FC2ブログ

円動かず、88円台半ばで推移。 

車好きの方ならご存知ですが、トヨタで最も高価な車は

「レクサスLFA]という車です。

世界で500台限定販売のラグジャリースポーツカーです。

値段は3750万円もします。

日本では165台販売しますが既に完売されていて、

生産開始が今年12月から2012年12月までですから

実際に受け取るのは2013年以降です。

V10エンジンで500馬力、最高速度320キロと、

世界最高水準の夢の車です。

それにしても、価格が3750万円ということは、

消費税分だけでも普通車1台が買えてしまいます。

どんな人達が乗るんでしょうか・・・。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場






  • ドル円はアジア市場で堅調に推移。NY市場でもその流れを継続し

    88円68銭まで円安に。値幅はわずか30銭程と限定的。

  • 日曜日の参院選で民主党の過半数獲得が困難との予測に

    円がやや弱含む展開に。

  • ユーロなどの主要通貨は前日同様、ドルに対して上昇。

    株価高等を背景に引き続きリスク回避の流れが後退。

  • カナダドルが好調な雇用統計発表を受けて上昇。

  • NYダウは59ドル高と4日続伸。債券は小幅続落で

    長期金利は上昇。

  • このところ調整色を強めていた金は大幅反発。原油価格も

    3日続伸。


    本日の注目点



    • 欧   ユーロ圏財務相会合   

    • 米   第2四半期決算 →アルコア    






    先週一時87円を割り込む水準にまで続伸した円は、週末には88円半ば

    を超えるレベルまで弱含んでいます。

    NY株式市場の急反発をきっかけに日本を含む主要国で株高となり、これ

    までは株安から円が買われていたことから、株価が出直ったことで巻き戻し

    の動きが優勢となったことが主因です。

    さらに、昨日行われた参院選では、事前の報道で「政権与党の民主党が

    過半数に届かない」との予測もあり、円はじり安の展開となりました。



    参院選ではその予測通り民主党の敗北結果に終わりました。、

    菅総理は「消費税10%が唐突で、説明不足だった」と敗因を分析してい

    ました。

    今朝早く、88円83銭まで円は売られましたが、今のところ円への影響は限

    定的のようです。今回の民主党の敗北で、政権運営が難しくなるのは明らか

    です。

    円安要因ではありますが、株価への影響も考えると、今回の結果だけで円が

    大幅に下落する可能性は少ないと思われます。

    影響があるとすれば、今後連立の枠組みを模索するなかで、混乱するような

    ことがあると、その点を突かれることは考えられますが、「みんなの党」などの出

    方も含め注視しなければならないところです。



    今週は14日にFOMC議事録が発表になります。

    先週までの米経済指標はさんざんでした。

    その内容を踏まえ、FRBが現状の景気認識をどのように示すか注目されます。

    利上げ実施の時期は既に後退していいます。

    「二番底」への懸念を示すのか、あるいは景気回復への過程にぶれがないとの

    認識を示すのか市場の見方も分かれているようです。

    先週半ばまでは円のジリ高が続き、90円が徐々に遠くなる展開でした。

    仮に政局の混迷など円安材料がでたとしても、この理由だけで一気に90円を超

    える動きは考えにくいところです。

    そもそも円自体の材料には反応しにくいのと、これまで円は大幅に下落すると必

    ず反発していました。

    輸出など、実需の取り遅れや、今回の欧州危機のように、金融市場での混迷から

    円が買われるなど、円の一方的な下落はなかったと言えます。

    今回は株価が出直ったことからやや円売りが優勢とななっていますので、今週も

    米株式市場の動きからは目が離せません。

    もし円が大幅に安くなるとしたら、この部分が材料になると考えるからです。



    米企業の第2四半期決算の発表が今週から始まります。

    本日は、アルミ大手アルコアの決算発表があり、同社株は先週末、好決算見込

    みを材料に上昇しています。

    今週後半には米大手金融機関の発表も予定されています。

    株式市場へも大きく影響することから、米大手金融機関の決算内容がドル円の水

    準を決める、とも言えます。

    4-6月はギリシャの財政危機から金融市場が混乱した時期です。

    この混乱で米大手金融機関のトレーディング部門がどのような影響を受けたのか

    注目されるところです。

    日曜日の米ウォ-ルストリートジャーナル紙は、金融機関が人員を増やし始めたと

    の記事を載せていました。

    米金融機関の増員と、決算内容には因果関係があります。

    収益拡大から人手不足となり、人員を増やしたのであれば、今決算は好調?

    との見方もできます。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。