FC2ブログ

第二話:オプション誕生の歴史 


オプション

第二話:オプション誕生の歴史


オプションとは「約束の日時に約束した価格で売買する権利」です。

「売買する権利」ですから、二つあります。すなわち・・・・

「約束の日時に約束した価格で買う権利」と「約束の日時に約束した価格で売る権利」です。この二つの権利を買ったり、売ったりするのがオプション取引ということになります。オプションの歴史は、古代ギリシャまでさかのぼることになります。古代ギリシャの哲学者ターレスの時代、オリーブ油の取引が盛んでした。オリーブ油はオリーブの実を搾って造りだすため、オリーブの実の収穫量が重要ですが、その収穫量は天候によって大きく左右されます。

天候に恵まれオリーブの実が豊作の年は「搾り機」は引っ張りだこで、当然借り賃は高騰します。しかし不作の年は借り手が少なく搾り機屋は商売になりません。搾り機屋の倉には「搾り機」があふれています。

そこで哲学者ターレスは「このオリーブ搾り機を使って金儲けできないだろうか・・」と考えるのでした。今も昔もさすがに「学者」と名がつく人は普通の人と発想が違うもんですね。


この哲学者ターレスは実は天文学者でもありました。夏から秋の天候によって豊作、不作が決まり,それによって「搾り機」の借り賃が大きく変動することに着目しました。

ある年の春、ターレスは「今年の秋の天候は順調だ」と予想し、搾り機屋を訪ねました。そして主人に言うのです「搾り機を借りる権利だけを売ってくれませんか?」と。しかも「ただし、権利だけなんだから、搾り機の本当の借り賃より安くしてください。」と言うことも忘れませんでした。

主人は「権利だけ・・? おかしなことを言う奴だな」と思いますが、まだ春です、「搾り機」からの収入はありません。それに、もしこの秋の天候が悪かったら収入が激減することを考え「権利」を売ることにし、契約書にサインをしました。

【権利証書、今年の秋、あなたにオリーブ搾り機を定価で貸します。3月1日搾り機屋、ピロス】

結局、ターレスは村中の搾り機屋から「借りる権利」を買い集めることに成功しました。

そして春が過ぎ、いよいよターレスが待ちあこがれている夏になります・・・・

To be continued・・・

次回は、7/1(火)の予定です。
※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。



スポンサーサイト

ドル円、一時104円台へ 

おはようございます。

昨日あるセミナーに参加してきました。
著名なエコノミスト3名とシンクタンクの主任研究員1名の方たちが今後の為替、株式、原油などの見通しを話し合ったものでした。結論は、全員日本株に対しては強気で、為替は意見がわかれ、年後半にはドル高になると言う人と、ドルの時代は終わったとする意見でした。

面白かったのは「1年後ドル/円はどのように観ていますか?」という質問に対して、「そんな先の予想をしても意味が無いし、できたとしてもあてずっぽうです。」という回答には場内爆笑でした。

ひと目で分かる昨晩の動き

欧州市場

  • ドル/円は東京市場のドル安・円高傾向を受け、徐々にドルが売られる展開に。
  • 105.50を切った辺りからドル売りが加速し、一時104.99をつけ、三週間ぶりの円高水準に。
  • ユーロ圏の6月CPIが4.0%と、市場予想を超えており、ユーロ高も加速し対ドルでは1.5840レベルまでユーロが上昇。

NY市場
  • 円高傾向で始まったものの、欧州でのドル突っ込み警戒感と、月末要因でドルが買い戻される展開に。
  • 一時143ドル76セントと史上高値を更新した原油価格が下落したことにあわせドルが上昇し、106円27まで戻し、前日の水準に。
  • シカゴ購買部協会景気指数 → 49.6(市場予想を上回る)


本日の注目点

  • 欧 ユーロ圏5月失業率
  • 米 6月米新車販売
  • 米 6月ISM製造業景況感指数


昨日の欧州市場での105円割れは、春先の「円高」を彷彿させるに十分なスピードでした。特に105円50を切ってからは「ドルロング」の手仕舞いのドル売りに拍車をかけたものと思われます。ただ大きく違うところは、NYで一度も下値を試すことなく終始ドル高だったということです。105円台前半での「ドルショート」で捕まった人も多いのではないでしょうか。

先週までの上昇チャネルを下抜けしたことから戻りはやや重いとおもわれますが、104円99をつけた後、1円以上戻した勢いにやや戸惑います。これまでのサポートラインが今度は抵抗線になろうかと思いますが、再度107円を抜け、元のチャネルに戻れるかどうかがポイントになろうかと思います。

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。