FC2ブログ

ADP雇用者数マイナスにもドル円堅調。 




郵貯銀行の預け入れ限度額が2000万円までに
引き上げられました。
それも最後は鳩山首相の「総合的判断」で決まって
しまいました。閣内には反対の意見が多くあったものの
かの根拠も示さず決まったことになります。
亀井大臣がいつものようにゴリ押しすれば、
結局折れてしまう総理。
私には、この二人関係が「のび太とジャイアン」に
見えてなりません。



ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 東京取り引き時間に93円60までドル高円安が進み、
    ドル年初来高値期待もあった中、欧州市場では一転してドル下落。
  • ユーロドルが上昇しドル安がに引っ張られる形で、円も93円割り込み
    NYでは米経済指標が予想より悪化していたこともあり92円80まで
    円買いが進む。
  • しかし、このところのドル高円安傾向は変わらず、ロンドンフィキシング
    で、対ドル、ユーロに絡む円売りが加速。再びドルが買い戻され
    高値93円64銭を付けた後、ほぼドル高値圏で引け。
  • NY株式市場はADP雇用者数の減少を嫌気して軟調。
    今週末はイースターで株式市場が休場になることから
    ポジション調整の売りも株価の頭を押さえた。
  • 金、原油価格ともに続伸し、原油は約1年半ぶりの高値を記録。
  • 3月ADP雇用者数  → ー2.3万人
  • 3月シカゴ購買部協会景気指数 → 58.8(市場予想を下回る)
     



    本日の注目点


         
    • 日   日銀短観
    • 中   3月中国製造業購買担当者景気指数
    • 欧   2月貿易収支                        
    • 米   週間失業保険申請件数
    • 米   3月ISM製造業景況指数      




    円安傾向が一気に高まりました。
    昨日は東京時間に今年1月8日以来の93円60までドル円が上昇し、
    ドルの年初来高値93円78銭がいよいよ手の届く位置に来ました。
    これまでのドル高はほぼNY時間で記録され、東京はほとんど「蚊帳
    の外」だった感もありましたが、昨日はストップロスのドル買いも巻き込
    み東京でドルが上昇しました。
    通常実需のドル売りが持ち込まれやすい東京取引時間内で年初来
    高値付近までドル買いが進んだことが、今の市場の「地合い」を現し
    ているような気もします。
    今日から4月ですが、今月中にも95円台乗せがあると観ています。

    ドル高ユーロ安の流れが根底にあり、円も売られやすい状況にあった
    わけですが昨日の海外ではユーロが急速に買い戻され、対円では1
    26円半ばと、約2ヵ月ぶりの水準までユーロ高が進んでいます。
    しかし、ユーロは対ドルではそれほど上昇しておらず、円の「独歩安」
    です。
    円が売られ易い状況は分かりますが、ユーロが今後も強含むとは思え
    ません。これまでユーロに対して「総弱気」で、投機筋のポジションも過
    去最高規模のユーロ売りに傾いてことによる「反動」と考えます。
    長期的なユーロ「下落傾向は変わらず」、足元ではそれ以上に円安が
    進んでいることがユーロ高円安の要因と観られます。

    先週後半から、昨日までにかけて投機筋のドル売り円買いポジションは
    相当縮小したものと思われます。
    シカゴIMMの通貨先物ポジションは「CFTC」(商品先物取引業協会)
    が毎週金曜日に発表しますが、来週の発表がある意味楽しみです。
    場合によっては「ドル買い円売り」のポジションに転換している可能性も
    あります。

    さて、「週足」での長期下落トレンドラインを上抜けしたドル円ですが、テ
    クニカルで観る限り下落リスクはほとんどありません。

    一目均衡の「遅行スパン」も上抜けし、あえて探せば「雲が」が上方に掛
    かっており、現在「雲」の中を上昇中です。
    95円の前半が抜ければ「雲」の上限を抜け、その上は「快晴」ということ
    になります。

    昨日のADP雇用者数は、市場予想に反してマイナス2.3万人でした。
    市場は4万人のプラスと読んでいただけに発表後、ドル安が進み92円前
    半あたりまでドル売りが加速するのではと観ていましたが、見事に反発しド
    ル買い意欲の強さを見せつけられた格好となりました。

    テクニカルではドル買い推奨ですが、週末の雇用統計の内容次第ではま
    だ分かりません。ネガティブな内容に加え、93円台半ばを示現したことで
    「達成感」が台頭するようだと92円程度までのドル下落も考えられなくはあ
    りません。
    また、「リスク先行」の源泉になっている米株高が予想外の大幅下落に見
    舞われればドル安に繋がります。
    週末には米株式市場は休場のため、今夜が今週最後の取引日になります。
    月に一度のお祭り騒ぎは間もなくやってきます。




スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。