FC2ブログ

リスク回避強まりドル円84円台つける。 

おはようございます。

本日は外為オンラインシニアアナリストの佐藤がお休みのため

外為オンラインの高谷が書かせていただきますので

宜しくお願い致します。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドルが対円で大幅続落。欧州時間終わり頃に一時84円72銭まで下落し、1995年以来、約15年ぶりの水準に。

  • ユーロが対ドルで大幅下落。東京、欧州時間とユーロ売りが続き、NYでは英中銀のインフレレポートが

    発表され、嫌気した市場はさらにユーロ売りを加速させた。1日で約350ポイント下落。

  • 円は市場のリスク回避の流れで独歩高に。

  • NYダウも大幅続落。アジア、欧州の株安、経済指標から中国景気減速、米6月貿易収支の赤字拡大、

    英中銀のインフレレポートなどから世界経済回復が懸念され終始売りの展開に。

  • 債券はリスク回避の動きから大幅続伸。長期金利は大幅下落。

  • 金は反発。原油は続落。

  • 米6月貿易収支 → -499億ドル(市場予想は-421億ドル)







本日の注目点



  • 豪   7月雇用統計

  • 欧   ECB月例報告

  • 欧   6月ユーロ圏鉱工業生産

  • 米   週間失業保険申請件数




とうとうドル円は84円台をつけてきました。

欧州時間で85円台を割り込み、ドバイショック時の安値を更新し

約15年ぶりとなる水準まで売り込まれましたが、

終始続いたユーロ売りがドル買いを誘い84円台停滞は防げたようです。

しかし、中国景気の減速、米経済鈍化やデフレ懸念、英中銀のインフレレポートなどから

市場はリスク回避の動きで安全資産である債券や金、円などに資金が流れています。



ドルの下落よりユーロの下落が目立った1日でした。

ECBがアイルランド国債を購入したという観測が浮上したことでのユーロ売り加速と

日本の財務省が輸出企業に聞き取り調査が行ったとの観測も浮上し、

ドル買い、そして相対的なユーロ売りが、

ユーロがここまで下げた要因だという声も聞かれます。

もちろん世界経済回復鈍化の傾向が一層高まったことが根底にありますので

まだまだリスク回避からの円高の流れは止まりきっていません。

ここまで来ると80円台割れが視野に入ってきましたが

さすがに重い腰の日本政府、日銀も動きださなければいけない状況になりつつあります。

15年前は日米協調介入(後、さらに日米独で協調介入)で円高を乗り切りましたが

今回は状況が15年前とはまったく違います。

欧米は自国通貨安を容認しているような姿勢ですし

急落による円高ではないことなどや

株価、長期金利にいたっては16000円台、3.4%台と

現在の日本とは大きく異なりますので協調介入は考えづらいです。

日本には打つ手があるのかと疑問すら持ってしまいます。



本日は大分読みづらい展開になりそうです。

下値を試すとも考えられますし、

昨日分の下落を戻すことも可能性は十分ありえます。

午前中は豪7月雇用統計があり、夕方にはECB月例報告、

夜には米週間失業保険申請件数が控えており

波乱も想定したうえで構えていないと深い傷を負うかもしれません。



ドル円のテクニカルを見ますと

「30分足」の一目の「雲」が本日の夕方頃まで分厚く、上限が85円半ば付近にあり

さらには100日、200日移動平均線も雲の上限近くにあります。

85円台半ばを抜けれればと期待したいところですが

好材料なくして突破はかなり難しいと思われます。

下値は大台の85円と昨日欧州時間につけた安値の84円72銭となり

これらを割ってくるようであれば84円前半あたり、

勢いがあれば83円台に挑む展開と読みます。



ユーロは対ドルである程度の買い戻しが考えられます。

テクニカルで「日足」の100日移動平均線が1.2810付近に

ありますので、移動平均がサポートとなりこれ以上の下落は難しいと思います。

また「4時間足」の200日移動平均線が1.2840付近に

「8時間足」の100日移動平均線が1.2850付近にあります。

上値は「4時間足」の200日移動平均線と一目の雲がある

1.30半ばと見ています。



相場状況は変わってきています。

今まで勝ってきたやり方が通用しづらくなると

思いますので固定観念は危険です。

柔軟に動けるようにしておくのが

チャンスにつながるのでないでしょうか。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。