FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年01月 

ドル円、再び88円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円はアジア市場の流れを引き継ぎ円売りが優勢の展開に。

    政府の経済財政諮問会議で日銀が追加緩和に踏み切るとの見方がさらに

    強まり、円売りが加速。ドル円は一時88円台に乗せた後、利益確定の

    売りに押され87円85銭近辺で取引を終える。

  • ユーロドルは1.30台半ばを中心にもみ合いが続く。本日ECB理事会

    を控えていることから積極的な取引は観られず、円に対してドル高が進んだことで

    上値が重い流れに。

  • 株式市場は3日ぶりに反発。前日好決算を発表したアルコア株が上昇したことも

    あり、今後の決算発表に対する楽観的な見方からダウは61ドル高。

  • 債券相場は4日続伸。10年債入札は振るわなかったものの買い需要が強く

    価格は上昇し、10年債利回りはわずかに低下。

  • 金は反落。原油は在庫が増えていたとの結果にも関わらず小幅な下落に留まる。



    本日の注目イベント



    • 豪   豪11月住宅建設許可件数

    • 日   11月景気動向指数

    • 中   中国12月新規人民建て融資(15日までに発表)

    • 中   中国12月マネーサプライ(15日までに発表)

    • 中   中国12月貿易収支(13日までに発表)

    • 米   新規失業保険申請件数

    • 欧   ECB理事会

    • 欧   ドラギ・ECB総裁記者会見

    • 欧   ギリシャ10月失業率

    • 欧   アスムセン・ECB理事講演

    • 英   BOE政策金利発表

    • 米   ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演

    • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演

    • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演

    • 加   カナダ11月住宅建設許可件数



    昨日もこの欄で「為替と株式の相関度が強まっている」、「キャッチボールをし

    ながら円安と株高が進行している」などのコメントを書きましたが、昨日の東京

    市場から海外市場にかけての相場展開は、正にこの動きを象徴するように推

    移しました。

    早朝7時過ぎには87円を割り込み、86円83銭まで、調整の動きから円高ドル

    安が進みました。

    しかし、その後日経平均株価がマイナス100円程度から下げ幅を縮小して来

    ると87円台前半まで円が売られ、午後に入って株価指数がプラスに転じると

    87円台半ばまで円売りが加速しました。

    この流れは海外市場でも続き、NYでは底堅い株価の動きを見ながら一時8

    8円台乗せを見せるなど、ドル円と株価の相関度が非常に強いことを示す動

    きに終始しています。

    為替のディーラーは株価を意識しながら売り買いをし、株式のディーラーは

    為替を睨みながら売り買いをしていることが背景です。

    ドル円は前日のNYでも、また昨日の朝方のアジア市場でも86円90銭前後

    で下げ止まりました。「1時間足」の120線が完全に機能したものと思われます。

    この水準の下値には「4時間足」の86円70銭あたりのサポートもありましたが、

    ここはタッチせず反転しています。

    NY市場で一時的にも88円台に乗せたことで、今週に入って観られた「調整

    」はほぼ終了したと考えられます。ただそれでも、一気に88円台後半を試す

    動きとも思えません。

    明日発表の「緊急経済対策」の最終内容や、21日からの日銀決定会合の

    結果を意識しながらもみ合いになると思われ、同時に88円~88円50銭の

    間で待ち受けているドル売りをこなすことができるかどうかも焦点になります。

    基調は、「円安材料には反応し易い状況」は変わらず、海外からのコメント

    でも「依然円売りバイアスがかかっている」といったコメントも聞かれます。

    安倍政権は昨日中断されていた「経済財政諮問会議」を再開し、白川日銀

    総裁もこの会議に参加しました。

    会議の中で安倍総理は日銀に、「物価上昇率目標2%を導入」するよう要請

    し、多くのメンバーも安倍総理の意見を後押しする発言を繰り返していました。

    甘利経済財政・再生相は日銀との物価目標の共有について「できると思うし、

    しなければならない」とまで発言し、決定会合に向けて「日銀包囲網」がさら

    に強化された印象でした。

    NY市場でドル円が88円台に乗せたのも、日銀の追加緩和姿勢が安倍政権

    の期待するものと足並みをそろえた、との見方が強まったことが主因でした。

    NYダウは前日の下げ幅を取り戻し61ドル高で引けたことから、円安の追い

    風もあり本日の日経平均株価も上昇が見込まれます。

    ひとまずドルの上値を試す展開かと思いますが、7日の東京市場の高値88円

    38銭から、4日のNY市場の高値88円41銭を抜けるかどうかが注目されます。

    88円台半ばを上抜けするにはもう一段の円売り材料が必要だと思われますが、

    安倍総理を始め、安倍内閣の閣僚からの発言にも注意が必要です。

    クロス円については、これまでと同様に「ドル円をどう読むか」と一緒です。

    ドル円がさらに上昇すると観れば、クロス円全般は上昇し、ドル円が88円台で

    一杯一杯とすれば、クロス円の下落に繋がりそうです。

    スポンサーサイト



    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

はじめての方へ

はじめての方はこちら
あなたの為の、外為を。

外為オンラインご案内


口座開設はこちら
キャッシュバック
キャンペーン実施中!


資料請求はこちら


FX取引無料体験はこちら

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

RSSフィード

QRコード

QRコード

---

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。