FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年06月 

スペイン国債3段階格下げ。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ギリシャの選挙を控え動きにくい展開の中、米経済指標の悪化と

    米金利の低下からドル売りがやや優勢となるも、レンジは

    79円30銭ー60銭と小動き。

  • ユーロドルは買い戻しが優勢となり1.26台に乗せる。その後格付け会社

    ムーディーズがスペイン国債の格付けを3段階引き下げたことで1.25台前半まで

    下落。依然神経質な展開が続く。

  • 米小売売上高が市場予想を下回ったことで株価は軟調。消費、サービス株を

    中心に売られ、ダウは77ドル安。

  • 債券相場は堅調。10年債の入札が好調だったことから買い物を集め、

    利回りは1.60%台まで低下。

  • 金は4日続伸し、原油は小幅に反落。

  • 5月生産者物価指数 → -1.0%

  • 5月小売売上高 → -0.4%


    本日の注目イベント




    • 日   日銀金融政策決定会合(6/15まで)

    • 日   4月鉱工業生産

    • 欧   ユーロ圏5月消費者物価指数

    • 欧   ECB月例報告

    • 欧   イタリア国債入札

    • 独   ワイトマン・独連銀総裁講演

    • 米   5月消費者物価指数

    • 米   新規失業保険申請件数



      ユーロドルは依然として神経質な展開が続いています。

      アジア市場ではユーロ円などの売りが優勢で、1.24台後半まで下

      落したユーロドルでしたが、欧州に入るとギリシャがユーロ圏から離

      脱しないとの観測が広がりユーロが1.26台まで急伸。

      しかし、NY市場午後には、格付け会社ムーディーズがスペイン国

      債を3段階引き下げたことで再び1.25台まで下落するなど、乱高

      下が続いています。

      ギリシャでは緊縮財政に反対する急進左派連合のツィプラス党首が、

      17日の選挙で勝利し救済条件の緊縮合意を覆すという公約を自身

      が実行しても、EUはギリシャをユーロ圏にとどめるために全力を尽く

      す、との見通しを示したことがユーロ買いに繋がっています。

      同党首は、これまで緊縮財政の全面撤回を主張してきましたが、こ

      こにきて一部は取り下げるような歩み寄りを見せています。

      選挙まで残り3日となってきましたが、さらに歩み寄りを見せるのか

      注目されますが、同党首は「EUはギリシャをユーロ圏から追い出

      すことはできない」といった主張を繰り返していることから、これ以

      上の歩み寄りはないとの見方もあります。

      急進左派連合と新民主主義党(ND)との支持率は僅差で、この

      ままではどちらも単独での過半数獲得は困難とみられています。

      どちらかが第一党となって「50議席のボーナス」をもらっても、単

      独政権を樹立することが無理となれば、連立を組むしかありません。

      急進左派連合では、前財務相のベニゼロス党首率いる「PASOK」

      と連立を組む可能性も報道されています。仮に急進左派連合が勝

      利し連立を組んだ場合に、緊縮財政政策は撤廃し、ユーロ圏には

      残留することが果たしてできるのでしょうか?ギリシャ国民が残留を

      望む以上、ドイツなど優良国がギリシャをユーロ圏から追い出すル

      ールなどの取り決めはありません。

      従って残留は可能だと思われますが、緊縮財政の遂行を条件に

      資金援助をしていることから、条件が破棄されればその後の資金

      援助はただちに休止され、ギリシャが資金不足に陥ることは明白です。

      EU・IMFなどトロイカが余程譲歩しない限り、「緊縮は反対、ユー

      ロ圏には残留」という「ストーリー」は考えられません。ツィプラス党首は

      そのあたりのことも読んで、強気の態度を維持しているのかもしれません。

      このように、ギリシャを巡る問題はどのような展開になるのか分かりません。

      今夜にでもまた違った情報が飛び込んで来るかもしれません。

      また、スペイン国債が格下げされたことで、再びイタリアの財政状況も取

      り沙汰されてきました。ユーロが下落する材料には事欠かない状況です

      が、ユーロドルは6月1日に1.22台まで下落して以来、1.24台を割り

      込まない展開が続いています。

      スペインやイタリアの国債が売られ、危険水域の7%に近づいているなど、

      ユーロ下落材料があるにもかかわらずユーロドルは上昇し、1.26台を

      何度もテストする状況です。

      これはやはり、ユーロショートが極限まで積み上がっていることが要因

      かと思います。

      あわててユーロを買い戻す状況ではないものの、下落したら着実に買

      い戻す、といったオペレーションが行われているのではないかと推測で

      きます。

      そのため1.27台まで反発すると、ストップロスのユーロ買いを誘い出

      す可能性があることも意識しておきたいところです。

      ドル円はほぼ「無風状態」です。

      レンジが狭いうえ、方向感もありません。

      本日から日銀の決定会合もありますが、材料にはなりにくい状況です。

      ユーロ円の動向に左右される展開ですが、それでも値幅は限定的で、

      来週からのビッグイベントに期待したいと思います。

      予想レンジは79円10銭ー60銭と観ています。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。