FC2ブログ

ドル買い戻しに、主要通貨大幅安。 


おはようございます。


オバマ大統領が今日来日します。

当社のある東京駅周辺では先週あたりから制服姿の警察官が

ものものしい警戒体制を敷いています。

今年1月20日に大統領に就任して以来10ヶ月後の

初来日です。これを早いと観るか遅いと観るか意見が

分れるところですが、就任当初の支持率は急落しています。

70%を超えていた支持率は現在50%程度まで下がっています。

アフガンでの米兵死者数の増加、金融期間救済への税金の支出、

あるいは医療改革問題などが支持率を引き下げいるようです。

人の心は移り気です・・・。

今日は13日の金曜日・・・・。日柄も今ひとつです。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドルが大半の主要通貨に対して上昇。
    米株式相場が下落したことがドル売りに繋がり、ユーロ、豪ドル
    カナダなどが大幅に下落。

  • NYダウは5日連騰しただけに、利食いの売りが優勢となり
    93ドルの大幅安に。

  • 米新規失業保険申請件数(50.2万件)が予想よりも改善した
    こともドル買いを加速。

  • 金相場はドルがユーロに対して大幅に上昇し、最高値から下落。
    原油相場が原油の在庫増などを嫌気し下落したことも背景となった。

  • 米債券相場は株価の下落で資金が国債に流入したことにより上昇、
    長期金利は低下。






    本日の注目点
                 
    • 日   オバマ米大統領来日(14日まで日米首脳会談)
    • 日   9月鉱工業生産指数   
    • 欧   独 第3四半期GDP      
    • 欧   ユーロ圏 第3四半期GDP
    • 欧   10月ユーロ圏 消費者物価指数
    • 米   9月貿易収支
    • 米   11月ミシガン大学消費者信頼感指数
                           
                                                                


    リスク回避の動きから前日とはうって変わって「ドル買い戻し」が進みました。

    6営業部日ぶりに大きく反落したNY株式市場と米雇用指標改善がきっかけでした。

    NY株式市場では、先週分の原油在庫が予想を上回る増加となったことで

    エネルギー関連株が大きく売られ相場全体の足を引っ張った形となりました。

    NYダウは前日比100ドル近い下げを見せたことで、これまで売られていたドルが

    買い戻され、ユーロ、豪ドル、カナダなどが軒並み売られる展開となりました。



    失業保険申請件数が市場予想より改善していたこともドル買いにプラスに働き、

    4週間の平均では約52万件と、ほぼ1年ぶりの水準にまで改善しています。

    今後はこの傾向が雇用統計、失業率にどの程度反映されてくるのか見極める

    必要があります。

    先週発表された失業率は10.2%とリーマンショック後最悪な状況でしたが、

    米企業が雇用を増やし始めるにはまだ時間がかるとみられています。


    円は、週前半から上抜けできなかった水準であった90円50を一旦抜けました。

    テクニカルでは、昨日89円70レベルを割り込んだことで、サポートラインに

    交わり「底抜け」しそうなシグナルを見せましたが、ドルはその水準から約1円

    反発したことで、一転して上抜けしそうなシグナルに転換しています。

    依然として明確な方向感は出ていませんが、市場は「ドル下落」と観ている参加者が

    優勢なことから、予想外のドル反発も否定できません。

    先週の失業率の悪化からFRBによる「出口戦略」は遠のき、しばらくは

    現行の超低金利政策は続くとの見方から「全体としてのドル安傾向は

    継続しているものの、ドル急反発の可能性もある」ことは意識しておきたいものです。


    ドル買い戻しの動きは商品にも波及し、金、原油なども利益確定の売りに押され

    値を崩しています。

    米株式市場が堅調なことからリスク選好が高まり「リスク選好通貨」「商品」が

    大きく上昇したわけですが、昨日の巻き戻しの動きが一過性のものなのかどうかは、

    米株式市場が握っているとも言えます。

    昨日の下げには「5連騰した後の当然の調整」との見方もありましたが、

    「週末を前にセンチメントを変えるイヤな下げだ。」との声もありました。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。