FC2ブログ

ドル円94円半ばを試すも95円に届かず。 

ゴールデンウィークまっただ中ですが、皆さん旅行中ですか?
もしかしたら、このコメントを旅行先で読んでいらっしゃる方も
いるのではないでしょうか・・・。
今年のゴールデンウィークは全国的にも天候に恵まれ
青空に下、リフレッシュできているようです。
風薫る5月に入りましたが、今朝、季節の変わりめを
感じる、小さな出来事がありました。
毎朝、通勤する駅にくるとすぐ目の前を「ツバメ」が勢いよく
飛んでいるのを発見しました。
10年ほど前から駅に続くデッキの下に巣を作り
毎年この時期になると元気なツバメの姿を見ていましたが、
もう、そんな時期になったわけです。
これからしばらく子供ツバメが巣立つまでその姿を
観ることができます。
神宮球場のツバメはいまだ飛び立ちませんが・・・。


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 円はNY市場朝方94円59銭まで売られ、このところの安値近辺で
    もみ合ったものの、94円50から95円丁度にかけては
    ドル売りが控えているとの観測もあり前回同様、ドルの高値更新に失敗。
  • 米第1四半期GDPは3.2%と発表され、市場予想をやや下回った
    ことからドル売りが優勢に。またNYダウが急落し、下げ幅を拡大した
    こともドル売りにつながり、円は94円を割れて引け。
  • ユーロドルは1.32台後半から1.33台前半で小動き、
    来週2日から始まるユーロ圏の緊急協議の結果を見たいとの雰囲気と、
    週末ということもあり積極的な取引は見られなかった。
  • NY株式市場は米検察当局がゴールドマンへの捜査を開始した
    との報道に、金融株を中心に下げ幅を拡大し前日比153ドル安
    と再び大幅安に。このところ上げ下げともに値幅の振れが大きい。
  • ドル安から金、原油ともに続伸。金価格は直近高値を更新。
  • 米債券は株安から大幅に上昇。長期金利は約5週間ぶりに
    3.65%台まで下落。
  • 第1四半期GDP(速報値) →  3.2%(市場予想をやや下回る)
  • 4月シカゴ購買部協会景気指数 → 63.8(市場予想は60.0)
         


    本日の注目点

    • 日   休場(憲法記念日)
    • 米   4月ISM製造業景況指数
                        




    先週末のドル円は94円半ばを超えてきましたが95円には届きません
    でした。これで94円台半ばを試すこと4回・・・・。なかなか抜けません。
    94円半ばから95円にかけては実需を中心にドル売りが並んでおり、
    かなりのパワーがないと、大量のドル売りをこなして95円台に乗せるのは
    難しそうな状況です。

    ドルが大きく売られる地合ではないにしても、95円台は近いようで遠い印
    象ができつつあります。

    ユーロ圏財務相は2日に緊急の会議を開き、ギリシャへの資本支援策で
    合意しました。
    EUとIMFはギリシャに3年間で1000億ー1200億ユーロ規模の融資
    を行うことを決めました。
    一方、ギリシャ政府はそれに答える形でGDP比財政赤字を2014年には
    現在の13.6%から2.6%に抑えなければなりません。
    付加価値税の一段の引き上げと手厚い年金給付を削減しなければなりま
    せん。今からその実現性を懸念する声もあります。

    何よりも、財政支出をGDPの1割を上回る規模で削減しなければならず、
    同国のGDPは今後数年マイナス幅を拡大していくことは必至です。
    ユーロ圏全体に与える影響は軽微だと思われますが、
    ポルトガル、スペインの国債も引き下げられたことで、この2国にも同様な
    財政政策が
    課せられるようになると、ユーロ圏全体にとってもかなりの重石になってき
    そうです。ギリシャの厳しい財政運営を考えると、今後とも通貨ユーロが浮
    上するには相当な期間が必要と思われます。

    豪ドル円が先週末88円台まで上昇し、約1年2カ月ぶりの高値を記録しま
    した。
    商品市況が高値で安定し、オーストラリア国内もインフレ懸念が台頭したこ
    とで明日4日のRBA政策決定会合では再利上げに踏み切るのではないか
    との観測が強まっています。
    相場は今後も強含んで行くものと観ていますが、テクニカルでは「週足」の
    「200日移動平均線」に絡んでいて、抜けきっていません。
    これで6週連続で200日線に絡んでおり、見方を変えると頭を押さえられ
    ているようにも見えます。
    明日の利上げで一気にこの線を上放れるのか、あるいは利上げ見送りから
    200日線を抜けきれずに押し戻されるのか、今後の方向性を示唆する可
    能性があります。
    豪ドル円は一旦調整すると、「3-4円ほど」調整する傾向があることは記憶
    しておきたいところです。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。