FC2ブログ

イタリア、スペイン国債入札好調でユーロ反発。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ユーロは大幅に反発。ECBのドラギ総裁は政策金利据え置きを決めた

    後の記者会見で、深刻な逼迫(ひっぱく)を阻止したと発言。

  • さらにこの日行われたスペインとイタリア国債の入札が好調で、

    スペイン国債の発行額は目標上限のほぼ2倍となったことなどが材料となり、

    ユーロドルは一時1.2846まで反発。1.26台半ばまで下落した後の

    戻り高値を上回った。

  • ユーロ円もユーロ高に引っ張られ98円台半ばまで反発。

  • ドル円は値動きの無い中、小幅に下落。76円67銭まで売られた後は

    76円70銭前後でもみ合い。

  • 株式市場は小幅に反発。スペインの国債入札の好調を背景に半導体株などが

    上昇。ダウは21ドル高で引ける。

  • 債券相場は前日比ほぼ変わらず。30年債入札が不調だったこともあり、

    価格は下落。10年債利回りは1.92%台に。

  • 金価格は3日続伸。原油はEUがイラン産原油の輸入禁止措置を先送りする

    可能性が出てきたことから続落し、100ドルの大台を割り込む。

  • 週間失業保険保険申請件数 → 39.9万件

  • 12月小売売上高 → +0.1%



本日の注目イベント


  • 欧   11月ユーロ圏貿易収支

  • 欧   イタリア5年債入札

  • 米   11月貿易収支

  • 米   1月ミシガン大学消費者信頼感指数

  • 米   ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米   10-12月期決算発表 → JPモルガン・チェース




ユーロドルが反発し1.28台半ばまで買い戻しが進みました。

久しぶりに欧州に好材料がでた一方、米国では小売売上高が予想を

下回ったことや、失業保険申請件数も予想された程減少していなかっ

たことから、「ドル売りユーロ買い」が進みました。

ユーロドルは一時1.2846まで反発しましたが、この水準は「1時間足」

の200日移動平均線があり、絡んではいるものの完全には抜けきれず

に反落しています。200日移動平均線に抑えられた格好です。

今週火曜日の反発時には1.2819まで上昇し、その後反落に転じま

したが今回はその水準を上回ったことになります。

今後は上記レジスタンスポイントである1.28台半ばを明確に上抜け

すれば、ショートポジションの買い戻しがさらに加速し1.30前後まで

値を戻す可能性も出てきました。

上値が重いことは確認済みですが、ポジションと相場感の偏りには

引き続き注意が必要です。


ECBは理事会で予想通り政策金利を1.0%に据え置きました。

ドラギ総裁は記者会見で、昨年12月におこなった資金供給の成果を

強調し、さらに経済については安定の兆しがあるとしながらも

「不透明感は極めて高い。あらゆる展開を見守りいつでも行動できるよ

うにする」と述べています。

また、今後の利下げの可能性について問われた同総裁は「インフレ

見通し次第だ」と答え、利下げの可能性を排除しませんでした。

昨年11と12月に立て続けに利下げに踏み切ったことから、現状では

その効果を見極めており、場合によってはさらなる金融緩和の可能性

も残した格好になっています。


ドル円は引き続き活発な値動きが観られませんが、近視眼的に観ると

77円がやや壁となり、昨日は76円75銭を下抜けしています。

ユーロが買い戻されたことで「ドル安」が進み、ドル円でもドルが若干

売られたものと思いますが、

77円が壁になったと見れば76円50銭を試す可能性も出てきそうです。

ただ、いずれにしてもまだ明確な方向感は出ていないと思われ引き続

きユーロドル、ユーロ円の動きに影響される展開が予想されます。

本日もイタリアでは5年債の入札が実施されます。

昨日の入札は好調でしたが、本日のそれが好調がどうかは不透明です。

さらにイタリアでは今月末にかけては連日入札が予定されていることから、

依然「最大の懸念材料」であることには変わりはありません。

米12月の小売売上高が市場予想に届きませんでした。

前月比+0.1%と、市場予想の+0.3%からはかい離したことに、やや

意外感を持っています。

クリスマス商戦が好調だったことは伝えられており、むしろ上振れする可能

性も予想されていただけに、米個人消費の回復にはまだ時間がかかるとい

うことの様です。

主要13項目のうち7項目で増加したと伝えられていますが、自動車を除くと

前月比マイナスになるなど盛り上がりに欠けています。

労働市場の改善に伴って、個人消費と住宅も回復基調にあると観られます

が、そのスピードはどうやら緩やかなようです。

豪ドルが堅調に推移しています。

このところのユーロの急激な下げにも関わらず、対米ドルでは1.02-1.03台

で安定しています。

昨日もNY市場では1.0376まで上昇しましたがこの水準が抜けきれません。

ここは昨年12月9日と今年4日にもテストをし、抜けきれずに押し戻されてきた

水準です。

現在かなり重要なレジスタンスポイントになっていると観られます。

オーストラリアについては今後さらに追加利下げの見通しもあり上値は限られ

との見方もありますが、資源価格が堅調で、為替市場では

欧州からの資金流出が顕著になっているためその「受け皿」になっている面も

あります。

このため「ユーロ売り、豪ドル買い」の流れが加速して、ユ-ロドルとの相関性

が薄れてきてはいますが、ユーロが一段と下落した場合には

豪ドルもつれ安になることは十分考えられます。

NYダウとの関連性が強いことから、NY株式市場の堅調さにも影響されてい

る部分もあるため、間もなく本格化する米10-12月期決算の行方にも注意が

必要です。

昨日、今日と朝方は一気に冷え込んできましたが、冬本番はこれからです。

良い週末を・・・・。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。