fc2ブログ

月別アーカイブ

 2008年10月 

日銀、政策金利引き下げへ 









おはようございます。





昔、アメリカ人と会話をしている時「ゲッアゥ!」という言葉を聞いた。

当初何のことか分からずにいましたが、その後それが「Get out!]

という意味(出て行け)であることが分かりました。

ネイティブの英語の発音に苦しんだものです。

日本人留学生がアメリカのハロウィンで「Freeze]を「Please]と

間違い、庭で銃を撃たれ死亡したことがありました。

今夜から東京山の手線車内でハロウィンで騒ぐ外国人がいることから

警察官と駅員が車内を見廻るそうです。

今ではかなり日本でも広まってきた「ハロウィン」、

やはり、「Trick]より[Treat]ですよね。



ひと目で分かる昨晩の動き


NY市場




  • 7-9期のGDPが発表され、マイナス0.3%と市場予想通りマイナス
    成長でしたが、予想よりマイナス幅が少なかったことで、ドル売りには
    繋がらなかったようです。
  • 前日に利下げを決めましたが、さらなら追加利下げと、所得減税、公共投資
    などの経済対策が検討されているとの報道から、NYダウが続伸。
  • ドル円も前日同様、レンジ内での取引で、株式市場を睨みながらの展開から
    抜け切れない模様でした。
  • 週間失業保険申請件数 → 479,000件(横ばい)







    本日の注目点



      欧 10月ユーロ圏インフレ率

      欧 9月ユーロ圏失業率

      米 バーナンキFRB議長講演

      米 9月個人消費支出 





      今週も、為替市場は大混乱でした。

      急降下の後、急上昇と、一週間の値幅もドル円で約7円。

      クロス円ではさらに値動きがありました。

      世界的な金融緩和で株式市場が下げ止まり、反転していることが、相場を安定させている最大の理由ですが、

      今日、日銀の政策金利発表です。

      0.25%の利下げはほぼ確実のようです。

      利下げが実施されれば2001年3月以来の金融緩和で、昨日発表された追加経済対策と併せて、

      今回の金融危機を乗り切るんだという政府の強い決意が伝わってきそうです。

      とりわけ、今回の追加経済対策は規模、タイミングとも景気には好影響を与えるものと思われます。


      昨日の東京市場ではユーロドル、ユーロ円とも急上昇しました。

      対ドルでは28日に、1.23台まで売られましたが、昨日は1.3290レベルまで急速に値を戻しています。

      次回のECB理事会では追加利下げが確実視されている中での急反発でしたが、戻りは限定的でした。

      テクニカルでは長い「上髭」をつけ、むしろ下げ基調とも読み取れます。これまで売られすぎた分、

      戻しも速かったということでしょうが、値位置を探してまだしばらく乱高下しそうです。

      本日は、政策決定会合後に日銀総裁の記者会見がありますが、米ではバーナンFRB

      議長の講演も予定されています。

      どんなメセージを投げかけてくるのか、今後の金融政策スタンスを読む上で注目したい思います。




スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。