FC2ブログ

FRB議長の議会証言にも円90円を挟む展開。 

最近気になることに、当社は大手銀行グループですよ、
という宣伝をするサラ金会社を見かけることです。
「○○フィナンシャルグループの××です」というやつです。
大手金融グループの一員だから安全ですよということです。
先日も電車で「10万円借りても1ヶ月の利息はわずか1500円です。」
という広告を見ました。
月に1500円というとわずかなようですが、年間では
1万8千円になります。つまり10万円借りて年間
1万8千円の利息ですから年率18%。
現在の預金金利を0.2%とすれば
何と90倍に高金利になります。
さすがサラ金、借りさせる手法も巧妙です。








ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • バーナンキFRB議長は議会証言で米景気は回復基調に
    あるものの、住宅、不動産市場に不透明感があるとし、
    現行の低金利政策の継続に言及。
  • この証言をうけドル円は90円台を割り込み、一時89円76銭まで
    ドル安が進む。
  • 1月の新築住宅販売件数が市場予想を大幅に下回ったことも
    ドル売りに繋がる。
  • 前日同様リスク回避の動きからユーロ、豪ドルなども一時
    大幅安に。ユーロ円はギリシャでの大規模ストの影響もあり再び
    121円台まで下落。
  • 株式市場では議会証言での低金利継続を好感し大幅に上昇し、
    前日の下落幅を取り戻した格好に。NYダウは91ドル、ナスダックも
    22ドルそれぞれ上昇。
  • 債券相場は前日とほぼ同水準。株式相場が堅調だったこともあり
    ドル円は90円台前半に戻して引け。その他主要通貨も下落幅を回復して
    取引を終えた。
  • 金相場は3日続落、原油価格は上昇し80ドルを回復。


本日の注目点

  • 欧   2月独失業率  
  • 欧   2月ユーロ圏消費者信頼感          
  • 米   1月耐久財受注 
  • 米   週間失業保険申請件数 
  • 米   12月住宅価格指数
  • 米   バーナンキFRB議長上院で議会証言   


バーナンキFRB議長の下院での証言はある程度予想された内容で終えました。
米経済は回復基調にあるものの、それは「初期段階」であって依然として
住宅、雇用市場では不透明感が残り、異例な低金利政策の継続は必要との認識を
示しました。
さらに先週の公定歩合引き上げに関しては、「金融政策変更のサインとみなすべ
きではない」と、あえて釘をさす発言を行っています。市場では「当面出口実施
の可能性はない」との見方から、ドル売りに傾きました。


しかし、この内容は予想の範囲内であったことからドル売り一巡後は買い戻しも
入り90円台前半と、前日と同じ水準で取引を終えています。
米金利はしばらく上がらないことでドル売り材料の一方、ユーロもギリシャでの
大規模ストライキが伝えられ、こちらも売り材料。
結局、消去法から円が買われる展開になっています。

この日発表の米1月新築住宅販売件数は、事前予想が35万件だったものが
30.9万件と、過去最低を記録しました。昨年7月から4ヶ月連続で40万件台
を維持していたものが、昨年12月には35万件台に落ち込み、さらに今年に入っ
てもう一段の落ち込みをみせたことで、米住宅市場は再び底割れする可能性も出て
きました。背景には、高失業率が続いていることで収入が減少し、住宅ローンの差
し押さえ件数が急増していることが挙げられます。
この結果、中古住宅市場では供給が増大し、価格が下落。
収入の減少で新築住宅に手の出ない購買層は価格の安い中古住宅を購入する、とい
う悪循環に陥っている状況が続いているようです。

ユーロ円は徐々に上値を切り下げてきており、週足の「MACD」でもゼロの軸を
下回る展開になってきました。
ギリシャ政府は来月16日までにEUに対して財政再建に向けた具体案を提出しな
ければなりません。
アイデアとしては、消費税の引き上げ、公務員給与の削減、あるいは酒税、たばこ
税の大幅引き上げなどが検討されているようですが、観光以外にこれといった産業
をもたないギリシャにとってこれまでの放漫財政の改善はかなり困難なようです。

一部には政府が国債を発行し、その国債にECBあるいはIMFの「保証」を付け
発行コストを下げるとの案もあるようですが、投資家がどこまで興味を示すか疑問
です。ただ、通貨ユーロがさらに売られる状況になれば、ギリシャ一国の問題では
なくなりユーロ圏としての対応も迫られ可能性も出てきます。
既に今回の投機的なユーロ売りに対してドイツのメルケル首相は「市場が世の中を
決めるわけではない。」と発言したり、他のユーロ圏諸国首脳も懸念を表明してい
ます。来月16日まで不安定な相場展開は避けられません。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。