FC2ブログ

ドル安加速で円も84円台前半に。 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 円は前日に引き続き続伸。米株安、債券高から金利が低下したことや

    ユーロなどが対ドルで直近高値を更新するなど、ドル安が進んでいる

    ことが背景。

  • 円はNY市場で一時84円27銭まで上昇。9月15日の介入後

    の円安値から1円70銭ほど円買いが進む。

  • ユーロが対ドルで大幅に続伸し、1.3441まで買われる。

    ポルトガルの国債入札が無難に終わったことと、直近の戻り高値である

    1.3333を上抜けしたことを材料にストップロスも巻き込んで上昇。

  • ユーロは対円でも113円台半ばまで上昇し、約1か月ぶりの水準に。

  • NYダウは金融、テクノロジー株などが下げを主導し、前日比

    21ドル安と6日振りに反落。

  • 債券相場は上昇し、長期金利は続落。2年債利回りは2日連続で

    過去最低を更新。FOMC声明文での追加緩和観測が根強く停滞。

  • 金は大幅反発し再び最高値を更新。原油価格も続伸。

  • 7月FHFA住宅価格指数 → -0.5%       




本日の注目イベント

         

  • 日   休場(秋分の日)        

  • 米   週間失業保険申請件数

  • 米   8月中古住宅販売件数      



再び円高傾向が強まってきました。介入による効果も「約1週間限定」と

いうことだったのでしょうか・・・。

ただ、ここ数日の円高への再始動はむしろドル安主導と捉えるべきでし

ょう。ユーロ、豪ドルなど主要通貨に対してドル安が進んでいるからです。

昨日は特にユーロの上昇が際立っていました。



ギリシャの財政問題をきっかけにユーロ安が始まり大台の1.2を割り込

み1.1878を記録したのはまだ三か月前の6月7日でした。

その後売られ過ぎから急速に値を戻して、連日の急反発から2ヵ月後

の8月6日には1.3334まで買い戻しが進みました。

その後は一進一退が続き、昨日は上記戻り高値を上抜けしたことで

1.34台まで買われたものと観られます。

ユーロは先週の日銀による市場介入時には1.30前後でした。その

水準から約450ポイントの上昇を見せたことになりますが、テクニカル

でもユーロドル、ユーロ円は「日足」までの時間軸で既にトレンドライン

では「買いシグナル」が点灯しています。

上値のメドは3月に記録し、もみ合った1.37台前半ということになりま

すが、このところの連日の上昇でやや利食い先行の展開になる可能

性があるため深追いは避け、慎重に買い向かいたいところです。



上で述べたように、85円後半からの1円70銭近い円高ドル安は、ドル

安がリードしたの側面が強く、ドルの全面安とも言える状況です。

介入実施後、「再び介入を行うのではないか」との警戒感が相場を膠

着させていましたが、85円を割り込んだ時点でも介入の形跡はなく、

昨日のNY市場では84円50銭を切った時点でも観測されていないよ

うです。

一部には本日米国で、日米首脳会談があることから実弾介入は実施

しにくいとの観測もあるようですが、政府日銀として円高阻止に向けた

「次の一手」」を探っていることは間違いないと思います。

協調介入は望むべくもない状況で、日銀による単独介入では限界が

あることは当初から分かっていたことです。

「最後の札」を切ってしまったことで、円が再び83円台にでも突入した

場合には対策も限定的です。政策金利を再び「ゼロ金利」に戻したと

してもその効果が期待できない以上、米景気の回復を待つしか手はな

いのかもしれません。

しかも、米国の追加緩和期待は根強く、来月はFOMCが開催されな

いことから11月2,3日実施に向けて今後発表される経済指標が益々

重要になってきます。



NYでは84円台の前半まで円買いが進みましたが、現在も84円半ば

近辺で取引されており、非常に重要な値位置にいると思われます。

介入直前の円最高値は82円87銭でした。その後介入では85円94

銭まで円安が進み、この間の値幅は3円7銭ということになります。

「半値戻し」は84円40銭と導き出され、NYでは既にこの水準をブレ

イクしています。この水準の下で安定するようだと、さらに下値を試す

可能性があります。

そして、ポイントはどのレベルで日銀が再び介入に踏み切るかという

点に絞られます。頭の片隅にいれておきたいことは、2回目の介入は

初回ほど効果はでないということです。

従って、一気に3円もの値幅で円安方向へ持ち上げることは難しいも

のと思われます。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。