FC2ブログ

独仏首脳会談では特に新鮮味なし。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 注目の独仏トップ会談では通貨ユーロの信任維持については話されたものの

    ユーロ圏共同債の発行については微妙な立場の違いを見せ、ユーロ売りに繋がる。

    ユーロは1.43台半ばまで売られたあと1.44台に戻す場面があった。ユーロ圏の

    第2四半期GDPも予想に届かず上値を重くした。

  • ドル円は前日同様、76円台半ばから後半のレンジを抜けず。

  • 米経済指標はまちまち。相変わらず住宅関連指標が伸びず、鉱工業生産は事前予想を

    上回った。

  • 株価は軟調な寄りつきから大きく下げて始まったが、ウォルマートの好決算が

    小売関連株の相場を押し上げたがプラス圏には戻らず、ダウは前日比76ドル安。

  • 債券価格は上昇。独仏会談でユーロ圏共同債への踏み込んだ議論がなかったことで、

    価格は上昇し金利は低下。

  • 格付け会社フィッチは米国債の格付けを「AAA」で据え置くことを正式に発表。

  • 金価格は大幅に続伸し1785ドルで引ける。引け値では史上最高値を更新。原油は反落。

  • 7月住宅着工件数 → 60.4万件

  • 7月建設許可件数 → 59.7万件

  • 7月鉱工業生産 → +0.9

  • 7月設備稼働率 → 77.5




本日の注目イベント


  • 欧   ユーロ圏7月消費者物価指数(確報値)

  • 英   BOE議事録

  • 英   英7月失業率

  • 米   7月生産者物価指数

  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演



ドイツ・メルケル首相とフランス・サルコジ大統領がパリで会談しました。

通貨ユーロの安定を図ることや、独仏で危機感を共有しユーロ圏の一層緊密

な経済統合を追及していくとの声明を発表しました。

しかし、注目された「ユーロ圏共同債券」の発行については微妙に立場が違

うことが判明しています。



サルコジ大統領はこの問題について「いつの日か想定され得るが、発行は欧

州統合プロセスにおける最終段階だ。最初の段階ではない」と、現状ではま

だその準備は整っていないとの立場でした。

一方、メルケル首相は「欧州は持てるリソースをまだ活用しきっていない。ユー

ロ共同債が今の時点で欧州の信頼回復の助けになるとは考えていない」とし

て発行には否定的な立場を表しています。



仮に共同債が発行されれば、加盟17ヵ国の資金調達コストが一つになること

になり、ギリシャ、ポルトガルなど現在調達コストが上昇して苦しんでいる国に

とっては大きなメリットがあり、逆にドイツのように域内で最も安全な債券を発行

している国にとっては調達コストの増加に繋がり到底のめない話です。

ドイツが反対することは予想通りで、フランスの立場が注目されましたが、イエス

でもノーでもないニュートラルなものでした。



心配なのは、これまでドイツをけん引役として日米よりも堅調だったユーロ圏の

経済成長に鈍化の兆しが見え始めたことです。

昨日発表されたユーロ圏の第2四半期GDPは前期比+0.2%と、市場予想

を下回り、2009年以降で最も低い成長となりました。

背景はドイツの経済成長に急ブレイキがかかってきたことです。

ドイツは自動車を中心に景気が高水準で続いてきました。フォルクスワーゲン

など自動車各社は最高益を更新してきましたが、最も販売が好調な中国で、

その勢いに陰りがでてきています。

ユ-ロ圏はGDPの7割を独仏で稼いでいると言われています。

今後、フランスにもその影響が出てくるものと思われますが、そうなるとユーロ

圏の景気が一気に悪化して来る可能性も出てきます。

ユーロ圏にとっては、財政問題が何とか最悪の事態にならずに済んだのも束

の間、今度は景気の悪化に見舞われることにもなりかねません。



ドル円は完全に「夏休みモード」に入っています。

東京市場だけではなく、比較的値動きのある海外市場でも値幅が出ていません。

参加者が少ないことも一因ですが、そもそも上値が重く77円ではドル売り意欲が

強い一方、76台半ばでは介入警戒感も強く、その水準からさらに円買いを進め

るにはリスクが高いことも、相場を膠着させている要因かと思われます。

本格的には来週には正常な状態に戻るものと思われますが、すでにお盆も明け

そろそろ市場参加者も戻ってきます。いつまでもこのレンジが続くと思うと危険です。

セオリー通りに動くのであれば、「レンジの抜けた方向へ順張り」です。



豪ドルがややその勢いを戻してきています。

対ドルではさすがに1.05台では売られますが、「1時間足」では1.04台半ばから

下には比較的厚い雲にサポートされています。

直近高値の1.1083から先週の急落で記録した安値0.9911の「半値戻し」は、

1.0497と計算され売り物がでても当然の水準です。

先週政策金利を据え置き、年末に向け利下げ観測も出ています。

RBAは今しばらく消費者物価指数、資源価格などの変動要因を見極めたいと

していますが、言いかえれば今後「リスク選好」に戻るのかどうかということにもなり

ます。

「リスク回避」の運用環境がさらに続くようなら豪ドルの上値は限定的と見ています。











スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。