FC2ブログ

リスク回避の流れ継続、ユーロ、豪ドルなど大幅続落。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 前日のFOMC声明による景気見通しの下方修正などから
    リスク回避の流れが継続。
    世界同時株安となり、NYダウは一時500ドルを超える下げ幅を見せる場面あった。
  • 為替相場ではドル円以外のドル・ストレートでドル高が鮮明となり、
    特に豪ドルなどの資源国通貨が商品相場の急落から下落幅は昨日だけで
    300ポイント程に。
  • ユーロも下落幅広げ、一時1.33台後半まで下げたものの、
    英FT紙の報道が伝わると100ポイント程、値を戻すも流れは変えられず、
    1.34台でもみ合い展開に。
  • ドル円では日米金利差縮小なども背景にドル安円高の展開となり、
    76円11銭まで下げたものの、その後、安住財務相の発言で76円半ばまで
    急反発したが、上値は重く押し戻される。
  • 債券相場は安全資産として大幅に買われ、長期金利は1.71%台まで下げた。
  • 金はリスク回避からのドル需要が高まりを受け、代替資産としての金は大幅続落。
    原油は世界経済減速懸念からエネルギー需要が減るとの思惑から大幅続落。
  • 週間失業保険申請件数 → 42.3万件(市場予想42.0万件)
  • 8月景気先行指数 → +0.3%(市場予想+0.1%)
  • 7月住宅価格指数 → +0.8%(市場予想+0.1%)



本日の注目イベント


  • 日   東京市場休場(秋分の日)
  • 米   G20(日本時間午前)
  • 米   IMF、世銀年次総会
  • 米   野田首相国連総会で演説
  • 米   ダドリー・NY連銀総裁講演(ワシントン)
  • 米   トリシェ・ECB総裁講演(ワシントン)
  • 米   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演(チューリッヒ)





FOMC声明の景気下振れリスク、ギリシャを中心とした欧州債務問題など

今、世界取り巻く複合的に絡み合った悪材料の多さに世界各国が対応に追われています。



特にユーロ圏の債務問題はかなり深刻で世界全体への影響力は

リーマンショックを超えるとも言われています。

ECBやユーロ圏の要人はギリシャのデフォルト、

離脱などを阻止するため努力しているようですが、

ギリシャに緊縮財政政策の実行は難しいと市場から多くの声があがってきております。

ギリシャがデフォルト(債務不履行)になりますと、

ギリシャ国債を大量に保有する独仏の金融機関が危ぶまれるため、

ユーロ圏、さらには世界全体にも影響が及びますので、

デフォルトの可能性はまだ低いと思われます。

その場合はギリシャがユーロ圏からの離脱となりそうです。



しかしながら、昨日開かれましたBRICS財務相会合の声明に

世界的な金融安定危機への対処でIMFを通じた支援検討の用意ある」と

言われておりますし、

安住財務相が「状況次第でEFSFの購入枠拡大は可能」とも発言しております。

更にはG20では急遽、声明文を発表するとの報道が今朝方に入ってきております。

議題はユーロ問題中心に商品市場規制や金融取引税と、

議長国の仏サルコジ大統領が発表しておりますので、

世界全体でユーロの問題を解決しようという動きが出て来ているようです。

そのような中、ギリシャで公務員3万人の一時休職などを盛り込んだ

追加緊縮策を発表しましたが、公務員によるストライキで公共交通機関がストップし、

首都アテネでは数千人規模のデモが行われておりました。

このような状態ではギリシャ支援をしても、

産業がほとんど無い国ですので歳入が少ない為、

いずれは最悪のケースから免れられないのではないでしょうか。

とはいえ、直近の金融市場への影響を減らすため、色々な策を出し、

その度にユーロも値を戻しそうですが、根本であるギリシャの経済システムが

変わらない限りはユーロを中心として世界金融不安は繰り返されそうです。



本日は東京市場が休場のため、

どの通貨ペアも夕方までは利益確定などの若干の買い戻しが入ると思われますが、

重要経済指標も無いので、基本的には要人発言やニュースで動く相場と想定されます。

あとは欧米の株価次第になりそうです。



気になる点として政府・日銀による為替介入です。

東京は休日なので今までのセオリー通りであれば介入は無いと思われますが、

ドル円レートが76円割れに近づいた時や、欧米の株価がもう一段下落した時などに

サプライズでの介入が考えられるからです。

もし、上記条件を満たしても介入が無いようですと、

週明けの月曜の朝から介入の可能性も考えられます。



そして、注意したいのは週明けに値を飛ばして始まる「窓あき」です。

先週もそうでしたし、三週間前も窓あきが発生しております。

上述の介入の可能性もありますのでポジション管理には十分注意して下さい。




それでは良い週末を・・・。









スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。