FC2ブログ

ユーロ反発し、対円では111に迫る。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米株式市場が大幅に続伸したことで「リスク回避」の流れがやや停滞。

    スイスフランが3営業日下落し、ユーロ、豪ドルなど高金利通貨が上昇。

  • ドル円は76円台半ばから後半での狭いレンジで推移。

  • ユーロはECBが域内の国債を積極的に購入していることから、国債の

    価格は安定し、買い安心感につながる。対ドルでは約3週間ぶりに1.44台後半

    まで上昇。対円でも111円絡みまで買われる。

  • NYダウは3営業日続伸。グーグルがモトローラ・モビリティを買収すると発表した

    ことを好感しダウは213ドルの大幅高。

  • 債券価格は続落。株高からVIX指数(恐怖指数)も低下し、ややリスクテイクの展開に。

    長期金利は約1週間ぶりに2.3%台まで上昇。

  • 金、原油はともに上昇。

  • 8月NY連銀製造業景況指数 → -7.72

  • 8月NAHB住宅市場指数 → 15



本日の注目イベント


  • 豪   RBA議事録

  • 独   独第2四半期GDP(速報値)

  • 欧   ユーロ圏第2四半期GDP(速報値)

  • 欧   ユーロ圏6月貿易収支

  • 英   英7月消費者物価指数

  • 米   7月住宅着工件数

  • 米   7月建設許可件数

  • 米   7月鉱工業生産

  • 米   7月設備稼働率



ドル円は相変わらずの展開です。

週明けの昨日はスイスが下落している影響もあり、円が主要通貨に対して売られ、

ドル円もすぐに77円台に乗せました。

しかし、その後はいつものパターンで上昇が止まるとドルはゆっくりと値を下げ76

円台後半でのもみ合いになっています。

やや気にかかるのは、短期的な値動きを表す「1時間足」ではローソク足が「雲」

を上抜けし、「120日」移動平均線で頭を抑えられている格好になっている点で

す。

相場の勢いを表す「遅行スパン」も好転の気配を見せています。

本日再び77円台に乗せる場面があれば「120日」を完全に上抜けし、その上

にある「200日」移動平均線がターゲットになりそうです。

同移動平均線は現在77円43銭にあり、この水準までドル円が上昇すれば目

先もう一段の上昇も見込まれる可能性が出てきます。



しかし、そうはいってもドル円の上値の重さは確認されています。

米国の低金利政策は2013年半ばまでは継続される見通しで、その裏付けと

なる米経済指標の悪化は鮮明になっています。

昨日発表されたNY連銀製造業景況指数もやはり市場予想を大きく下回って

いました。

この指標は「ゼロ」が景気判断の分かれ目で、「ゼロ以下」だと景気は悪化、

「ゼロ以上」だと景気は拡大しているとされています。

8月の同指数は「-7.7」で、これで3ヵ月連続で「ゼロ」を下回ってしまいました。

6月の「-7.8」に次いで今年最も低水準の数値になっており、項目別に見る

と新規受注と在庫の落ち込みが目立っています。

NY連銀製造業景況指数が3ヵ月連続でで縮小したのは、2009年6月の景気

後退時以来のことになります。



昨日はタカ派の一人であるロックハート・アトランタ連銀総裁がアラバマ州フロ

ーレンスで講演しています。

同総裁は、FRBの政策は「万策尽きたわけではない」として、景気がこれ以上

減速する場合には、FRBはなお資産購入の余地があるとして、バランスシート

を拡大させることも可能だと見方を示しました。

また、FRBのポートフォリオに資産内容の修正も可能だとしており、一部にあっ

たこれ以上FRBの資産を拡大させることは将来中央銀行としての信用を失墜

させることに繋がると言った反対意見とは一線を画したことになり、今後のFRB

の政策に影響を与える可能性もありそうです。



週明けのNY株式市場は大幅に上昇し、これで3日続伸です。

先週は連日大きな値幅で一日おきに上下を繰り返していましたが、これでや

や落ち着きを取り戻した様です。

ただ、依然として値幅は大きく、VIV指数(恐怖指数)も高止まりしていること

から高ボラティリテーは続くものと思われます。

NY株の大幅高で本日の東京株式市場も上昇するものと思われますが、株高

がドル円でのドル高に繋がれば77円台乗せもあるかもしれません。ただ、水準

が76円台であるため自動車・電機など輸出株の大幅上昇に繋がらなければ

日経平均株価の上昇にも限界がありそうです。



ドル円の76円台半ばから77円台前半での値動きはこれで1週間になります。

昨日も書いた通り、今週76円台の史上最高値の更新がなけらば、一旦上値

を試す可能性がありそうです。

「MACD」も1時間ではほぼ「ゼロの軸」から離れず相場が膠着していることを

示しています。

同様に、1時間の「ボリンジャーバンド」のバンドも収縮傾向にあり、エネルギー

を蓄えていることがわかります。世間も「夏休みモード」ですが、相場の方もそ

んな気配です。



ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領は本日パリで直接会談を

行う予定です。

ユーロ圏内のソブリンリスクが高まり、イタリア、スペインどころか、フランスにも

その影響が出始めていることで欧州の景気やユーロ圏共同債発行について

話し合う可能性があります。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。