FC2ブログ

失業保険申請件数増加でやや円高に。 

100歳を超えている長寿者の身辺がにわかに騒がしく

なりました。

きっかけはもちろん、東京、足立区で111歳の

老人が30年以上も前に亡くなっていた可能性が高いことが

分かったことです、

これをきっかけに全国で調査してみると

昨日の5時現在であは全国で71人もいるとか。

自分の親の生存にさえも関与していない親子が

いるのには驚きました。

きんさんぎんさんのような「有名人」であれば

そんなことはあり得ないんでしょうが・・。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • 米失業保険申請件数が予想より増加していたことで

    再びドルが軟調な地合いに。

  • 86円台前半で推移していた円は上記指標発表後、円買いが

    進み85円71銭まで円高が進んだが、雇用統計を控え積極的な

    取引は見られなかった。

  • ユーロドルも上昇し1.32台前半を記録。トリシェECB総裁が

    ユーロ圏の7-9月期の経済活動は予想より良好だと述べたことや、

    欧州委員会がギリシャの財政赤字削減は順調だとの見方を示したことが

    背景。

  • BOE,ECBは共に政策金利据え置きを決定。

  • 米経済指標の悪化を受け、株式市場は小幅反落、。ダウは5ドル

    安の10、674ドル。

  • 米国債は上昇し、金利は低下。2年債の利回りは過去最低水準を記録。  

  • 金価格は7日連続で上昇し、1200ドル近辺に。原油は続落。

  • 週間失業保険申請件数  → 47.9万件(市場予想は45.5万件)




    本日の注目点


    • 豪   RBA四半期金融政策報告     

    • 日   6月景気動向指数  

    • 独   6月鉱工業生産         

    • 米   7月雇用統計  

    • 米   6月消費者信用残高      

                        



    再びドル円は85円台に押し戻されています。

    前日ADP雇用者の増加を手掛かりに86円台半ばまでドルは反発しましたが、

    昨日の東京市場でもドルの反発力は弱く、日経平均が大幅高を演じたものの

    為替への影響は限定的でした。

    株式市場の上昇をにらんでドル円をロングで攻めた市場参加者は、肩透かし

    を受けた感じだったことでしょう。

    その後、円はNYで再びドル売りが優勢だったことから85円台後半まで押し戻

    されています。

    85円割れはやや遠のいた感もありますが、依然としてドルの反発には勢いがあ

    りません。


    材料は、前日の雇用者数の増加とは正反対に、失業保険保険申請件数が前

    週比1万9千件

    増加していたことでした。

    雇用改善の兆しは見られず、米労働市場の回復に向けた対策が待たれるとこ

    ろです。この統計を受けて、来週10日のFOMCで追加的金融緩和策が発表

    されるのでは、との観測が高まっています。

    また、経済専門紙のWSJ(ウオール・ストリート・ジャーナル)は記事の中で、

    日本政府が円高の進行を止める手立てがほとんどない、との見方を載せ、

    これがドル売り円買いを誘ったとの指摘もあります。

    足元ではドル円の上値は重く、よほどのサプライズがない限りドル安の流れに

    ブレイキをかけることは難しそうは状況です。



    ユーロドルも1.30台を回復して以来堅調な展開が続いています。

    昨日のECB理事会では市場予想どおり政策金利は据え置かれました。

    その後の記者会見でトリシェ総裁は「第3四半期の経済活動は予想以上だ」と

    の見方を示しています。

    また、IMFはEUと共同でギリシャの緊縮財政の実施状況を査定し、その結果

    財政赤字の削減が進んでいるとして緊急融資の第2弾となる90億ユーロ

    (約1兆200億円)を実施する意向を示しました。

    しかし同時に、ギリシャは依然として「重要な課題とリスク」に直面している

    とも指摘しています。(ブルームバーグより)



    このように、市場ではドル安傾向は依然として継続されるとの見方が優勢で、

    本日発表の米7月の雇用統計次第ではもう一段のドル安の可能性もあります。

    米経済指標の改善が見られるか、米当局者のドル安を懸念する発言が出てく

    るまでは緩やかながらドルの下落は続くものと思われます。

    現状では、ともに実現性が乏しいことから、ドル下落を食い止めるには、本邦

    サイドからのドル買い介入に頼るしか手立てがないようにも思えますが、今のと

    ころその気配もありません。

    本日の米経済指標の市場予想は、失業率9.6%、非農業部門雇用者数は

    6万5千人の減少、といったところです。



    良い週末を・・・。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。