FC2ブログ

欧州委のユーロ圏成長率見通しでユーロ急落。 


おはようございます。


先週ECBは政策金利を0.5%引き下げ2%にしました。

景気低迷が本格化し、各国とも失業率が急増しています。

とりわけ、スペインの失業率は19%を超えており、20%を超えるのは

時間の問題だと言われています。

20%と言えば・・・・わが国の内閣の「支持率」も確かそんなもの・・・。

欧州の大国の一つであるスペインの失業率が一国の内閣支持率を抜くのは

驚きですが、一国の内閣の支持率が欧州の大国の失業率を下回るというのも

これまた驚きです。

なんだかこんがらがってきそうです・・・。

どちらにしても「未曾有」の出来事であることは間違いありません。

そこで一句・・・・


「支持率よ 何故上がらぬと  夜のバー」  (川筋もの)

ひと目で分かる昨晩の動き

欧州市場


  • 欧州委員会が今年度のユーロ圏の成長率をマイナス1.9%と予測。

  • ドイツ→マイナス2.3%、フランス→マイナス1.8%と予測するなど、
    世界景気の低迷から欧州全体が大幅なマイナス成長に陥るとの見方を示しました。

  • この発表を受け、ユーロが急落。対ドルではアジア市場での1.33台後半から
    1.30台後半へ、対円では121円台後半から118円台へと急落。

  • 大手英銀のRBS(ロイヤルバンク オブ スコットランド)が2008年12月期
    の決算で最大280億ポンド(約3兆7千億円)の赤字に達するとの見通しを
    発表したことも欧州通貨下落に拍車。

  • さらに、S&Pがスペインのソブリン格付けを引き下げたことも影響したようです。

  • この日はNY市場が休場で比較的閑散な取引だったため、欧州通貨の下落がより
    目だった一日でした。


本日の注目点


       
  • 欧  独1月ZEW景況感調査 
  • 欧  EU財務相理事会
  • 米  オバマ新大統領就任式
  • 米  10ー12月期決算発表 ジョンソン&ジョンソン、IBM        

RBSの決算見通しには驚きました。

赤字額が3兆7千億円に達する可能性があるということですが、

記憶する限り欧州の金融機関でこれほどの赤字額を計上したことは無かったと

思います。今後発表される他の欧州系銀行の決算からも目が離せなくなりました。

米国発の金融危機が欧州の大手銀行にも波及した格好ですが、やはりグローバルに

ビジネスを展開している銀行はその影響をもろに受けるようです。

ユーロを下落が鮮明にってきました。

昨日の欧州委員会の見通しで、次回のECBの追加利下げが、より現実的になって

来ました。場合によっては大幅な追加利下げというシナリオもあるかもしれません。

また、引き続きEU諸国のソブリン債の格下げが行われており、

ユーロ/ドルが大台の1.3を割り込むようだと下落に拍車がかり1.25を目指すと

思われます。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。