FC2ブログ

FOMC議事録、市場にサプライズ 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 今朝方3時に公開されたFOMC議事録では、多くのメンバーが

    早期に追加緩和が必要との認識をもっていたことが判明し、ドル円は

    約1円ほど急落。79円20銭近辺で取引されていたが、一気に

    78円27銭まで円高ドル安が進む。

  • ユーロドルでも追加緩和の実施観測が高まったことで

    ドル売りユーロ買いが加速し、節目の1.25台を上回り1.2539まで

    ユーロ買い戻しが進む。

  • 株式市場は朝方の中古住宅販売件数が予想を下回ったことから

    軟調に推移していたが、FOMC議事録発表直後から反発。ダウは

    下げ幅を縮小したものの、マイナス30ドル。ナスダックは小幅高。

  • 債券相場は急伸。ここ数週間下落基調が続いていたが、追加緩和の

    可能性が高まったことから価格は大幅に上昇。10年債利回りは

    8月14日以来の水準となる1.69%台まで低下。

  • 金は反落、原油は続伸し97ドル台に。

  • 7月中古住宅販売件数 → 447万件


    本日の注目イベント





    • 中   中国7月景気先行指数

    • 中   中国8月HSBC製造業PMI

    • 独   独4-6月期GDP(確報値)

    • 独   独8月製造業PMI(速報値)

    • 独   独8月非製造業PMI(速報値)

    • 欧   ユーロ圏8月製造業PMI(速報値)

    • 欧   ユーロ圏8月非製造業PMI(速報値)

    • 欧   ユーロ圏8月総合景気指数(速報値)

    • 欧   ユーロ圏8月消費者信頼感指数(速報値)

    • 欧   メルケル独首相、オランド仏大統領と会談

    • 米   6月住宅価格指数

    • 米   7月新築住宅販売件数

    • 米   新規失業保険申請件数

    • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演



      「真夏の夜の夢」・・・・。

      今朝方公開されたFOMC議事録はサプライズでした。

      8月に入り米経済指標が「予想外」の好転を見せてきたことで、

      これまでの「追加緩和」観測が徐々に後退し、市場はリスクオン

      の状況に戻りつつありました。

      そのため、低金利の円は主要通貨に対して弱含み、対ドルで

      は79円台半ば、対ユーロでも99円台まで円売りが進んでいた

      中での「サプライズ」でした。

      FOMC議事録では「多くのメンバーは、新たな情報が十分かつ

      持続的な景気回復ペースの加速を示さない限り、かなり早い時

      期に追加緩和が正当化される公算が大きいと判断した」と記され

      ていました。

      また、メンバーは、新たな大規模資産購入プログラムを実施すれ

      ば「景気回復をさらに支援し得る」との認識も示したとも記述され

      ており、「追加緩和」は早い時期に、しかも大規模に実施すべき

      だとの意見が主流だったことが伺えます

      議事録ではさらに現行の「ゼロ金利政策」の期限延長について

      も議論されたとしており、この内容が市場に大きなサプライズを

      与えています。

      ドル円は79円20銭近辺から一気に78円台前半まで約1円程

      度円高に振れ、ここ数カ月の値動きからすると

      極めて急激な変動で、市場の動揺が大きかったことを表してい

      ます。ただ、ここは冷静に対処する必要があります。

      今回のFOMC議事録は7月31日と8月1日に行われた会合の

      内容です。

      その2日後の8月3日には「7月の雇用統計」が発表され、これが

      「ポジティブサプライズ」だったことは記憶に新しいところです。

      非農業部門雇用者数は6月の約3倍となる16万人の増加だった

      ことで「米雇用市場はそれ程悪くない」といった

      見方から、「追加緩和」期待がしぼみ始めるきっかけになりました。

      そしてその後の「小売売上高」や「鉱工業生産」、さらには「消費

      者信頼感指数」などの経済指標が軒並み予想を上回り、「追加緩

      和」観測が一気に後退して行き、ドル買い円売りが進行した訳です。

      つまり、今回公表されたFOMC議事録には、これら一連の経済指

      標の好転は考慮されていないということです。

      確かに議論された内容を見ると、FRBが直ちに「追加緩和」に踏み

      切ってもおかしくはない内容ですが、

      そこは少なくとも「割り引いて」考える必要があろうかと思います。

      個人的は、6対5で「追加緩和」実施の可能性が高かったものが、

      ここ一月(ひとつき)ほどで4対6に変化し、それが今回のFOMC

      議事録を経て5対5になったと認識しています。

      現在「フィフティー、フィフティー」だとすれば、重要なのはこれから

      発表される経済指標の内容であり、特に9月7日発表の「8月の雇用

      統計」です。

      ここで前回同様15万人以上の雇用者増を示すようだと、今回とはま

      ったく逆の反応を示すことになり「追加緩和」期待が後退することにな

      ります。

      仮に再び悪化するようなら、「追加緩和」実施に向けてカウントダウン

      が始まることになります。

      読みにくくなってきたのがユーロドルです。

      節目の1.25台を抜いてきたことで、これまでのユーロ悲観論がやや

      後退してきました。

      昨日の動きを見ても1.24台後半から上値は重そうに見えましたが、

      ドル安が進んだことで大台超えを実現したものと思われます。

      加えて、昨日のサマラス・ギリシャ首相とユンケルEU議長との会談

      が好感され、メルケル独首相との会談でも

      ドイツの譲歩を引き出せるのではないかといった観測がユーロ買い

      を加速させたと見られます。

      ただ、まだまだユーロについては不安要素が残っており、売り場を

      探す展開は変わっていないと考えます。

      いよいよ「秋の陣」に向けて動き出した欧州と、「追加緩和」を実施

      すべきか否かの最終判断が迫っている米国の動きによってドル円

      の値位置も決まってきそうです。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。