FC2ブログ

欧州国債格下げでユーロに下落圧力。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 中国副首相の欧州債務支援発言から、アジア市場ではユーロが
    1.31台後半まで買い戻されたが、海外市場では一段と売られ、
    約3週間ぶりに1.30台後半まで下落。
  • 格付け会社による南欧諸国の格下げが続き、この日もムーディーズが
    ポルトガル国債の格付けを2段階引き下げる可能性を示唆したことで、ユーロ
    売りが止まらず。
  • 円は小動き。83円台半ばまで上昇したが、83円50銭を割り込むこと
    はできずに反落し、83円台後半で引け。
  • ユーロが売られる展開にも豪ドルは底堅く推移。ユーロ売りオージー買い
    がうまく機能し、ポジション作りも進んでいる模様。10月初旬の高値から
    約1200ポイントの下落を継続中。
  • 日米欧の中央銀行はドル資金供給2011年8月1日まで延長することを
    決定。欧州財政危機に対応した措置と観られる。
  • 株式市場は上昇。中国が欧州支援に乗り出したことを好感。
    ダウ、S&P500など主要指標はリーマン破綻前の水準を回復。
  • 債券相場はもみ合い。FRBが94億ドル相当の国債とインフレ連動債を
    購入したが影響は限定的。クリスマス休暇前でもあり商いは閑散。
  • 金、原油はともに続伸。原油価格は90ドル近くまで上昇し、
    2年2ヵ月ぶりの高値を記録。



本日の注目イベント


  • 日   11月貿易統計
  • 英   BOE金融政策委員会議事録
  • 英   第3四半期GDP(確報値)
  • 米   7-9月期GDP(確定値)
  • 米   11月中古住宅販売件数
  • 米   10月FHFA住宅価格指数





中国とEUの閣僚級で経済問題を話し合う「ハイレベル経済・貿易対話」の中で、

中国の王副首相は「中国は実際の行動を起こす」と語り、

財政問題で困難な局面に立たされている

南欧諸国の国債購入を拡大することを示唆しました。

この報道が伝わるとユーロ買い戻しが進み、

昨日のアジア時間では1.32台目前まで上昇しました。

しかし、その効果も長くは続かず、

海外市場ではさらに売り込まれ1.30台後半まで下落し、

約3週間ぶりの安値をつけています。



今朝の経済紙の一面トップにも報じられていましたが、

南欧諸国の国債格付けが軒並み引き下げられており、

さらにそれらの国の銀行の格付け引き下げにまで及んでいます。

特にこれまで南欧諸国の中でも比較的安全と観られていた

ポルトガル、スペインの国債が引き下げられたことで、

両国の国債の利回りは上昇し、

欧州財政危機の拡大懸念からユーロ売りに繋がっています。

前日にはフランスのCDSに対するリスクプレミアムも拡大し、

債券市場には驚きとも取れる波紋が広がっています。



ユーロの下落はクリスマス休暇明けの来週以降に本格化するのではないかと観られます。

既に短い「1時間足」では、はっきりと下落傾向を示しており、

昨日までは上値を「雲」の下限で抑えられていましたが、

1.31台を割り込んだことで「雲」を下放れ、

下落に拍車がかかりそうな形態を示しています。

また昨日の安値の1.3073は「200日移動平均線」(日足)があるため、

しっかりサポートされています。

重要なサポートレベルであるため簡単には突破できない可能性もありますが、

それだけにこの水準を抜けると1.30割れも見えてきそうです。

そうなると、さらに長期のトレンドを示す「週足」では、

雲の上限である1.29台前半まで目立ったサポートはありません。



欧州の財政危機が来年はさらに拡大するとの見通しもあり、

年末にかけてはユーロの底値を探る展開になるのではないかと予想します。

特に来年4月からはスペインだけでも、

半年間で310億ユーロ(約3兆4千億円)の国債の償還を控えています。

借り換えに成功したとしても調達コストの上昇は避けられません。

来年にかけてもユーロ売りの圧力は続くものと観ておく必要があります。

現在、欧州は大寒波に見舞われ、

主要空港ではクリスマス休暇で移動する人たちが大混乱に陥っています。

大寒波はユーロ売りの嵐の前触れに思えてなりません。



ユーロは主要通貨に対して大きく下落していますが、

対円でもその傾向は読み取れます。

「日足」までのテクニカルでは既に下抜けしており、

現在「週足」での「遅行スパン」がローソク足に絡んでいる状況です。

この線が下抜けを完了すると、

今年8月に記録した105円台半ばが意識されます。



ドル円は「蚊帳の外」の感があり明確な方向感はありません。

やや円高方向を試しているようには見えますが、勢いはありません。

ユーロが対ドルで下落すると観れば、再び84円台に乗せてくると思いますが、

それでも84円20銭-40銭を明確に抜けるイメージはありません。

その水準は、一旦は利益を確定するレベルかと思われ、

84円50銭を抜けてきたら再びロングで攻める、

そんな見方でいいのではないでしょうか。












スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。