FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年07月 

ユーロ一時169円台 

おはようございます。

今日は朝早くからアップルの携帯電話機「i phone3G」の話題で持ちきりです。
NHKでは渋谷の販売店で買い求める行列を中継していました。この機種、ケイタイというより小型のパソコンのようです。販売権を巡っては、ドコモとソフトバンクが争っていましたが、ソフトバンクが勝ちました。

本当かどうかは分かりませんが、販売権を巡ってドコモの中村社長とSBの孫正義社長が直接交渉したそうですが結局、英語力の差で孫さんが勝ったそうです。もしこれが本当だとしたら、経営のトップは英語力がないと会社の運命さえも変えてしまします。

業界では孫正義氏のことを「得正義」(とく まさよし)と呼んでいるそうです??。

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場

  • ファニーメイ(米連邦住宅抵当公社)、フレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)の破綻懸念から金融株が軟調に推移し、ドルも下落基調で始まりました。
  • その後、ポールソン財務長官、バーナンキ議長の議会証言があり、金融機関に対する規制緩和の提案などがあり、株式市場が回復。また、週間の新規失業保険申請件数が前週比減少したことでドルが上昇。円は107円45銭まで売られました。
  • 週間新規失業保険申請件数 → 34万6千件(前週比大幅減少)


本日の注目点

  • 米 5月貿易収支
  • 米 6月財政収支
  • 米 7月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値


ドル/円は依然としてレンジを抜けきれません。
昨日は原油価格が大幅に上昇したにも関わらず、大きく売られることはありませんでした。
ドルが底堅いというよりも、ドル、ユーロに対して「弱い」と見るべきでしょう。ユーロ/円が堅調です。やはり、金利差が注目され始めたようで、円の低金利が際立っていることが大きな要因です。

ユーロドルあるいは、ユーロ円が下押しされる局面があったら拾っておきたいと思います。注目はやはり原油価格です。昨日5ドル以上値を上げ、再び上昇基調に入ってきた可能性もあります。


先週記録した146ドルを抜けるようなことがあれば、ドルの下落は避けられないでしょう。






スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。