FC2ブログ

円欧州で一時88円01銭を記録。 

台風18号は今朝東海地方に上陸したようです。。

今回の台風は大型で「伊勢湾台風並み」の勢力のようですから

まだ安心するわけに行きません。

夜中には雨音で目を覚ましましたが、6時過ぎに家をでるときには

雨はやみ、朝日が顔をののぞかせせていました。

電車は10分ほど遅れていましたが、無難な通勤でした。

これから列島を縦断しそうです。

東北、北海道地方の皆さん気をつけてください。

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 東京が引けた後の海外市場では、円を含む主要通貨は活発な動きを 見せ、
    円は欧州で一時88円01銭を記録。

  • 藤井財務相の発言が、介入に対して消極的だと受け止められ 円は先週の
    88円23割り込み88円割れ目前まで円高に。

  • その後ドルはオプション取引に絡むドル買いなどから急速に買い戻され、
    89円半ばまで円安に。

  • 引けは88円半ば、と全体的にドル安が進む中やや警戒感も台頭。

  • 7-9月期の決算発表の先陣を切って、アルミ大手アルコアが決算を発表。
    減益ながら内容は好感された模様。

  • NY株式市場はまちまち。ダウは小幅反落し、ナスダックは上昇。

  • 金価格が最高値を更新。引けも1044ドル台に。 通貨不安から先高期待へ
    買いが優勢。

  • 債券相場は10年債入札が好調だったことから上昇し、金利は小幅低下。




本日の注目点
           
  • 日   8月貿易収支 
  • 日   9月景気ウオチャー調査  
  • 豪   9月失業率  
  • 欧   8月独鉱工業生産           
  • 欧   ECB政策金利     
  • 英   BOE政策金利                     
  • 米   週間失業保険申請件数 
  • 米   8月卸売売上高                                             
                    

欧州市場で円高が進み、一時88円01銭まで円が買われました。

昨日の夕刻、藤井財務相が記者会見で、「現行の円高はドル安から来ている。

米国が低金利を続けていることが引き金になっている。」と発言。

これがメディアで配信され、「介入に消極的」と受け取られ、市場はドル売りを仕掛けた

ようです。

これで3~4回ほど同財務相の発言が為替市場で材料視され、実際に円は大きく動いた

わけですが、発言内容を見ると、やはりこれまでの自民党政権下での財務大臣諸氏と同様、

自分の言葉ではなく、「官僚からの受け売り」と思われるような印象があります。

いずれにして「不用意な発言を慎んでください」、というのが市場参加者の声です。



それにしてもドル円の上値は重いようです。

このところの相場展開は朝方ドル買いが入り、仲値決め近辺までは上昇しますが、

その後はドルのじり安が続き、海外市場に向けてさらに加速するというパターンです。

昨日のドル安の流れを観る限り、「NYでの87円台突入は確実」と感じた人は多かった

のではないでしょうか。

ドルはNYが始まる前には一気に、89円45銭まで買い戻されています。

87円台目前という水準だけに、ドルショートポジションも解消されドルの底値を探る動きも

散見されているようです。

昨日のドルの急速な戻しが、ドル大底の「前兆」と考えたい気もしますが、市場の流れは

まだ「ドルの戻り売り」が主流だと言わざるを得ません。



今後の為替相場を読む上で重要な米企業の7-9月期決算が始まりました。

先陣を切ってNY株式市場引け後に決算発表したアルコア株は、その後時間外取引で

上昇しています。

S&P500種全体では24%の減収減益との予想がありますが、金融株については

「増益」との見方があります。

来週14日のJPモルガンを皮切りに決算発表が行われますが、為替にも影響を

与えます。

とりわけ、シティーグループとバンカメの決算には注目です。

両金融機関が大幅な増益となればドルが上昇する可能性があるからです。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。