FC2ブログ

ドル円82円前半で元の鞘に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は上値が重く、82円台前半からドルじり安に。
    欧州時間帯に一時82円台を割り込んだものの下値も限定的。
  • ユーロはドル安の流れから先週末に続き1.40台まで上昇。
    しかし、その後ギリシャ国債が格下げされたことを嫌気し下落。
    1.40台を挟む展開に。
  • 株式市場は続落。原油価格の高騰を背景に130ドルを超す
    下げを見せた。引けは下げ幅を縮小したものの半導体関連株などが安く
    ダウは80ドル安。
  • 債券相場は先週末とほぼ同水準。10年債は小幅に下落し、長期金利は
    やや上昇。
  • 原油価格の上昇が止まらず、一時107ドル台に迫る水準まで急騰。
    連日2-3ドルの値幅で上昇し投機的な値動きに。
  • 金も続伸。一時最高値を更新するも、引けは6ドル高。
  • 国際決済銀行(BIS)の総会では、世界規模でインフレ圧力が
    拡大しているとの認識で一致。
  • 格付け会社ムーディーズ・インベスターズはギリシャ国債の格付けを
    3段階引き下げ「B1」に。さらに「ネガティブ」としたことで、一段の
    引き下げの可能性も。
  • 1月消費者信用残高 → 50.14億ドル



本日の注目イベント


  • 日   1月貿易収支
  • 日   2月マネーストック
  • 日   2月景気ウォッチャー調査
  • 日   白川日銀総裁講演(フランクフルト)
  • 加   2月カナダ住宅着工件数





ドル円は上値が重く、昨日のアジア市場でも82円38銭程度までの上昇で、

その後はドルがじり安に推移しています。

海外市場の影響から日経平均株価が大幅な下落を見せると、

ドル売りが優勢となり82円10銭近辺まで下落し、

欧州時間帯には82円を割り込む場面もありましたが、

下値も売り急ぐ気配もなく82円台前半で取引を終えています。



値幅が限られるドル円ですが、

昨日は重要な経済指標もなくユーロドルでさえも値幅は限定的でした。

リビア情勢がやや長期化するとの見通しもあり、

昨日はリビア中部での攻防戦が激しくなっているとの報道もあります。

米国内にも「人命尊重の観点から、早急に軍を派遣し軍事的介入に出るべきだ」との

意見も徐々に増えているとの報告もあります。

リビア問題の行方は、結局カダフィ大佐が失脚し、

政権の座から降りることで混乱が収拾する道しかないのではないでしょうか。

自ら政権を放棄することは考えにくい現状では、

米欧の力を借りて事態を収拾する可能性が最も高いと言えそうです。



先週末の雇用統計を受けて、

FRB関係者がどのような景気認識を維持しているのか興味があるところですが、

昨日は、「タカ派」の一人とされる、

ロックハート・アトランタ連銀総裁の講演がありました。

同総裁は「資産購入を6月以降も延長することについては非常に慎重だ」とした上で

「しかしながら、新たなリスクの発生を考えると、

金融政策の選択肢としては柔軟な姿勢でいることを望む」と発言しています。

これまで、追加緩和には反対の立場だった同総裁が、

中東情勢の影響から景気が再び悪化する可能性を意識した発言を

行ったものと受け止められています。(ブルームバーグ)



一方シカゴ連銀のエバンス総裁はこれまで通り、

国債購入プログラムを変更する可能性は低いとの立場を明確にしてます。

同総裁は昨日CNBCとのインタビューで、

「6000億ドルが妥当な規模だとの確信を強めている」と発言し、

プログラムを変更するための「ハードルはかなり高い」との見方を示しています。



金融緩和政策の舵(かじ)を大きく切りなおしたユーロ圏と、

ユーロ圏よりもインフレ懸念が強い英国では、利上げへのカウントダウンが始まりそうです。

その一方でFRBは利上げには依然として慎重な姿勢を崩していません。

上記、中東リスクに加えて、雇用に対する慎重な見方も変えていません。

バーナンキ・FRB議長は先週の議会証言でも

「失業率がFRBの目標値になるには数年かかる」との見方を改めて繰り返していました。

利上げが近い欧州と、利上げに慎重な米国では

「欧州通貨高・ドル安」の展開が続くと予想されます。

昨日も欧州時間にユーロドルは1.4036まで買われ、

先週のNY市場でのユーロ高値を抜いています。



円についても、ドル安の影響を受ければ「円高」に振れるとの見方が一般的ですが、

81円50銭ー82円50銭のレンジが抜け切れないことや、日本国債の格下げ、

さらには政権与党の混迷など、円が一気に買われる状況とも思えません。

事実、このところの欧州通貨高に対して、ドル円が水準を変えていないことから、

クロス円では「円安傾向」が強まっていると言えます。

そのため、クロス円の動きがドル円の方向を決めるような展開もあることと、

さらに原油価格の高騰から日米の株式市場が上昇、下落ともに値幅が大きいことから、

株価を睨んでドル円を売り買いするような展開が予想されます。

特に今週は注目度の高い経済指標が少ないことで、

そういった動きが主流になりそうな気がします。



今日も引き続きレンジの狭い取引になりそうですが、

特に予想外の情報がない限り、下値は81円90銭近辺。

上値も82円30-40銭程度と予想します。











スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。