FC2ブログ

米小売売上高3か月振りのマイナスで円98円台に。 

あと2週間もすればGWに入ります。

今年は日並びもよく「1000円」高速代もあり

観光地はどこも大混雑が予想されます。

皆さんのご予定はいかがですか?

為替も一時期の円高ではなくなったし、

株の方は予想以上の急回復。

加えて「定額給付金」もそろそろ手元に来るころ・・・・。

どこも混雑しないわけはありません。

私はというと、どこか新緑の山にでも行きたいと思っていますが、

山のふもとへ行くまでに半日くらいかかりそうだし、

上野公園あたりで落ち着きそうです。

そういえば上野公園も「上野のヤマ」と言いますよね。



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 99円台後半で始まったドル円は米3月の小売売上高が前月比▼1.1%との数字に大きく反応。
    重要な節目であった99円30-40を大きく割り込み98円台に突入。

  • 2か月連続で前月比プラスで推移していた個人消費が市場予想を大きく下回ったことでNYダウも
    大幅下落。

  • 3月生産者物価指数(PPI)→前月比▼1.2%

  • IT関連トップを切ってこの日はインテルの決算発表があったが、黒字は確保したものの減収、減益。

  • 前日、市場引け後に決算を前倒しで発表したゴールドマンの株価が注目されたが金融セクターが
    売られる中、50億ドルの増資が嫌気され結局マイナスで引け。

  • バーナンキFRB議長がジョージア州で講演し、消費と住宅に明るさがでてきたことで
    「景気の急激な悪化が減速している兆候がある。」との認識を示した。



本日の注目点
                       
  • 日   2月鉱工業生産(確報値)
         
  • 米   3月消費者物価指数 
        
  • 米   4月NY連銀製造業景気指数 
     
  • 米   4月NAHB住宅市場指数

  • 米   地区連銀経済報告(ベージュブック)   
      
     
                


2週間ぶりの98円突入となったドル円。

重要なサポート水準であった99円3-40を下抜けしたことでドル売りに拍車がかかりました。

ドルロングのストップロスもこのあたりに集中しており、ドル上昇にブレーキがかかりました。

北朝鮮によるテポドン発射時に101円台半ばまでドル高が進んだものの、その後上値を徐々に切り下げる

展開が続いていて、小さな「三角保ちあい」を形成してきました。

その「三角保ちあい」をどちらかと言えば上抜けするのでは観ていましたが、3月小売売上高減少に

反応し、一気に98円台後半まで円高が進み、クロス円も総じて円が強含んでいます。


このところ改善の兆しが見てきていた小売売上高が再び減少に向かいました。

今回の数字は自動車や家電など高額商の減少幅が全体の足を引っ張ったようで、米個人消費が

安定した回復を見せるまでの道のりは長いようです。

これから始まる減税によう効果がどこまで個人消費を拡大させるのか注目です。


さて、2週間ぶりに98円台まで進んだドル安ですがテクニカルで観ますと、98円50近辺に

21日移動平均線が来ており小さなサポートを形成していると思われます。

また一目均衡の「遅行スパン」は97円後半から98円を抜けると日足のローソクを下抜けし

売りシグナル点灯ということになります。

8時間足を観ても98円50あたりに100日線がサポートしており、目先下値を探る展開ですが

現時点ではドル下落基調に入ったかどうかを判断するのは難しいでしょう。

98円を割り込むようならドル下落傾向が確認できますが、

本日発表のNAHB市場指数と明日発表の住宅着工件数が注目されます。

両指数ともこのところ改善傾向を見せているだけに、底入れしたのではないかとみられる住宅市況が

昨日の小売売上高同様急ブレーキがかかると97円台があるかもしれません。

一方で本邦サイドでは本日、鉱工業生産が発表されます。

米国とは逆にこのところの日本のファンダメンタルズは悪化傾向が鮮明になってきており

こちらも重要でしょう。

日米ともにファンダメンタルズが相場の行方に大きな影響を与える

本来の相場展開になってきたのかもしれません。








スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。