FC2ブログ

月別アーカイブ

 2009年06月 

気を抜けない市場 

ポメラ。

最近、TVCMでも良く目にするメモ帳です。

電子的なメモ帳なのですが私も購入してみました。

まだ手元には届いてはいないのですが機能としては

会議内容、記事作成、ちょっとした気になったことなどを

電子的にメモをするという、至ってシンプルな機能です。

良いところは、立ち上げ2秒、メモ機能のみの機能の為

メール等に邪魔されず集中できるところです。

デメリットをあげれば、メモしかできないところでしょうか。

これは、目的が違いますから特に問題はないですが・・・。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 1日のニューヨーク外為市場では、ドル円は、米GMが連邦破産法
    11条の適用申請しましたが市場では織り込み済みで、新生GMへの
    期待や、改善されている経済指標を受けて投機的動きが強まり
    94円台から96円ミドルでの引けとなりました。

  • ユーロ・ドルは、株高からのドル買いが後退し上昇したあと
    1.4155-60ドル付近での引けとなりました。

  • 原油相場は6営業日連続の上昇となっています。

  • 中国の製造業の活発化や米製造業の回復より、需要拡大期待を背景に
    上昇。2/12に付けた安値33.55ドルからの2倍以上の上昇となっています。


    本日の注目点
       
    • 13:30 豪・中銀理事会(金利発表)
    • 18:00 欧・4月ユーロ圏失業率
    • 20:45 米・週間チェーンストア売上高
    • 21:55 米・週間レッドブック大規模小売店売上高
    • 23:00 米・4月米住宅販売保留指数


    昨日のドル円は、東京市場では、力のない動きが続き94.60付近まで
    下落をしていましたがNYダウの上昇を確認してからは買いが集まり
    96.80までの反発を見せました。

    GMの話題は、折込済みであり、オバマ大統領の証言にもありましたが
    新生GMに期待というところの株、米ドルの上昇というところでしょうか。

    本日は、若干なりともドルの買戻しも考えられると見ています。
    先週から全面的にドルの上昇が激しかったこともありますし
    ひとまずのGMイベントが終わった今、次のイベント、指標までに
    調整が入るのではないでしょうか。

    ただ製造業や、生産指数はかなりの改善がでてきていますが雇用に
    ついての改善は、あまり見られていません。
    今後、クライスラーとゼネラル・モーターズの破綻を受けた雇用情勢
    悪化懸念がでてきます。

    本日、意識したいところは、ガイトナー米財務長官が訪中しており、
    米中財務相会談を受けた中国人民元や米国債投資に関する声明が
    予想されていることから要注意となります。

    また、地政学的リスクとなると、北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備を
    進めていると報じられており、予断を許せない状況が続きます。
    基本的なトレンドとしては、ドル売りのトレンド継続とも見えますので
    クロス円の押し目買いを検討したいところです。

    しかし、指標、証言から大幅な動きにつながる可能性もありますので
    ストップオーダーなども検討したほうが良いかと思います。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。