FC2ブログ

米長期金利一時2.3%を割り込む 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は110円を大きく割り込み、109円46銭まで売られる。
    欧州を含む世界景気の低迷に加え、米中の貿易摩擦の激化から
    円を買う動きが拡大。米長期金利の低下もドルの重石に。

  • ユーロドルはドイツのPMIが予想を下回ったことで、1.1108まで
    ユーロ安が進んだが、ドル売られたことで1.1187まで反発。

  • 株式市場は大幅に続落。ダウは450ドルに迫る下落を見せる
    局面もあり、米中貿易問題と世界景気への懸念がリスク回避の流れを
    加速させた。

  • 安全資産の債券は買われ、長期金利は2.3%割れと急低下。

  • 金は続伸。原油価格は連日の大幅安で57ドル台に。

本日の注目イベント

  • 日  4月消費者物価指数
  • 英  4月小売売上高
  • 米  債券市場は短縮取引
  • 米  4月耐久財受注

ドル円は再び110円を大きく割り込み、円高懸念が再燃してきました。
米中貿易摩擦を巡って、米中双方の批判も相次ぎ、協議は今後も継続されるものの
合意には至らず、問題解決には相当な時間を要するとの見方が強まってきたことが背景です。
昨日のNYでは、米中貿易摩擦問題の悪化から株価が大きく売られ、ダウは一時400ドルを
大きく超える下落場面もあり、安全資産の債券が急上昇。長期金利は2017年10月以来
となる2.3%割れまで低下して、円を買う動きを加速させました。
ドル円は110円を大きく割り込み、109円46銭まで売られ、先週金曜日の水準まで
ドル安が進んでいます。

昨日はWTI原油先物市場でも原油価格が大きく売られています。
貿易を巡る米中の対立悪化で、リスク資産を回避する動きが強まったことから、WTI
原油価格も前日比6%近い下げを見せ、引け値でも3ドル51セント下げています。
ここ2日間の下げも5ドル22セントと、引け値では3月12日以来となる58ドル割れ
になっています。

引き金になったのは、中国共産党機関紙・人民日報が論説で主張した記事でした。
論説では、「1年余りにわたり米国は乱暴者のように振舞ってきた。関税を振りかざし、
貿易戦争をあおり、ルールに基づく多国間貿易システムを攻撃した。大型関税を課すことで
米国は自らのコミットメントとWTOルール無視し、国際ルールより一方的な利益を
意図的に優先させた」と強く非難しました。
米国に対する非難は今回の人民日報の論説だけではなく、米国が中国製品2000億ドル
(約22兆円)に対して25%の関税を発動して以来、多くの政府系メディアが揃って
批判的な論調を展開する行動に出ています。
このような状況の中、米中が歩み寄るきっかけさえ見つからない状態です。来月末に
行われる「G20」での米中トップ会談に期待するしかありませんが、この会談さえも
今後の展開次第では開催されなくなることも考えられます。

そんな中、IMFのリサーチャーらが珍しいリポートを公表したと、ブルームバーグは
伝えています。
リサーチャーらは23日のリポートで、「徴収された関税収入のほぼ全てを負担して
いるのは米国の輸入企業だ」と分析し、「洗濯機などに課されるこうした関税は米消費者に
転嫁されている部分もあるが、その他は企業が利益マージンを削る形で吸収している」と
記述されています。
結局、「米国の消費者と中国が貿易摩擦の敗者であることは明白だ」とリポートは
断じています。
ブームバーグは、IMFが最大出資国である米国と意見が対立するのは珍しいと報じています。
ただ、IMFトップのラガルド専務理事は、元はフランスの財務大臣であり、トランプ政権が
EUに対しても貿易戦争を仕掛けていることを考えれば、個人的には違和感はありません。

ドル円は今週半ばには110円67銭まで反発しましたが、結局「日足」の雲の下限で上昇を
抑えられ、再び109円台半ばまで値を下げてきました。
先週月曜日のNY市場では109円02銭まで円高が進み、109円割れを回避する形で
反発しましたが、再びこのレベルが意識される展開になりそうです。
今回、仮に109円近辺までドル安が進んだ場合、前回同様109円台を維持できるか
どうかが焦点の一つになります。
明日からトランプ大統領夫妻が来日しますが、米中貿易問題の行き詰まりを、安倍首相が
仲介する形で緩和できればとの期待もありますが、その可能性は極めて低く、「G20」に
期待するとすれば、まだ1カ月も先の話です。
米中貿易問題が新たに悪い局面入りしなければいいと思いますが、しばらくはこの問題が
相場のカギを握っています。
本日のドル円レンジは109円~109円90銭程度を予想します。

スポンサーサイト

米長期金利再び2.4%割れ 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は動きが少ない中、ジリジリと下落。
    FOMC議事録も材料にはならず、長期金利の低下に
    歩調を合わせ110円24銭まで売られる。

  • ユーロドルは前日の水準とほぼ変わらず1.11台で
    推移。1.1150が安値となり、値幅も30ポイント
    程度に収まる。

  • 株式市場は反落。米政府が中国の企業5社をブラック・リストに
    掲載することを検討しているとの情報に株価は終始軟調。
    ダウは100ドル下げ、他の主要指数も下落。

  • 債券相場は3日ぶりに反発。長期金利は2.38%台に。

  • 金は反発。原油は在庫が2年ぶりの高水準だったことで
    大幅安。前日比1.71ドル下落し61ドル台半ばに。

本日の注目イベント

  • 独 1-3月期GDP(速報値)
  • 独 5月ifo景況感指数
  • 独 5月製造業PMI(速報値)
  • 独 5月サービス業PMI(速報値)
  • 欧 ユーロ圏5月総合PMI(速報値)
  • 欧 ユーロ圏5月製造業PMI(速報値)
  • 欧 ユーロ圏5月サービス業PMI(速報値)
  • 欧 欧州議会選挙
  • 米 新規失業保険申請件数
  • 米 4月新築住宅販売件数
  • 米 ダラス連銀総裁、SF連銀総裁、アトランタ連銀総裁、リッチモン連銀総裁がパネル討論

ドル円は110円台半ばから緩やかに下落し、110円24銭まで売られています。やはり、不透明な米中貿易問題がネックとなり111円台に乗せる動きは見られません。公表されたFOMC議事録でも、これといった議論は見られず、トランプ政権がさらに中国企業への圧力を強める動きがドルの上値を抑える格好でした。

米政府は中国の大手ビデオ監視機器メーカーの「メグビー」など中国企業5社について、米国の重要技術利用を事実上禁じる検討をしていると、事情に詳しい関係者の話としてブルームバーグが伝えています。ファーウエイに続き、新たに5社をブラック・リストに掲載することを検討しているようで、米商務省の「エンティティー・リスト」に追加されると、許可なしでの米国製部品やソフトウエアの調達が禁止されることになります。この報道を受け米株式市場では米中貿易問題が激化するとの観測に、アップルなどのIT株
が売られ、為替市場では人民元が売られています。トランプ政権は中国製品に対する25%の関税引き上げを決めた後も手綱を緩めることなく、中国に圧力をかけ続けています。

一方でムニューシン財務長官は、トランプ大統領と中国の習近平国家主席が6月末に会う可能性が高いと議会で述べています。同長官は下院金融委員会の公聴会で「トランプ政権は中国との貿易協議で計り知れないほどの進展を遂げたが、残念ながら、中国は大きく後退した」と発言しました。「G20」は来月28―29日に大阪で開催されることになっていますが、この席で米中首脳会談が行われ、停滞感が強まってきた米中貿易協議に新たな展開が見られる期待もあるようです。

FOMC議事録では、「金利政策に対する辛抱強いアプローチは、しばらく引き続き適切になる」と記されており、最近のインフレ減速は「一過性の公算が大きい」と、多くの委員が指摘しており、2%目標付近でのインフレ率と整合的である可能性が高いとの判断
でした。また今後の利下げについての議論はなかったようです。

依然として米中貿易問題を巡る動きが相場を左右する展開ですが、現状の流れが続く限りドル円の大幅な上昇は見込みにくいと思われます。中国企業への規制が強まったことで、アップルやグーグルなど、米IT企業の業績にも懸念が強まっています。米長期金利も再び2.4%を割り込み、2.38%台まで低下してきました。その割には健闘しているドル円ですが、市場関係者は将来のリスクに備えて身構えている状況のようにも見えます。

本日はユーロ圏で重要経済指標の発表があり、1.11台で余り大きな動きが見られないユーロドルが動く可能性があります。ユーロの動きに影響されてドル円も動く可能性があるため、欧州時間には経済指標の発表にも注意が必要です。特にドイツではGDPをはじめ、重要指標が発表されます。ドル円は徐々に上値が切り下がってきましたが、110円台を大きく下回らない限り急激な変化はないと見ています。結局110円を挟んだ展開に落ち着くのではないかと予想しています。本日のレンジは109円80銭~110円50銭程度でしょうか。

米中貿易懸念やや後退しドル円続伸 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は続伸し2週間ぶりとなる110円67銭まで上昇。米商務省がファーウェイへの輸出措置を緩和させたことで、米中貿易を巡る緊張が和らいだことが材料に。

  • ユーロドルは1.1147まで小幅に下落したものの、ポンド安につられ反発する場面も。

  • メイ首相が2度目の国民投票を行うことを提案したことで、ポンドドルは1.28台まで急上昇。ただその後は懐疑的な見方に押され、上昇分を吐き出す展開に。

  • 株式市場は大幅に反発。米中貿易懸念がやや後退したことで前日大きく売られたアップルなどハイテク株が上昇。ダウは197ドル上昇し、ここ2日間の下げを埋める。

  • 株価が上昇したことで債券相場は下落。長期金利は2.42%台まで上昇。

  • 金と原油はともに反落。

本日の注目イベント

  • 日  4月貿易収支
  • 欧  ドラギ・ECB総裁講演
  • 英  4月消費者物価指数
  • 米  FOMC議事録(4月30日-5月1日分)
  • 米  ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
  • 米  ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
  • 米  ブラード・セントルイス連銀総裁講演
  • 加  3月小売売上高

ドル円は110円台半ばをしっかりと抜け、一時は5月7日以来2週間ぶりとなる110円67銭までドルが反発してきました。株価が大幅に上昇し、先週は2.37%台まで低下した米長期金利も続伸し、2.42%台まで上昇してきたことで低金利の円が売られた格好です。122円割れ目前の水準まで売られたユーロ円も、123円台後半まで円安が進みました。

材料になったのが、昨日米商務省が発表したファーウェイに対する米製品禁輸措置の一部緩和でした。米商務省は、同社製品を使っている一部の米企業に「90日間の執行猶予」を与えると発表したことで、米中貿易懸念がやや後退しました。前日大きく売られたアップルなどのハイテク株が、この日は買い戻され、ダウを200ドル近く押し上げる原動力になりました。ただこの措置は一時的なもので、行き詰まりの見える米中通商協議の根本的な打開にはつながりません。

中国共産党機関紙、人民日報系の「環球時報」で編集長を務める胡氏は、「米国の不合理な態度を見ると、米国は貿易合意成立を急いでいないと中国側は考えるしかない。ならばそれを長引かせようというのが、中国の結論だ。米国側は神経衰弱に陥るだろう」と、ツイートしています。一方で中国の崔天凱駐米大使は21日、FOXニュースとのインタビューで、「中国は引き続き交渉継続の用意がある」と述べています。(ブルームバーグ)米中通商問題を巡っては連日この欄でも触れていますが、米国側の要求が中国の基本的な体制にも関わってくることから、中国がこれまでの柔軟な態度を硬化させてきたと見られます。またこの問題は今後の米中の軍事力や情報力などの世界制覇にも関わってくるため、米国の貿易赤字を解消すればいいという簡単な問題ではなく、「新冷戦」は長く続きそうです。

ドル円は110円台半ばを抜けたことで、「4時間足」までの短いチャートでは上昇傾向が鮮明です。109円割れ目前まで売られたドル円でしたが、米中通商協議が行き詰まりを見せる中で、健闘していると言えます。このところの動きを見ていると、昨日のように「好材料には素直に反応し、悪材料には耐える」といった傾向があるように思えます。このような状況では、相場そのものに「上に行きたい」というバイアスがかかっているものと思いますが、どうでしょうか。本日も日本株の上昇に合わせて、ドル円がNYの高値を抜けるかどうかが一つのポイントです。抜けた場合には「日足」の雲の下限と「120日線」が集まっている、110円70-75銭
辺りが最初のレジスタンスと見ます。110円70銭~111円辺りが抵抗帯と言えるでしょう。下方では、110円30-40銭が軽いサポートで、その下は110円-110円10銭辺りです。従って、本日の予想レンジは110円10銭~110円80銭といったところでしょうか。

ドル円110円を挟みもみ合い 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間に110円32銭まで買われたが、その後は下落に
転じ、NYでは株価の下げに109円81銭まで売られる。株価の反発と
長期金利の上昇に伴い、110円台に乗せて取り引きを終える。
◆ユーロドルはほぼ横ばい。1.11台半ばを挟んで小動き。
◆株式市場は終始軟調に推移。ファ-ウェイへの部品やソフトの供給が
禁止されたことでグーグルなどが売られ、ナスダックは113ポイント
の大幅安。
◆債券相場は小幅に下落し、長期金利は2.41%台まで上昇。
◆金は3日ぶりに反発し、原油は続伸。

本日の注目イベント

◆豪   RBA議事録
◆欧   ユーロ圏5月消費者信頼感(速報値)
◆欧   OECD世界経済見通し
◆英   カーニー・BOE総裁議会証言
◆米   4月中古住宅販売件数
◆米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
◆米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演


ドル円は昨日の東京時間に110円31銭まで上昇し、前日のNYでの高値を抜きましたが、
勢いはなく、その後は海外市場に向けて軟調な地合いが続きました。トランプ大統領が中国
のファーウェイなどを米市場から事実上締め出す大統領令に署名したことで、株式市場では
ハイテク株が大きく売られ、ドル円も109円81銭までドル安が進みました。

ドル円はその後再び110円台を回復しましたが、中国側がこれまでの米国の要求に対して
見せていた柔軟な姿勢を硬化させており、米中通商協議が行き詰っているとの印象です。
今後も協議は継続されるとのことですが、実際の日程はまだ決まっていないようです。
一方で米国は制裁関税第4弾として、3000億ドル(約33兆円)相当の中国製品に対し
て25%の関税をかける準備を行っています。
このままでいけば、公聴会などを経て実際には6月後半から7月には実施される可能性も
ありますが、実施された場合の影響はこれまでと比べ、はるかに甚大なものになりそうで、
その影響は日本も例外ではありません。

協議が進まない根底には米中の覇権争いがあると言われており、そうだとすれば米中の歩
み寄りはそう簡単ではありません。
今週の「日経ヴェリタス」紙は、米中の関係を「新冷戦」と位置づけ、「新冷戦は終わらな
い」との特集と組んでいます。
この紙面とは無関係ですが、トランプ大統領は米FOXニュースの番組で、「米国に代わっ
て世界を率いる超大国になることを中国は望んでいるが、中国が米国をしのぐことはない。
自分が大統領である限り」と述べています。
まさに「新冷戦」と言えます。
この発言は多分に大統領選を意識したものだとは思いますが、中国との貿易交渉を「急が
ない」とも語っており、時間との問題もあり状況は中国にとって不利と言わざるを得ません。
今週末に来日し安倍首相と会談する中で、何か打開策が打ち出されればいいと思います
が、それも余り期待できません。

昨日の朝方に発表された日本の第一四半期GDPは驚きでした。
マイナスと予想されていたものが、前年同期比で0.5%増、年率換算で2.1%増と、
予想を大きく上回りました。
ただ、内容的にはそれほど喜べず、輸入の減少が「外需」を押し上げたことが主因となって
います。個人消費は2期ぶりに減少となっており、4-6月期もマイナス成長の可能性が高
いと予想されています。
消費税増税派にとっては「追い風」になった今回の結果ですが、24日に予定されている「
月例経済報告」で政府がどのような判断を下すのか注目されます。

ドル円は110円を挟んでもみ合う展開が予想されます。
109円前後では底堅さを見せたドル円ですが、上値の方も「戻り売り」が控えている
ようです。次の材料待ちといったところでしょうか。

本日のレンジは109円60銭~110円40銭程度と予想します。


ドル円110円台を回復 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は110円台を回復し、110円19銭まで上昇。
米国がカナダとメキシコとの貿易交渉に合意したことや、
良好な経済指標を好感したドル買い戻しが背景。
◆ユーロドルは小動きながら緩やかに下落し、1.1155まで
ユーロ安が進む。
◆株式市場は反落。中国が貿易協議に消極的な姿勢が示した
ことで、貿易懸念が再燃。ダウは98ドル下げ、他の主要指数も
揃って下落。
◆債券相場はほぼ横ばい。長期金利は低位で安定し、2.39%台を
維持。
◆金は売られ、原油価格も反落。


◆4月景気先行指標総合指数          →   0.2%
◆5月ミシガン大学消費者マインド(速報値)  →   102.4

本日の注目イベント

◆日   1-3月GDP(速報値)
◆日   3月鉱工業生産
◆独   独4月生産者物価指数
◆欧   ユーロ圏3月経常収支
◆米   パウエル・FRB議長講演
◆米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演


ドル円は5月9日以来となる110円19銭まで反発しました。
米国がカナダとメキシコとの追加関税を撤廃することで合意したことが材料になって
います。先週ドル円は2回、109円割れを試す動きを見せましたが、粘り腰を見せ、
109円割れを回避しています。この粘り腰が110円台回復につながった側面も
あろうかと思います。
もっとも、先週末の欧州からNYにかけては、米中貿易問題が再びクローズアップ
され、緊張が高まったことで円買いが強まり、109円50銭前後まで円高が進む場
面もあり、米中通商協議の行方が依然として大きな材料になっています。

中国の経済日報が運営する徴信(ウィーチャット)のアカウント「陶然筆記」の論説
で、「真に誠意を示す新たな動きが米国側からない限り、米当局者が訪中して通商協
議を続けることに意味はない」との見解を示したことで、米中通商協議に再び注目が
集まっているようです。
論説の内容は、国営の新華社通信と共産党機関紙の人民日報でも報じられており、
米CNBCも「米中間の協議は行き詰っているようだ」と伝えています。(ブルーム
バーグ)現時点では6月28-29日の大阪で行われる「G20」では、米中首脳会
談が実現する見通しですが、この会談そのものが見送られるようだと、再びリスク回
避の動きが再燃する可能性もあり、予断を許しません。

筆者も先週のこの欄で「可能性は低いが、もしかしたら消費税率引き上げ延期も」と
のコメントを書きましたが、ここにきて議論がにわかに盛り上がってきました。
安倍首相が、先週木曜日にロバート・フェルドマン氏を含む4名のエコノミストと会
食をしたことが、消費税率引き上げ延期の可能性に期待を持たせたようですが、政府
内では依然として慎重な意見が主流のようです。
ポイントは本日8時50分に発表される「第1四半期GDP」です。
本コメントが掲載される頃にはすでに結果も判明していますが、事前の予想では「前
期比マイナス0.1%」とされています。
上記米中通商協議のリスクや、先の景気先行指数の「悪化」といった判断などを踏ま
えると、仮に結果がマイナスであれば、消費税率引き上げ延期の可能性がこれまで以
上に高まることになりそうです。
政府は24日発表予定の月例経済報告で、企業の景況感などを加味した「政府として
の景気判断」を示すことになっているようです。

ドル円は「1時間足」では全ての抵抗帯を抜けてきました。
この上は、110円35-50銭に、「4時間足」と「8時間足」の雲が控えている
ことから、110円台半ばが目先のレジスタンスと見られます。

本日の予想レンジは109円70銭~110円50銭程度といったところでしょうか。
久しぶりに日本の経済指標が注目されます。


このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。