FC2ブログ

ユーロ買い戻しに円も連れ高。 

米通商代表部(USTR)、米国通商交渉の総合窓口です。
この機関は大統領直轄で、代表は相当な権限を持っています。
かつて、橋本龍太郎氏が通産大臣だったころ、USTR代表は
ミッキー・カンターでした。
橋本氏が剣道の有段者であったことから、カンターは竹刀
を橋本氏に贈り、氏はその竹刀を自分の首に差す真似を
したことが新聞などで伝えられ話題を呼んだものでした。
そのUSTRが再び日本の通商問題を攻撃しそうです。
郵政見直しと米国産牛肉、それに自動車購入支援制度です。
それぞれ、米金融機関、畜産業者、自動車業界の利益を代表して
問題視していることは明らかです。
かつて橋本氏は、カンターをして「タフネゴシエイター」
(手ごわい相手)と言わしめました。
現在の鳩山内閣に「手ごわい」人はいるでしょうか?


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 円は 米経済指標の発表がなかったことで小動き。
    93円台後半まで上昇する場面があったものの、ユーロが
    対ドルで強含んだことで連れ高となり、93円10銭近辺で引け。
  • ユーロは、格付け会社フィッチがギリシャの格付けを2段階
    引き下げたものの、ユーロ圏諸国が同国に対し最大450億ユーロ
    の融資を行うことで合意との報道から買われ、対ドル対円で
    上昇、対円では125円台後半に。
  • 全般的にドル安が進み、このところ上昇している豪ドル、カナダ
    などもを利食いの売りに押された格好。
  • NYダウは2008年9月以来の一時1万1千ドル台に乗せたが、
    引けは70ドル高。ギリシャ支援の報道を好感。
  • 米債券相場は低金利継続との見方から買い物を集め続伸。
  • 金は大幅高、原油は3日連続の小幅下落。


           
    本日の注目点


         
    • 日   日銀金融政策決定会合議事録要旨(3/16,17日分)  
    • 米   3月財政収支

          



    円は先週末のアジア市場ではじりじりと売られ、93円台後半を伺う動
    きでしたが、NYではユーロ高に引っ張られる形で93円10銭まで買い
    戻されています。 先週は94円79銭までドル高が進んだものの、95円
    の「壁」は抜けず、手前で押し戻され、週央には92円82銭まで下落し
    結局93円台で落ち着いたようです。
    目先、上値を試して押し戻されたことから、今週はどこまで下値がある
    のかを試す展開と予想しています。

    先週、バーナンキ議長は講演で「住宅と商業用不動産市場が依然とし
    てリスク」であるとの認識を示したことと、中国の元切り上げ観測が高まっ
    たことからやや円を買い戻す動きが優勢になりました。

    90-95円のレンジに完全に収まったことで、ドル高傾向が高まるなか
    「一気に円売りが進む状況ではない」といったところでしょうが、一方で
    3月中旬までのように円買いを積極的に進める状況でもありません。

    米長期金利の先高観もあり、暫くは91円ー94円でのもみ合いが続く可
    能性が高いのではないかと見られます。

    今週の焦点は円でもユーロでもなく「元」かもしれません。
    先週8日ガイトナー米財務長官は急遽北京に飛び、中国王副首相と
    会談しました。具体的内容は明らかにされていませんが、「元切り上げ
    に関する話し合い」も、あったに違いありません。
    今週12日に米中首脳会談が行われるため、「その前にある程度の合意
    」が必要だったと見られます。

    米国が中国を「為替操作国」に認定する判断を先延ばしにしたことも、今
    回の「ガイトナー緊急訪中」に密接に関連していると思われます。
    中国政府の大規模な金融緩和と景気刺激策によって、今や中国経済が
    世界経済をけん引していると言っても過言ではありません。
    その結果、中国は再び10%近いGDPを達成しつつあります。

    しかし中国はその副作用として、土地、株式等に「バブル」を生んでしまっ
    たわけです。「元切り上げ」は中国の輸出競争力を低下させるという面は
    ありますが、一方で輸入物価を押し下げる「効果」もあるわけです。

    中国国内の一部のシンクタンクでもそのような効果もあることを既に発表し
    ています。現在元の対ドル相場は1日の値幅が上下0.5%に抑えられて
    おり、実質的には固定相場状態です。

    近いうちに元切り上げがあるとすればこの幅を「緩やか拡大」する方向で
    中国政府が受け入れる可能性が高いと見ていますが、円に与える影響と
    すれば、やはり円買いに振れるのではないかと思います。

    今週の「日経ヴェリタス」紙も「人民元Xデーの衝撃」との見出しをトップに
    掲げています。元切り上げへのカウントダウンは既に始まっているかもしれ
    ません。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。