FC2ブログ

ECB発表を受けユーロ大幅安。ユーロ円134円台に。 

上武大学教授の池田先生のブログによるとプライマリーバランス

(単年度の歳入と歳出の差)を、

1.黒字化するには将来消費税を60%以上にまで引き上げる。

しかし、あまりに現実的でないので長期的には、それ以外に次の二つを挙げています。

2.歳出の30%削減→年金給付の削減や特殊法人などの全廃。

3.実質債務の削減→ハイパーインフレあるいは債務不履行の宣言。

そして上記3つはいずれも政治的には困難なため、結局どの政策もとれず

「アルゼンチン化」してしまうのでは、と結んでいました。

専門家から見ると日本の国と地方も借金は常識的にはとても

返せるものではないようです。

このつけは今の若い人、あるいは彼らの子供へとしわ寄せされて

行くことになるわけです。

考えるだけでゾットします。


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 米経済指標の悪化を受けて為替市場ではこれまでの流れが逆流し、
    高金利通貨安、資源国通貨安がすすみ、ドルと円が買われた格好に。

  • また、ロシアのクドリン財務相がドルへの信頼を表明したことから
    ドル買いが強まった。

  • ドル円は積極的な取引不在の中、98円を割り込み97円半ばまで円高が進行。

  • 円高の進行に伴い、ポンド、ユーロ、豪ドルなどこれまで買われてきた通貨が
    軒並み売られ、ドル円での円買いを後押し。

  • NY連銀指数を受け、米国株のVIX指数は大幅上昇、ダウは一時200ドルを
    超えるマイナスを記録したものの、大引けはマイナス187ドル。

  • 6月NY連銀製造業景気指数 →▼9.41(事前予想を下回る)

  • 6月NAHB住宅市場指数 → 15

  • 金、原油先物価格は続落。



本日の注目点
       
  • 欧   6月独ZEW景況感調査             
  • 欧   5月ユーロ圏消費者物価指数 
  • 欧   BRICS 首脳会議
  • 米   5月住宅着工件数
  • 米   5月建設許可件数
  • 米   5月鉱工業生産


昨日の海外市場では先週までと逆の動き、資源国通貨売り、
高金利通貨売りが出て、円買い、ドル買いが進みました。
「ポジションの偏り」が意識された格好になりましたが、きっかけはECBの発表でした。

ECBはユーロ圏の銀行が2010年までに総額2830億ドル(約28兆円)の
不良債権処理が必要との試算を発表しました。

先週にはバルト三国の経済危機から北欧へのエクスポージャーが大きいドイツ、
フランスの金融機関の不良債権問題が噂されましたが、今回、ECBは
市場の不安を払拭する狙いから不良債権処理額の発表に踏み切ったようです。

この結果、ユーロドルは1.39台から1.37台半ばまで200ポイント以上下落、
同様にユーロ円も134円台へと3円以上のユーロ安が進んでいます。

日足のローソクを観ると、ユーロドルに「ヘッドアンドシルダー」が形成され
ユーロドルの下落を示唆しているように思われます。

先週までは円が主要通貨に対して大きく売られてきましたが、
昨日のこの欄で指摘したように、海外市場では巻き戻しが優勢な取引となりました。

ロシアのクドリン財務相はG8財務相会合の閉幕後、ブルームバーグとのインタヴューで
「ドルの代替通貨を議論するのは時期尚早」と語ったことが材料視されました。
加えて、ECBによる不良債権額の発表が「円」以外の通貨でドル買いを
誘発させる結果になったようです。

米長期金利は先週の4%から落ち着きを取り戻し、300ベーシスポイントほど
下げてきました。

このところ言われてように「良い金利上昇」「悪い金利上昇」の観点からすれば
「よい金利下落」と言えるのかもしれません。

さて、本日は欧米で経済指標が目白押しなのと、注目のBRICs首脳会議が行われます。
ロシアの財務相がドルに信頼を寄せているとの報道があったことで多少風向きが
変わりそうな気配はありますが、米ドル債中心の運用からIMF債への移行を具体的に
表明するようだとドル売りに繋がる可能性はあります。
会議終了後に共同声明を予定していることから、その内容には大いに注目です。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。