FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年01月 

ドル円一段と上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は88円台前半でもみ合いに終始したが、今朝方、一気に上昇に

    向かい、88円台半ばを抜け89円台に。先週記録した円最安値を更新。

  • 注目のECB理事会では政策金利据え置きを決定。ドラギ総裁が

    その後の記者会見で、ユーロ圏の景気は緩やかに回復するとの見方を示したため

    ユーロドルは急伸。1.31台前半から1.32台半ばまで買われる。

    スペインの長期債が約10ヵ月振りに5%を下回ったこともユーロ買いに

    拍車かけた。

  • 株式市場は続伸。中国の輸出が伸びたことを好感しダウは80ドル高と

    1万3400ドル台を回復。

  • 債券相場は5日振りに反落。欧州景気の回復観測と、中国の輸出の伸びを

    受け売り物が優勢に。10年債利回りは1.9%近辺まで上昇。

  • 金は大幅に反発し1678ドルに。原油価格も小幅に反発。

  • 新規失業保険申請件数 → 37.1万件


    本日の注目イベント



    • 日   11月国際収支

    • 日   11月景気ウォッチャー調査

    • 中   中国12月消費者物価指数

    • 中   中国12月生産者物価指数

    • 英   英11月鉱工業生産

    • 米   11月貿易収支

    • 米   12月財政収支

    • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演


      ECBは市場予想通り政策金利の据え置きを決めましたが、その後の

      ドラギ総裁の記者会見は予想外の展開でした。市場の一部には「今後

      の利下げの可能性について言及するのではないか」との観測があった

      中、「金融市場の状況は大きく改善した」と語り、ユーロ圏の景気に

      ついても「緩やかに景気回復が始まる」との見通しを示しました。

      この発言にユーロは急伸し、対ドルでは1.31台前半から一気に

      1.32台に乗せ。1.3260まで上昇。

      また、対円でも116円台後半まで上昇し、2011年6月以来の

      円安水準を記録しました。

      これまで方向感の見えなかったユーロドルでしたが、今回の上昇でモ

      メンタムが上向きになったと思われます。

      「週足」では一目均衡表の雲の下限が1.3295にあるため、この

      レベルを目前にして足踏みしそうな気配もありますが、一方で「遅行

      スパン」は既に好転していることを考えると、もみ合いながらも1.

      33を目指すと予想します。

      ドラギ総裁の会見もややサプライズでしたが、今朝の経済紙の一面に

      も驚かされました。

      安倍総理へのインタビューの内容がトップで掲載され、そのすぐ横に

      も「物価目標2%明記」の文字も並んでいます。

      さらに3面でも安倍総理へのインタビューの詳細に紙面を割いており、

      これを読んだ投資家は、すぐにでも円を売りたい衝動に駆られそうです。

      インタビューでは日銀の役割について「実体経済にも責任を持ってほし

      い。雇用を最大化することも頭に入れてもらいたい」と、日銀に対して

      これまで以上にプレッシャーを与えている印象を受けました。

      また、日銀の独立性を尊重する姿勢を見せながらも「2%の物価目標」

      は譲らず、政府・日銀の共同文書には「物価上昇率目標は2%」を明記

      することがほぼ決定的だとの論調です。

      昨年来本欄でも指摘してきたように、安倍総理は7月の参院選までは何

      としてもこれまで自分が口にして来たことを実現しようと最大限の努力

      をすると予想しましたが、メディアも巻き込んで強い意志を示していま

      す。

      今後も手を緩めることなく、円高是正に向かって総力戦で臨んでくるも

      のと思われます。

      ドル円は東京時間今朝の5時半頃までは88円台前半で小動きでしたが、

      その後に一気に89円に乗せています。

      恐らく、上記新聞の記事を読んだ「早起き鳥」たちが、先回りをしてド

      ルを買い上げたものと思われます。

      一時的にも89円台に乗せたことで、いよいよ90円が視野に入ってき

      ました。

      ただ、ここからの上昇スピードはこれまでよりは緩やかになると思います。

      長期のトレンドを示す「月足」では89円22銭から上方にかなり厚めの

      「雲」が横たわっています。

      5年の長きにわたり「円高ドル安」が続いてきた「置き土産」のようなも

      のですが、この「雲」を完全に上抜けするには102円台に乗せる必要が

      ありますが、この水準は現実的ではないことから、ここからの上昇は勢い

      をそがれると予想できます。

      注意したいのは「雲」がいくら厚いからといっても、「抜けない」という

      意味ではないということです。

      ユーロドルと同じように「遅行スパン」が好転を見せていることから、上

      昇し「雲」に入って行く可能性が高いと予想しています。

      さらに「転換線」が「基準線」を下から上抜けており、これは2007年

      8月の「パリバショック」以来の現象で、ドルの上昇し示唆しています。

      そしてやや長期的な見通しでは、「遅行スパン」が「基準線」に迫る90

      円95銭-91円辺りが当面の目標と予想しています。

      ===============================

      今朝の経済紙は「安倍一色」でした。

      昨年から俄然存在感を増してきた安倍総理は、自信の表れか言動にも余裕が

      感じられます。

      ただ、その物言いが誰かに似てきたと考えていましたが、

      小泉元総理に似てきたと感じています。

      安倍総理は良い意味でも、悪い意味でも個性を前面に出していた小泉元総理

      時代の官房長官でした。

      当然といえば当然です。

      麻生副総理が小さく見えます。

      良い週末を・・・・。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。