FC2ブログ

円買い加速し、ドル円81円台半ばに。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • リビア情勢の混迷が続き、リスク回避が先行する中
    円とスイスフランが引き続き買われ、ドル安が進行。
  • ドル円はNY市場で81円台半ばまで下落し3週間ぶりの
    水準を記録。欧州時間帯では原油など商品価格が上昇し、株安
    債券高が進むと円は対主要通貨で急伸し、豪ドル円は
    一時、81円台後半まで下落。
  • NY市場では原油価格が利益確定の売りに押され下落したものの、
    ドル安の流れは変わらず、ユーロドルも1.38台前半まで上昇。
  • 株式市場は下落したものの売り買いまちまち。ダウは37ドル安
    と3日続落、ナスダックは反発し15ドル高。
  • 債券価格は上昇。リビア問題が長期化するとの見方から依然
    買い意欲旺盛。30年債利回りは今月に入り最低水準まで低下。
  • 原油価格は103ドル台まで上昇したが、サウジアラビア高官が
    増産を示唆したことから反落。金は小幅に上昇し8日続伸。
  • 1月耐久財受注 → +2.7%
  • 週間失業保険申請件数 → 39.1万件
  • 1月新築住宅販売件数 → 28.4万件
  • 12月住宅価格指数 → -0.3%



本日の注目イベント


  • 欧   1月ユーロ圏マネーサプライ
  • 欧   アイルランド総選挙
  • 独   2月独消費者物価指数(CPI)
  • 英   第4四半期英GDP(速報値)
  • 米   第4四半期GDP(改訂値)
  • 米   2月ミシガン大学消費者信頼感指数
  • 米   ラッカー・リッチモンド連銀総裁パネル討論会に参加
  • 米   イエレン・FRB副議長パネル討論会に参加





アジア時間では82円台前半で下げ止まっていたドル円でしたが、

欧州時間に入ると円買いが活発になり81円台に入りました。

同時に、ユーロ円、豪ドル円など主要通貨に対しても円買いが加速し、

「円全面高」の様相となりましたが、

ユーロやポンドなど利上げ観測が高まっている通貨が対ドルで上昇に転じると、

クロス円が上昇し、結局、「往って来い」の相場展開となりました。

欧州時間では原油価格も急騰し、金など安全資産も買われ、

その流れから円買い、スイスフラン買いが顕著でしたがNY市場ではその流れも一服し、

各市場はやや落ちつきを取り戻した様です。



それにしても、今回のような非常時には円買いが一気に進み、

昨日の欧州時間の円急騰劇は、

2008年9月のリーマンショック直後の状況を彷彿させました。

全ての通貨に対して円買いが殺到し、

レートや水準は無視されビットが叩かれる異常な状況です。

「リスク回避」の流れはNY株式市場の大幅下落から始まりましたが、

結局昨日もNY株式市場が下落したことでこの流れは収まってはおらず、

小康状態です。



リビア情勢は依然として緊張が続いており、反政府運動の波は中東諸国だけではなく、

中国や北朝鮮にも波及しそうな状況になってきました。

オバマ大統領はこの事態に「容認できない」と強く非難し、

リビアに対する経済制裁を含むあらゆる選択肢の検討を始めていると、

メディアは伝えています。

米国とリビアの経済的な結びつきはそれほど強くないことから、

より関係の深いEUとの連携も選択肢に入っているようです。



金融市場は「中東情勢一色」で、

ファンダメンタルズもテクニカルもほぼ機能しない状況です。

皮肉にも、米国をはじめ先進国が行ってきた「金融緩和策」が

相場の振れを大きくしているとも言えます。

「過剰流動性」により、大量の資金が株式市場から債券市場に流れ、

為替市場でもドルから円やスイスフランに流れ、通貨間の振幅を大きくしています。

為替、株式、原油などの先物市場では、手元のキーボードをワンクリックするだけで

瞬時に大量のマネーを移動させることができます。

このため、個人投資家にとっては先の読めない、難しい相場展開となっていますが、

ここは敢えてポジションを取る必要はありません。

すでにポジションを保有しているのであれば、その量を縮小する方が無難と言えます。

極力リスクを減らし、嵐の過ぎ去るのを待つのも重要な戦略の一つです。



ドル円は81円台半ばまで下落したことでテクニカルではドル下落を示しています。

一目均衡表(日足)では、ローソク足を上抜けし「好転」を見せていた遅行スパンも足元では

「逆転」を示しドルの下落を示唆しています。

既に「雲」も下抜けしており、相場の過熱感を示す「ストキャスティクス」では

「売られ過ぎ」を示してはいますが、ドルの反発は限定的と思われます。

今日も東京株式市場とNY株式市場がカギを握っています。

楽観的なシナリオでは、週末でもあることから日経平均株価が反発し、

今夜のNYでも株価が上昇するようだと

ドル円は82円30-50銭あたりまで反発する可能性があると思われます。

昨日のNY株式市場ではダウは前日比マイナスで引けていますが、

ナスダックはプラスでした。

楽観シナリオの可能性も多少あるのではないかと思われますが、

これももちろん中東情勢次第です。



良い週末を・・・・。










スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。