FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年06月 

ユーロ、対ドル対円で下落。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円はユーロ円の急落に引っ張られ、欧州市場では79円22銭まで下落し、

    2日前に記録した底値に並ぶ。その後はユーロが買い戻されたことに伴い

    79円台半ばまで反発して引ける。

  • ユーロドルは1.25台を頭に下落基調が続く。スペインの長期債利回りが

    再び7%を超えたことを手掛かりにユーロドルは急落。これまでサポートされていた

    1.24台半ばを抜け、欧州時間では1.2407まで売られる。

  • 株式市場は反落。JPモルガンチェースの損失額が90億ドル(約7200億円)

    に上るとの報道もあり、売り優勢の展開にダウは24ドル安。

  • 債券相場は堅調。7年入札が好調だったことに加え、株価も下落したことで

    10年債利回りは1週間振りに1.58%台まで低下。

  • 金価格は大幅に反落。対ユーロでドルが上昇したことや、原油価格の下落から

    前日比28ドル下げる。原油も世界的に需要が低迷するとの見方から、約9ヵ月振り

    となる77ドル台まで売られる。

  • 1-3月GDP(確報値) → +1.9%

  • 新規失業保険申請件数 → 38.6万件


    本日の注目イベント




    • 日   5月失業率

    • 日   5月消費者物価指数

    • 日   5月鉱工業生産

    • 欧   ユーロ圏6月消費者物価指数

    • 米   5月個人所得

    • 米   5月個人支出

    • 米   6月シカゴ購買部協会景気指数

    • 米   6月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)

    • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演

    • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演

    • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演


      昨日のドル円の動きは読み違えました。

      日経平均株価が堅調に推移し、NYでもドルが底堅かった

      ことから79円台半ばから後半での動きを予想していましたが、

      9時のオープン直後から円買いが優勢となり、欧州市場では

      ユーロの下落に引っ張られ79円22銭まで売られました。

      ただ、この水準は2日前にもサポートされたレベルで、昨日も

      ここを底値にやや反発を見せています。

      明確な方向感のないドル円ですが、やはり欧州情勢に左右

      される展開が続いており、ユーロ円の行方がドル円の方向性

      を決定する動きが顕著になっています。

      その欧州情勢は既に昨日からEU首脳会議が始まっています

      が、欧州危機解決への処方箋が承認されるのかどうか、不透

      明な状況に変わりはありません。

      今朝の情報では、メルケル首相が28日に記者会見をキャンセ

      ルしたというニュースや、ショイブレ独財務相がウォール・ストリ

      ート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、ユーロ圏債務共

      有を受け入れる用意があると語った、などといった報道があります。

      今回のサミットの討議内容は基本的にはファンロンパイEU大統

      領が示した「素案」を承認するかどうかということですが、焦点はド

      イツの判断です。

      初日の会議では既に、1200億ユーロ(約12兆円)規模の成長

      ・雇用協定を承認しており、その中心は欧州投資銀行(EIB)の

      1000億ユーロの資本増強になっています。

      ただ、今のところ「欧州共同債」や「銀行同盟」の創設について

      は議論されていないようです。

      ユーロドルは、今回のEU首脳会議でもサプライズはないとの見

      方が有力でユーロ売りに繋がっています。

      昨日はスペインの長期国債が再び7%台まで売られたことでユ

      ーロ売りが加速し、欧州時間帯には1.2407まで急落しました。

      このところ、アジア市場ではユーロの買い戻しが観られ、その後

      天井を付けると徐々に下落し、欧州勢が本格的に参入すると

      下落が速まる傾向が続いています。

      特に昨日はこれまでサポートと観られていた、1.2440-50が

      抜けたことで下落スピードが加速した模様です。

      昨日の底値の1.2407は約4週間ぶりの水準で、ここを割り込

      めば6月1日に記録した1.22台後半が

      見えてきそうです。

      そのため、ユーロドル、ユーロ円は「戻り売り」の姿勢を継続す

      ることでいいと思いますが、投機筋のユーロショートポジション

      が依然高水準であることは常に意識しておく必要があります。

      ドイツが態度を大幅に軟化させれば、ユーロの急反発もありえ

      るからです。

      引き続き今晩のスペインやイタリア国債の動向と、EUサミット

      からの情報が重要なことは言うまでもありません。

      EUサミットについては、明日の土曜日の早朝に共同声明が

      出されることになりそうですが、会議が紛糾すればさらに遅れ

      る可能性もありそうです。来週月曜日の「窓開け」には注意し

      たいところです。

      九州地方は連日の大雨で大変ですが、東京地方は「梅雨

      の晴れ間」が続いています。梅雨の時期はまだ3週間程度

      続くと思われます。

      外に出て汗を流し、束の間の「晴れ間」を楽しむのもいいか

      もしれません。

      良い週末を・・・・。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。