FC2ブログ

ユーロ円2000年以来の96円台に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 欧州危機に加え、多くの米経済指標の結果が予想を下回り

    米景気の先行に対する懸念からドルが売られ円が全面高。

    ドル円は78円の半ばを割り込み、78円21銭まで下落し、

    高値圏で引ける。

  • 米経済指標の悪化にも関わらずユーロドルは下落。

    スペインの金融システム不安が払拭できないことで南欧諸国の

    債権が下落。IMFがスペインへ資金援助に動きだしたとの報道も

    あったが、IMFはこれを否定。ユーロドルは1.237まで下落。

  • ドル円とユーロドルがともに下落したことでユーロ円は96円台半ば

    まで売られる。今年1月に記録した97円03銭の安値を更新し、2000年

    以来の水準を示現。

  • 株式市場は米経済指標の悪化から景気の先行きに対する懸念が台頭。

    ダウは26ドル安で1万2400ドル台を割り込む。

  • 債券相場は続伸。10年債利回りは連日過去最低水準を更新し、

    この日は1.55%台まで利回りが低下。

  • 金、原油はともに下落。米景気後退を見越した売りから、

    原油価格の下落が止まらず86ドル台まで売られる。

  • 5月ADP雇用者数 → 13.3万人

  • 1-3月GDP(改定値) → +1.9%

  • 新規失業保険申請件数 → 38.3万件

  • 5月シカゴ購買部協会景気指数 → 52.7






本日の注目イベント


  • 中   中国5月製造業PMI

  • 独   独5月製造業PMI(確報値)

  • 欧   ユーロ圏5月製造業景気指数

  • 欧   ユーロ圏4月失業率

  • 欧   ユーロ圏5月製造業PMI(確報値)

  • 欧   イタリア1-5月財政収支

  • 欧   レーン欧州委員講演

  • 欧   ファンロンパイEU大統領講演

  • 英   英5月製造業PMI

  • 米   5月雇用統計

  • 米   5月ISM製造業景況指数

  • 米   4月個人所得

  • 米   4月個人支出

  • 米   4月PCE・コアデフレーター

  • 加   カナダ3月GDP








「ユーロは買えないが、米ドルも買えない」そんな状況から円に資金が集まり、ドル円、

ユ-ロ円も大幅に下落しています。NY市場では多くの経済指標が発表されましたが、

総崩れでした。

特に、雇用関連の指標が悪化しており、本日発表予定の5月の雇用統計も「低調なので

は」との観測が強まり、米労働市場の回復が遅れるとの見方からドルが売られ円が買わ

れる展開になっています。

前日までは欧州からの情報でユーロ売り円買いが進んでいたものが、今度はドル売り円

買いも加わり、「ユーロ円」が2000年以来となる96円台半ばまで売られ、記録的

な水準まで下落しました。

欧州問題は依然として不安定で、足元ではギリシャではなくスペインの金融システムの

動向へと、市場の関心は移っているように思われます。

経営難に陥っているバンキアはスペイン政府に190億ユーロ(約1兆8600億円)

の追加支援を求めており、市場では、さらに他の金融機関が同様な事態になればスペイ

ン政府が負担できる範囲を超えるのではないかとの観測もでており、スペイン国債の売

り材料になっています。

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、IMFがスペイン救済に動き出し

たとの報道をおこないましたが、IMFは現在この報道を否定しており、混乱は収まっ

ていません。

ただ、IMFはそれぞれの国にあった支援策を考える余地のあることは認めているよう

です。焦点は欧州中央銀行(ECB)の出かたにかかっていると思います。

ECBは「最後の資金の貸し手」であることから、銀行再建基金(FROB)を通じて

スペインの銀行に資金を供給することは可能性です。

ECBのゴンザレスパラモ理事は「欧州安定メカニズムが政府を通じてではなく、銀行

の資本増強を直接行えるようにすることを、われわれはずっと賛成してきた」と述べて

います。

今年1月の欧州危機の際には、ECBが市場への資金供給を積極的に行い、さらに重債

務国の国債を買い上げ、長期金利の上昇を阻止しました。

今回もECBの積極的な関与が期待されるところです。

ドル円は78円台前半まで下落したことで、再び「75円を試す」との見方が勢いを増

しています。ドルもユーロも買えないということで、円に資金が集まることは避けられ

ない状況ですが、円が再び「史上最高値」を更新するとも思えません。

足元の円高は消去法で買われているわけで、積極的に買い進まれているわけではありま

せん。重要な「52週移動平均線」を現在は下回っていることから、しばらくは上値の

重い展開が続く可能性が高いと見られますが、この水準からもう一段円高に振れると、

そろそろ介入を意識することにもなりそうです。

本日はNY時間に5月の雇用統計が発表されます。

昨日のADP雇用者数が予想に届かなかったことで、低調な数字が見込まれそうです

が、同指標と雇用統計は必ずしも一致するわけではないことに注意が必要です。

本日のドル円のレンジは77円80銭~78円80銭と予想します。


良い週末を・・・・。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。