FC2ブログ

ウイークリーコメント 



マーケット・プレディクション(6/22~6/26)






■ 今週のレンジ予想 ■




ドル/円  ・・・  95.00 ~ 100.00

ユーロ/円 ・・・ 135.00 ~ 140.50

ユーロ/ドル・・・ 1.3600 ~ 1.4200



ドル円は依然として95-100円のレンジ内での取引が続いています。

上下多少のはみ出しはあったものの、この水準は3月から続いているので

約3ヶ月にもなるわけです。

1月21日に87円10を記録した後、急速にドル買い戻しが進み97円台まで

短期間で水準訂正を終えた後はほぼ3ヶ月現在のレベルです。

ややストレスを感じている市場参加者も多いのではないでしょぅか?

しかし、この長い動きは徐々に収斂されてきています。(参照:6月19日(金)アナリストリポート)

おそらく、あと数週間後にはどちらかにブレイクし、その場合には値幅、スピードともにかなりのものが

想定されます。


レンジをブレイクするとなると、そのきっかけは何になるのか?

ここで少し材料を整理してみたいと思います。

先ず、ドル安要因としては 1.米長期金利の低下による日米金利差の縮小。

2.財政赤字拡大に起因する米国債の格下げ3.GM破綻の影響による失業率の上昇と雇用者数の減

少幅拡大

4.日米株式市場の大幅下落 5.BRICs諸国による米国債への投資凍結などです。

一方、ドル高要因としては1.先月の雇用統計に観られたような米ファンダメンタルズの改善

2.米景気底入れ期待からの、いわゆる「良い金利上昇」3.日米株式市場の上昇

4.原油などの商品市況の上昇(ドル安、円安要因)5.東京都議選での自民の大敗など政治的混迷な

どでしょうか。

この他にもユーロ圏内の材料による影響も考えられます。


以上ざっと整理してみましたが、この1ヶ月以上、資源国通貨、高金利通貨に流れていた資金が

一旦止まり、そこから流出した資金がどこへ向かうかを予想することになるわけです。

基本は信用危機が終わり、投資家が再びリスクを取れるようになってきていることを

忘れてはいけないはずです。

リーマンショックのような異常事態がないとすれば、行き場のない資金は再び

「運用競争」の波にもまれこれまでと同じ道を歩むことは十分考えられます。

現に、米国ではヘッジファンドへの資金は流出と新規流入との差がプラスに転じています。

本邦でも個人投資家の株式口座の開設が増えてきてると報じられています。

その際重要なことは、やはり「絶対的な金利水準」ではないでしょうか。


今週の注目材料は23-24日のFOMCはもちろんですが、24日の新築住宅販売件数、

26日個人消費支出です。

25日にはバーナンキFRB議長がバンカメのメリルリンチ買収に関して議会で


証言をする予定になっています。






■ 今週の注目材料 ■





6/22 (月)

  • 欧   独6月ifo景況指数           



  • 6/23 (火)

  • 米   リッチモンド連銀製造業指数
  • 米   5月中古住宅販売件数
  • 米   FOMC(24日まで)    



  • 6/24 (水)
       
  • 米   5月新築住宅販売件数     
  • 米   貿易収支   
  • 米   耐久財受注  



  • 6/25(木)
      
  • 米  1-3月期GDP確定値  
  • 米 バーナンキFRB議長議会証言              

  •  

    6/26(金)
          
  • 米   個人消費支出                  








  • ※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。
    本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。







    スポンサーサイト



    カリフォルニア州格下げ見通しでドル安、株安。 

    週末を利用してさくらんぼ狩りに行ってきました。

    さくらんぼの里、山形県東根市で、あの「佐藤錦」を食しました。

    我が家から車で420kmとかなり距離がありましたが、

    「1000円高速」もあることだし、朝5時起きしていきました。

    大きなハウスの中にあるさくらんぼの木には赤く熟れた

    さくらんぼが結構ありましたが、木の下の部分は既に収穫されていて

    脚立を使って木の上の方に残っているさくらんぼに狙いを定め

    1時間、取っては食べ、取っては食べました。

    最初から気合を入れていたので食べながら数を数え、結局117個食べました。

    さすがに100個以上も食べると、5年くらいはさくらんぼを

    食べなくてもいいかなぁと思います。

    因みに「1000円高速」は「1700円」でした。


    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場


    • ムーディーズインベスターズが財政悪化懸念の強い、米カリフォルニア州の格付け引き下げ検討を発表し、ドル、株式ともに下落。

    • ドル円はこの発表を受けて、一時96円ちょうどまで下落。その後今週のFOMCを控え小動き。

    • 原油先物価格が大幅に下落。株式市場では石油関連株が売られ、NYダウは前日比小幅マイナス。

    • この日は米経済指標の発表がなかったうえ、ゴルフのUSオープンが開催されたこともあり、取引を早めに終えたようで各市場とも午後は閑散。



    本日の注目点
         
    • 欧   独6月ifo景況指数


    ドル円の上値も下値も限られ、かなりストレスの溜まる相場が続いています。
    米経済の底入れを示す経済指標がちらほら出てくる一方、財政赤字から
    長期金利の動きに一喜一憂し相場観も定まらないのが現状です。

    95-98円でのもみ合いがしばらく続いており、日足のローソク足で観る限り、
    「三角保ちあい」をブレイクするのに今しばらくかかりそうな気配です。

    この日閉幕した欧州連合(EU)首脳会議は共同声明で、「持続可能な」景気回復
    の兆しが見られるとし、追加景気浮揚策は必要ないとの見解を示しました。

    ユーロは対ドルで6今月初めには1.43台前半まで上昇し、対円でも140円
    に迫る水準までユーロ高が進みました。現在でも1.39台半ばと依然として対ドル、
    対円では強含む気配があります。

    ECBのトリシェ総裁は21日、ラジオでのインタヴューで「予想通り景気回復が
    実現すれば、ユーロ圏の各国政府は2010年にも財政赤字の削減を開始する
    必要がある。」と語っており、ユーロ圏でも独を中心に景気底入れを探る動きが
    活発になってきそうです。

    今週の市場は23-24日に行われるFOMCに注目が集まっているようです。
    声明文に、年内利上げ開始に向けての準備を進めているとの観測を打ち消す
    文言が盛り込まれるかどうかが注目されているわけです。

    大幅な金利上昇は景気回復にやや明るさの見えてきた米経済にブレーキをかける
    ことから、市場では国債買取の増額や金融緩和の長期化を約束する「時間軸効果」
    の導入があるのでなはいかという見方が支配的です。

    FRBが市場から国債を積極的に買い取ってもなかなか長期金利が下がらない一方、
    FRBの総資産が増えバランスを欠くというジレンマからどう抜け出すかも長期金利の
    行方とともに市場は注目しています。

    今週は米国債の入札も多く23日に2年債400億ドル、24日に5年債370億ドル、
    25日には7年債270億ドルのかなりの規模になっており、順調に消化できるか
    どうかが、長期金利に大きく影響します。

    現在の為替相場は米長期金利との相関度を再び強めていることから長期金利の
    行方が相場の方向性を決める一つの重要な指標になっています。

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。