FC2ブログ

ユーロ再び下落、対ドルで1.2662を示現。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ユーロドルがふたたび下落。ドイツの第4四半期のGDPがマイナスとの
    見方や、フランス国債の格下げの噂、さらには欧州議会でドイツ主導の財政協定に
    一部議員が反対したことなどが材料となり、ユーロドルは一時1.26台半ばまで
    下落。9日のアジア市場で記録した安値付近まで売られる。
  • 同様にユーロ円も大幅に下落し、97円台半ばを下回る。
  • フランスのバロワン財務相は格付け会社からの格下げ通知を受けたとの観測を
    否定。
  • 格付け会社フィッチのソブリン債部門責任者、ライリー氏は、欧州債務危機
    の拡大を防ぐためECBは域内の国債購入を増やすべきだとの認識を示す。
  • EUはハンガリーの財政状況に「深刻な悪化」が起きていると、同国に初の
    制裁を発動する可能性を示唆。
  • 株式市場はまちまち。ダウは下落して取り引きが開始された後、ナスダックが上昇
    したことで下げ幅を縮小。結局ダウは小幅安、ナスダックは小幅高で引ける。
  • 債券相場は大幅に上昇。10年債入札では最高落札利回りが過去最低を
    記録。セカンダリーマーケットでの同年利回りも1.90%まで下落。
  • 金相場は小幅に続伸。原油は在庫が増えていたことから反落し100ドル台に。




本日の注目イベント


  • 日   ガイトナー・財務長官来日。野田総理、安住財務相と会談
  • 日   11月国際収支
  • 日   景気ウォッチャー調査
  • 欧   独12月消費者物価指数(確報値)
  • 欧   11月ユーロ圏鉱工業生産
  • 欧   ECB政策金利発表
  • 欧   バローゾ・欧州委員長記者会見
  • 英   BOE金融政策員会
  • 英   英11月鉱工業生産
  • 米   週間失業保険保険申請件数
  • 米   12月小売売上高





ユーロドルが再び大幅な下落を見せ、今週初めから始まった「調整局面」も、

戻りは1.28台前半までで抑えられ短期間で終えそうな気配です。

それにしても欧州からの話題には事欠きません。

新聞、TVなどでは次から次へと「欧州発」のニュースが報じられています。



ドイツ・メルケル首相とイタリア・モンティ首相との会談では

予想通り特に目新しい進展はありません。

欧州債務危機問題解決に向けて独仏伊が協力して解決に当たるなど、

これまでと同様なコメントでした。

ただ、欧州安定メカニズム(ESM)への資金拠出について

「他のメンバー国にもその準備があるなら、ドイツは場合によってESM発足時より

多くの資本を拠出する用意がある」と述べており、「一歩前進」したとも受け取れそうです。



フランス国債の格下げの噂も、

同国の財務相が否定してはいましたがユーロ売りに繋がりました。

前日格付け会社フィッチが年内のフランスの格下げの可能性を否定したばかりでしたが、

格下げの噂は依然としてくすぶっており、

マーケットも「悪材料」にはすぐに反応する姿勢を崩していません。



さらにハンガリーの財政状況の悪化から制裁を発動する可能性があることや、

ドイツの第4四半期GDPが速報値ではマイナスを示すなど

ユーロ売り材料の「大バーゲン」とも言える1日でした。

このため、ユーロドルは欧州市場朝方の1.27台後半から1.26台半ばまで

急落しましたが、今週月曜日に記録した1.2666を若干下回ったものの

この水準が意識され1.27台へ戻して引けています。

結局今回の「ユーロの調整局面」は戻り高値が1.2819とそれ程伸びず、

短期決戦で終わる気配が濃厚となって来ました。

投機筋のユーロ売りポジションの大きさから、

場合によっては1.30程度まで戻りがあるのではないかと予想していましたが、

いまのところ杞憂に終わりそうです。

ただ、1.26台半ばでは2度サポートされていることから、

今後さらに下落して1.25割れを目指すのかどうかについては依然慎重に

観る必要はあろうかと思います。



中国訪問を終えたガイトナー財務長官が来日します。

野田総理や安住財務大臣との会談が予定されていますが、

その後に記者会見も予定されているようです。

ガイトナー氏は米財務省のトップです。

昨年末に発表された米財務省報告では「日本政府の市場介入は支持しない」と

これまでと異なり、日本の介入には批判的な姿勢を明確にしています。

記者会見では介入に触れることはないと思いますが、もし意見が介入に及ぶようなら、

それは「ドル売り材料」になることは容易に想像できます。

会見の時間は現時点では分かっていませんが注意する必要があろうかと思います。



ユーロ円もユーロドルと同様NY市場で底値を付け反発していますが、

これも97円20-40銭のサポート水準が抜けるかどうかが注目されます。

仮に98円台に押し戻されるような展開になれば

「97円台は底堅い」とのイメージも形成され、ユーロドルの買い戻しにも繋がりますが、

上値の重さは確認されていることから

ユーロロングは「分が悪い」と考えておいた方がいいと思われます。

本日は、ECB理事会、イタリア、スペインの国債入札やバローゾ欧州委員長の講演など、

引き続き欧州から目が離せません。

さらに米国では12月の小売売上高が発表され、

クリスマス商戦が好調だったことを考えると期待が持てそうな気配です。

また先週「ポジティブサプライズ」であった雇用が、

引き続き回復基調になるのかどうかを探る上で重要な失業保険申請件数も発表されます。

全てユーロドルに影響を与えそうです。

市場の流れに逆らわず「順張り」に徹することをお勧めします。















スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。