ユーロ円3カ月ぶりに131円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は107円台を維持できず反落。米長期金利の低下を

    材料にドル売りが優勢となり、106円60銭までドル安が進む。

  • ユーロドルは上値が重く、1.2264近辺まで売られる。

    ユーロは対円でも131円台前半まで売られ、昨年11月以来の

    ユーロ安を記録。

  • 株式市場は反発したものの、ハイテク銘柄の多いナスダックは

    8ポイント下落。ダウは164ドル上昇し、前日の下げ分を埋める。

  • 前日2.95%まで上昇した長期金利は低下。

    値ごろ感からの債券買いも入り、価格は上昇。

  • 金は小幅に続伸。原油価格は大幅に反発し、2週間ぶりに

    62ドル台に。


  • 新規失業保険申請件数      →  22.2万件

  • 1月景気先行指標総合指数   →  1.0%

    本日の注目イベント

  • 日  1月消費者物価指数

  • 独   独10-12月期GDP(改定値)

  • 欧   ユーロ圏1月消費者物価指数(改定値)

  • 米   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演

  • 加   カナダ1月消費者物価指数


    順調に回復して107円台で推移していたドル円は、結局108円手前を何度か

    テストしたものの抜けきれずに反落しています。107円を割り込み、NY市場

    では106円60銭前後までドル安が進みましたが、108円台乗せがかなわな

    かったことと米長期金利が低下したことが、下落の主因と思われます。

    NYダウは金利低下を好感して164ドルの上昇を見せましたが、為替は金利に

    反応する展開でした。

    株価や金利との連動が薄れているドル円ですが、ここ数日で見る限り連動性が戻

    ってきた印象もあります。そうだとすれば、先週末には105円台半ばまで急速

    にドル安が進みましたが、あのような極端なドル安は避けられるようにも思いま

    す。米長期金利はこの先も上昇圧力が強く、3%を超えると見ているからです。

    再び105円台までドル安が進む可能性は否定できませんが、そのスピードは先

    週のように「急落」することはないと思われます。

    今後の焦点は米長期金利の動きとともに、今年の利上げが何回行われるのかとい

    う点です。良好な米景気に減税やインフラ投資などの景気刺激策が講じられるこ

    とで、市場の利上げ観測も、これまでの「せいぜい2回」といった見方から「3

    回あるいは4回」と、上方修正されている状況です。

    来週28日にはパウエルFRB議長の議会証言が予定されていますが、ここで議

    長がもう一段利上げペースが加速する方向性を示してくるのかどうかも注目され

    ます。

    ダラス連銀のカプラン総裁は昨日の講演で「われわれはインフレに関して今年若

    干前進すると思うが、それは近年米国が目にした大幅上昇にはならないだろう」

    との見方を示しました。(ブルームバーグ)

    今回の金利上昇を引き金に混乱が続いている株式市場を意識した発言のようにも

    思えますが、米長期金利が3%を超えてくるのは時間の問題かと思います。

    106円台半ばまで下落してきたドル円は、「4時間足」の雲の下限まで落ちて

    来ました。ここをしっかりと割り込むと再び105円台が見えてくることにもな

    りますが、上述したように今回は一気に105円台半ばを試す展開ではないと予

    想しています。移動平均線を見ると、「4時間足」よりも足の長いチャートでは、

    最も長い「200日線」が上で、短い「52日線」が下に位置していることから、

    依然としてトレンドは下向きであると考えられます。そのため、まだドルの戻り

    を売るスタンスが優位かと思います。

    ユーロドルの上値がやや重くなってきました。

    1月に続き、今月16日にも1.25台までユーロ高が進みましたが、いずれも

    押し戻されており、ダブルトップの形状を見せています。1.22-1.25の

    レンジを形成していると見られますが、今週は来月に行われるイタリアの総選挙

    や独メルケル政権の不透明さが意識され、ECBによる金融政策の変更は忘れ去

    られた印象です。1.22を割り込むと、1.20を試す展開も予想されますが、

    それほど深押しはないと見ています。

    本日のドル円は106円20銭~107円20銭程度を予想します。


  • スポンサーサイト

    FOMC議事録米景気に対する強気の見方示す 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円はFOMC議事録公表後に107円30銭前後まで

    下げたが、米景気に対する強気の見方から107円90銭まで

    反発。

  • ユーロドルは朝方には1.23台半ばまで上昇したものの

    続かず続落。1.22台後半まで売られ、この日の安値圏で引ける。

  • 株式市場はプラスで推移していたが、引けにかけて値を崩し

    ダウは166ドル安。他の主要指数も揃って下落。

  • 債券相場は続落し、長期金利は2014年1月以来の2.95%に

    達する。金融当局が利上げペースを速めざるを得ないのではとの

    観測が背景。

  • 金は小幅に反発し、原油は小幅に反落。


  • 1月中古住宅販売件数 → 538万件


    本日の注目イベント

  • 独   独2月ifo景況感指数

  • 英   英10-12月期GDP(改定値) 

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   1月景気先行指標総合指数

  • 米   ダドリー・NY連銀総裁講演

  • 米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演

  • 加   カナダ12月小売売上高


    ドル円は昨日の東京タイムに一時107円90銭前後まで上昇し、先週末に

    記録したドルの直近安値105円55銭から2円以上も反発しました。

    さすがに108円台には届いていませんが、ドル安の流れが一服しており、

    今朝の新聞では「110円までの戻しもある」との論調が目立ってきました。

    1月末に開催されたFOMC議事録が公表され、メンバーの多くが経済成長

    や物価見通しへの自信を深めていることが判明しました。

    議事録では「2018年の経済成長ペースは中長期的に持続可能と当局が

    見込むペースを上回り、労働市場の状況は一層力強さを増すと予想している」

    と記され、さらに幾人かの参加者は「短期的な経済成長予測を昨年12月会合

    時から上方修正したことを明らかにした」とも述べられています。

    (ブルームバーグ)

    1月のFOMCでは、金利政策について「さらなる漸進的な引き上げを見込ん

    でいる」との文言が見られましたが、この『さらなる』についても、「メンバ

    ーらは、短期的な経済見通しの強まりによる、FF金利の漸進的な上向き軌道

    が適切になる可能性が一段と高まったとの認識で一致した」と説明されていま

    す。昨年末に決まった税制改革や今年のインフラ投資による効果で、米景気が

    一段と加速するとの認識を、多くのFOMCメンバーが持っているということ

    のようです。

    この議事録を受けてドル円は一時107円30銭辺りまで売られましたが、

    そこから再び107円90銭前後まで買われました。しかし、東京タイムに記録

    した高値は抜けず、仮にこのまま下げると「1時間足」では「Wトップ」を形

    成することになります。

    良好なファンダメンタルズを背景に今後も利上げが継続されるとの見方から

    米10年債はさらに売られ、長期金利は4年1カ月ぶりに2.95%まで上昇

    し、いよいよ3%の大台も見えて来ました。

    プラスを維持していたNYダウが引け際30分ほどでマイナスに大きく沈んだ

    のも、金利上昇を嫌気したものと思われます。今後も株価と金利の微妙な綱引

    きは続くと見られます。

    ドル円は底堅い動きを見せていますが、まだ神経質な展開は収まりそうもあり

    ません。このところ株価や金利との相関が崩れ、個人投資家も何を基準に売り

    買いをするかの判断が掴めません。

    ただ、それでも昨日ドル円がFOMC議事録公表後に急落した後にすぐ反発し

    た動きを見ると、金利高に素直に反応したようにも見えます。

    一目均衡表の「30分足」や「1時間足」での雲抜けが機能している状況です。

    本日の予想レンジは107円20銭~108円20銭程度としますが、先ずは

    108円台に乗せることができるのかどうかという点と、日本株が大きく売ら

    れるようだと、107円を試す可能性もないとは言えないという点に注意です。


  • NY株下落にもドル円107円台回復 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は107円台を回復。アジア市場でのドル堅調な動きを

    引継ぎ、ドル買い戻しが優勢に。一時は107円38銭前後までドル高が

    進み、ほぼ高値圏で引ける。

  • ドル高の流れからユーロドルは続落。1.2315近辺まで売られ、

    1週間ぶりにユーロ安水準を示現。

  • 株式市場は反落。先週1週間上昇が続いたことでこの日の下げも

    当然との声も。ダウは254ドル下げS&P500も1週間ぶりに下落。

  • 債券相場は小幅に買われ、金利はやや低下。2年債の入札が実施

    されたが落札利回りは2.255%と2008年以来の高水準に。

  • ドル高を受け金は大幅に下落。一方原油価格は続伸。

    本日の注目イベント

  • 独   独2月製造業PMI(速報値)

  • 独   独2月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏2月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏2月総合PMI(速報値)

  • 英   英1月失業率

  • 英  英1月財政収支

  • 米   1月中古住宅販売件数

  • 米   FOMC議事録(1月30・31日分)

  • 米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演


    NY株がここ1週間上昇していたことから、連休明けの動きは気になっており、

    そろそろ上昇も一服で、もし大きく下落したらドル円も再び106円割れがあ

    るかもしれないと予想していましたが、両市場の動きは「逆相関」でした。

    NYダウは254ドル下げここまでは予想の範囲内でしたが、ドル円はドルの

    買い戻しが活発となり、107円38銭前後までドル高が進行しています。

    この動きは昨日の東京市場でも見られ、日経平均株価が200円以上の下げの

    中、ドル円は堅調に推移していました。

    結局、先週までの株価は、急落後の戻しが急すぎたことと、105円55銭ま

    で売られたドル円は売られすぎていたということのようです。

    特に米ドルは、主要通貨に対して大きく上昇し、ドル高材料が多くあったにも

    関わらずドル安が続いていました。「オーバーシュートだった」と見ることが

    できるのかもしれません。

    とは言っても、これでドル安トレンドが転換したと見るのはまだ時期尚早です。

    「1時間足」では完全に雲抜けを完成させ、MACDもプラス圏に入っており、

    短期的な上昇力を感じますが、昨日はちょうど「200時間線」を目前に足踏み

    した格好になっています。

    そのため、この107円41銭近辺が今日の上値メドの一つと考えられます。

    また昨年11月6日の114円74銭の高値から、先週の105円55銭の下落

    幅を基にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、23.8%戻しのレベ

    ルが107円74銭という目どころになり、このあたりも戻りの目安になりそう

    です。

    NY株が再び下落したことで「VIX指数」も昨日は「20」を上回ってきまし

    た。まだ落ち着きを取り戻すには時間がかかるということのようです。

    来月にはFOMCがあり、ここでの利上げの可能性は依然として高水準です。

    FOMCの多くのメンバーが今回の金利上昇に伴う株価の急落は「取るにたらな

    いこと」と、問題視していないことから「3月利上げは動かず」といった見方が

    主流です。

    そのため「今年の利上げは2回」との予想が後退し、現時点では「3回もしくは

    4回」との見方が多くなっています。

    3月のFOMCで予想通り利上げが実施されれば、4回の可能性もかなり高まり

    ますが、それには今の金融市場が落ち着くことが前提で、FRB高官はやや楽観

    的だとの印象があります。

    本日は106円70銭~107円70銭程度を予想しますが、先ずは107円台

    をキープできるかどうかです。

    日本株の下げは避けられないところですが、為替が前日よりも円安で推移してい

    ることから大きな下げにはつながらないと見ています。

    日経平均がプラスで終わるようだと、上記レンジの上値を抜くこともないとは言

    えません。


  • ドル円106円台半ばで推移 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • NY市場はプレジデンツデーのため株式、債券市場が

    休場だったことでドル円は小動き。106円台半ばで推移し、動きは

    なかった。

  • アジア市場でドル高が進んだこともあり、ユーロドルは軟調。

    1.2369までユーロが売られる。

    本日の注目イベント

  • 独   独2月製造業PMI(速報値)

  • 独   独2月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏2月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏2月総合PMI(速報値)

  • 英   英1月失業率

  • 英  英1月財政収支

  • 米   1月中古住宅販売件数

  • 米   FOMC議事録(1月30・31日分)

  • 米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演


    先週末105円台半ばまで売られたドル円は1円ほど反発しています。

    昨日の東京タイムではNY市場が休場だったことで、株価以外に材料は

    なく、その株価が堅調に推移したことでドル円も106円台で取引が始まり、

    引けにかけて日経平均株価が400円を超えると、ドル円も106円50銭

    を超える展開でした。

    NY発の株価の急落でしたが、母屋に火事が起きると、飛び火した離れのほ

    うがより大火事になるのが日本株の常。

    その日本株にも「売られすぎ感」が出て、昨日は買い戻しが活発となり、4

    28円高とほぼこの日の高値で引けました。

    ドル円も106円55銭程度まで上昇しましたが、そこからの伸びは限定的

    で、まだドル安のセンチメントは変わっていないというのが多くの市場参加

    者の相場観と思えます。

    株価の上昇や米金利上昇といった、これまではドル高材料と見られていた動

    きにも反応せず、反対に株価が急落すると素直に「円買いドル売り」で反応

    する流れが続き、特に107円32銭という、昨年のドルの最安値を下回る

    と、ストップロスのドル売りも巻き込み105円台半ばまでドル安が進んだ

    のが先週でした。ドルの底値から1円ほど戻したドル円ですが、今週はどこ

    までドルが反発できるのかという点と、再びドル売りセンチメントに戻るの

    かというところが焦点になりそうです。

    明日朝方に公開されるFOMC議事録が注目されます。

    今回の議事録は1月末の会合のもので、足元の株価の混乱は考慮されていま

    せん。そのため、好調な米景気を背景に利上げに関する意見もタカ派的な内

    容が多いのではないかと予想されます。

    チャートでは短期の「30分足」では雲抜けを完成させ上昇してはいますが、

    200日線(ローソク足200本)に上昇を抑えられている形です。

    上値のメドは106円80銭前後と107円近辺でしょうか。

    下値の方は106円台が維持されるかどうかというところがポイントです。

    6連騰と好調なNYダウが下落するようだと、106円割れがあるかもしれ

    ません。引き続き株価と金利の動きが鍵になります。

    レンジは106-107円程度とみます。


  • ドル円105円台から反発 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は106円台に反発。東京タイムに105円台半ばまで

    ドルが売られたが、3連休前のポジション調整との見方。

    経済指標も良好で、VIX指数も安定したことでドルの買い戻しが進んだ。

  • ユーロドルは小幅に売られた。ドル高が進んだことで、1.2393

    まで売られ、前日の水準を切り下げた。

  • 株式市場はまちまち。ダウは小幅ながら6日続伸し、ナスダックは

    16ポイント下落。

  • 債券相場は続伸。買いが優勢となり、2日ぶりに2.9%台を割り込み

    2.87%まで低下。

  • 金は反発し、原油は続伸。


  • 1月住宅着工件数               → 132.6万件

  • 1月建設許可件数               → 139.6万件

  • 2月ミシガン大学消費者マインド(速報値) → 99.9

    本日の注目イベント

  • 日   1月貿易収支

  • 米 株式、債券市場休場(プレジデンツデー)
     

    ドル円は先週末の東京タイムに106円を割り込み、その後もドル売りが優勢と

    なったことで、一時105円55銭前後までドル安が進みました。

    この水準は1年3カ月ぶりのことで、2016年11月のトランプ大統領誕生直

    後の水準となります。

    先週水曜日に昨年のドルの最安値である107円32銭を抜けてからは一気に1

    05円台までドル安が進み、このままでは心理的な節目の105円も視野に入っ

    た感もあり、政府は急遽会合を開いています。

    財務省と金融庁、日銀は会合を開き意見交換を行いました。

    財務省の淺川財務官は現在の為替の動きは「一方的に偏っている」とし、  

    「これまで以上に緊張感を持って注視していく必要がある」とのコメントを発表

    しています。このコメントが効いたわけではありませんが、ドル円はNYでは

    106円40銭まで反発しています。

    ただこのまま110円に向かってドルが反発するとも思えません。

    米長期金利の急騰が引き金となってNY株が急落し、この株安が世界同時株安に

    つながり、リスクオフから円を買う動きが強まったのが今回のドル安の背景です。

    従って、米金利が元の水準に戻れば株価は落ち着くと思われますが、そうなると

    米金利低下が新たな円買い材料にもなりかねません。

    また1兆5000億ドルのインフラ投資を決めたことから、米長期金利には上昇

    圧力がかかっており、元の水準に戻るとも思えません。

    金利上昇は必ずしも株価の下落要因というだけではないはずですが、「適温相場」

    に長く慣れすぎた反動が「株安・債券安」につながったということです。

    一方で市場沈静化の兆しも出ています。NYダウは先週末も小幅ながら上昇し、

    これで6日続伸です。この間の上げ幅も1300ドルを超えています。またS&P

    500も先週末は下落したものの、週間ではここ5年間で最大の上昇幅を記録して

    います。売られすぎということもあったでしょうが、株式市場が金利上昇を徐々に

    受け入れてきたということと認識しています。因みに「VIX指数」も危険水域と

    言われる「20」を割り込んだ状態です。

    問題はこの先株式市場と債券市場がいつ落ち着きを取り戻し、正常に戻るのかとい

    う点です。米景気の好調さは引き続き崩れてはいないと見られます。

    先週末発表の2月ミシガン大学消費者マインドは「99.9」と、好調でした。

    また住宅着工件数は2016年10月以来となる高水準でした。

    両市場の混乱は、今月一杯くらいで収まるのではないかと見ています。

    本日はNY市場では債券と株が休みです。

    そのため為替の値動きも限定的かと思われます。

    予想レンジは105円80銭~106円60銭程度と見ます。


  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。