FC2ブログ

FRB議長。利上げに言及でドル高。 

被害が一向に無くならない「振り込めサギ」。
警察も、金融機関もいろいろな対策を打ってきましたが
被害額も300億円近い金額になるとか。
千葉県の銀行3行が共同で、ATMのそばに来ると
ケイタイ電話が使えなくなる、新しいATMの設置に
踏み切りました。
ケイタイ電話でで指示を受けながら振込手続きを
行うことから、使えなくなくことで被害は減りそうです。
ただ、同時にお年寄りといえども、家族や親しい友人の
ケイタイ番号は事前に登録し、それ以外の電話は取らない
くらいの自己防衛は必要です。




ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • バーナンキFRB議長が出口戦略に関する見方を
    公表。「遠くない将来」に利上げを示唆したことで
    ドル円は上昇し、一時90円台乗せを示現。
  • 一方で、現状では引き続き金融緩和継続は必要との
    見方も示す。
  • 米利上げが早まるとの見方からユーロなどの主要通貨
    も対ドルで下落。クロス円は円安傾向に。
  • 利上げは「株式市場には「マイナス要因である「ことから
    NYダウは一時90ドルを超す下げをみせたが、引けは
    20ドル安で1万ドルの大台はキープ。 
  • 金は小幅反落し、原油は続伸。    
  • 12月貿易収支 → 401.8億ドル赤字(前月比赤字幅拡大)





本日の注目点

  • 豪   1月失業率 
  • 中   1月消費者物価指数    
  • 欧   ECB月例報告      
  • 米   1月小売売上高    



   
昨日の東京では一瞬、90円台の乗せる場面はありましたが、すぐに売りに押され
ずるずると後退。
夕方には日経平均の上げ幅が縮小したのを眺めながら89円台半ばまでドルが
下落しました。
NYでもほぼ同じような動きでしたが、バーナンキ議長の「出口戦略」についての
見方が公表され、一転ドル全面高の展開となりました。
それでもドル円の高値は90円07銭です。
日足のローソク足を観ると、90円10銭が「100日移動平均線」で頭を押さえており、
目先はこの水準を完全に上抜けできるかどうかにかかっています。
中期的なトレンドは依然としてドル安円高の中、「短期的にはドルの上値をトライ」
している、そんな状況かと思われます。

バーナンキ議長は「遠くない将来」に利上げを行うことを示唆したものの、実施時期については
言及を避けました。
また、現段階では景気は回復基調にあるものの、先行きに不透明感があることから
低金利政策はしばらく継続との見方も示しました。
FOMCの政策委員の中にも「利上げすべし」との意見がで出ており、先の会合では
低金利継続に反対票が投じられたことなどに対応したものと言えます。

ギリシャの財政問題は昨日、EUの10ヶ国財務相会合が行われ、ギリシャへの財政支援
についての事前打ち合わせが話し合われた模様です。
会合後の会見ではドイツ代表が救済には否定的な見方を示したことからユーロは
下落しています。
本日(11日)にはギリシャで60万人の公務員が加盟する、公務員労組の24時間
ストライキが予定されています。
同時に、本日行われるEU首脳会議で具体的な支援策が発表されるかどうかで、
ユーロが反発するかどうかが決まりそうですが、不透明感はぬぐい切れていません。

PCの具合が悪く、今朝のコメントはアップが遅れています。

9時半には注目のオーストラリアの雇用統計が発表されました。
失業率は5.3%。新規雇用者数は5.27万人と、いずれも事前予想より大幅に改善です。
この結果、来月のRBA政策会合では再び利上げの可能性が高まってきました。
豪ドル円が80円台を回復し、安定する日も近いと観ています。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。