FC2ブログ

月別アーカイブ

 2011年08月 

スイスフラン急反落。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 週末ということもあり、ドル円は上にも下にも動きにくい展開。

    8月の消費者信頼感指数が予想を下回り、ドル円は76円台半ばまで下落

    したものの、介入警戒感も強まり76円台後半に。ただ、77円台では

    ドル売り意欲も強く、狭い値幅に終始。

  • ユーロは域内の鉱工業生産が発表され、予想より悪化hしていたことで

    1.42台後半から下落。依然として1.41-1.43台のレンジを

    抜けきれない動きが続く。

  • 乱高下を繰り返している株式市場は、小売売上高が好調だったことから

    小売関連株が上昇。ダウは125ドル高と値幅は依然大きく市場の不安心理を

    反映している。

  • 債券相場は上昇。消費者信頼感指数が悪化していたことや、NY連銀の

    ダドリー総裁が、金融当局者は米経済に「慎重な評価を下した」と述べたことが

    手がかり。長期金利は下落。

  • 金は前日に続き下落、原油価格も小幅に下落。

  • 7月小売売上高 → +0.5%

  • 8月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 54.9




本日の注目イベント


  • 日   第2四半期GDP(速報値)

  • 米   8月NY連銀製造業景況指数

  • 米   8月NAHB住宅市場指数




「市場を注視しながら、やるべき時には介入をする」

野田財務大臣は昨日14日(日曜日)、テレビ出演しこのように語っていました。

しかし、ドル円は76円台後半での動きで、77円台に入ると売られる展開が続い

ています。

特に、先週の後半3日間は77円台にさえ戻していません。

最近は77円台前半が「売り場」とも思える流れが続いていますが、それでも政

府・日銀による市場介入は8月4日の一度だけで、先週は介入を実施した形跡

はありません。

8月4日の介入は77円台10-20銭レベルで行われたことから、少なくとも76

円台半ばから後半では再度介入すると読んでいましたが、肩すかしを食らった

感じでした。



政府・日銀が最大規模の介入を実施したにもかかわらず円高がさらに進んで

いることで「介入の限界」を意識しているものと思われますが、このまま放置して

おくとも考えられず、いずれ近いうちに介入を実施してくると思います。

その際には、より効果的な成果が上がるよう検討を重ねているものと理解して

います。



今後の焦点はいつ史上最高値である76円25銭を割り込むかに絞られます。

円以上に最高値が続いているスイスフランに対しては先週、スイス政府が「ユ

ーロにペッグする」対策を検討しているとの報道がありドルやユーロ、円に対し

て急落しました。

また、昨日はスイスの有力紙が、スイス政府とスイス中銀はスイスフランの目標

設定について活発な議論を行っている、と伝えています。

同紙によると、計画は「準備」されており、スイス中銀は「今後数日中」に目標

を設定する公算がある、と報じています。

また同紙は、議論はスイス政府の役割が焦点となっており、「適切な計画」が

今月17日に導入される可能性があるとも伝えています。



スイスフランがこれで下落に転じ、このままズルズルと値を崩していくとも思えま

せんが、投機筋にとってはこれまで通り買い進めることに不安を感じることには

なり、一定の抑止力が働くことになります。

市場では、投機的なスイス買いが収まればその資金は円に向かうのではとの

予想があります。

その結果、円がさらに上昇する可能性がある、といった見方です。

確かにその可能性はありますが、それでも現在の水準はいつ日銀が介入して

もおかしくない水準です。

一旦介入すれば、1円~3円ほど円安方向に持っていかれるリスクもあり、そう

手放しに円買いを進めるわけにはいきません。



個人的にはドル円の上値は重く、いずれ近いうちに史上最高値を更新し75円

台が見えてくると考えていますが、8月4日の大規模介入以降、翌週には76円

台まで円買いが進み、「結局、介入は効かなかった」という印象を多くの市場参

加者がもったはずです。確かに市場介入の効果は限られましたが、その後76円

台には入ったもの、76円台半ばからは「介入警戒感」が高まり、さらなる円高には

繋がっていません。

見方を変えれば、介入による効果は限られ76円台に押し戻されたものの、そこ

から75円台突入には「予想以上の」時間がかかっているというのも事実です。



米経済指標の悪化がリリースされるたびにドルが売られる展開は続いているもの

の、介入警戒感も思いのほか強いことも頭の片隅に入れて置きたいと思います。

今週1週間で76円25銭を割り込めない展開が続いたら、一旦ドルが反発する可

能性が出てくるかもしれません。

それでも上値は80円程度だとは思いますが、76円台半ばを割り込まずに78円

台に乗せるようなことがあれば注意が必要です。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。