FC2ブログ

日米欧中銀ドル資金供給を発表。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 日米欧の中央銀行がドル資金を無制限に供給することを発表した
    ことで、欧州市場の混乱に伴う信用不安が後退、ユーロが大きく
    買い戻される。
  • ユ-ロドルは1.37台から1.39台前半まで急伸し、欧州株式
    市場も大幅続伸。これまで大きく売られてきたフランスの銀行株などが
    軒並み急反発。
  • ドル円はユーロ円などのクロス円の買いに、76円台半ばから77円台
    まで上昇する場面があったものの、上値は重く76円70銭近辺で引ける。
  • スイス中銀は政策決定会合で、ゼロ金利政策の維持を決定するとともに
    スイスフラン高の阻止を続ける姿勢を継続。
  • 株式市場は3日続伸。5ヵ国の中央銀行がドル資金の供給で合意したことを
    好感しダウは186ドル高。
  • 債券相場は続落。信用不安が後退し株高が進んだことで価格は下落。
    10年債利回りは9月7日以来となる2%台乗せ。
  • 金は大幅続落。前日比45ドル下落し、約3週間ぶりに1780ドル台に。
    原油価格は小幅に上昇。
  • 8月消費者物価指数(CPI) → +0.4%
  • 9月NY連銀製造業景況指数 → -8.8
  • 週間失業保険申請件数 → 42.8万件
  • 8月設備稼働率 → 77.4
  • 9月鉱工業生産 → +0.2%
  • 9月フィラデルフィア連銀景況指数 → -17.5



本日の注目イベント


  • 欧   ユーロ圏7月貿易収支
  • 欧   EU財務相非公式会合
  • 欧   ユーロ圏7月経常収支
  • 欧   ゴンザレスパラモ・ECB理事講演
  • 米   9月ミシガン大学消費者物価指数





ECB、BOE、それにSNB(スイス中銀)に加え、FRBと日銀が参加して

自国の銀行にドル資金を供給することで合意したことで欧州発の信用不安が後退し

一気に、株高、ユーロ高に傾きました。

今回の合意は短期資金だけでは、

年末越えの長めの資金も無制限に供給するところに特徴があります。

ギリシャのデフォルトリスクが高まるにつれ、

同国の国債を大量に保有する独仏の大手銀行の株価が急落し、

これが欧州株式市場全体の下落に繋がっていました。

特にフランスの大手銀行の株価は売られ、

多くはドル資金の調達コストが上昇し経営を圧迫する事態にまで発展する勢いでした。



日米欧の中央銀行が自国の銀行にドル資金供給を早々に決めたことには、

こうした背景があり、特に年末越えの資金まで供給することで、

金融システムの安定化を維持するという意図が観られ、

信用不安が拡大する中「早めに手を打った」と言えます。

今回の措置は2008年のリーマンショック以来のことですが、昨日は偶然なのか、

スイス最大の銀行であるUBSがトレーダーの不正取引で20億ドル(約1530億円)の

損出が発生したことが明るみに出たことと同じタイミングでした。

中央銀行のドル資金供給が発表されたことで、

今回のUBSの損出問題の影響は緩和されそうですが、

この問題だけが公表されたのであれば欧州危機の拡大に

繋がった可能性は否定できません。

格付け会社ムーディーズは、

早速同行の格付けを引き下げ方向で見直すと発表しています。



昨日の発表でユーロドルが大きく買い戻され、

1.45台から始まった今回の下落幅の4割程度を戻したことになります。

しかし、ユーロがこのまま上昇に向かうとも思えません。

ドル資金調達の道は確保されたとしても、

ギリシャを巡る財政赤字問題は何ら解決していないからです。

本日からポーランドで始まる「EU財務相会合」での決定内容が注目されます。

独仏首脳が、ギリシャのユーロ圏残留を確信するとの声明を発表していることから、

「財政危機に陥った際の救済体制の拡充」が話し合われるものと思われますが、

同時にギリシャに対しては一層の財政赤字削減を求めることが予想されます。

今回の会合にはガイトナー米財務長官も参加します。

ギリシャ発の欧州危機がかなり深刻な状況にきていることが背景だと思われますが、

米国サイドからも何か提案がだされることも考えられます。

いずれにしても、その内容次第では来週のオセアニア市場での相場が値を飛ばす、

「窓開け」の可能性もありポジション管理には注意が必要です。



昨日は米経済指標が多く発表されました。

依然として多くの指標が米景気の減速を表すものでしたが、

その中で8月の消費者物価指数(CPI)が

前月比0.4%上昇していたことがやや気になります。

食品やエネルギー、居住費などが上昇し、市場予想を超えていました。

これはインフレ基調が継続していることと捉えられ、

FOMCの政策を制約することに繋がる可能性があります。

特にFRBが注目している「コア指数」も前月比0.2%上昇し、

2ヵ月連続の伸びを示しています。

また、週間失業保険申請件数も前週から1万1千件増加して42万8千件でした。

これは6月以来最も高い水準で、

「40万件の壁」をなかなか安定的に割り込めない状況が続いています。



上述の中央銀行によるドル資金の供給で欧州市場発の信用不安がやや後退しました。

今週は「ユーロ一色」の流れでしたが、

これでいよいよ来週20日から開催されるFOMCに市場の関心が移るものと思われます。

欧州危機は完全に払拭されてはいませんが、

市場の目は欧州から米国の「次の一手」に集まってきそうです。



まだ厳しい暑さは残りますが、朝晩の虫の音は日増しに大きくなっています。

3連休です。良い週末を・・・・。










スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。