FC2ブログ

米景気回復鈍化確認、85円台つける。 

本日は外為オンラインシニアアナリストの佐藤がお休みのため

外為オンラインの高谷が書かせていただきますので

宜しくお願い致します。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場





  • 米第2四半期GDP(速報値)が予想を下回る結果を受けドルは対円で

    一時、約8ヶ月ぶりに85円台まで下落。

  • しかし、その後発表された7月シカゴ購買部協会景気指数、7月ミシガン大学消費者信頼感指数

    が市場予想を上回り、米景気への警戒感が後退。86円台後半まで値を戻し、86円台半ばで引け。

  • NYダウは小幅に続落。GDP発表後は120ドル近く下げ幅拡大したが他の経済指標の堅調さを背景に

    好調な企業決算が買いを誘い値を戻す。上値は重たく前日終値付近でもみ合う展開に。

  • ユーロは対ドルで小幅に下落。欧州時間に1.3台を割り込むもNY時間には1.3台をキープし続けた。

  • 債券は大幅続伸。長期金利は大幅続落。

  • 金、原油は続伸。

  • 米第2四半期GDP(速報値) → 2.4%(市場予想は2.6%)

  • 米7月シカゴ購買部協会景気指数 → 62.3(市場予想は56)

  • 米7月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) → 67.8(市場予想は67.0)




    本日の注目点





    • 米   7月ISM製造業景況指数

    • 米   バーナンキFRB議長講演

    • 豪   シドニー市場休場(バンクホリデー)





    ドルが対円で85円台をつけました。

    注目だった米第2四半期GDPが市場予想を下回り、米経済回復ペースの鈍化を

    確認する形になりドル売り円買いが進みました。

    市場はこの結果にさほど驚かず、その後のシカゴ購買部協会景気指数等の

    好結果に反応しドル買いが優勢になりました。

    米経済への景気低迷の懸念はまだまだ、まとわりついている状態です。

    本日早朝にグリーンスパン元FRB議長が

    「住宅価格が下落すれば、米経済は2番底の恐れ」「米経済は緩やかな景気回復

    の一時休止に」といった発言しました。

    住宅、雇用を中心に米経済の先行き不安は広がっています。

    今週は雇用統計も控えており、夏相場の影響からも

    様子見ムードの展開が考えられそうです。

    各国の金融政策会合も予定されており方向性を見極めたいとの声も聴かれていま

    す。



    本日は米7月ISM製造業景況指数が焦点でしょう。

    米景気鈍化が進むか、安心感が広がるか注目です。

    さらにバーナンキFRB議長の講演がありますが、

    内容が「経済」についてだそうです。

    2番底の懸念を払拭するきっかけになればいいのですが

    具体的な政策案などの発言がないとドル買いの動きは期待できません。

    相場を動かすには十分な影響力がありますので注意が必要です。

    日本時間で明日の午前5時ほどにガイトナー米財務長官の講演もありますので

    そちらも注目が集まっています。



    先週と同様、株価と経済指標を見ながらの展開は変わりそうもないです。

    米商品先物取引委員会(CFTC)発表のIMM通貨先物ポジションでは

    円は対ドルで買い越しが減少しています。

    先週、85円台をつけていますが市場は先行きを見極めたくポジションを偏ら

    せていません。

    大きな悪材料が無い限り、85円台停滞は難しいかもしれません。

    とはいえ、その可能性があるのが恐いところなのです。

    上値は重く87円台、良くて88円台まで行けるかといったところでしょうか。



    商品相場が堅調なこと利上げ観測から、豪ドルは底堅い動きです。

    豪ドル対米ドルでのテクニカル面では、先週「週足」の一目の雲抜けを

    今のところ「月足」でも雲抜けが確認できます。

    IMM通貨先物ポジションでは豪ドル買い越しが増加しています。

    本日はシドニー市場が休場ですが、明日はRBAキャッシュターゲットあります

    ので油断はできません。

    市場は利上げ予想していませんがサプライズも可能性がありますので

    こちらも気にしておきたいところです。



    ユーロは落ち着きを取り戻してきていますが

    不安は当面、拭えませんのでこちらもまた様子見の姿勢でしょう。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。