

    約1カ月ぶりのドル高水準をつけましたが、「北朝鮮がミサイル発射の準

    備を行っている」との情報に、110円台前半まで押し戻されていました。

    「48時間以内に北朝鮮がミサイルを発射する可能性がある」とした報道

    は、結果的に正しかったわけですが、北朝鮮リスクは今後も継続し、そう

    簡単には収まらないと、この欄でも指摘してきましたが、まさに現実とな

    っています。国連安保理で同国に対する経済制裁が採決され、制裁の内容

    をやや軽くしたことで北朝鮮もおとなしくなるのではとも見られていまし

    たが、やはりそう簡単ではありませんでした。

    安保理での制裁決議が採決された際にトランプ大統領は「これは非常に

    小さな一歩にすぎないとわれわれは考える」と発言しました。中国、ロシ

    アからに支持を得るために制裁内容を軽くしたトランプ氏ですが、これで

    挑発行為をやめる相手ではありません。さらに北朝鮮に対する米国独自の

    制裁を強めるのか、トランプ氏の動向が注目されます。

    ちょうど1週間前に、北朝鮮が核実験を実施したことで107円13銭ま

    で円高が進みましたが、それからドルは順調に買い戻され、111円台ま

    で約4円も円安が進みました。

    昨日、111円に乗せたところで戻りの天井を付け反落したのは、もちろ

    ん北朝鮮のミサイル・リスクでしたが、「日足」の雲の入り口と、「12

    0日線」がここにあり、上昇を抑えたとも言えます。

    為替をある程度経験したことのある人であれば、110円台から上ではド

    ルショートのポジションを作って、売り上がっていたことが容易に想像で

    きます。今朝はそのショートポジションを閉じているところでしょう。

    本日は今朝のミサイル発射で、好調だった日経平均株価も軟調な動きにな

    るでしょう。そのため短期的には再び上値の重い展開に戻ったと見られま

    す。ドルがどのような方向性を見せるのかは、今夜のNY時間でホワイト

    ハウスからどのようなコメントが出されるのかによります。

    また今夜は重要な経済指標も多く発表されることもあり、値動きが大きく

    なり、乱高下することも予想されます。

    レンジは109円30銭~110円50銭程度と予想します。


  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。