FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年01月 

ユーロ買い戻し活発。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ユーロは大幅に反発し、対ドルで1.30台目前までユーロ買い戻し
    が進む。スペイン国債の入札では目標上限を上回る資金調達に成功。
    欧州債務危機が封じ込められるとの楽観論が強まったことが背景。
  • ユーロドルはアジア市場から底堅い動きが続き、欧州時間には1.29台
    に乗せ、NY時間ではさらに上値を切り上げた。
  • ドル円はユーロ円の買い戻しに引っ張られる形で「ドル高円安」に。
    一時77円32銭まで上昇し、昨年末以来の77円台乗せを示現。
  • 株式市場は3日続伸。好調な決算発表や週間失業保険申請件数が
    大幅に減少していたことなどが買い材料に。ダウは45ドル上昇し、
    昨年7月22日以来の高値を記録。
  • 債券価格は大幅に下落。雇用市場の改善傾向と、欧州債務危機の
    一服から売られ、10年債利回りは一気に1.97%台まで上昇、
    今年最大の上昇幅に。
  • 金、原油はともに小幅な下落。
  • 12月消費者物価指数(CPI) → 0.0%
  • 12月住宅着工件数 → 65.7万件
  • 12月建設許可件数 → 67.9万件
  • 週間失業保険保険申請件数 → 35.2万件
  • 1月フィラデルフィア連銀景況調査 → 7.3

本日の注目イベント

  • 日   景気動向指数(改定値)
  • 欧   独仏首脳会談(ローマ)
  • 英   12月小売売上高
  • 米   12月中古住宅販売件数
  • 加   カナダ12月消費者物価指数

先週来、投機筋の記録的なユーロの売り持ちに警鐘を鳴らし、もし本格的な買い戻しに
入れば、ユーロドルで1.30前後、ユーロ円でも100円程度までの戻しもあり得るとの
コメントを載せてきました。
そのため「突っ込みすぎの売り」には注意が必要ですとも書いてきました。

昨日の海外市場では、ほぼその水準まで反発しており、投機筋のユーロ買い戻しが
極めて活発だったことが観て取れます。

焦点はスペインと、フランスの国債の入札でした。

スペインは目標発行額45億ユーロ(約4500億円)に対して、
66億1000万ユーロ(約6600億円)の資金調達に成功し、調達コストは先日の
格下げ前より低くなりました。
同様にフランスも入札を順調に消化しており、調達コストも低下し「好調な入札」結果と言えます。

今回の入札は先週末、格付け会社S&Pが欧州9ヵ国の格付けを一斉に引き下げた
後だっただけに、その入札結果が注目されていました。
とりわけフランスは「AAA」(トリプルA)から1ノッチ引き下げられ、最上級格付けを失った
後だけに注目度も高かったようです。
両国の入札が好調だったことで、ユーロ買い戻しが加速し、ユーロは主要通貨に対して全面高の展開でした。

まさに相場の反転は「相場観とポジションが、極端に偏った時に起こる」ことを、
実際に示した格好になりました。

問題はここからです。

ユーロドルが1.30台の乗せ、さらにもう一段上昇に向かうのか、あるいは、買いが一巡し
再び下落基調に戻るかを見極める必要があります。
ユーロドルは底値の1.2617から約350ポイントほど反発しました。

ショートポジションはかなり解消されつつあると観られます。

本日発表される今週17日(火曜日)のポジション状況では、それほど減少してはいないはずです。

ユーロが本格的に上昇に転じたのはその翌日だったことから、18日から今日までの
ポジションでは相当な変化があるはずです。
投機筋のポジションはさておき、欧州の債務危機問題がこれで封じ込められるかどうかが問題です。
個人的は、そう簡単にはこの問題は解消されないと考えます。

IMFの融資能力強化についても、2月24ー25日にメキシコで行われるG20での合意を
目指しているだけで、まだ不透明です。
来週のG20財務次官会議で事前に協議されることになっていますが、紆余曲折があるかも
しれません。

特に米国の出方が注目されます。

米国は当初から資金の拠出には応じないと宣言しており、国内の財政事情を考えたら当然です。

自分の国の台所が「火の車」なのに、他人の台所の面倒をみる余裕はないというのが本音でしょう。

しかも、IMFが支援資金を1兆ドルにしても「問題解決にはならない」との立場を示している
ことから、資本増強そのものが滞る可能性もないわけではありません。

さらに昨日の欧州の債券市場を観ると、「ギリシャの次はポルトガルだ」といった思惑も見られそうな状況です。

ポルトガルの10年債は前日比2.76%も急騰し、利回りは13.4%で取引を終えています。
今後は、スペイン、イタリアだけではなくポルトガル国債の利回りにも目配せが必要のようです。
ユーロは、もう少し上昇余地があるかもしれませんが、ここからのさらなる大幅上昇の
可能性は少ないと思われます。
テクニカルでも、昨日は「4時間足」の重要な120日移動平均線は上抜けしましたが、
その上には200日があります。
現在は1.2997にあることから1.30前後は重要な節目となりそうです。

さらに、「8時間足」では1.30台半ばに120日移動平均線があり、レジスタンス・ポイントが
多く控えています。
ユーロ円、ユーロドルともに「売り場探し」の展開になると予想しますが、相場は何が起こるか分かりません。
想定外の動きもありえると言うことは肝に銘じておくことです。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。