FC2ブログ

ドル円108円を挟んでもみ合い 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆108円台で推移していたドル円は再び下落し107円台後半に。
米長期金利の低下を手掛かりにドル売りが進んだが、低調な売買が続き
値幅は限定的。
◆ユーロドルは1.12が壁となり小幅に反発。
◆株式市場は3指数とも揃って続落。米中通商協議の先行きが
依然として不透明なことなどが材料視されダウは115ドル安。
◆住宅関連の指標が予想を下回ったことで債券相場は反発。
長期金利は2.04%台へと低下。
◆金は反発し、原油価格は3日続落。

◆6月住宅着工件数   →  125.3万件
◆6月建設許可件数   →  122.0万件


本日の注目イベント

◆豪   豪6月雇用統計
◆日   6月貿易収支
◆英   英6月小売売上高
◆米   7月フィラデルフィア連銀景況指数
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   6月景気先行指標総合指数
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
◆米  企業決算 → ブラックストーン、マイクロソフト、モルガンスタンレー


ドル円は再び108円を割り込み107円台後半まで下げてきました。
ベースと見られるレンジは107-109円ですが、その中でも、108円半ばから
上が重いのか、あるいは107円80銭より下が底堅いのか、なかなか判断できない
状況が続いています。

昨日のNY市場では6月の住宅着工件数が前月比0.9%減の125.3万件と予想
を下回り、金利低下が進んでいる割には伸びていないことが材料視されました。
先行指標である建設許可件数も予想を下回っています。
住宅市場はFRBの段階的な政策金利引き上げに伴って、昨年1年はほぼ低調な伸び
を示していましたが、今年の春先から徐々に回復傾向を見せていました。
長期金利が急低下したことで、住宅ローン金利も低下していますが、それでも住宅着
工件数が伸びないことにやや意外感が広がり、昨日の債券相場の上昇につながったと
見られます。債券が買われ金利が低下したことで、定石通りドル円は売られましたが、
昨日は株も売られており、この辺りがこれまでの動きとは異なっています。
もっとも、これは一方的に買われすぎていた反動と見ることができ、株価の下落基調
が始まったと判断するには時期尚早と言えます。

ベージュブックが公開されましたが、今回のそれは市場への影響はほとんどなかった
ようです。ベージュブックでは、景気は拡大しているものの、そのペースは緩慢だと
して、「貿易関連の不確実性がもたらし得る悪影響に関する懸念は広がっているもの
の、向こう数カ月の見通しは総じて明るく、緩慢な景気拡大が続くと想定されている」
と記されています。これは、先週のパウエル議長の議会証言とも整合していると言え
ます。

今朝の経済紙に東京株式市場の売買高が2012年のアベノミクス以前の水準に戻り
つつあるとの記事がありましたが、為替市場でも低調さは同じようなものです。
1日の値幅が出ないことで、売買を手控える投資家が増えていると見られます。
足元のドル円は米長期金利の動きとほぼ連動していることから、長期金利が2%台で
安定してきたことでドル円の動きも限定的になっています。
6月には一時1.93%台まで低下した米長期金利でしたが、再び2%を割り込むよ
うだと、ドル円も107円台半ばを下回る水準が想定されます。
ここは、米長期金利の動きを注視するしかありません。

本日のドル円は107円60銭~108円30銭程度と予想します。


スポンサーサイト

ドル円再び反発し108円台前半に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は107円台から反発。小売売上高が予想を上回ったことや、長期金利が上昇したことでドルが買われた。ドル円は108円37銭まで上昇。

  • 独ZEW景況感指数が予想以上に悪化していたことでユーロドルは1.1202まで下落。再び1.12割れを試す展開になるのかが焦点に。

  • 株式市場は揃って反落。良好な経済指標に金利が上昇したことで、利益確定の売りが勝った。ダウは23ドル安く、ナスダックは35ポイント下落。

  • 債券相場は続落。長期金利は2.1%台を回復。

  • 金は反落。原油はポンペオ国務長官のイラン問題での前向きな発言で大幅安に。

本日の注目イベント

  • 欧 ユーロ圏6月消費者物価指数(改定値)
  • 欧 G7財務相・中央銀行総裁会議(仏、シャンティイ)
  • 英 6月消費者物価指数
  • 米 6月住宅着工件数
  • 米 6月建設許可件数
  • 米 ベージュブック(地区連銀経済報告)
  • 米 企業決算 → IBM、ネットフリックス、バンク・オブ・アメリカ
  • 加 カナダ6月消費者物価指数

ドル円は前日の107円80銭台から再び反発しており、上値は重いものの、107円台では底堅い展開が続いています。市場関係者が最も注目しているのが「金利」ということのようです。「金利」が中心にいて、その金利が低下するとドルが売られ、株は買われます。一方昨日のように、金利が上昇すると、株は売られ、ドルが買われる傾向にあるようです。このような傾向は今に始まったわけではありませんが、株価とドル円が全く「逆相関」に動くという状況はそれほど頻繁には見られません。市場関係者にとって、「金利」が最大の関心事だという証左です。

6月の小売売上高が予想を上回り、大半のカテゴリーで増加していました。前月比0.4%の増加で、自動車とガソリンを除いた小売売上高も0.7%増加しています。これで4カ月連続の伸びとなり、今月末のFOMCでの議論の一つになるかもしれません。株価の上昇が続いており、個人の財布の紐が緩んでいると考えられます。再三指摘しているように、米国人が株式に投資している割合は高く、株価の上昇は「資産効果」として、個人の懐を潤すことになります。含み益が増えれば、欲しいものを買うというのは極めて自然な行動です。従ってこのまま株価の上昇が続くようだと、個人消費がGDPに占める割合も大きいだけに、GDPの上振れという効果も期待できるかもしれません。個人的には、この株価の上昇は長くは続かないと予想していますが、株式の専門家の中には「それでも株価は上がる」と強気の人も多いようです。

好調な経済指標が利下げ観測をやや後退させてはいますが、今月のFOMCでの利下げは揺るがないところでしょう。パウエル議長は昨日、フランス中銀主催の夕食会で講演を行い、経済成長に関する米金融当局の基本シナリオは「引き続き堅固だ」とした上で、「特に貿易を巡る動向と世界経済の面で、この見通しに対する不確実性は増している」と発言しています。(ブルームバーグ)
ここでも先日の議会証言と同じように「不確実性」という言葉を使っており、今月のFOMCでの利下げに踏み切る論拠を支えるものになっていると推察できます。

事務レベルでの電話協議が再開された米中通商協議は、このまま生産的であればムニューシン財務長官は訪中の用意があると述べていましたが、トランプ大統領は昨日ホワイトハウスで開かれた閣議で、「対中関税に関しては、われわれが望めばまだやれることは多い。われわれが望むなら、3250億ドル(約35兆1800億円)相当に別途関税を課すことができる」と発言し、自分が望めば中国からの輸入品に追加関税を課すことができることを改めて述べています。(ブルームバーグ)習近平主席とのトップ会談で通商協議は再び動き出しましたが、関税発動は一時的に「棚上げ」されているだけだということを印象付けているようです。

ドル円は107円台半ばを試す展開ではないものの、今日も上値はそれほど期待できないでしょう。基本レンジの107-109円の中での「もみ合い」と見ています。21日の参院選と月末のFOMCで、どちらかに動く可能性はありますが、もしそれでも動かない
ようだと、「サマーバケーション」入りとなり、さらに膠着することも予想されます。本日のレンジは107円90銭~108円60銭程度と見ます。

NY市場、株式は活況だが為替は停滞 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は狭いレンジ内で小動き。方向感もなく107円台後半での取り引きに終始。

  • ユーロドルは1.12台半ばから後半で推移。1.1273まで買われる場面も。

  • 株式市場は決算発表を控え小動きながら主要3指数が揃って上昇し、最高値を更新。

  • 債券相場は小幅に下落し、長期金利は2.08%台へと上昇。

  • 金は続伸し、原油価格は反落。

本日の注目イベント

  • 豪 RBA、金融政策会合議事要旨公表
  • 日 日銀金融政策決定会合、議事要旨(2019年1月-6月)
  • 独 7月ZEW景況感指数
  • 欧 ユーロ圏5月貿易収支
  • 英 失業率(3月ー5月)
  • 英 カーニー・BOE総裁講演
  • 米 6月輸入物価指数
  • 米 6月小売売上高
  • 米 6月鉱工業生産
  • 米 6月設備稼働率
  • 米 7月FHFA住宅価格指数
  • 米 ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
  • 米 エバンス・シカゴ連銀総裁講演
  • 米 パウエル議長講演

ドル円は107円台での動きに終始し、しかもNY市場では値幅も15銭程度と、株式市場の盛り上がりに比べ、「停滞」しています。昨日のNY市場では、NY連銀製造業景況指数が予想を上回り、ドル円との相関が高い米長期金利が幾分上昇したものの、108円台に乗せることもできず小動きでした。

材料がない中、市場の注目は30-31日のFOMCでの利下げではなく、その後の利下げの回数を予想する上での手掛かりをコメントの中から探すといった状況です。先週のパウエル議長の議会証言では、米中貿易戦争のリスクがやや後退し、さらに6月の雇用統計では市場予想を大きく上回り、「米労働市場は思ったほど悪くはない」といった雰囲気にも傾きましたが、議長は「最近のイベントにもかかわらず、貿易や世界の製造業に関する不確実性が見通しを引き続き圧迫している」と述べ、依然として米景気の先行きに対する慎重な姿勢は崩しませんでした。そのため、このようなセンチメントがドルの上値を抑え、重苦しい展開をつくり出していると言えそうです。

昨日中国の4-6月期GDPが発表され、市場予想と同じ「6.2%」でしたが、四半期データが取れる1992年以降で最も低い伸びに留まりました。昨年から続いている景気後退が一旦は底入れしたとの観測もありましたが、後退局面は続いている可能性が高いと思われます。トランプ大統領はこの日ツイッターで、対中関税は予定通り中国経済を締め付けていると指摘しています。再開した米中通商協議を巡り、ムシューシン財務長官は、中国側と今週電話協議を予定していることを明らかにし、それが生産的なものになれば、自分とライトハイザーUSTR代表が訪中する可能性があると述べています。(ブルームバーグ)

ドル円は108円台半ばから上が壁になりつつあります。上述のように、米利下げが年内何回になるのか不透明な部分がありますが、少なくとも利下げスタンスは年内続くと見られ、これがドルの重石となっています。ただ、6月下旬に106円78銭を記録した時のように、米長期金利が一方方向に下げ足を速める状況でもありません。一時は1.93%台まで低下した米10年債利回りは、足元では2.08%台で推移しています。また、好調な米株式市場が危ういとはいえ、連日最高値を更新する動きを見せており、株価の上昇がドル円の下落を抑制している部分もあります。目先は107円台を維持できるかどうかです。月末のFOMCまでは「107-109円のレンジが続く」というのが、筆者も含め多くの市場関係者の予想するところです。本日は107円50銭~108円20銭程度を予想します。

議会証言を受け市場はドル売りで反応 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆パウエル議長の議会証言を受け、ドル円は108円35銭まで
下落。109円手前まで買われていたドル円は、再び利下げ観測が
高まりドルが売られる。
◆ユーロドルは今回も1.12を割り込めずに反発。議会証言を
受けてドル売りが活発となり、1.1264までユーロ高が進む。
◆金利低下観測が株価を押し上げ、主要3指数は揃って上昇。
ナスダックは60ポイント上昇し、初の8200台乗せ。
◆債券相場は反発。長期金利は2.06%台と小幅に低下。
◆金は続伸。原油価格はハリケーンがメキシコ湾岸に近づく可能性が
あることと、原油在庫が予想以上に減少していたことで大幅高に。


本日の注目イベント


◆独   独6月消費者物価指数(改定値)
◆米   6月消費者物価指数
◆米   新規失業保険申請件数
◆米 6月財政収支
◆米   パウエル・FRB議長、上院銀行委員会で証言
◆米   クオールズ・FRB副議長講演
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演

注目された半期に一度のパウエル議長の議会証言では、米中通商協議の再開や、力強い
6月の雇用統計を受けても 米景気に対する見方は変わらず、議長は利下げを示唆しま
した。議長は、「貿易問題での緊張を巡る不確実性と、世界経済の強さに対する懸念が
引き続き重しとなっている」と分析し、当局の見通しは変わらなかったと証言しました。

議員との質疑応答では、6月の雇用統計で、非農業部門雇用者数が市場予想を上回る伸
びを示したことが金融当局の見解を変えたかとの質問に、「率直な答えはノーだ」と答
え、引き続き雇用の不確実性を強調する姿勢を維持していました。
その上で議長は、「見通しに対する不確実性はここ数カ月で増してきている。海外の幾
つかの主要国で経済の勢いが鈍化しているようだ。そうした弱さが米経済に影響を及ぼ
す可能性はある。その上、通商を巡る動向や連邦債務上限、英国のEU離脱など、政府
が扱う多くの政策課題がなお解決されていない」と説明しています。
また、トランプ大統領がパウエル議長に対し、金融緩和をするよう圧力を強めているこ
とに関しては、最大限の雇用と物価安定の確保というFRBの2大責務とともに、その
独立性に触れ、「それには説明責任と透明性が必要だ」との認識を示しました。
(ブルームバーグ)

この発言を受け市場では再び利下げ観測が強まり、先週までに見られたように、株と債
券が買われ、金利低下を受けドルが主要通貨に対して売られる展開になっています。
ドル円は昨日の東京時間に108円99銭まで買われ、その後も何度か109円乗せを
試したものの、結局109円台を見ないまま反落しています。
ただこのまま6月末に見られたような、106円台に突っ込むような急激な円高に向か
うのかどうかはまだ不透明です。
昨日の議会証言を受けた後の各市場の動きを見ると、株は買われたものの、債券の買わ
れ方はいまいち力強さはなく、長期金利の低下もわずかに留まっています。
108円割れは十分あり得ますが、これまでのようなやや前のめりの利下げ観測にはな
らないかもしれません。
証言から窺えることは、今月末の利下げは確実だとしても、その先利下げは1回なのか、
2回なのかは今後の経済データ次第だということは変わっていません。

ドルの上値は引き続き重い印象です。
目先の下値のメドは、今回の上昇局面で反発した値幅の半値戻し(107円88銭)辺
りとし、107円80-90銭程度と予想します。

従って本日の予想レンジも107円90銭~108円70銭程度とします。

========================================

明日の「アナリストレポート」は都合によりお休みとさせておただきます。
ご愛読者の方々にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解下さいますようお願い申し上げま
す。


ドル主要通貨に対して上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は緩やかに上昇し、欧州時間には108円96銭まで
ドル高が進む。過度の利下げ観測の後退と、先週末の雇用統計の
結果を引きずり、米長期金利の上昇もドル高をサポート。
◆ユーロドルは再度1.12突破を試みたものの抜けきれず。
値幅も14ポイント程度とユーロ安が進む割には小動き。
◆ポンドが急落。「合意なき離脱」を巡る議会の混乱で1.2438
前後まで売られ、約半年ぶりの安値を記録。
◆株式市場はまちまち。ダウは3日続落したが、S&P500と
ナスダックは反発。
◆債券相場も3日続落。長期金利は2.06%台まで上昇。
◆金と原油は上昇したが、いずれも上昇幅はわずか。

本日の注目イベント

◆豪   豪7月ウエストパック消費者信頼感指数
◆中   中国6月消費者物価指数
◆中   中国6月生産者物価指数
◆英   英5月鉱工業生産
◆英   英5月貿易収支
◆米   FOMC議事録(6月18-19日分)
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
◆米   パウエル・FRB議長、下院金融委員会で証言
◆加   カナダ中銀政策金利発表


ドル円は引き続き緩やかな上昇をみせ、欧州時間には108円96銭まで
ドルが買われ、その後のNY時間でも109円台乗せはなかったものの、
108円台後半で堅調に推移しています。
「市場の利下げ観測が前のめりだ」とのコメントは何度か書きましたが、
足元の動きは過度の利下げ期待が修正されている過程にあるようです。
市場全体の動きは、さすがにパウエル議長の議会証言を控えていることで
小動きですが、焦点は何と言ってもパウエル議長の発言内容にかかってい
るということです。議長が今月の利下げ以降の金融政策に、引き続き緩和
姿勢を見せるか、あるいは、それ以降は一旦ニュートラルに戻すのかとい
った点がポイントになります。
投資家も議長の言葉から、その次の行動のヒントを探る姿勢を強めること
になります。議会証言は日本時間23時からの予定になっていますが、本
日はさらに6月のFOMC議事録も公表されます。ここでは利下げは見送
られましたが、その決定も全会一致ではなかったこともあり、その内容次
第では為替に影響が出ることも予想されます。

フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、6月のFOMC会合で決定され
た政策金利据え置きを支持していると、ウォールストリート・ジャーナル
(WSJ)は同総裁とのインタビューの内容を報じています。
同総裁は、「現時点では、どちらの方向にも金利を動かす差し迫った必要
性はないというのが私の見解だ」と述べ、その理由として、「米経済の力
強さは続いている。労働市場もなお極めて力強い」と語っています。(ブ
ルームバーグ)因みに、ハーカー総裁は今年のFOMCでの投票権は持っ
ていません。

ホワイトハウスから断続的に利下げ圧力と、パウエル議長自身にも政治的
圧力がかかる中、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は9日、CN
BCとのインタビューで、「パウエル議長を解任させようという試みはな
い」と発言し、「中央銀行の独立性を支持している」
との立場を表明しています。ただその中でも、昨年12月の利上げを「取
り消すよう」求めているようです。もっとも、この利上げに関してはFO
MCメンバーの中にも「拙速」だったとする意見もあり、見方は別れてい
ます。

市場で再びドル高傾向が強まったことに関して、「1週間で状況がこれほ
ど変わるものか」といったコメントが、為替市場でかなりアクティブな外
銀の担当者から聞こえてきました。G20での米中首脳会議とその後の米
雇用統計を経て、市場のセンチメントも、米景気の先行きに対して楽観的
な見方に変わりつつあります。ただそれでもドル円については、直ぐに1
10円台を回復する地合いでもなさそうです。110円台を回復してさら
に上昇するには、米経済の力強さを示すさらなるデータが不可欠だと考え
ます。今後ある程度の時間を経過し、その中で米国の優勢性が確認できれ
ば、市場のセンチメントもさらにドル高を予想する姿勢に変わってくる可
能性がありますが、それにはまだ時間がかかりそうです。

本日のドル円はややワイドに予想しますが、109円台に乗せる場面があ
ったとしても、そこから一段と上昇する相場ではないと予想しています。
ということで、レンジは108円30銭~109円30銭程度とします。



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。