FC2ブログ

ドル円、約1ヶ月ぶりの91円台半ばに。 

90円台でのもみ合いが続いているドル円ですが
今年の年末の相場予測をブルームバーグが調査しました。
それによると、世界の金融機関37社のうち
年末の相場を100円以上の水準とみているところは
18社と、約半分でした。その中で最安値は118円です。
一方、円の最高値は87円でした。
そして平均値は98円ということです。
言いかえれば、現在の90円台は「ほぼボトム圏」だという
ことになります。
これが正しいかどうか、10ヶ月後には答えがでます。


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 発表されたFOMC議事録では「出口戦略」について本格的に議論されて
    いたことなどが明らかになり、ドル買い繋がった。
  • 円は一時91円39銭と約1ヶ月ぶりの水準まで下落。テクニカルでも
    ドル買いを示唆。
  • ドルは全面高となり対ユーでも前日比150ポイントも上昇。
  • 加えて、この日発表された米経済指標は概ね良好。ドル買い戻し
    を後押し。  
  • NY株式市場も続伸。ダウは40ドル高で10,300ドル台を
    回復。
  • 株式市場が上昇したことで債券相場は下落、金利は大幅に上昇。 
  • 金、原油ともに小幅続伸。
  • 1月住宅着工件数 → 59.1万件(前月比2.8%増)
  • 1月鉱工業生産 → +0.9%
  • 1月設備稼働率 → 72.6




本日の注目点

  • 日   白川日銀総裁会見      
  • 欧  2月ユーロ圏消費者信頼感指数 
  • 欧   ECB理事会        
  • 米  1月生産者物価指数
  • 米   週間失業保険申請件数
  • 米   2月フィラデルフィア連銀景況指数
  • 米   1月景気先行指数      
  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演   
              


   
円は2月3日以来の91円台前半まで売られています。
NY引け後、東京時間朝6時ごろには91円39銭までドル高円安が進みました。
値幅も無く、方向感もはっきりしませんでした。
しかし、今週初めあたりからは「三角保ち合い」(さんかくもちあい)を徐々に形成し
どちらか、一方方向に抜ける前兆を漂わしていました。
昨日のこの欄でも、ドル円は上値上抜けする可能性が出ていたことを書きましたが、
結局上抜けし、昨日の水準からちょうど1円ドル高円安に跳ねたことになります。

1円のドル高円安はこのところの円の値幅からすれば結構な値幅で、90円を挟む展開
から「90-95円のレンジ」に移行した可能性も出てきました。
背景はギリシャ問題が一服し、米経済誌指標に強気な内容を示す結果が出てきたことで
日本を含む世界な株価上昇に繋がっていることが挙げられます。
昨日も米経済指標は堅調でした。1月の住宅着工件数は6ヶ月ぶりに高水準でした。
また1月の鉱工業生産も7ヶ月連続のプラスでした。

このあたりがドル買い安心感に繋がっているものと思われます。
しかも、昨日はこれまでの展開とは異なり、主要通貨に対して「ドル全面高」の
展開で推移しました。
また、ドル買いを推進したもう一つの背景は昨日発表されたFOMC議事録です。
議事録では「出口戦略」について本格的に議論されていたことが明らかになり、
一部のメンバーからは、近い将来資産売却プログラムを開始することを求めていた
ことも分りました。
先のバーナンキ議長の発言にもこれらを裏付ける発言があり、FRBとしても
今後失業率の低下が数ヶ月続けば利上げに踏み切る可能性が以前より高まっている、と
見ることができます。

さて、ようやくドル円も動き出したようです。約1ヶ月ぶりの91円台前半ということで
早朝より実需のドル売りが出ているためか、ややドルが押し戻される形になっています。
トレンドラインを観るかぎりドル円は上抜けしており、ドル上昇を示唆しています。
現在は「一目均衡」の雲の中にあり、91円50を抜ければ雲の上限を上抜けします。
また、やや長い足では現在のレベルが「週足」でのトレンドラインに絡んでおり、
重要な転換点にいることを示しています。
実需のドル売りをこなし、もう一段ドル高になるにはさらなる「ドル買い材料」が
不可欠です。

ドル円の特性上、一気に上抜けするとは思えませんが、もみ合いを継続しながら
ドル買い材料をバネに上値を試す可能性は十分あると観ています。
来週24日(水)にはバーナンキ議長の下院金融委員会での証言が予定されています。
「出口戦略」の実施に向けた具体的な経済指標の目標値が出てくる可能性もあります。
ドル高に弾みがつくのか、あるいは長期のドル安トレンドは変わっていないことから
再びドルが押し戻されるのか、重要な値位置にいると言えます。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。