FC2ブログ

ウェルズファーゴ決算見通しでNYダウ急騰。 




このところGM破綻の噂が市場の話題によく上りますは、

ブルームバーグによると、仮にGMが破産法適用を申請すれば、米法律事務所

ウェイル・ゴットシャル・アンド・マンジェスは推定2憶3千万ドル

約231億円)の関連手数料を獲得する可能性がある、と報じています。

長年GMの法律顧問を務め、現在経営再建で助言をしていることから

同社が破産申請に踏み切ればその手続きを引き受ける可能性が高いということです。

長年にわたって破産法に基づく再建手続きを行うということでしょうが、

それにしてもその費用の大きさには驚きです。

退くも地獄、進むも地獄とはこのことでしょうか。


良い週末を・・・・。


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 大手米銀ウェルズは1-3月期が最高益になるとの見通しを発表。このサプライズでNYダウは
    急騰し、8000ドルの大台を大きく回復。

  • 株式市場の大幅高を受けドルは円、ユーロ、ポンドなど主要通貨に対して堅調に推移。
    ドル円は終始100台での動きで高値100円58銭まで示現、前日の水準を回復。

  • カンザスシティー連銀のホーニング総裁は講演で、「大手米銀19行には公的資金注入の
    必要はない。」と発言し株高を後押し。

  • 2月の貿易収支→260億ドルの赤字(赤字幅が市場予想より大幅に縮小)

  • 週間失業保険申請件数→65万4千件(こちらも市場予想より改善)

  • オランダ大手金融グループINGは非中核部門の売却を発表、日本で展開されている
    ING生命も売却される模様。



本日の注目点
      
  • 日   日銀金融際策決定会合議事録(3月17,18日分) 
                 
  • 米   財政収支   
        
  • 欧   ロンドン市場は休場  

  • 米   グッドフライデーで株式市場は休場
     
                


昨日のNY市場の話題は何といっても株式市場でしょう。

NYダウは前日比246ドル上昇し、2か月ぶりに8000ドルの大台を大きく超えました。

その株式市場を押し上げたのは米銀大手ウェルズファーゴの1-3月期決算の

見通し発表でした。

最終利益が30億ドル(約3000億円)と四半期決算では過去最高益になるという

ポジティブなサプライズでした。

この発表を受け、来週から本格化する米銀決算発表でも好決算が期待できるとの連想から

金融セクターが軒並み上昇。バンカメなど大手米銀株は30%~40%の大幅高となり、これが

相場全体をけん引しました。

また、カンザスシティー連銀のホーニング総裁が大手米銀19行には公的資金注入の必要はないだろうと

述べたことも銀行株上昇を後押ししました。

長い間低迷を続けてきた株式市場は節目の8000ドル台に載せたことで、これまでの極度の悲観論が

後退しやや明るい見通しが出てきました。


株式市場の堅調さを受けドルは主要通貨に対して小高く推移しました。

ドル円は支持線である200日移動平均が99円20-30あたりに位置し、強力なサポートを形成

しています。

大雑把にいえば99円台をキープできている以上ドル円の急落の可能性は少ないと観ています。

むしろ、これまで述べてきたように主要3地域では米国の景気回復が最も早い可能性が

濃厚になってきています。

景気回復へのキーワード「雇用」「住宅」「消費」の3つの内「住宅」に明るさが見えてきたからです。

昨日のウェルズファーゴのサプライズ予想も、収益の源泉は住宅ローンの伸びが急拡大していることが

背景です。

過去最低水準の住宅ローン需要に対する同行の資金調達コストは大幅に低下しており、その結果利鞘が

拡大し収益を押し上げる構図になってきました。

おそらく、来週から発表される大手米銀の決算内容も再びサプライズをもたらす可能性が高いと

思われます。


欧米はロングウィークエンドです。

本日の東京株式市場も含めて株高が続きそうです。

株価はもともと景気の「先行指標」でもあります。

今回の株高がその「先行指標」なのか、あるいは単に売られすぎたための反動なのかを見極めつつ、

為替をどう織り込んでいくのかじっくり見ていきたいと思います。










スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。