FC2ブログ

ドル円76円半ばを試すも反発。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は小動きながらも下値を切り下げる展開が続き、

    一時76円61銭まで円買いが進む。先月末の介入後の円の

    最高値を更新し、既に約3円、円高方向に水準を切り上げる。

    しかし、76円50銭の節目は抜けずやや反発して取引を終える。

  • ユーロドルは反発。ECBがイタリアとスペインの国債を買い入れた

    との情報や、ECBがIMFとのユーロ諸国救済のための協議を始めるとの

    観測から買い戻しが優勢となり、1.36台前半まで反発。ただその後は

    上値の重さから1.35台前半まで下落して引ける。

  • 20日投票のスペイン総選挙は、最大野党が勝利し政権交代が確実に。

  • 株価は反発。2日連続で大幅に下げた反動もあり、ダウは25ドルの

    小幅高で越週。

  • 債券相場は反落し、10年債利回りは2%台に乗せて引ける。

  • 金は小幅に反発、原油価格は大幅に続落し97ドル台に。

  • 10月景気先行指数 → +0.9%




本日の注目イベント


  • 日   10月貿易統計

  • 欧   ユーロ圏9月経常収支

  • 欧   シュタルク・ECB理事講演

  • 欧   フィヨン・仏首相講演

  • 米   10月中古住宅販売件数

  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演




ドル円は76円61銭までドル安円高が進み、依然とし上値の重い展開が続いています。

足元では77円台さえも上値の上限になりそうな気配もあります、再び大規模介入以前

の状況に戻りつつあります。

「覆面介入」(secret intervention)に対する警戒感もありますが、円は上値をゆっくり、

しかし確実に切り上げている状況が続いています。

これで、10月31日の大規模介入のドル高値79円53銭から、約3円ドル安水準に押

し下げられ、介入によって押し上げられた値幅の3/4が消された格好です。



政府・日銀はそれ以降目立った介入はしていないようですが、一部には「覆面介入」

を行っているのでは、との観測もあるようです。

しかし、「覆面介入」は直接市場に「ドル買い、円売り」注文を出すわけにはいかず、

ある特定の銀行に注文を集中させるしかありません。

しかし、それでも介入すればその情報は漏れやすく、秘密裏におこなうことは非常に

困難です。

介入を受けた銀行がよほどかん口令を敷かない限りはかなか難しいことは過去の介

入で分かっています。

「覆面介入」の有無は分かりませんが、個人的には77円前後で介入を実施する可

能性は低いと思われます。G20以降米国の当局者の発言は政府・日銀の単独介

入にはどちらかと言えば批判的であることから、むやみに介入はしにくいことや

介入資金も無尽蔵ではないことから、さらに効果的な介入方法を探っているものと

思われます。76円前後が一つのメドになるのではないかと観ています。



ユーロに関しては売り材料が多いものの、節目の1.34台割れはなかなか実現し

ません。

イタリアやスペインの国債の利回りがユーロ相場の方向を決める展開が続いてお

り、先週末はECBがIMFにユーロ圏諸国救済のための資金を貸し付ける仕組み

について、両者が協議を始める可能性があるとの報道を手がかりにユーロ買い戻

しが活発になりました。

欧州債務を巡る問題は依然解決には程遠く、今後もユーロ売りに繋がる可能性

は高いと思われることから、ユーロの戻りを売るスタンスを継続した方がベターか

と思います。



イギリスのデーリー・テレグラフは、ユーロ圏諸国の債務危機をめぐり、ドイツが、

債務返済の見通しが暗い問題国には金融市場の混乱を回避しつつ速やかに

「管理型デフォルト」に移行させる枠組みを用意すべきだとの政府文書を作成し

た、と報じている今後ギリシャなどは早急に、目に見える形で債務削減を実現し

ていかないと支援が中断される可能性も否定できません。

また、イタリアについてモンティ新首相が24日に独仏首脳とのトップ会談をフラ

ンスで行い、債務危機の対応を協議すると発表しています。



今週もユーロドルが下値の1.34台を割り込むのか、あるいは上値では1.36

台に乗せもう一段上値を目指すのか、注目したいと思います。

ドル円は「1時間足」では既に77円近辺に雲があり、77円手前には「100日

移動平均線」と「120日移動平均線」も集中しており、

「上値の重さ」を示しています。

ただ、この雲は比較的厚みがないことから、上抜けし易い形であることは記

憶しておきたいところです。

引き続き、ドル円は膠着状態が続くなか、76円50銭を目指す展開を予想し

ます。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。