FC2ブログ

ユーロドル一時1.2110と4年ぶりの安値。 

牛丼といえば、今やデフレの象徴です。
安くて、簡単に食べられることから若者には
人気の「定番」です。
その牛丼屋さんに最近、若い女性が一人で
もくもくと牛丼を食べて居る姿を見かけます。
一昔前なら、まず見られなかった光景です。
周りの眼を余り気にせず、いいものはいい、という
姿勢の現れでしょうか。
そういえば「立ち飲み」の居酒屋でも
ときたま見かけます。
そのような居酒屋は結構コストパフォーマンスが
いいようです。
なにしろ女性の眼は厳しいですから。




ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ユーロドル主導の展開が続き、連休明けの海外市場は
    乱高下。
  • ユーロドルは欧州勢が参入すると下げ足を早め1.22台後半から
    1.21台に突入。先週記録した1.21台半ばの直近安値を意識する
    展開に。
  • フランス国債の格下げなどの噂もあり、ユーロドルは1.21台
    半ばを割り込み1.2110まで売られ、約4年ぶりに安値を更新。
  • 円もユー円の下落に引っ張られ、対ドルでは90円半ばまで上昇。
    ただ、先週に比べ上昇のスピードは緩やか。
  • NY市場に入るとユーロ一転買い戻しが優勢に。ユーロドルは一気に
    1.23台半ばまで反発する大相場に。
  • 欧州や中国に不透明感が残る中、NYダウは大幅続落。連日100ドルを
    超える下落を見せる。
  • 金は続伸、原油は反落。債券相場は株式が下落したことから上昇。
  • 5月ISM製造業景況指数 → 59.7(前月より悪化したものの、市場予想を
    上回る)
  • カナダ中銀はG7諸国の中で初の利上げに踏み切る。0.25% → 0.5%
      


    本日の注目点

    • 豪   第1四半期GDP         
    • 米   中古住宅仮契約      




    ロンドン、NY市場が連休を終え戻ってきました。
    相変わらずユーロドル主体の相場展開になりましたが、値幅が大きく
    乱高下しています。
    これまでにもこの欄で、ユーロドルは創設以来の高値からの半値戻しにあたる
    1.2134が重要な節目になると指摘してきましたが、昨日の欧州市場では
    このレベルを割り込みました。
    ただ、その後のユーロドル安値は1.2110と、予想していた程は下げず、
    むしろ、NY市場がオープンすると一気に買い戻しが進みました。
    かなり危険なレベルまで下落はしたものの、市場で言われている1.2を割り込
    むにはさらなる悪材料が必要ということでしょうか。
    しかし、ユーロドルは1.23台まで反発したものの、その後高値から100ポイント
    以上も下落し引けていることを考えると、やはり「ショート筋の買い戻し」が主体
    であって、依然としてトレンドは下落基調であることが確認されたように思えます。

    また、昨日のフランス国債格下げなど、悪い噂が出やすい状況も変わりありませ
    ん。ユーロ圏全体の失業率も再び拡大し始めており、今後数ヵ月後に報告され
    る経済指標は、景気の悪化を示している可能性が高いと思われます。

    一方円は北朝鮮問題や政治的混迷を受けてその上昇力はやや緩やかになっ
    てきたように見えます。
    昨日も一時90円半ばまで買われる場面もありましたが、その後ユ-ロが反発す
    ると約1円も下落し、一気に90円を割り込む状況ではなくなってきたようです。
    この傾向はドルサイドからも確認でき、昨日発表のISM製造業景気指数は59.
    7とこの10ヵ月連続で拡大しています。
    内容を見ても雇用指数は59.8と、2004年5月以来の高水準を記録し、
    「製造業を中心に回復ペースは速い」(ブルームバーグ)との見方が支配的で
    景気回復は巡航速度で進んでいるようです。
    このところ米利上げ観測はやや後退していますが、少なくとも欧州より、日本。
    日本より米国、との見方は定着しつつあります。

    今週末の雇用統計でも既に50万人プラスとの事前予想がでています。
    国勢調査のための人員が含まれているとしても、ネットで20万人以上の雇用
    増が
    見込まれています。
    失業率も昨年10月の10.2%をピークに半年を経過していることから
    そろそろ、雇用者数の増加に見合った数字が見込めそうです。
    ユーロドルでは「ドル高」が鮮明なことからドル円でも緩やかに「ドル高」が
    進んでくる可能性を残していると思えます。
    米利上げ観測が大きく後退しなけば、という条件付きにはなりますが。

    欧州の大混乱の陰に隠れてしまった感もありますが、中国の人民元切り上げ問
    題は少しずつ実現しそうな状況になってきています。
    中国の李副首相は1日、共産党理論紙に「人民元の相場形成メカニズムの改
    革をさらに進める必要がある」と寄稿しています。
    欧州の金融システムが危機にさらされている状況の中、中国が元切り上げを実
    施したら世界的な混乱に繋がることから、中国当局も様子を見ているものと思わ
    れます。
    欧州問題がある程度落ち着きを取り戻せば、市場は再びこの問題に注目し始め
    ることは間違いないところでしょう。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。