FC2ブログ

ドル進みユーロなど高値更新。 

金価格が1000ドルを超えてからも堅調に推移していることは

以前この欄でも紹介しました。ちょっとした金ブームです。

現在の価格は概ね3200円~3300円くらいです。

では金の価格はどうやって決まるのでしょうか?

計算式は以下のようになります。

NYの金価格の引値 × TTS ÷31.1=円建てでの1gあたり金売り

相場になります。

因みに、昨日は1055ドル ×90.80÷31.1=3、080

これに消費税を加えますと約3234円ということになりま。

NYなどの金価格はグラムではなくトロイオンズで表示されます。

1トロイオンスは約31.1gですからグラムに直し、

為替レートをかけると円金額が算出されます。

一般的にドルが売られて金が買われると、為替市場でも円が買われます。

金価格が大きく上昇している割には値段が上がらないのは

このあたりに理由があるからです。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 連休明けのNY市場ではドル安の流れが継続。ユーロ、豪ドル、カナダなど高金利通貨、資源国通貨などが買われドルは下落。その流れの中、円も89円43まで上昇。

  • ユーロは対ドルで約1年2か月ぶりとなる1.4876まで上昇。対円でも133円半ばまでユーロ高が進む。

  • 10月独ZEW景況感指数は56.0と市場予想を下回ったものの全体的なドル安の流れに吸収された格好。

  • 金価格は史上最高値を更新。引けも1065ドル台に。

  • 原油価格も小幅ながら4日続伸。

  • NYダウは小幅反落するもナスダックは小幅上昇。

  • 取引終了後に発表されたインテルの四半期決算は、一株あたり利益が市場予想を上回り、来期の見通しも好調だったことから同社株は時間外取引で上昇。


本日の注目点
               
  • 日   9月消費者態度指数             
  • 米   9月小売売上高     
  • 米   FOMC議事録公表(9月22.23日分)  
  • 米   7-9月期決算発表 → JPモルガンチェース         


連休明けのNYでもドル円の上値は重い展開でした。
ドル高値は90円08銭と90円半ばまでは届いていません。
昨日も書きましたようにこの水準を抜けない限りドル安の流れは変わらないという
ことになります。

円は一時89円半ばを割り込み89円43まで買い戻されましたが、このあたりで
大口のドル買いもでたとの報告もあります。
その結果90円台までドルが上昇したようですが90円台を維持できていません。

ただその他の主要通貨を見ると円の買い戻しは限定的だったようです。
ユーロ、豪ドル、カナダドルなどは軒並み高値を更新して上昇しています。
どうやら、ドル全面安の中でも「大きく買われる通貨」と「ほどほどにしか買われない通貨」
との選別が進み、円は後者に属するようです。
これも相対的な金利水準によるところが大きいと観られます。

ドル安の流れは商品相場の上昇をも加速させています。
金はNYコメックスで1069.70ドルまで上昇し連日の史上最高値更新です。

これで年初来から20%も値上がりしたことになります。
また、原油をはじめその他メタルも高値圏で取引されており、景気回復への楽観論から
資源に資金が流れこんでいることが背景です。

しかしその一方で、今朝の報道でもありましたが住宅ローンの延滞が急増している
ようです。しかもその内容はこれまでの「サブプライムローン」ではなく比較的返済力の高い
「プライムローン」での返済遅延です。

失業率の高止まりがその理由の様ですが、今後金融機関に与える影響は融資額が大きい
だけに経営に響いてくるものと思われます。

金融機関の決算が今日のJPモルガンチェースを皮切りに始まります。
現状ではJPモルガンとゴールドマンは利益を積み上げ、シティー、バンカメが厳しいという
見方のようですが、昨日のNY株式市場ではそのゴールドマンの株が大きく売られています。

アナリストが銀行株に対する投資判断を引き下げたことの様ですが、今日からの決算発表
は注目されます。

現在のドル安に対してガイトナー財務長官などから「強いドルは国益につながる。」などの
コメントが時折聞こえてきますが、それほど腰の入ったものではありません。
そのため市場は、「本音」を読みドル回買いでは反応しません。
ドル安は米輸出企業にとって有益だからです。

昨日メリルリンチのストラテジストはリポートの中で、「ドル安は危機に発展しない。」
「ドルの強さを求める声が大きくなることが、G10通貨に対するドル安を終わらせる重要な
要素だ。」と指摘しています。(ブルームバーグ)

「米国は現在ドル安を望まない。」とオバマ大統領も含めた金融当局者が足並みをそろえて
毅然とした態度を示すことがドル反転への第一歩ではないでしょうか。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。