FC2ブログ

バーナンキ議長追加緩和を示唆。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米ジャクソンホールでのバーナンキ議長の講演は、「QE3」に

    関する具体的な言及はなかったものの、9月のFOMCの開催期間を

    2日間に延ばすなど、追加緩和に含みを持たせた。

  • ドル円は講演直後77円台に戻す場面があったが、追加緩和の

    可能性を否定できないことから76円台半ばまでドル安が進み引ける。

  • ユーロドルも一旦は売られたものの、緩和期待から買われ1.450

    を伺う水準まで反発。議長講演による為替へは影響は限定的だった。

  • 株価は乱高下。「QE3」への言及がなかったことで、一時200ドルを

    超す下げを見せた後、FRBは幅広い選択肢を持つとの発言を材料に急反発。

    結局、ダウは134ドル高で取引を終える。

  • 債券相場は続伸。バーナンキ議長が具体策を示さなかったことに反応し、

    価格は上昇し長期金利は小幅に低下。

  • 金は大幅に続伸。「リスク回避」の流れは変わらないとの見方から

    見直し買いが入いり、34ドルと大幅高。

    原油は依然小動きで85ドル台で変わらず。

  • 第2四半期GDP(改定値) → +1.0%

  • 8月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 55.7



本日の注目イベント


  • 日   民主党代表選

  • 独   独8月消費者物価指数(速報)

  • 欧   トリシェ・ECB総裁、レーン・欧州委員会委員長証言

  • 英   ロンドン市場休場(バンクホリデー)

  • 米   7月個人所得

  • 米   7月個人支出

  • 欧   7月PCEコア・デフレーター

  • 米   7月仮契約住宅販売件数

  • 米   8月ダラス連銀製造業水準



注目のジャクソンホールでのバーナンキ議長の講演は市場の反応を最小限

に抑えた「絶妙な内容」でした。具体的な「QE3」への言及はなく、株

式市場を中心に「失望売り」が加速するや、9月のFOMCでは追加の金

融緩和策を検討するとし、会合を2日間に延長すると発表しました。

市場はいずれ「QE3」は実施されるとの見方に傾き、株価は上昇し、ド

ル安傾向が強まりました。



議長は「米景気の回復の勢いは想定よりも弱い」との認識を示し、何らか

の手を打たなければならないとの姿勢を示したわけです。

そのため「FRBは幅広い政策手段をもっている」ことを強調しています。

9月のFOMCの開催期間を2日間に延期し、そこで追加緩和策を協議す

るとのメッセージを市場に送っています。

会合は9月20日ー21日に行われますが、今後約1ヵ月間ある時間軸の

中で経済指標の変化を吟味し、どのような追加策を実施するかを検討する

様です。

結局議長は、市場に失望感を与えずに時間を稼いだわけが、米景気の現状

からすると、何らかの緩和策が取られる可能性はかなり高いを思われます。

ただ、それでも単純に追加緩和を実施すればいいわけではなく、政策運営

はますます難しさを増してきそうです。


今後の米経済指標がますます重要なってきますが、その中でも特に「イン

フレ指標」には相当意識をするのではないかと思います。

8月のFOMCでは2013年半ばまでは現行の低金利政策を継続するこ

とを決めましたが、反対票が3票ありました。

反対票の根拠は「インフレを招く」というものです。

昨年の同じ時期FRBは「QE2」を実施しましたが、当時とはインフレ

圧力が全く異なっています。

そのため米経済指標の中でも特に「CPI」と「PCEコアデフレーター」

には注意が必要です。これらの数値が2%に近づくようであれば追加緩和の

実施が見送られる可能性もあるからです。

「景気の悪化」と「インフレ懸念」が進む中でバーナンキ議長も厳しい判断

を求められそうです。



先週ドル円は約2週間ぶりに77円70銭まで反発しましたが、やはり上値

は重く76円台に押し戻されるのにそれ程時間はかかりませんでした。

上値が重いことはある程度確認できたことから、今週はどこまで下値があるか、

あるいはその際の政府・日銀の介入姿勢を探る展開になろうかと思います。

政府・日銀としても「バーナンキ議長の講演を確認してから」との考えがあっ

たものと推測され、ドル安が進んだ場合には、当然介入を実施してくるものと

思われます。

個人的には76円台前半から76円台割れでは介入の可能性があると思います。

もちろん、その際の株価の動向も重要な判断材料になるものと思われますが、

今週は重要な経済指標も多く荒っぽい展開になりそうです。

経済指標と同時に米株式市場の動きも重要です。

追加緩和を先取りして株価が堅調に推移してくれば「リスク回避」の流れも多少

弱まり、ドルも極端に売られることはないと思われます。

米株高が進めば日経平均株価も底堅く推移することから、当局の介入の可能性も

弱まります。

一方追加緩和の実施は、米金利は当面上がらず「出口戦略」がますます遠のくこ

とを意味し、金利差からドルが売られ易い状況になります。

市場がどちらの方により傾くのかを見極める必要が出てきそうです。



テクニカルでは77円台前半が重く、下値では76円50銭以下がサポートされ

そうです。

そのため先週と同じような動きが予想されますが、19日に記録した75円95

銭の「長い下ヒゲ」も気になるところです。

今週も頑張っていきましょう。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。