FC2ブログ

ユーロ圏首脳の意見の違いからユーロ下落。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 注目される経済指標の発表もなく取引は閑散。円は82円台半ばから
    後半での動きに終始。
  • ユーロが下落し、1.32台半ばまで売られる。EU財務相会合が開催され
    欧州財政問題を話合うも、当局者の間で意見の相違が目立ちユーロ売りを誘った。
  • メルケル独首相は欧州の救済基金の拡大に反対の立場を示す。
  • 格付け会社ムーディーズはハンガリー国債の格付けを2段階引き下げると発表。
    新しい格付けは「Baa3」と、投資適格の最も低い水準に。
  • 株式市場も小動き。先週末の引け値を挟んで一進一退後ダウは小幅安、
    ナスダックは小幅高。
  • 債券相場は堅調に推移。FRBが国債購入プログラムを拡大する可能性が
    あるとの観測が背景。長期金利は小幅に下落。
  • 金、原油はともに続伸。金は史上最高値を更新。
    原油価格も2008年10月以来の高値に。



本日の注目イベント


  • 豪   RBA(豪中銀)キャッシュターゲット
  • 日   10月景気動向指数
  • 欧   EU財務相理事会
  • 欧   アイルランド2011年予算案議会提出
  • 加   カナダ中銀政策金利発表





海外市場では特に経済指標の発表もなく静かな一日でした。

そんな中、目立ったのはユーロの下落です。

欧州財政問題をめぐる当局者の意見が分かれていることが

嫌気されユーロ下落に繋がりました。

ユーロ圏財務相会合に先立ちベルギーの財務相は、

基金の拡大はあり得ると発言しましたが、

ドイツのメルケル首相はこれを退けています。

同首相は「現時点で基金を拡大する必要性を認識していない」と述べるとともに、

ユーロ圏共通の債券の発行もEUの条約で認められないと指摘しました。(ブルームバーグ)



ユーロ圏共通債「Eボンド」については、ユンケル議長が提唱しており、

イタリアなどは賛成しているものの、ドイツなどが反対の立場をとっており、

この足並みの乱れがユーロ安に繋がっています。

特に救済基金の拡大には独仏のユーロ圏をけん引する2大国が

反対の立場をとっています。

今後財政危機が拡大しポルトガル、スペインなどにも波及した場合、

現在の7500億ユ-ロ(約83兆円)では資金が不足すると観られていますが、

EU首脳の意見の違いは今後もユーロ売りに繋がることを否定できません。

ユーロは対ドルで1.33台半ばから1.32台半ばまで約100ポイント下落し、

昨日の朝方の高値からは約200ポイント売られたことになります。



このところユーロ圏首脳の間での意見の違いが時折報じられます。

ECB内部でもドイツ連銀のウエーバー総裁とECBのトリシェ総裁との

意見の違いも報じられています。

ユーロ圏内での覇権争いとの見方が有力ですが、トリシェ総裁の任期は来年10月までで、

後任にはウエーバー総裁が就任すると観られています。

ユーロ圏にとっては財政問題だけではなく、両国の足並みの乱れも懸念材料になります。



アイルランドの2011年予算が今日議会に提出されます。

承認されるとの見方が優勢ですが、否決されると、

EU、IMFからの資金援助も受けられなくなる可能性があることから、

市場での注目度は高い様です。

依然として上値の重いユーロですが、

再び1.3台を割り込むと長期的な下落パターンに入る可能性があります。

上値は1.35を抜けずに、しばらくは1.30-1.35でのもみ合いが続きそうですが、

「日足」までの短期的なテクニカルでは既に下落傾向を示しています。

1.3を割り込むと「週足」でも売りシグナルが点灯することになりそうです。



今日は豪ドルにも注目が集まります。

午後12時半に政策金利の発表を控えているからです。

前回の11月初旬には予想外の利上げを行ったばかりで、

その後RBA(オーストラリア準備銀行)のスティーブンス総裁は

「現在の金利水準は適切」と発言したことから、

市場はここ数カ月の利上げの可能性は無くなったと判断し豪ドル売りに繋がりました。

今日の政策会合では金利据え置きでほぼ間違いないものと思われますが、

同総裁の景気に関するコメントには注目です。

ユーロが大きく下落する中、豪ドルは比較的堅調です。

資源価格が高騰していることが背景ですが、

価格がさらに上昇するようだとインフレ懸念から、

市場はもう一段の利上げを読み始めることも考えられます。



ドル円は82円50-83円00でのレンジ内取引に終始すると思われます。

ユーロが対ドルでもう一段売り込まれれば、

83円台テストの可能性もあるのではないかと観ています。



















スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。