FC2ブログ

米経済指標大幅改善に円、ドル下落。 

<米、台湾に武器5800億円売却。中国「強烈な憤慨」>

そんな見出しが先週土曜日の夕刊一面を飾りました。

米中関係が極めて厳しい状況になってきたようです。

昨年9月、中国製タイヤがその安さを武器に、米国で急速に
シェアーを伸ばしたことで、米国は中国製タイヤに特別関税
35%をかけることを決定しました。

それに対して中国政府は猛烈に米国を批判しました。

そこへ、「グーグルが中国から撤退を検討」とのニュース。

検閲やハッカー攻撃に正常なビジネスが継続できない
ことが理由でした。

今回の台湾への武器売却で、その関係がますます悪化しうそうな
状況になってきたというわけです。

そういえば米情報サービス会社のユーラシアグループが

発表した2010年の10大リスクを思い出しました。

トップに挙げたのは「米中関係」でした。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 米株式市場が大幅反発したことから、ユーロドルが上昇。
    ユーロドルは昨日約7ヶ月ぶりとなる1.38台半ばまで売られた
    ものの、リスク資産買い戻しの流れに乗り急反発。

  • きっかけは1月のISM製造業景況指数が市場予想を
    大きく超え、58.4と発表されたこと。     

  • 同指標は約5年半ぶりの回復を示し、出口戦略が早まるとの
    期待からリスク資産が上昇。       

  • 円も上記動きに大幅下落。91円目前まで売られたものの、
    先週末同様、この水準が抜けきれず90円60-70で引け。

  • NY株式市場は米経済指標の改善とエクソンモービルの収益が
    予想以上だったことから上昇。NYダウは先週末比118ドル高。

  • リスク資産買い戻しの動きから、金は4日振りに大幅反発。
    原油価格も5日ぶりに上昇。

  • 債券価格は株高から売られ長期金利は上昇。

  • 12月個人所得 → +0.4%

  • 12月個人消費 → +0.2%





本日の注目点

  • 豪   RBAキャッシュターゲット    

  • 米   12月中古住宅販売留保                

  • 米  ボルカー経済再生諮問会議長が議会証言    
                

   
ドル円反発のカギを握っていたNY株式指標が大幅反発しました。
NYダウは先週末から118ドルの大幅高となり、これは1月20以来の
三桁上昇となりました。

きっかけは1月のISM製造業景況指数でした。

市場予想の55.5から大幅に改善し58.4と発表されました。

これは2004年8月以来、約5年半ぶりの高い数字となり、これまでも
好不況の分かれ目である「50」は超えていましたが、大幅な改善を見せました。


項目別では、生産指数は66.2と前月の59.7から大きく改善。

新規受注も前月を大きく上回っています。また、雇用も改善し、これが
今週末の米雇用統計に直接的な影響を与えることはないにしても
将来に明るい見通しを与えそうです。


同指標を受けて、市場は「リスク資産」の買い戻しに動きました。

すなわち、これまでドルと円を買い、ユーロ、豪ドル、あるいは金や原油
などを売ってきましたが、一転して逆の動きが加速しました。

その結果、ユーロ、豪ドル高が進み、円が売られたことから、クロス円は
軒並み大幅に上昇しています。


ユーロドルについては、昨日この欄でも紹介しましたが、結局「200日移動平均線」が
機能したようです。

一時1.38台半ばまでユーロ安が進んだものの、上記支持線を完全に
抜けるには至っていませんでした。

今後は1.4台に乗せるかどうかを見極める必要がありますが、ギリシャの財政問題
はそう簡単に解決するはずもなく、しばらくは一進一退で、再度下値をテストする
可能性もあると言えます。


円は90円を挟む展開に変わりはないようですが、91円手前で2度折り返して
いるのが気になります。

先週末のGDPと昨日のISM製造業景況指数で、両指標の大幅改善にも
かかわらず抜け切れていません。

本日の日経平均は上昇が予想され、ドル高円安が進むと予想しますが、
91円台に乗せるるかどうかに注目したいと思います。


豪ドル円も昨日のNYでは急反発しています。

こちらも「日足」の200日移動平均線で見事に止められ、反転していますが
戻りは81円台半ばと観ています。

豪ドルについては本日12時半にRBA政策金利発表がありますが、
現時点では25bpの利上げが有力です。

その場合の上昇は、ある程度限定的と観ますが、逆に見送られた場合の
リスクは大きいと予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。