FC2ブログ

マーケット・プレディクション(12/7~12/11) 

マーケット・プレディクション(12/7~12/11)


■ 今週のレンジ予想 ■


ドル/円  ・・・  87.00 ~ 91.50

ユーロ/円 ・・・ 131.00. ~ 136.00

豪ドル/円 ・・・  80.00 ~ 83.50

ユーロ/ドル・・・ 1.4750 ~ 1.5250



1週間で約6円の値幅。

12月に入ったとたんに相場は大きく動き始めました。

11月最後の金曜日の早朝、円は85円を切り84円82銭まで急騰。

きっかけはその週のFOMCで「現状の為替水準を容認」したことと、
「低金利はしばらく継続」との内容を市場が読み取ったことでした。

「米国は現状のドル安に不満はなく、出口戦略の実施は遠のいた。」
これらを材料にドル売りに拍車がかかったわけです。

そして先週、まず伏線として、日銀が12月1日に臨時金融政策決定会合を開き
「10兆円規模の量的緩和」を決めたました。

これによって円の金利が低下し、円急騰にやや歯止めがかかっていました。

そして先週、12月の最初の金曜日には雇用統計の大幅改善に
ドルは大きく買い戻され、対円では90円78銭まで円安が進みました。

この結果、1週間で5円96銭、約7%と大幅なドル高を記録しました。

直近10月のドル反発局面と比較してみると、10月5日の88円01銭から
10月26日の92円33銭までのドル戻しは記憶に新しいところですが、
この間のドル反発幅は4円32銭、率にして4.9%にとどまっています。

こう観てくると今回のドルの戻りの大きさは、かなりの値動きだったことが理解できます。

しかも今回のドル高はこれまでの動きとは異なっています。

米株式市場などの上昇を背景に、対円ではドル高円安が進んでも、
対主要通貨ではドル安でした。

今回はユーロ、豪ドル、カナダなどの「リスク選好通貨」に対しても
ドルは大きく買われ「ドル全面高」の様相でした。

このように観てくると,足許、ドル円は底値を付けた可能性が高いと思われます。

注意しておきたいのは「目先の底値」をつけたと言っても、ドルがこのまま
上昇チャネルに入っていく可能性は低いという点です。

ポイントとしては、すでに改善傾向にある非農業部門雇用者数が
今回のように大幅な改善傾向を強めるのかどうかです。

その意味では来年早々に発表される12月の雇用統計が相当注目されます。

また、上述の雇用統計の結果をうけ、米2年物国債は上昇し、
徐々にではありますが利上げを織り込むような動きをしており、
これが米短期金利上昇圧力になっています。

日銀による量的緩和の影響から円の短期金利は下落傾向にあります。

今後このドルと円の金利が逆転するのかどうかも、もう一つのポイントになりそうです。

実需のドル売り予約も取り遅れていることから、90円台からの上値は限定的と観ています。
85円~90円へのレンジに戻るという予想が最も妥当な見方かと思います。



■ 今週の注目材料 ■


    12/7 (月)
     
                          
  • 欧 独10月製造業受注
  • 米 10月消費者信用残高      
  • 米 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長講演 

     
    12/8 (火)
               
  • 日 10月経常収支
  • 日 10月貿易収支
  • 日 10月景気動向指数 
  • 日 11月景気ウォッチャー調査
  • 欧 独10月鉱工業生産
  • 加 中銀政策金利発表
  • 米 オバマ米大統領経済演説

     
    12/9 (水)
           
  • 豪 10月貿易収支
  • 欧 独10月貿易収支
  • 欧 独10月経常収支
  • 欧 独11月消費者物価指数
  • 英 英財務相が2010年度財政見通しを演説

           
    12/10(木)

  • NZ RBNZオフィシャル・キャッシュレート
  • 日 10月機械受注
  • 豪 11月新規雇用者数
  • 豪 11月失業率
  • 欧 ユーロ圏ECB月例報告 
  • 欧EU首脳会議(ブリュッセル)
  • 英 BOE政策金利発表
  • 米 10月貿易収支
  • 米 新規失業保険申請件数 


    12/11(金)
     
  • 中 11月工業生産高
  • 中 11月貿易統計 
  • 米 11月小売売上高
  • 米 12月ミシガン大学消費者信頼感指数 
       
                      




※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。
本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

スポンサーサイト

米雇用統計を受け円一気に90円台後半に。 


年の瀬恒例のオリックス川柳大賞が発表されました。

川柳は世の中の流行を捉えながら、そこに風刺を効かせ

5・7・5で言い表しています。

そこには思わず「うまい!」と唸らせるものもあります。

今年の大賞は「家計簿の 損出欄に ダムと書き」でした。

今年、もめにもめた「八ツ場ダム」をうまく使っています。

私が気に入ったのは「小遣いも 妻の基準で 仕分けされ」です。

政権交代のメダマである事業仕分と、、サラリーマンの

悲哀のようなものうまくからませています。。




ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • NY市場ではドルが主要通貨に対して急上昇。
    11月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を
    大幅に下回り、景気が安定した回復にあるとの
    期待感が高まった。

  • ドル円は1999年以来、1日で最大下げ幅を記録。
    4週間ぶりに90円の水準を超えた。

  • 米株式相場は上昇。
    ガイトナー米財務長官が経済成長の回復に伴い労働市場は
    一段と改善するとの見通しと示唆したことが背景。NYダウは
    一時150ドルを超える上昇をみせたものの、引けは22ドル高。

  • 米国債相場は下落。
    国債価格が引き続き下落し、利回りは3週間ぶりの
    高水準となった。

  • 米金先物相場は5営業ぶりに急反落。
    前日比48.8ドル安の1169.5ドルで終えた。
    米雇用統計の発表を受けてドルが対主要通貨で買われたこと
    が金相場の売りを進めた。

  • 米原油先物相場は3日続落。
    前日比0.99ドル安の1バレル75.47ドルで取引を終えた。
    ドルが主要通貨に対し上昇し、ドル建てで取引の行われる原油の
    割安感から売りが優勢となった。

  • 米 11月非農業部門雇用者数 → -1.1万人(市場予想-12.5万人)

  • 米 11月失業率 → 10.0%(予想より改善)










本日の注目点
               
  • 米  バーナンキFRB議長講演
  • 米  10月消費者信用残高

                                                            


「非農業部門雇用者数 マイナス11、000人」
この数字に一瞬「何かの間違いだろう」と思った人は多かったのではないでしょうか?

私しも「一桁違うんではないか?」と思いました。

11月の雇用統計発表でドルは大きく戻し、特に円は一時90円78銭を記録し、
約1ヶ月ぶりとなる大幅なドル高円安になりました。

引け値でも90円半ばとなり。先週末の88円台から、89円、90円と、
大台を二つ超えて円の全面安です。

90円台に乗せてからはオプション絡みのドル買いも入り、一気に90円後半まで
「パニック的なドル買い」が相場を押し上げたようです。

ドルは対主要通貨でも大きく上昇しました。これまで比較的的堅調だったユーロ、
豪ドル、カナダなども大幅に下落しています。

象徴的なのが金相場です。

ここ2週間ほど連日史上最高値を更新し、下げる気配が一向に
見えない状況が続きましたが、ドルに代わる資産として買われてきたことから、
そのドルが大幅高になったことで急落しました。

この日だけで4%強となる49ドルの下げを演じています。

その他商品相場も軒並み値を下げています。

今回の雇用統計では、2日前に発表されたADP雇用者数が
市場予想を下回ったことから、改善はしているものの、マイナス12万人程度
との見方が主流でした。

ただ一部には10万人を切るとの予想もあり先週末のこの欄では、
「ただ非農業部門雇用者数ではかなりの改善が予想されます。」との文言は入れましたが、
ここまでの改善は誰も予想出来ていなかったものと思います。

では、これで雇用者数の減少は底を打ち今後プラスに転じるのでしょうか?

市場の大方の見方と同様、私もそう簡単にプラスに転じるとは思えません。

今回の雇用者数の減少幅縮小は人材派遣部門での雇用者が5万2千人増加し、
改善に大きく貢献しています。

企業は需要回復による必要労働力をひとまず、「非正規社員」で
賄おうという姿勢の現れです。

リストラのピークは過ぎ雇用の減少は止まったものの、新規に採用する
状況には至っていない、と観るのが順当かと思います。

それにしても、ちょうど1週間で5円96銭ものドル反発・・・・・。

11月27日の84円82銭はドルの底値だったのでしょうか?

個人的には、このままドルが上昇気基調に入るとは思えませんが、少なくとも
年内の底値は確認したように思われます。

今回の雇用統計の結果で来年以降の「出口戦略」の実施が多少早まる可能性はあります。

しかし、個人消費、住宅市市場は依然として不透明です。

今後これらの指標の改善も期待できるところですが、やはり時間がかかると観ています。

90円台の定着はいましばらく時間がかかり、85円~90円のレンジに落ち着くのでは
ないかと考えます。

FRBによる利上げが現実化し、カウントダウンを開始するのは、まだ先の話です。


このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。