FC2ブログ

ドル円追加緩和期待で78円後半に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円はNY連銀製造業景況指数が予想以上に悪化していたことから

    ドル売りが優勢となり78円台前半まで下落したが、日中関係の緊張の

    高まりと、日銀の緩和政策の実施観測から円売りの流れとなり78円93銭まで

    円安が進む場面も。

  • ユーロドルは米経済指標の悪化を手掛かりに1.31台後半まで買われたが、

    先週末の高値に近いこともあり、上値を追う動きには繋がらず反落。

  • 週明けの株式市場は、先週4日続伸したことや、EU財務相会合では

    進展が見られなかったことから反落。ダウは40ドル下げ1万3550ドル台に。

  • 債券相場は反発。NY連銀製造業景況指数に反応し、10年債は買い物を集め

    上昇。利回りは1.84%まで小幅に低下。

  • 金、原油は景気悪化懸念からともに反落。原油価格は1週間ぶりに96ドル台に。

  • 9月NY連銀製造業景況指数 → -10.41


    本日の注目イベント



    • 豪   RBA議事録(9/4日分)

    • 独   独9月ZEW景況感指数

    • 欧   ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演

    • 英   英8月消費者信頼感指数

    • 英   英8月消費者物価指数

    • 米   4-6月期経常収支

    • 米   9月NAHB住宅市場指数

    • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

    • 米   ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演

    • 米   ダドリー・NY連銀総裁講演

      ドル円が反発し、昨日のNY市場では一時78円93銭までドル高

      が進み、先週の米「QE3」実施後のドル安局面から1円80銭もの

      「ドル高円安」が進んだことになります。背景は日中関係の緊張の

      高まりと、本日から始まる日銀金融政策決定会合での追加緩和観

      測です。

      尖閣諸島を巡る問題では中国国内でのデモがさらに拡大し、日本

      企業への影響が出始めてることから、日中貿易の減少や、日本企

      業の業績の悪化など円売り材料と見られています。

      本来政治的な材料がドル円に影響を与えるケースは稀で、仮に影

      響があったとしても短期的に終わると見られていますが、今回の緊張

      の高まりが、これまでのものと異なるのかどうか状況を慎重に見極める

      必要がありそうです。

      また、本日から日銀金融政策会合が開かれ、早ければ明日の昼ご

      ろには決定内容が発表されます。

      今回は、既にECBが「無制限の国債購入を行う」ことを決め、さらに

      FRBも「QE3」に踏み切っています。

      このため、「日銀も今回は動かざるを得ない」といった見方がやや優

      勢の様です。

      日銀が「追加緩和」に動けば円売り材料になるため、ドル円が79円

      台を試す可能性はありますが、決定会合の内容が「小粒」であったり、

      あるいは「追加緩和見送り」であった場合には円が買われ、再び77

      円台まで円高が進むことも考えられます。

      市場では「追加緩和」が実施されるといった予想がやや優勢ですが、

      日銀としてもできれば「カードを切らずに」温存したいという意向もあり

      そうです。

      景気の見通しは依然として慎重な見方を変えてはいませんが、差し

      迫って悪いわけではありません。

      また日本の株価も、米国株の堅調さに引っ張られ9100円台です。

      さらに上述のように、先週のFOMC後には77円目前まで急騰した円

      が、78円台後半まで売られる展開になっています。

      こう考えるとそれほど「追加緩和」への緊急性は無く、「今回は特にカ

      ードを切る状況ではない」と考えられ、「無風」で終わる可能性も否定

      できない状況かと思います。

      一貫して上昇を続けていたユーロドルが、先週末と昨日はともに1.3

      170-80で上昇を抑えられた格好になり、「1時間足」では「Wトップ」

      の形を形成しています。

      このまま下がるかどうかは予断を許しませんが、既に底値からは約110

      0ポイントの反発を見せ、投機筋のショートポジション」もかなり解消され

      てきました。

      1.31台半ばを割り込むと一旦下げに転じる可能性があると予想してい

      ますが、どこまで下げるかは今後の欧州の景気やスペインの情勢に大

      きく左右されそうです。

      今後下げに転じた場合には「フィボナッチ・リトリースメント」などを駆使

      して下値のメドを探っていきたいと思います。

      連休明けの東京市場では、株価が堅調に推移すると思われ、それに連

      動してドル円がやや買われるものと思われます。

      決済玉はどれほどあるかは分かりませんが、「週明け、連休」ということを

      考えると、そこそこありそうです。

      昨日のNY市場でのドル高値78円93銭を抜ければ79円台乗せが見ら

      れるかも知れませんが、明日の日銀会合を控えて一方的にドルを買い

      上げるとも思えません。予想レンジは78円40銭ー79円20銭といったと

      ころでしょうか。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。