FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年09月 

FOMC待ちで様子見ムード 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場

    重要な経済指標も無く、ドル円は一日を通じ小動き。

    78円20~30銭でのもみ合いが続き、値幅は10銭程度。

  • ユーロドルも先週末の急騰後一服。ギリシャの財政問題を巡り

    ギリシャ側が示した歳出削減案のうち、20億ユーロ余りに対して

    トロイカが異議を唱えたとの報道にユーロはやや売られ1.27台半ば

    まで下落。

  • 株式市場は4日ぶりに反落。ESMを巡る判決や、ギリシャの財政問題

    への懸念からダウは52ドル安。

  • 債券相場は反発。株価の下落に加え、追加緩和観測が相場をけん引。

    10年債利回りは小幅に低下し1.65%台に。

  • 金は3日ぶりに反落。原油は小幅ながら続伸。

  • 7月消費者信用残高 → -32.7億ドル

    本日の注目イベント



    • 日   8月マネーストック

    • 中   中国8月マネーサプライ(9/15までに発表)

    • 中   夏季ダボス会議(天津)

    • 欧   ギリシャ短期債入札

    • 欧   アスムセン・ECB理事講演

    • 英   英7月貿易収支(市場予想 → -32億ポンド)

    • 米   7月貿易収支(市場予想 → -440億ドル)

    • 加   カナダ8月住宅着工件数(市場予想 → 20万件)


      先週末金曜日の大相場の反動もあり、昨日は終日静かなマーケ

      ットでした。ドル円は78円20-30銭内での動きに終始し、ユー

      ロドルも1.28台では売り意欲も強く、緩やかな下落を見せたもの

      の、1.27台半ばでサポートされ値幅も限定的でした。

      今週の最大のイベントは12-13日の米FOMCで「追加緩和」が

      実施されるかどうかという点ですが、欧州でも引き続き重要イベント

      が控えています。

      先ずは明日、ドイツ裁判所がESMへの合憲か違憲かの判断を下

      します。

      ほぼ合憲で間違いないものと見られているだけに、もし違憲との判

      断だった場合や、合憲であっても、たとえば「議会での審議を十分

      重ねるべき」といったような、何か条件がつくようならユーロにとって

      は悪材料になります。

      先週のECBの無制限の国債購入についても、ESMへの支援要

      請が条件になっており、ESMが創設されることを前提に対応策が

      組み立てられています。

      また明日はオランダ議会で下院選挙が行われ、この結果も気に

      なるところです。

      政権与党が敗れるようだと、ドイツに近いルッテ首相の退陣に繋が

      る恐れがあります。

      さらにギリシャでは、EU、ECB、IMFのいわゆるトロイカとの交渉

      が始まっていますが、ギリシャが示した115億ユーロ(約1兆1500

      億円)の歳出削減案のうち、20億ユーロ余りに相当する措置にト

      ロイカが異議を

      唱えたとの報道もあり、これがユーロ売りに繋がった面もあります。

      ギリシャではサマラス首相就任以来初めて、緊縮財政に反対す

      る大規模なストも実施されています。

      スペインのラホイ首相はECB救済案の詳細を見てから支援を要

      請するかどうかを決めると発言していたことから、

      同国の支援要請がいつあってもおかしくない状況でもあります。

      ECBの支援を得るためには一定の条件を受け入れる必要があり、

      スペインにとって景気回復の足かせになる可能性もあることから、

      支援要請には慎重だと見られています。

      先週末に1.2818まで急騰したユーロドルは、昨日はさすがに

      1.28台が重く1.27台に下落しましたが、それほど大幅な下げ

      には繋がっていません。

      上述のように、ギリシャやスペインを巡る不透明な部分が残って

      いる中、市場にはユーロの一段高を見込む向きもあるようです。

      ギリシャ、スペインを巡る情勢に加え、米FOMCで「追加緩和」

      が実施されるのかどうかも、ユーロドルが一段高になるのか、ある

      いはこれまでの上昇から調整局面に入るのかに大きな影響を与

      えると思われます。

      今週末には、ユーロ圏財務相会合やEU財務相会合が開催さ

      れることを考えると、このあたりのタイミングに向けてスペインから

      動きがあるかもしれません。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。